Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/nikkei-uncovered/

ニッケイを見いだす:詩のコラム


2016年12月15日 - 2024年6月20日

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。


ニッケイを見いだす(シリーズ) トレイシー・アケミ・カトウ=キリヤマ

このシリーズのストーリー

Thumbnail for エイミー・ウエマツへのトリビュート:その後 — パート 1
en
ja
es
pt
エイミー・ウエマツへのトリビュート:その後 — パート 1

2023年7月20日 • ケイコ・イカリ・ミヤ , キャシー・ニシモト・マサオカ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

2016年に初めて日経アンカバード詩のコラムをキュレーションするよう依頼されたとき、私が最初に取り上げたいと思ったのは、偉大なエイミー・ウエマツでした。数え切れないほど多くの人々と並んで、私は、長く厳しい癌との闘いの末にエイミーを失ったことに深い悲しみを感じている詩人/作家の一人です。彼女は何年もの間生き延び、毎年詩を携えて現れ、引退後も「教室」を飾って、リトルトーキョーの特別な作家グループを率いていました。2015年にファーストストリートのファーイーストラウンジで始まり、…

Thumbnail for 「この遠い岸辺…」
en
ja
es
pt
「この遠い岸辺…」

2023年6月15日 • ミア・アユミ・マルホトラ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

今月は、詩人ミア・アユミ・マルホトラの美しい作品を再びご紹介できることを嬉しく思います。そこには、過去を思い出す瞬間、失われた瞬間、あるいは未来のために取っておく瞬間を思い出すこと、切望すること、そしてその瞬間のための空間を保つことの甘美な組み合わせがあります。この季節が私たちを次の章へと導くにつれて、私たちを夏へと傾かせ、書く意欲を掻き立てる素晴らしい方法です…お楽しみください! — トレイシー・カトウ・キリヤマ* * * * * ミア・アユミ・マルホトラは、 『Moth…

Thumbnail for 降伏 — パート 3
en
ja
es
pt
降伏 — パート 3

2023年5月18日 • ミコ・シュウドウ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

今月は、Bonbu Stories の詩とパフォーマンスアートのコラボレーション作品の最終回をお届けします。今回は、延世大学のミュージシャン、首藤ミコさんをフィーチャーしています。付属のビデオをご覧いただき、パート 1と2の先行作品と合わせてお読みください。ここでミコさんは、挑戦、プライドと特権、受容と自己決定の旅についての考察と詩を融合させています。お楽しみください。 —トレイシー・カトウ・キリヤマ* * * * * ミコ・シュドウは、カリフォルニア州サウザンドオークスで…

Thumbnail for 降伏 — パート 2
en
ja
es
pt
降伏 — パート 2

2023年4月20日 • Sydney Shiroyama , トレイシー・カトウ=キリヤマ

今月は、Bonbu Stories の共同創設者である Sydney Shiroyama の詩と、Bonbu Stories 集団のパフォーマンス ビデオの両方をご紹介できることを嬉しく思います。 「降伏」というテーマを引き継いで、Sydney の詩は Bonbu の仲間たちと連作した詩の一部であり、私たちが植える文化、価値観、抵抗の種が、今度は私たちが生き残り、成長し、そしてただ最善を尽くして楽しむのに役立つことを思い出させてくれます。 — トレイシー・カトウ・キリヤマ*…

Thumbnail for 降伏 — パート 1
en
ja
es
pt
降伏 — パート 1

2023年3月16日 • ケンダル・タニ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

カリフォルニア州マンモス レイクを拠点とするアーティスト、ケンドール タニの詩をご紹介できることを嬉しく思います。ケンドールは、優しさと喪失感を深く探求し、また、私が最近知り合ったアジア系アメリカ人の多分野にわたるアーティスト集団、ボンブ ストーリーズとの共同作業による作品 ( Surrender ) を含む、より大規模な作品もここで惜しみなく提供しています。この集団の作品のうち、 Surrenderに関連する他の部分を、今後のNikkei Uncovered: a poe…

Thumbnail for フライト
en
ja
es
pt
フライト

2023年2月16日 • ジーニー・ナカノ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

サウスベイを拠点とする詩人、作家、ダンサーのジニー・ナカノが、最新の詩集『 Wings on a Silk Veil』の出版を心待ちにしているので、一緒にお祝いしましょう。ここに収録されている詩は、思索的でオープンで自由な作品を通して彼女の内なる光を表現しており、先祖から若々しい心を持つ常に変化する身体まで、正直な探求です。この作品に感謝し、ジニー、おめでとうございます! —トレイシー・カトウ・キリヤマ* * * * * ジニー・ナカノは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

アミナ・アブタヒル(彼女/彼女)は、第一世代のイスラム教徒のインド系アメリカ人です。両親は南インドのタミルナドゥ出身で、母国語と文化であるタミル語は、彼女の成長とアイデンティティに大きな役割を果たしてきました。彼女はカリフォルニア州立大学ロングビーチ校の4年生で、米国の法律と公共政策を重点的に学びながら、政治学の学士号を取得しています。彼女は当初、ノーコカレッジとリバーサイドシティカレッジで生物学を学びましたが、公共事業と活動に真の情熱があることに気付き、専攻を変更しました。彼女はRCCで政治学の準学士号を取得しました。少数派コミュニティにおける政治的および経済的差別への関心は、彼女が連帯と支援を実践する方法に影響を与えています。アブタヒルは現在、芸術と政治の融合を利用して、個人として、そしてコミュニティとして成長する方法を学ぶことを楽しみにしています。

2020年7月更新


エイミー・サンチェス・アルテアガは、アーティスト、作家、教育者であり、cog•nate collective の共同創設者です。cog•nate collective は、物理的および象徴的な国境を越えて、文化がどのように社会的、経済的、政治的な関係を仲介するかを理解しようとする学際的な研究プロジェクトと公的介入を開発する二国間芸術集団です。

彼らのプロジェクトは、サンディエゴ現代美術館、ゲッティセンター、カリフォルニア州立大学グランドセントラルアートセンター、クラフトコンテンポラリー、シカゴ美術館付属美術大学、キトの Arte Actual FLACSO、リールのメゾン・フォリー・ワゼム、ベルリンのオルガン・クリティシャー・クンストなどの会場で展示されています。彼らは現在、ブリティッシュコロンビア州ティファナ、カリフォルニア州サンタアナ、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動しています。作品はcognatecollective.comでご覧いただけます。

2019年6月更新


アンジー・アザドは、誇り高きベンガル系イスラム教徒のアメリカ人です。彼女は、ビデオゲーム、ショー、活動や社会正義など、どんな形であれアートを愛しています。アートには物語を伝える力があると感じており、アニメーターやビデオゲームデザイナーになって、自分の物語を語りたいと考えています。

2020年6月更新


タミコ・ベイヤー(彼女/彼女)は、キネレス・ゲンスラー賞を受賞した詩集『 Last Days』 (アリス・ジェームズ・ブックス)と『 We Come Elemental』 (アリス・ジェームズ・ブックス)、チャップブック『Dovetail 』(キミコ・ハーンとの共著、スレイパリング・ホル・プレス)と『 Bough breaks 』(メリテージ・プレス)の著者です。彼女の詩と記事は、デンバー・クォータリー、アイダホ・レビュー、デュシー、ブラック・ウォリアー・レビュー、ジョージア・レビュー、リット・ハブランパスなど、幅広く出版されています。PENアメリカとアストレア・レズビアン作家基金から賞を、クンディマン、ヘッジブルック、VONAなどからフェローシップとレジデンシーを受賞しています。彼女は、目覚めた人生を送り、変化を形作るための月刊ニュースレター『 Starlight and Strategy』を発行しています。彼女はクィアで、多民族(日本人と白人)のシスジェンダーの女性であり、フェムであり、マサチューセッツ州、ワンパノアグ族、ポータケットの土地に住み、執筆活動を行っています。社会正義コミュニケーションのライター兼ストラテジストである彼女は、権力に真実を伝える執筆活動に日々取り組んでいます。詳細はtamikobeyer.comをご覧ください。

2021年10月更新


F. ダグラス ブラウンは 2 冊の詩集の著者です。彼の最初の作品「Zero to Three 」は、トレイシー K. スミスによって 2013 年のケイブ カネム詩賞に選ばれました。彼はケイブ カネムとクンディマンの両方のフェローであり、彼の詩は数多くのジャーナルや雑誌に掲載されています。ブラウンは、ロルカ ラテン系詩賞の顧問団、およびビヨンド バロックとカルチュラル デイリーの役員を務めています。現在は、ロサンゼルスのロヨラ高校で教鞭をとり、平等と包括性に関するオフィスのディレクターを務めています。彼は、教えたり、執筆したり、子供たち (アイザイア、オリビア、シモーネ) と過ごしていないときは、ロサンゼルス大都市圏で Halo-Halo Boyz の DJ をしています。

