BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//PYVOBJECT//NONSGML Version 1//EN BEGIN:VEVENT UID:events.uid.1443@www.discovernikkei.org DTSTART:20090130T000000Z DTEND:20090212T000000Z DESCRIPTION:平成20年度 在日日系人のための生活相談員 セミナー\n\n世界同時不況の影響下、製造業をはじめと する日本の景気も冷え込み、近年、滞日期間が長期化 し定住化の傾向にあった日系人にも深刻な影響を与え ています。\n\n当協会では、本年度も、相談業務を担当 される皆様や、関係者の方々が、有意義な情報を共有 するとともに、お互いの連携を強化し、共通する問題 の解決に資することを目的に当セミナーを開催するこ とになりました。\n\n今回は、なかなか解決の糸口が見 えない将来の展望や、帰国した場合の当該国の支援状 況等について、二宮正人さん、アルベルト松本さんに 講義をいただくと同時に、最新の外国人労働者支援策 について厚生労働省に伺います。\n\n今回は、JICA中部( 名古屋)とJICA横浜の2カ所で開催することとし、あわせ て日本行政書士連合会のご協力による無料相談会も開 催いたします。ぜひとも多くの方にご参加頂いただけ ますよう、ご案内いたします。\n\n\n実 施 要 領\n\n 1.主  催:財団法人海外日系人協会\n\n2.後   援:JICA横浜、JICA中部、愛知県、名古屋国際センター( 予定)\n\n3.日時場所:\n\n平成21年 1月30日( 金)JICA中部\n〒465-0094 愛知県名古屋市名東区亀 の井2-73 TEL052-702-1391\n\n平成21年 2月12日(木) JICA横浜    \n〒231-0001 神奈川県横浜市中区 新港2-3-1 TEL045-663-3251\n\n4.参加対象者\n\n(1)地方自 治体・地域の国際交流協会等の相談担当者\n(2)行政 手続きに関する相談希望者\n(3)その他趣旨を理解す る参加希望者\n\n5.参加者数:各回60名予定\n\n6. セミナーの内容\n\n(1)基調講演 \n「帰るべきか、 帰らざるべきか・・・。大失業時代の日系就労と今後 の展望」\n-年金、子女教育、そして新たな日系人像と は-\nサンパウロ大学教授 日伯雇用サービスセンター (CIATE理事長)二宮正人\n\n(2)講  義\n1.「帰国 者の受け入れ支援について。ペルー、アルゼンチンを 中心にして」\n合資会社イデア・ネットワーク代表 ア ルベルト松本\n\n2.「日本で今後も働くために必要な 就労意識と厚労省の日系人対策」\n厚生労働省\n\n(3 )相談会\n日本行政書士会連合会国際グループ会員によ る無料相談会   \n\n\n詳しい案内・申込書は下記の ページをご覧ください。\n<a href="http://www.jadesas.or.jp/consu lta/03seminar.html">>> http://www.jadesas.or.jp/consulta/03seminar.h tml</a> SUMMARY:在日日系人のための生活相談員セミナー 1月30日(金) JICA中部 / 2月12日(木) JICA横浜 URL:/en/events/2009/01/30/--/ END:VEVENT END:VCALENDAR