2023年9月更新


アーロン・カイセド・キムラは、 『Common Grace』 (Beacon Press、2022年)、 『Ubasute』 (Slapering Hol Press、2021年)の著者です。マクドウェル・フェローシップ、ロバート・ピンスキー・グローバル・フェローシップ(詩部門)、セント・ボトルフ・クラブ財団新進芸術家賞(文学部門)を受賞し、プッシュカート賞ベスト・オブ・ザ・ネットベスト・ニュー・ポエツ・アンソロジーにノミネートされました。作品は、 Beloit Poetry JournalRHINOPlume PoetryPoetry DailyShenandoahPirene's FountainSalamanderCave Wallなどに掲載または掲載予定です。アーロンはボストン大学でクリエイティブ・ライティングの修士号を取得しました。

2024年1月更新


ニーナ・チャンは、執筆を楽しむ中国系アメリカ人の家庭医です。夫、愛犬、2 人の子供とともにサンフェルナンド バレーに住んでいます。余暇には、執筆グループ「Women Word Warriors」からインスピレーションを得て詩を書いています。

2021年8月更新


カズミ・チンは、 『Having a Coke With Godzilla』の著者です。彼は、疎外された人々との愛情あるコミュニティの構築、構造とアイデンティティのメカニズムを言語化すること、そして他の人が同じことをできるようにする空間とツールを作成することに取り組んでいます。彼は、芸術制作と批評理論の交差点における学問に興味があり、地図、スプレッドシート、アルゴリズム、分類法、シミュレーション、そして詩と真の友情の神話的な力に深い愛情を持っています。

2017年10月更新


アミサ・チウは延世大学の司書で、アイボール・バープ・プレスというレーベルでジンを出版している作家です。コミュニティアートのイベントやフェスティバルを企画し、若者にジンのワークショップを教え、ポートランド・ジン・シンポジウムの主催者の一人でもあります。アミサと夫のアレックスにはマジーという名の子供がいて、YouTube で「The Mazzy Show」という番組を持っています。

2018年6月更新


テレサ・メイ・チュクはベトナムのサイゴンで生まれ、ベトナム戦争の直後に母と兄とともにベトナムの故国から逃れ、南シナ海で座礁した貨物船で3か月半を過ごした後、救出されました。ベトナム共和国軍に勤務していた彼女の父親は、ベトコンの再教育収容所に9年間留まりました。テレサは、 Invisible Light (2018年)、 Keeper of the Winds (2014年)、 Red Thread (2012年)という3冊の長編詩集の著者です。彼女の詩集「Incidental Takes 」は、2023年にハミングバード・プレスから出版されました。テレサの詩は、Anthology of Southeast Asian Eco-Writing (ハワイ大学出版、2023年)に収録される予定です。彼女はロサンゼルスの公立学校で文学と作文を教えています。

2023年8月更新


フアン・デ・ラ・フエンテ・梅津(ペルー、リマ、1963年)。詩人、ジャーナリスト、編集者。リマ市コンクール (1981 年)、マヌエル ゴンサレス プラダ (1985 年)、エル ポエタ ホベン デル ペルー (1985 年) のコンクールで表彰されました。彼はまた、コペ詩賞の 1990 年版と 2007 年版でも優れた賞を受賞しており、詩集の著者としては、 「不在宣言」 (ASALTOALCIELO、Editores、1999 年)、 「Las barcas que se desdede del sol」 (Tranvías Editores、2008 年)、 「La salud no」それは場所(Carpe Diem、エディター、2010)、夜を渡る橋(パラカイダス・エディター、2016)、そしてビデ・コル・トゥーム(ペロ・デ・アンビエンテ・エディター、2017)です。彼の作品は、リカルド・ゴンサレス・ヴィジル著『 20世紀ペルーの詩』 (2000年)、ポール・ギレン著『モービル・ウォーターズ』(2016年)、第3回リマ国際詩祭報告書(2016年)、『逃亡者と逃亡者』など、国内外のさまざまな出版物に掲載されています。永遠(2018 年マドリッド IV 国際詩祭のアンソロジー)。 [*写真提供:フアン・カルロス・カバレロ]


最終更新日: 2020 年 9 月


ブライアン・コーメイ・デンプスターの2冊目の詩集『 Seize』は、2020年秋にフォー・ウェイ・ブックスから出版された。デビュー詩集『 Topaz』 (フォー・ウェイ・ブックス、2013年)は、15バイト2014年ブックアワード詩部門を受賞。デンプスターは、『From Our Side of the Fence: Growing Up in America's Concentration Camps』 (カーニー・ストリート・ワークショップ、2001年)の編集者で、この本は全米日系人歴史協会から2007年二世の声賞を受賞した。また、『Making Home from War: Stories of Japanese American Exile and Resettlement』 (ヘイデイ、2011年)の編集者でもある。サンフランシスコ大学で修辞学と言語学の教授を務め、アジア太平洋研究修士課程の運営ディレクターも務める。

2021年1月更新


ミサエル・ディアスは、アーティスト、作家、教育者であり、cog•nate collective の共同創設者でもあります。cog•nate collective は、物理的および象徴的な国境を越えて、文化がどのように社会的、経済的、政治的な関係を仲介するかを理解しようとする学際的な研究プロジェクトと公的介入を開発する二国間芸術集団です。

彼らのプロジェクトは、サンディエゴ現代美術館、ゲッティセンター、カリフォルニア州立大学グランドセントラルアートセンター、クラフトコンテンポラリー、シカゴ美術館付属美術大学、キトの Arte Actual FLACSO、リールのメゾン・フォリー・ワゼム、ベルリンのオルガン・クリティシャー・クンストなどの会場で展示されています。彼らは現在、ブリティッシュコロンビア州ティファナ、カリフォルニア州サンタアナ、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動しています。作品はcognatecollective.comでご覧いただけます。

2019年6月更新


オハイオ州クリーブランドで生まれ育ち、現在はロサンゼルス東部のサンガブリエルバレー在住の海老原渉は、「三世」つまり日系三世アメリカ人です。彼の詩は、これまでにRafu ShimpodISorient Journal 、"Keep It Going... Pass It On: Poetry Inspired by the Manzanar Pilgrimage"、およびInfinite Loopという自費出版の本に掲載されています。

2020年2月更新


セスシュ・フォスターは、イーストロサンゼルスで30年間教鞭を執っています。彼の作品は、 The Oxford Anthology of Modern American PoetryLanguage for a New Century: Poetry from the Middle EastAsia and BeyondBAX: Best American Experimental Writing に掲載されています。アメリカン・ブック・アワードを2回受賞し、最新の著書は、チャップブックの『 Praying Mantis』 (Business Bear Press、2017年)とハイブリッド版の『 City of the Future』 (Kaya Press、2018年)です。彼は、アーティストのアルトゥーロ・ロモと共同で小説『 The East Los Angeles Dirigible Air Transport Lines, a History 』(2019年にCity Lightsから出版予定)を執筆中です。

2018年11月更新


ノラ・フジタ・ユハスはワシントン州シアトル(ドゥワミッシュ族の土地)出身の混血の四世です。オクシデンタル大学の4年生で、政治学を専攻し、ジェンダー、女性、セクシュアリティ研究を副専攻しています。芸術、コミュニティ、政治の交差点に興味があります。日系アメリカ人としての歴史と家族についてさらに学ぶ中で、カリフォルニアで愛にあふれたコミュニティを見つけました。太陽と雨は彼女の心の中で同じくらい大切にされています。

2020年7月更新


レイ・フクダ・サリナス(男性/女性)は、現在ロサンゼルス(キジランド)に住む日系パラグアイ人です。日本、ドミニカ共和国、グアテマラなど、国際的に育った場所。混血のトランスジェンダーのクィアの若者として、感情を表現するために音楽と詩を書くことに幸運にも気付き、カミングアウトしていない時期や情緒不安定な家庭で育った時期も、アートがレイの支えとなりました。レイは独学でギターを学び、フランク・オーシャン、ヨーヨー・マ、ニーナ・シモン、パブロ・ネルーダなど多くのアーティストに影響を受けたソングライターです。遠距離恋愛や選んだ家族、愛、移民(不法移民)、刑務所、自由、そしてただの気付きについて歌や詩を書いています。

2022年2月更新


マリナ・フクシマは、サンフランシスコを拠点に活動するダンサー兼振付家です。東京生まれ、1992年に米国に移住。異文化の視点から、沈黙、家族、世代間の関係をテーマに創作に取り組んでいます。両親(ともにビジュアルアーティスト)と共同で作品「Family Seasons」(2016年)を振付し、別府のプロジェクト「Things Evaporate - dances of sickness and health」(イサク・イマニュエルと共同、2018年)、オークランドのアグリゲート・スペース・ギャラリー(2017年)、台北のトレジャーヒル・アーティスト・ビレッジ(ビジュアルデザイナーのオリビア・ティンと共同、2014年)の「Room in a Pinhole」にレジデントアーティストとして参加しました。

彼女は、米国および海外(ドイツ、ギリシャ、韓国、ペルー、台湾、日本)で、Kunst-Stoff、Lenora Lee、ODC、Christine Bonansea、Catharine Galasso、Tableau Stations など、数多くのカンパニーや振付師とコラボレーションし、パフォーマンスを披露してきました。彼女はバトラー大学で美術学士号、アイオワ大学で美術学修士号を取得しました。

2019年6月更新


ドナ・ガセミは、アライグマ、ドーナツ、そして懐かしさを愛する女性です。彼女は短編小説作家で、夜遅くに詩を書くこともあります。彼女の作品は、日常生活、家族の歴史、食べ過ぎた後に見る奇妙な夢からインスピレーションを得ています。ドナは、いつか自分の本が食料品店で売れるようになることを願っています。

2020年7月更新


マーガレット・オザキ・グレイブスは、コロラド州デンバーを拠点とする文化コンサルタント、芸術管理者、指導アーティスト、プロのパフォーマーです。コロラド日系アメリカ人リソースセンター(JARCC)、日経トゥデイNATS 歌唱ジャーナルなどで、日本の文化、発音、音楽に関する記事を執筆しており、全国各地で日本の文化、言語/発音、多様性/配役に関する講義を行っています。シンシナティ音楽大学で、日本の美学と音楽に関する学位と、ボーカルパフォーマンス研究とオペラの博士号を取得しています。

2020年3月更新


秦千早氏は、パフォーミング アーティスト、コミュニティ オーガナイザー、そしてグローバル シチズン アーティストです。彼女の作品は、広島、日本、キューバ、ニューメキシコ、オレゴンのオンタリオなどのコミュニティに日系アメリカ人の物語を伝えています。芸術教育者として、彼女の視点はオレゴン人文科学対話リーダーおよびバンポート モザイク フェスティバル ストーリーズ イン ムーブメント アーティストとして共有されています。彼女は、オレゴン州ポートランドの日系アメリカ人の強制退去と回復の物語であるGambatte Be Strongを考案し、メリーランド州タコマ パークのダンス エクスチェンジのゲスト アーティストでもあります。

千佐夫氏は、オレゴン日系財団、アメリカ音楽プログラムの理事会、および社会的責任医師会の諮問委員会のメンバーです。また、ポートランド太鼓、シアター・ディアスポラの創設メンバーでもあり、地域芸術文化評議会の芸術教育委員会のメンバーでもあります。

2019年5月更新


Susan Hayase was a part of the grassroots movement for Japanese American redress in San Jose, working in the Nihonmachi Outreach Committee (NOC) and the National Coalition for Redress/Reparations (NCRR.)  A performing member of San Jose Taiko from 1980 through 1990, appointed in 1995 to the Civil Liberties Public Education Fund Board by President Clinton, serving as its vice-chair, most recently she is a co-founder of San Jose Nikkei Resisters (SJNR), a grassroots multi-generational community organization building support for reparations for slavery as well as for public safety and issues of accountability, and to organize around sustainability for San Jose Japantown.

Updated March 2024


平原直美氏は、エドガー賞を受賞したマス・アライ・ミステリーシリーズ(帰化二世の庭師で原爆被爆者が事件を解決する)、オフィサー・エリー・ラッシュシリーズ、そして現在新しいレイラニ・サンティアゴ・ミステリーの著者です。彼女は、羅府新報の元編集者で、日系アメリカ人の経験に関するノンフィクション本を数冊執筆し、ディスカバー・ニッケイに12回シリーズの連載を何本か執筆しています。

2019年10月更新


エイミー・ホンジヨはカリフォルニア州イーストロサンゼルスで生まれ、郊外や丘陵地帯を転々とした後、モントレーパークに再び定住しました。彼女の日中の仕事は「鉛筆を動かしてキーボードを叩く」ことでした。彼女は子供を自宅で教育し、最高の教訓は心から始まることを学びました。彼女は現在、引退し、リトル東京でボカシ堆肥を作るゴミ収集人として再出発しています。

2019年9月更新


セイジ・イゲイは、ヴィジラント・ラブの2020年ソリダリティー・アーツ・フェローシップの沖縄日系アメリカ人メンバーであり、アニメーションのBFAを持つアーティストです。昨年、彼らは家族や文化的ルーツとつながるために、沖縄の金武町でトレーニングプログラムを修了しました。彼は、QTPOCの表現とアジア系アメリカ人のポップカルチャーを特集した漫画、イラスト、アニメーション、販促資料を制作しています。彼らは、i2i、AAAJ、デポール大学のQTPOCクラブなど、シカゴの活動家グループに参加してきました。物語の語りと非線形の芸術的探求を通じて、彼らは視聴者とその想像力を世界が何であるか、そして世界が何になる可能性があるかについて引き付けたいと考えています。

2020年7月更新


カート・ヨコヤマ・イケダ(男性)は、職業は新二世の教育者、情熱は詩人です。ロサンゼルスのサウスベイで育ち、現在は愛する妻エイプリルとともにアイダホ州に住んでいます。カートは、ミニドカ国立史跡(アイダホ州ジェローム)の解説および教育ディレクターとして、第二次世界大戦中の日系アメリカ人強制収容の遺産を保存しています。

2022年2月更新


タニ・イケダはエミー賞受賞歴のある監督で、物語、ドキュメンタリー、ミュージックビデオ、コマーシャル映画を制作しています。彼女は最近、サンダンスの2018年集中脚本ラボのフェローの一人に選ばれ、またFilm Independentのプロジェクト:Involve Directors Fellowとして33人の新進映画製作者の一人に選ばれました。イケダは、ブラック・ライヴズ・マターの共同創設者パトリッセ・カラーズとともに、ロサンゼルス郡の35億ドルの刑務所計画に対する戦いを描いたブラックピルズのドキュメンタリーTVシリーズ「Resist」でエグゼクティブプロデューサー兼ディレクターを務めました。イケダは、中国、ウガンダ、インド、米国で映画を監督してきました。彼女の作品は、ハリウッド・レポーターティーン・ヴォーグコスモポリタン誌で高く評価され、サンダンス映画祭を含む世界各地の映画祭で国際的に上映されています。

タニ・イケダは21歳のとき、仮想現実で活動する若い女性アーティストの才能を育成する非営利団体、imMEDIAte Justiceの共同設立者となりました。彼女は現在imMEDIAte Justiceのエグゼクティブディレクターを務めており、Utne Readerによって「あなたの世界を変える25人の先見者」の1人に選ばれました。ImMEDIAte JusticeはCNN、NBC、Univisionで全国的に注目されています。イケダは全国を回り、社会正義のためのツールとしてのストーリーテリングについて大学や全国会議で講演しています。

タニは南カリフォルニア大学で映画制作の学士号を取得し、現在はロサンゼルスに住んでいます。

2019年1月更新


イサク・イマニュエルは、日常的な空間、劇場、ギャラリー、カメラの前で作品を制作する、学際的なアーティスト、振付師、ダンサーです。場所に関するローカルおよびグローバルな問題に取り組むプラットフォームとして、彼はTableau Stations(2004年)を設立しました。「Wind Stations - a curation of missing people」、「ANICONIC」、「pLandscape Carrier」など、サンフランシスコおよび国際的に調査/発表された多数のコラボレーション作品があります。ヘッドランドセンターフォージアーツ、アタッカラリインディアビエンナーレ、秋吉台国際芸術村、ダンスボックス神戸、TPAM(東京/横浜舞台芸術ミーティング)、ソウルダンスセンター、ドック11ベルリン、ファブリカヨーロッパイタリア、および日米友好委員会とヘメラ財団からのフェローシップを通じて。

カリフォルニア芸術大学で学際的実践のBFAを取得(1999年)して以来、アンナ・ハルプリン、桂冠、加関裕子、トーマス・ラングホフ(ミュンヘン/SFオペラ)、玉野浩一&博子(ハルピン・ハ)、イオヴァ・コガ真一(inkBoat)、マリナ・フクシマ、スルジット・ノンメイカパムなど、数多くのムーブメント・アーティストと活動。ニューメキシコ州タオスとロサンゼルス東部で育つ。

2019年6月更新


ソフィアは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で音楽学と神経科学の勉強を終えようとしている4年生です。カリフォルニア州トーランスで日本人移民の両親のもとに生まれ、幼少期をそこで過ごし、9歳のときにジョージア州の小さな町カーターズビルに引っ越しました。彼女は、文化的価値観を探求し、新二世としてのアイデンティティーを探る機会を与えてくれたこの2つの故郷を大切にしています。芸術と統合的健康への関心から、音楽療法士になるという夢を追いかけるようになりました。彼女は、ホリスティック健康の運動に貢献するために、ヒーリングアートコミュニティの積極的なメンバーになりたいと考えています。

2019年4月更新


トレイシー・イシゴは、創造的なコミュニティ オーガナイザーであり、トラウマ インフォームド ヨガ + 瞑想ヒーリングの実践者です。彼女は、個人的な経験、日系アメリカ人の経験、そして多様なコミュニティ内での活動から得た知識を活用しています。トレイシーは、イスラム恐怖症や暴力の影響を受けたコミュニティの安全と正義を守るために草の根の連帯と運動を組織することに専念するコミュニティ ベースのネットワークである #VigilantLOVE の共同議長および運営委員会メンバーです。

2017年6月更新


オアフ島出身の中国系アメリカ人三世。マッキンリー高校卒業後、大学でビジネスを専攻し美術も学ぶ。ロサンゼルス在住。ロサンゼルス郡職員として約30年勤務した後、非営利の慈善団体で事務局長を23年務める。社会貢献の一環として全米日系人博物館、イースト・ウェスト・プレイヤーズ(アジア系アメリカ人で構成される劇団)、オーデュボン・センター・アット・デブス・パーク(環境教育と保全のための自然公園内の施設)、ロサンゼルス・コンサーバンシー(ロサンゼルスの歴史的建造物などの保存のために活動する非営利団体)などでボランティア活動に取り組んできた。

フランが情熱を傾けているのは、エディブルガーデニング(食べられる植物を取り入れた庭造り)、ハイキング、キャンプ、スキー、コンサート鑑賞など。旅行も大好きで、たくさんの国を訪れたことがある。現在は短編映画の制作に取り組んでいる。

(2018年7月 更新)


ローレン・エミコ・イトウは、シアトル郊外の島出身の五世(日系アメリカ人5世)の詩人、パフォーマー、コミュニティの職人です。彼女の執筆活動とコミュニティの組織活動は、アイデンティティ、継承、そして故郷における選択と強制の緊張関係を探求しています。ローレンの作品は、シアトル・タイムズ、日系アメリカ人市民連盟、全米日系人歴史協会、Civil Liberties United Anthology で取り上げられ、ミッション・アーツ・パフォーマンス・プロジェクト、 Then They Came for Me展、ザ・ビート・ミュージアムなど、さまざまなパフォーマンス会場でも取り上げられています。彼女の最新の出版作品は、サンフランシスコの桂冠詩人キム・シュックのアンソロジー、 The City is Already Speakingに掲載されています。彼女はサンフランシスコに住んでおり、ほとんどいつも海辺にいます。彼女の作品は、Instagram @Lauren.Itoでフォローできます。

2019年8月更新


ミヤ・イワタキは、アジア系アメリカ人女性活動家、正義と賠償を求める日系アメリカ人の戦士、KPFK-FM イースト・ウィンド・ラジオの司会者、ロサンゼルス郡保健局の多様性と文化的能力プログラムの立案者としての人生経験を持ち、文化、コミュニティ、正義と公平への献身に対する生涯にわたる尊敬の念を鼓舞してきました。彼女の詩、著作、コラムは、言葉と言語が私たちの文化と時代に及ぼす深い影響に対する理解によって形作られています。彼女は、黒人賠償金を勝ち取るために闘う日系進歩主義者、NCRR、および全国日系賠償連合のメンバーです。リトル東京歴史協会の副会長として、ジェントリフィケーションに直面しているリトル東京の歴史、遺産、文化的魂を保存するために活動しています。(プロフィール写真: 野村愛)

2023年7月更新


W. トッド カネコは、詩集『This Is How the Bone Sings』『The Dead Wrestler Elegies』の著者です。アモラック ヒューイとの共著で、詩集『Slash / Slash and Poetry: A Writers' Guide and Anthology』を出版しています。彼の詩は、 PoetryAlaskan Quarterly ReviewMassachussets ReviewThe Normal SchoolBarrelhouse 、Verse Daily、Poetry Daily、the American Academy of Poets Poem-A-Day などに掲載されています。クンディマン フェローであり、ミシガン州グランドラピッズ在住で、グランドバレー州立大学で教鞭を執っています。(写真: タイラー ステイムル)

2022年7月更新


1922年にサクラメントで生まれた作家で俳優の柏木博は、幼少期をカリフォルニア州ルーミスで過ごした。第二次世界大戦中、忠誠心に関する質問に答えることを拒否したため「不忠」とされ、トゥーリーレイク隔離センターに収容された。彼は米国市民権を放棄し、後にトゥーリーレイク防衛委員会およびウェイン・M・コリンズと協力して市民権を回復した。1975年以来、彼は収容所での体験を公に語っている。1975年4月の巡礼中に書いた詩「トゥーリーレイクでの出会い」は、日系強制収容所の生存者の間で彼を影響力のある声として確立した。

1952年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で東洋言語学の学士号を取得し、1966年にカリフォルニア大学バークレー校で文学修士号を取得。アメリカ仏教会本部で編集者、翻訳者、通訳者、英語秘書として勤務。また、文学と言語を専門とし、サンフランシスコ公共図書館の参考司書も務めた。著書に、2005年アメリカン・ブック・アワードを受賞した『Swimming in the American: A Memoir and Selected Writings』 、および『Shoe Box Plays』 、『 Ocean Beach: Poems』 、『 Starting from Loomis and Other Stories』がある。主な出演作には、サンフランシスコのユーレカ劇場で制作された舞台『 The Wash』 、映画『ひと・はた』 (1980年、ロバート・ナカムラ監督)、 『ブラック・レイン』 (1989年、リドリー・スコット監督)、 『月下のうさぎ』 (1999年、大森恵美子監督)、 『インフィニティ』『チャーシューラーメン』 (2013年、カーウィン・バーク監督)などがある。

彼は2019年10月に96歳で亡くなった。

2019年12月に更新されました。

(著者撮影:ベン・アリカワ)


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新


ケルシー・カワナは、4代続く家族経営の企業で、米国最大のアジア麺メーカーであるJSL Foods, Inc.の企業戦略ディレクターです。起業家でありアーティストでもある彼女は、元全米大学詩朗読大会ファイナリスト、出版作家( The Long Drive Home )、2022年12月に初公開予定のThe Unreachable Starの脚本家兼エグゼクティブプロデューサーでもあります。ケルシーは、ブラウン大学でビジネスと東アジア研究の学士号、UCLAアンダーソンでMBAを取得し、認可ブローカーディーラーおよびジョン・ウッデン・グローバル・リーダーシップ・フェローでもあります。彼女は、日本の踊りの坂東レベルの達人であり、パートタイムのゴルフ愛好家であり、フルタイムのグルメです。

2022年9月更新


菊島和子は心理学者でありコミュニケーターです。詩における彼の最大の参考文献は、ホセ・ワタナベ(ペルー、トルヒーリョ)とグスタボ・ペレイラ(ベネズエラ、プンタ・デ・ピエドラス)です。 2017年7月に初の詩集『TATTOOS』を出版。同年10月にはリマの第4回詩キャラバンフェスティバルに招待され、11月にはII国際ブックフェアタルマ2017に招待され、著書『Tatuajes』の発表と俳句ワークショップを開催した。 2019年には第2回日経アートフェア「ペルー・ガンバリマショウ」に選出され、詩から生まれた様々な商品を発表した。彼は現在、Spotify で入手できる 2 番目の詩集PLAYLIST POÉTICOの物理的な出版に取り組んでいます。この本は、No Recommendable や Leonel Bravo などのさまざまなペルーのミュージシャンとコラボレーションしています。

最終更新日: 2022 年 6 月


キャンディス・キタは、多分野にわたる芸術活動、社会正義の組織化、非営利団体の運営に携わる芸術文化活動家です。現在、キャンディスはオレゴン州アジア太平洋系アメリカ人ネットワーク (APANO) で文化活動マネージャーを務めています。また、草の根団体Arts Workers for Equity の共同設立者で、ポートランド美術館やハイジ・ダックラー・ダンス・シアターの開発、マーケティング、プログラムに携わり、アジア系アメリカ人のアートとコミュニティスペース Tuesday Night Project のビジュアルアートキュレーターを務めました。

キャンディスはスクリップス大学でスタジオアートの学士号を取得しました。シカゴ、ロサンゼルス、ポートランドを拠点としています。余暇には、占星術を学んだり、ダンスをしたり、おにぎりをたくさん食べたりしています。

2018年4月更新


クリスティン・キタノは詩人であり、ストーニーブルック大学のクリエイティブ・ライティングと文学の准教授であり、 『Sky Country』と『Birds of Paradise』の著者です。彼女の父親はトパーズ強制収容所に収監され、UCLAのアジア系アメリカ人研究センターの設立に携わりました。彼女の母親は10代の頃に韓国から移住しました。キタノの詩と研究は、こうした家族の遺産を探求しています。彼女のウェブサイトはwww.christinekitano.comです。

2024年7月更新


5 代目または五世と自認するカリル・コチヤマは、カリフォルニア大学サンタバラバ校を卒業したばかりで、同校では環境学を専攻し、専門職執筆に力を入れています。コーヒーショップでインターネットで環境正義の入門レベルの仕事を探しているとき以外は、古着屋巡りをしたり、ライブ音楽を楽しんだり、夏のプロジェクトとしてコーンホール セットを作ろうとしたりしています。彼は、疎外されたコミュニティ間の連帯を築く活動をさらに進め、環境保護と持続可能性を融合させることを将来の取り組みにしたいと考えています。

2019年7月更新


リノ・コダマ(they/them/theirs)は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校を卒業したばかりで、美術を専攻し、アジア系アメリカ人研究を副専攻しています。彼らは、土の素材を共創し、粘土の繭と天然染料を通して内面の変化を錬金術的に起こす新一世のアーティストです。彼らは創造的なコラボレーションを受け入れており、 Vigilant LoveSeraphim Dreamなどの根本的なつながりを育むのに役立つ癒しの空間に感謝しています。現在、彼らは故郷のカリフォルニア州サンタクララ(オローニランドとしても知られています)を拠点としています。彼らのアート作品は、 https://wwwa.com/.rinokodamでご覧いただけます。

2021年2月更新


ジェニ・エミコ・クイダは、トニー・オオスミとともに『あなたが日系アメリカ人かどうかを見分ける101の方法』の共著者です。現在はコリアタウン青少年コミュニティセンターの助成金マネージャー、日系アメリカ人コミュニティサービスおよびベニス青少年評議会の理事を務めています。趣味はガーデニング、お盆参り、ポケモンGOです。

2017年8月更新


マイヤ・クイダ・オスミは中学生です。幼稚園の頃からベニス・スパークスでバスケットボールをしています。また、ソフトボールや太鼓も楽しんでおり、中学校の即興グループにも参加しています。マイヤは友人のトゥーラとともにシスターフレンズのメンバーで、チューズデー・ナイト・カフェで10回以上パフォーマンスをしています。

2017年8月更新


ギャレット・クライは、大きな眠りと小さな死について書いています。彼の詩は、キャリー・チャンのLotus MagazineMonolid 、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校のStatement Magazine(Sic) Vice & Verseに掲載されており、ペンサウンドペンシルバニア大学のウェブサイトのRadio Poetiqueシリーズと、 Skylight Books Podcastの夏のエピソードに登場します。ニューヨーク大学のクリエイティブ・ライティング・プログラムを卒業し、チカーナの妻と息子とともに故郷のロサンゼルスに住み、教えています。ギャレットは、JANM で働き、演奏したことがある、故太鼓奏者で仏教僧侶のクライ・シュウイチの息子で、三世です。詩を書いていないときは、サウンドウォールを集め、時々 DJ をします。彼が尊敬する音楽には、革命の音である「R」の音を持つロバート・ワイアットとラーサーン・ローランド・カークがいます。

2021年6月更新


神戸生まれのマリ・レスペランス氏は、詩人、作家、編集者であり、近年南カリフォルニアに27年ぶりに戻りました。レスペランス氏による詩集、「The Darkened Temple」(2008年ネブラスカ大学)は、Prairie Schooner Book Prizeを受賞し、初期の詩集「Begin Here 」は、Sarasota Poetry Theatre Press Chapbook Prizeを受賞しました。また、トマス・Q・モリン氏と共に編集したフィリップ・リーヴィン名詩選集「Coming Close: Forty Essays on Philip Levine」は、2013年アイオワ大学から出版される予定です。レスペランス氏に関する情報は、こちらからどうぞ。www.marilesperance.com


アスカ・リン(they/them)は、日本と台湾のハーフで、カリフォルニア芸術大学の卒業生。神戸の海辺で生まれ、ベイエリアで育った彼らは、現在ロサンゼルスに住む移民第一世代です。彼らの作品はさまざまなジャンルにまたがっていますが、アスカの芸術的実践は、ディアスポラ、トラウマ、シュールレアリズムの物語に大きく影響を受けた、魔法のリアリズムとファンタジーへの強い関心によって形作られています。彼らの作品は、視聴者/読者に深い癒しと内省を広げ、画面の内外で疎外された人々に永続的なエンパワーメントの場を作り出すことを目指しています。

2020年6月更新


劉謙司は『 Map of an Onion』の著者で、2015年ヒラリー・グレイヴンダイク詩賞の全国受賞者です。彼の詩はAmerican Poetry Review、Action Yes! 、Split This Rockの今週の詩シリーズ、いくつかのアンソロジー、2冊のチャップブック『 You Left Without Your Shoes』 (Finishing Line Press、2009年)と『Craters: A Field Guide』 (Goodmorning Menagerie、2017年)に掲載されています。Kundimanフェローであり、VONA/Voices、Djerassi Resident Artist Program、Community of Writersの卒業生で、ロサンゼルスの東に住み、食事をしています。

2017年3月更新


ミア・アユミ・マルホトラは、 『Mothersalt』 (2025年刊行予定)と『Isako Isako』の著者であり、カリフォルニア・ブック・アワードのファイナリストで、ノーチラス・ゴールド・アワード、アリス・ジェームズ・アワード、ナショナル・インディ・エクセレンス・アワード、メイン・リテラリー・アワードの受賞者でもある。彼女のチャップブック『Notes from the Birth Year』はバトー・プレス・BOOMコンテストで優勝し、彼女の作品はホーカー賞(東南アジア詩部門)やシンガポール詩賞など国際的に認められている。彼女はクンディマン・フェローであり、女性やノンバイナリー・アーティストの集いの場であるThe Ruby SFの創設メンバーでもある。(プロフィール写真はKindred提供)

2023年6月更新


D 丸山秀夫はロングビーチ州立大学でクリエイティブ ライティングの修士号を取得しました。1990 年代から 2000 年代初頭にかけて、閉店したアメラシア ブックストアの非営利部門である Aisarema に所属していました。この組織はdIS*orient Journalzineというアジア太平洋系アメリカ人芸術誌を発行しており、丸山は編集者でした。丸山はVoices of Leimert Park Redux というアンソロジーに収録されており、現在は Jean Toomer のCaneや Theresa Hak Kyung Cha のDicteeのような文学の流れを汲む、多ジャンルのテキストにまとめる詩、散文、エッセイの執筆に取り組んでいます。

2018年9月更新


キャシー・ニシモト・マサオカは、多文化共生の街ボイルハイツで生まれ育ちました。60年代後半のベトナム戦争とカリフォルニア大学バークレー校でのアジア系アメリカ人研究は、彼女の価値観に大きな影響を与えました。1970年代以降、リトルトーキョーの若者、労働者、住宅問題、日系アメリカ人の補償問題に取り組んできました。現在は日系市民権・補償協会(NCRR)の共同会長を務めており、書籍「NCRR:日系アメリカ人の補償と賠償を求める草の根運動」の編集チームに所属し、映画/カリキュラム「Stand Up for Justice」を通じて収容所についての啓蒙活動に協力し、NCRR 9/11委員会で活動して「Break the Fast」や「Bridging Communities」などのプログラムを通じてアメリカのイスラム教徒コミュニティとの関係構築を支援しました。

彼女はNCRRを代表して日本国内の韓国人やその他の少数民族の権利を支持し、日系進歩派、Vigilant Love、サステイナブル・リトル・トーキョー・プロジェクトに関わり、慰安婦や黒人への賠償、移民の権利、リトル・トーキョーの将来などの問題に取り組んでいます。

彼女はマーク・マサオカと結婚しており、娘のマユミと息子のダン、そして孫のユマ、レオ、キアヌがいる。

2024年2月更新


ニキコ・マスモト(彼女/彼女)は、有機農家、記憶の守り手、そしてアーティストです。彼女は4世日系アメリカ人で、曽祖父母がカリフォルニアで働いていた同じ土壌に触れています。マスモト・ファミリー・ファームは、有機ネクタリン、アプリコット、桃、レーズン用のブドウを栽培しています。彼女は家族と共著で、2冊の本を書いています: Changing Season: A Father, A Daughter, A Family FarmとT the Perfect Peach: Recipes and Stories from the Masumoto Family Farm 。彼女は、 Yonsei Memory Projectの共同創設者、Center for Performance and Civic Practiceのチームメンバー、University Advisory Board(CSU Fresno)のメンバー、Western States Arts Federationの評議員会、Art of the Ruralの取締役、そして長年ボランティアで変革活動家として活動するなど、ファシリテーション、リーダーシップ、クリエイティブなスキルを以下の組織で発揮しています。 2020年、彼女はイエルバブエナ芸術センター100およびクリエイティブ10に選ばれました。彼女が最も大切にしている価値観は勇気であり、最も重要な実践は聞くことです。(プロフィール写真はFabianAguirreによる)

2022年10月更新


ローレンス・マツダは第二次世界大戦中にアイダホ州ミニドカの強制収容所で生まれました。ワシントン大学で教育学の博士号を取得しました。詩集を 2 冊出版しています。A Cold Wind from Idaho (Black Lawrence Press、2010 年) とGlimpses of a Forever Foreigner (CreateSpace、2014 年) です。後者は、マツダとアーティストのロジャー・シモムラのコラボレーションで、シモムラは 17 枚のオリジナルスケッチを寄稿しました。2015 年には、アーティストのマット・ササキとコラボレーションして、2 冊のグラフィック ノベルを制作しました。An American Hero: Shiro Kashino (第 2 章は地域エミー賞 2 部門にノミネートされ、最優秀編集賞を受賞) とFighting for America: Nisei Soldiers です。翌年、テス・ギャラガーと共同でBoogie Woogie Crisscross (MadHat Press) を制作しました。これは、3 年間にわたって交換した電子メールから生まれた詩集です。(画像提供: アルフレド・アレギン)

2017年10月更新


リク・マツダは、ガーデン グローブで生まれ、アンテロープ バレーで育った日系混血のクィア トランスジェンダーの男性です。1990 年代初頭、祖父母の苗床は土地収用権によりエジソンに売却されました。現在、リクは先祖からインスピレーションと希望を得るために、ボイル ハイツのエバーグリーン墓地に頻繁に通っています。

2018年3月更新


1889年8月1日、千葉県布佐(現・我孫子市)生まれ。若くしてワシントン州シアトルに移住し、貿易商店に勤務する。その後、友人であり同じ千葉出身の移民、タイスケ・タカハシの妹(姉)と文通を始め、日本に一時帰国し、登美子と結婚する。二人はシアトルで果物店を営み、世界大恐慌後はロサンゼルス中心部でスーパーの経営を始める。真珠湾攻撃後は3人の子供たちと登美子の母、イクと共にサンタアニタパーク競馬場、次にワイオミング州ハートマウンテンに強制収容され、ここで松本緑葉という号で短歌を詠み始める。短歌結社『アララギ』の会員。1977年に亡くなった。

(2018年10月 更新)


1900年8月30日、千葉県中野(現・君津市)生まれ。1920年代前半にシアトルに移住する。1943年から45年、ワイオミング州ハートマウンテンの強制収容所に家族と共に勾留され、ここで『加州毎日』の歌壇選者だった歌人、高柳沙水に師事し短歌を学ぶ。1955年、年始に皇居で行われる歌会始(うたかいはじめ)に入選し、短歌が詠まれる。1958年、短歌結社『歌と鑑賞』に参加し、1960年には夫のゲンノスケと歌集『ミシガン湖畔』を出版する。孫のナンシー・マツモトがこの歌集の英訳版を編集し、近く刊行が予定されている。登美子は2005年に亡くなった。

(2018年10月 更新)


エリック・マツナガのシカゴ日系アメリカ人コミュニティの歴史に関する調査は、全米日系人博物館、アルファウッドギャラリー、WBEZラジオ、ニューベリー図書館で取り上げられています。シカゴ生まれで、第二次世界大戦中にカリフォルニアから移住した日系人の子孫である彼は、インスタグラムで@windycitynikkei (「シカゴの日系アメリカ人のひと口サイズ」)をキュレーションしています。

2020年11月更新


ジム・H・マツオカ(1935年 - 2022年)は、NCRR(日系人市民権・補償運動)の創設メンバーの一人で、賠償運動と、草の根の力と他者との連帯を信条とする組織の設立に貢献しました。1942年、彼は姉妹や両親とともにリトルトーキョーから強制的に連れ出され、彼が言うところのマンザナー「捕虜収容所」に送られました。リトルトーキョーへの愛と不正に対する怒りが、ジムの人生の原動力となりました。

ジムは社会正義に熱心に取り組んでいました。彼の正直で率直な姿勢、誠実さ、そしてたゆまぬ活動は、ただ印象的であるだけでなく、ほとんど比類のないものでした。常に人々の利益を何よりも優先するよう努め、脚光を浴びようとはしませんでした。彼は人類に対して、根拠のある深い愛を持っていました。

1988 年に補償が勝ち取られた後も、ジムは不正義との戦いが終わっていないことを知りながら、NCRR に留まりました。彼は 9/11 後のイスラム教徒コミュニティ、そして「慰安婦」と今日のアフリカ系アメリカ人による賠償要求を揺るぎなく支持しました。彼は、収容所について人々に啓蒙し続けることを信条とし、最高の語り手として求められていました。

2022年11月更新


マシュー・メヒアはアメリカの詩人であり、受賞歴のある教授で、その作品と研究はトラウマ、恐怖、悲嘆、認識論、教育学、そして自己を探求しています。彼は、日本、メキシコ、先住民の祖先からインスピレーションを受け、原動力を得ています。私は祖先の夢であり、彼らの骨は私のものです。彼は芸術を通して、コミュニティを団結させるために、何世代にもわたる暴力と虐待を癒し続けています。教室では、学生の成功を擁護し、学生が学問の基盤であると心から信じています。マシューは、書くことで命が救われるという基本的な考えのもと、501c3 の芸術擁護非営利団体 Nervous Ghost Press を設立しました。すべての人は芸術の美しさと力を体験する価値があり、私は私たちの声には力と強さがあることを示すために常に戦います。

2024年5月更新


アイシャ・メモンは、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で女性、ジェンダー、セクシュアリティ研究を専攻する 18 歳の女性です。彼女は、社会福祉、映画制作、ジャーナリズム、アドボカシーに興味を持っています。彼女がアドボカシーに熱中しているのは、パキスタン系イスラム教徒のアメリカ人女性というバックグラウンドに由来しています。ジェンダーに基づく暴力、暴行、不正義と闘うコミュニティの女性や女性の親族の話を聞くうちに、彼女の情熱は高まりました。メモンは現在、詩、教育、映画制作を通じて情熱を育んでいます。彼女は、コミュニティ活動やコミュニティの癒しにもっと学び、もっと関わりたいと考えています。彼女の大きな目標の 1 つは、特に民族的に疎外されたコミュニティで、女性の健康に関する研究とヘルスケアを拡大することです。

2020年6月更新


エミリー・ミタムラはミネソタ州在住の延世大学の詩人で博士課程の学生です。彼女の作品は、植民地主義と大量暴力の現在も続く余波、特にその余波に巻き込まれた人々に課せられた物語の要求を取り上げています。彼女の詩は、身体的、関係的、記録的な絶え間ない幽霊を通して表現されており、 PANKAAWW: The Margins、Nikkei UncoveredClarion Magazineなどに掲載されているか、掲載予定です。彼女の作品はhttp://emilymitamura.comまたは Magers & Quinn 書店の 1 ドル セクションでご覧いただけます。

2022年7月更新


ショーン・ミウラは、ロサンゼルスを拠点とするヨンセイ族の作家兼アーティストです。彼は、アジア系アメリカ人の無料アートシリーズであるリトルトーキョーの Tuesday Night Cafe のプロデューサー兼キュレーターです。彼はdownlikejtown.comでブログを運営しており、Twitter と Instagram では @seanmiura として見つけることができます。

2015年4月更新


ケイコ・イカリ・ミヤは、日本の気仙沼と米国(ニューヨーク市と南カリフォルニア)で育ったため、社会の違いを敏感に感じています。カリフォルニア州メイウッドの小学校で11年間、その後ボイルハイツのルーズベルト高校で17年間、日本語教師として楽しく働きました。ニューヨーク市での23年間と南カリフォルニアでの35年以上の経験により、ケイコはさまざまな人種や民族の人々と働く経験を積むことができ、人々と共感しながら働くことに喜びを感じています。ケイコは、2017年から全米日系人博物館( JANM )でボランティア活動を楽しんでおり、特に一世と二世の家族の子孫が主に米国で祖先のルーツを研究するのを手伝っています。博物館のヒラサキ国立資料センターでは、この研究の機会を提供しています。

2021年8月更新


信子ミヤモトは、70年代のアジア系アメリカ人運動の誕生という変化の渦の中で、自身の歌を見つけました。その瞬間の精神をとらえたのが、クリス・イイジマ、チャーリー・チンと制作したアルバム「A Grain of Sand」です。吟遊詩人として、彼らの音楽は若いアジア人を活気づけ、ラテン系、アフリカ系、ネイティブアメリカンの間に橋を架けました。1978年、彼女はアジア系アメリカ人の物語を伝えるミュージカル、コンサート、ミュージックビデオを制作するためにグレート・リープを設立しました。信子は現在、メキシコのファンダンゴ、日本のお盆、西アフリカ、スーフィズムの伝統に基づく参加型の音楽とダンスでコミュニティを巻き込み、関係を深め、環境に関する知識を共有し、母なる地球とつながるフェスティバル、ファンダンオボンをプロデュースしています。

2020年1月更新


クリスティン・ミヤザトは、カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ育った、クィアでジェンダーに違和感を持つ日系二世のスポークンワード詩人、活動家、作家です。彼女は2020年にヴィジラント・ラブのソリダリティ・アーツ・フェローを務め、以前はGLAADなどの出版物に寄稿していました。彼女の作品のほとんどは、クィアでアジア系アメリカ人(沖縄人)としてのアイデンティティに焦点を当てています。執筆活動をしていないときは、トランス・キャン・ワークでケースマネージャーとして働いています。トランス・キャン・ワークは、トランスジェンダーやジェンダーに違和感を持つ人々が活躍できる、変革的で包括的な職場文化の創出に取り組む非営利団体です。

2020年7月更新


ポーレット・M・モレノは、公民権運動の指導者、詩人、音楽家、講演家であり、現在はアラスカ先住民姉妹会の会長を務めています。彼女の祖先は、日本人、ヒスパニック、アラスカ先住民のトリンギット族です。ポーレットは、アラスカ州シトカの火山、エッジカム山の近くで生まれました。彼女の祖父、ジョージ・ミヤサト・シニアと叔父、ジョージ・ミヤサト・ジュニアは、第二次世界大戦中に収容されました。彼女は、母のハリエット・ベリアルとともに、戦時中および戦後数年間に先住民と日本人の血統ゆえに家族が経験した人種差別と差別からの癒しを求めています。

2021年5月更新


ドリス諸見里は詩人、作家、文化マネージャー、ジェンダー問題とペルーにおける日本人の存在に関する研究者です。彼女は沖縄の親善大使です。デ・サンマルコス国立市長大学で法学と政治学を卒業。彼は 4 冊の詩集と 3 冊の年代記を出版し、彼の物語とエッセイはさまざまなアンソロジーを構成し、彼の詩はいくつかの言語に翻訳されています。 (写真: ジェイディス・ソト)

最終更新日: 2020 年 10 月


全米日系人博物館コミュニケーションプロダクションマネージャーを務めるムラカミ゠ツダさんは、ディスカバー・ニッケイの仕事をすることが大好きだと言います。新鮮で興味深いたくさんの話に触れる機会があり、同じ関心事を共有する世界中の人々とつながることができるからです。

南カリフォルニアの大家族の出身のムラカミ=ツダさんは、“自称”四世。かつて(自由な時間やエネルギーがもっとあった頃)は、アーティストとして日系アメリカ人の文化や歴史を探求する作品を制作していました。仕事以外の時間は、食べること、大好きなドジャースの応援、ボウリング、読書、携帯電話のゲーム(「ワードル」ファンの人はいますか?)、映画やドラマの一気見を楽しんでいます。

(2022年5月 更新)


Heather Nagami は、 Hostile (Chax Press) の著者です。Kundiman フェローである彼女の詩は、最近Hawai'i ReviewThe CollagistPrint-Oriented BastardsThe Sonoran Desert: A Literary Field Guideに掲載されました。南カリフォルニアで生まれ育った Heather は、詩人の Akira Togawa の姪孫にあたります。Heather は現在アリゾナ州に住んでおり、2 冊目の詩集を執筆中です。heathernagami.com で彼女について知ることができます。

2017年7月更新


パティ・イト・ナガノは、元小学校教師で、2011年に夫のスティーブとともにダウンタウン リトル トーキョーに引っ越しました。リトル トーキョーでの暮らしが大好きで、地域の多くのイベントや団体でボランティア活動に忙しくしています。パティは友人や家族、特に娘のケルシー、ケルシーのボーイフレンドのマーカス、そして愛犬のオリバーと過ごすのが好きです。スティーブと一緒に旅行し、おいしい食べ物のある興味深い場所を探すのが、彼女の好きなことの 1 つです。また、運動や食事で健康になり、行進や集会に参加して活動的に過ごすことも好きです。

2018年5月更新


ノリコ・ナカダは、複数の民族の血を引くアジア系アメリカ人で、語ってはいけないと言われてきた隠された物語をとらえるために、フィクション、ノンフィクション、詩、アートを創作しています。若者、教師、女性、ノンバイナリーの作家たちがより公正で平等な世界を作れるよう支援しています。彼女は、回想録シリーズ「Through Eyes Like Mine」の著者です。抜粋、エッセイ、詩は、 HippocampusCatapultLinden Aveなどで出版されています。彼女は、女性やノンバイナリーの作家たちが作品を投稿して出版できるように支援する「Women Who Submit」のリーダーシップチームとブログマネージャーを務めています。

2021年6月更新


グリア・ナカデガワ・リーは17歳で、オークランド工科高校の3年生です。彼女は3年以上毎日詩を書き続けており、2020年のオークランド青少年桂冠詩人賞を受賞しました。彼女の最初の詩集『 A Heart Full of Hallways』が現在、Nomadic Pressから出版されています。

2022年2月更新


中丸京子は、先祖や目に見えない存在との関係を利用して、過去と未来の物語を紡ぐ、学際的なアーティスト、ストーリーテラー、作家、スピリチュアル カウンセラー、趣味のミュージシャンです。

ウィスコンシン州とアイオワ州で熱心な地元および世界的活動家によって育てられた四世のキョウコは、第二次世界大戦後に家族が西海岸から永久に避難させられた強制移住者の一員であると自らを考えています。彼女は家族の環境保護、社会正義、人権に対する取り組みを今も引き継いでおり、コミュニティを癒すために、自分が携わるあらゆる媒体を医療として活用しようとしています。キョウコは、社会変革に尽力する日系フェミニスト アーティストのネットワークである Japanese American Womxn Speak の共同設立者の 1 人です。

2018年1月更新


ゴウ・ナカムラはシンガー、ソングライター、ミュージシャン、作曲家、俳優です。彼の音楽は、リドリー・スコット監督の映画『ア・グッド・イヤー』『アメリカン・ギャングスター』 、『ボディ・オブ・ライズ』で使用されています。彼のトラック「Daylight Savings」は、映画『フィースト・オブ・ラブ』にも使用されています。ナカムラは、デイブ・ボイルの受賞歴のある映画『サロゲート・バレンタイン』で俳優デビューし架空の自分自身を演じました。この映画は、 SXSW映画祭を含むいくつかの映画祭で上映され、ナカムラはこの映画での演技により、ダラス国際映画祭で審査員特別賞を受賞しました。2017年、ゴウはフィラデルフィア・アジア映画祭から、早川雪洲が出演した1919年の無声映画『龍画伯』の音楽作曲を依頼されました。

2020年1月更新


ジニー・ナカノは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でダンスの修士号を取得した詩人、作家、ダンサーです。現在は、ガーデナ日本文化センターでヨガと短歌を教えています。1948年、カリフォルニア州イーストロサンゼルスのボイルハイツ生まれ。国際的な短歌雑誌に多数作品を発表しており、 The Rafu Shimpoの詩人兼コラムニストでもあります。これまでに、 Enter the StreamStorytellerColorful LivesWings on a Silk Veilの4冊の詩集を出版しています。世界を旅することが好きですが、犬や猫、夫の秀樹、姪や甥、孫たちと一緒に家にいるのが一番好きです。ジニーにとって、詩、特に短歌を書くことは、泣いたり、笑ったり、憎んだり、愛したりするのと同じで、深呼吸をして流れに身を任せているようなもの。短歌は、人生を解き明かし、感謝する方法です。短歌は彼女自身の物語であり、内面への旅なのです。

2023年2月更新


マリ・ナカノは、日系アメリカ人のデザイナー兼ライターであり、熱心な整理整頓家であり、創造的な問題解決者です。現在はニューヨークに住んでいますが、故郷のカリフォルニアに深い誇りを持っています。現在、彼女は亡き父に捧げる料理本と遺言書という 2 つのプロジェクトに取り組んでいます。彼女はユニセフ イノベーションのインタラクション & デザイン リードであり、新しいテクノロジーが世界で最も弱い立場にある子供たちをどのようにサポートできるかを研究しています。

2017年3月更新


中安佐和子は、言語、パフォーマンス、翻訳をそれぞれまたはさまざまな組み合わせで扱うアーティストです。アメリカと日本を中心に暮らし、フランスと中国にも短期間滞在し、日本語の翻訳も行っています。最新の著書は『Some Girls Walk Into The Country They Are From』 (Wave Books)で、近刊は『Pink Waves 』(Omnidawn)と『Settle Her』 (Solid Objects)です。2020年にUgly Duckling Presseから出版された彼女の小冊子『 Say Translation Is Art』はオランダ語に翻訳されており、韓国語版もまもなく発売されます。 (プロフィール写真:岡本光夫)

2022年1月更新


ホセ・ナツハラはペルー・リマ出身の日系詩人で、詩と人文科学のプラットフォーム「Triada Primate」のディレクター。彼は「ペルーの詩の総コレクション: ペルーの地図」のディレクターです。 PRIMERA LÍNEA のチーフキュレーター: 国際詩のキュレーションカタログ。そしてGASB: Sam Bellamy Art Galleryのギャラリスト。彼は、Podcast Primate、PIENSAPRIMATE、Al Aboraje! というプログラムのホストを務めています。彼は哲学を学び、電気技術とイギリス英語を専門とし、現在は心理学を勉強しています。彼は、Isla Tortuga Educational Interzone の美学哲学の教授であり、Filoso: Avant-garde Philosophy Colloquium のディレクターでもあります。著書に『 Monologue 』(2009年)、『 Primate 』(2017年~現在)、同人誌『 a-ISLA(miento)』 (2020年~現在)、詩集『Oh! Shotgun-Head God (第 2 版、2020 年) およびLa Guerrilla Elegante (第 2 版、2020 年)。彼の作品はボリビアで個人アンソロジー『 Metaphysical Key that opens unsuspected feet』 (2018)として出版されています。

最終更新日: 2022 年 8 月


タミコ・ニムラさんは、太平洋岸北西部出身、現在は北カリフォルニア在住の日系アメリカ人三世でありフィリピン系アメリカ人の作家です。タミコさんの記事は、シアトル・スター紙、Seattlest.com、インターナショナル・イグザミナー紙、そして自身のブログ、「Kikugirl: My Own Private MFA」で読むことができます。現在、第二次大戦中にツーリレイクに収容された父の書いた手稿への自らの想いなどをまとめた本を手がけている。

(2012年7月 更新) 


ミヤコ・ノグチは、カリフォルニア州ロサンゼルスとカンザス州ハッチンソンで育った日系4世アメリカ人(四世)です。彼女の祖父はトゥーリー・レイク刑務所に、祖母はヒラ・リバー刑務所に収監されました。彼女は2019年にカリフォルニア大学デービス校を卒業し、植物科学の学位と英語の副専攻を取得しました。現在はカリフォルニア大学ロサンゼルス校の免疫学研究室で研究助手として働いていますが、家族の収監体験について学んだことで得た活動家としての強い情熱と、両親から受け継いだ芸術と執筆への情熱を常に持ち続けてきました。

2020年7月更新


リック・ノグチの出版物には、2 冊の詩集「The Ocean Inside Kenji Takezo」 (ピッツバーグ大学出版、1996 年)があり、この詩集は Associated Writing Programs Award Series を受賞しました。また、「The Wave He Caught」 (パール エディション、1995 年)も出版しています。また、子供向けの本「Flowers from Mariko」 (リー アンド ロー ブックス、2001 年)も出版しています。アリゾナ州立大学で美術学修士号、ペパーダイン大学で経営学修士号を取得しています。現在は日系アメリカ人博物館の最高執行責任者として勤務しています。

2018年3月更新


キャロリー・オカモトは、2015年にワシントン大学で医療情報科学と情報管理の教鞭を執るのを退職した後、2017年に執筆とアートの創作を始めた三世です。キャロリーが執筆とアートの世界に遅れて参入したのは、両親の物語を伝えたいという思いがきっかけでした。パティとキース・オカモトは、それぞれアーカンソー州ジェロームとアリゾナ州ポストンの戦時移住局によって収容されました。キャロリーは南テキサスで育ち、人口1万人の町で彼女と彼女の家族は唯一の日系人でした。彼女はテキサス大学を卒業し、ヒューストン・バプテスト大学でMBAを取得しています。その後、シアトル美術大学で住宅デザインのディプロマとファッションマーケティングの学位を取得しました。彼女は今年2024年にヘルスケアコンサルティング業務から引退しますが、インテリアデザイン事業は続けています。キャロリーは、ワシントン日本文化コミュニティセンター(JCCCW)のプログラムであるOmoide [memories]ライターズグループで執筆を行っています。

2024年2月更新


岡村眸子鳥(本名:岡村敏行)は、1894年に鳥取県で生まれました。1916年、22歳の時に農学生として渡米し、すぐにカリフォルニア州の農場で働き始めました。ほどなくして敏行はロサンゼルスにたどり着き、リトルトーキョーに魅了されました。ロサンゼルス郡一般病院の近くに住みながらリトルトーキョーのパシフィック・プリンティング・カンパニーや朝日新聞、トーキョー・プリンティング・カンパニーで仕事を見つけました。敏行にはクリエイティブな一面があり、多くの一世の独身仲間と共に積極的に俳句や書、写真制作に取り組み、俳号を眸子鳥としました。鳥取県人会や共同で立ち上げたアゴスト社句会、アーティスト集団の赤土社の活動にも積極的に参加しました。眸子鳥の俳句は、1920年代から30年代に地元の日本語誌や新聞に掲載されました。

敏行は日本の家族に手紙を送り、アメリカでの生活の様子を知らせていましたが、再び祖国の地を踏むことはありませんでした。敏行は妻のチハルと共にリトルトーキョーから東へ数マイル離れたボイルハイツ地区のエバーグリーン墓地に眠っています。


ケン・オクノはカリフォルニア州パサデナで生まれ育った三世です。詩人、小説家、ミュージシャンとして、現在はカリフォルニア州アルタデナに住んでいます。カリフォルニア大学バークレー校に通い、1970 年にアイズナー詩賞を受賞しました。ケンの作品はhttp://www.kenokuno.com/でさらにご覧いただけます。

2017年12月更新


トニー・オオスミは、カリフォルニア州カルバーシティに家族と暮らすハパ・ヨンセイです。現在は、3年生を教えており、日系プログレッシブやキャンプ・ムスビで活動しています。昔ながらの広東料理レストランを探して、ホーミューやアーモンドダックを注文するのが大好きです。

2017年8月更新


コートニー・オザキは、コロラド州デンバーを拠点とするクリエイティブ プロデューサーです。彼女は、Japanese Arts Network (JA-NE) の創設者です。これは、アメリカ国内の JaJA (日本人および日系アメリカ人) アーティストの認知度をサポートし強化するためのリソースへのアクセスを提供し、プログラムやプラットフォームを開発する全国ネットワークです。25 年以上の経験を持つプロの太鼓奏者であり、アラブ首長国連邦のドバイ グローバル ビレッジや、全米太鼓カンファレンスの Taiko Jam など、米国の他の主要都市など、世界中でパフォーマンスを披露してきました。ブルックリン カレッジで舞台芸術マネジメントの修士号を取得した後、コートニーは、ジョイス シアター プロダクションでプロジェクト マネージャー兼ダンス プロデューサーとして働き、国際的な振付師、デザイナー、ダンサーとともに新作を開発し、ツアーを行いました。コートニーは、アイデアの融合と芸術分野の統合と相互依存に情熱を注いでいます。包括的な芸術文化がより生産的で共感的な社会につながるという確信が、彼女の原動力となっています。

2020年3月更新


サフィラ・パテルは、ロサンゼルスで生まれ育った現役のアーティストです。彼女は、クィア文化とイスラム文化の歴史的交差点に非常に興味を持っています。彼女の作品には、アナログ写真、ファウンドオブジェクトとサウンドインスタレーション、パフォーマンスなどがあり、アンダーグラウンドのジンや本の制作、先住民族のタトゥー、編み物など、より広い歴史の文脈でさまざまな芸術形式を探求しています。彼女は、コミュニティの真のニーズ、配慮、関心から生まれたコミュニティ向けプログラムをサポートすることに深い関心を持っています。

2020年6月更新


カーティス・タカダ・ルークス博士は、ロヨラ・メリーマウント大学のアジア太平洋系アメリカ人研究プログラムコーディネーター兼助教授で、民族および多民族コミュニティとアイデンティティに関する研究を行っています。また、米国日本評議会理事会、米国日本ブリッジング財団理事会、南カリフォルニア日米協会理事会の委員を務めており、ウェストロサンゼルス日系アメリカ人合同メソジスト教会と洗心寺成人仏教協会(SABA)の会員でもあります。

(2024年4月 更新)

 


マリコ・フジモト・ルークス(they/she)は、コミュニティの公衆衛生実践者であり、抑圧やトラウマに直面した際に、アートやコミュニティのストーリーテリングがどのように癒しの形として機能するかを研究しています。彼女の詩は、 The Water Behind Us (Porchwater Press、2023年)、 Letters to Home: Art & Writing by LGBTQ+ Nikkei and Allies (Okaeri、2024年)、Discover Nikkei(2021年)、Mixed Life Magazine(2020年)に掲載されています。また、イェール大学のアジア系アメリカ人スポークンワードグループJookSongsの卒業生でもあります。執筆活動をしていないときは、ファンダンオボンや日本民謡研究会で日本の伝統的な民謡を練習したり、キンナラ太鼓でドラムを演奏したり、リトル東京タワーズとリトル東京タワーズコミュニティ財団の理事を務めています。

2024年6月更新


リー・アン・ロリポーの5冊目の詩集『 tsunami vs. the fukushima 50 』(Milkweed Editions、2019年)は、ニューヨーク公共図書館によって「2019年のベストブック」に選ばれ、2020年ラムダ文学賞の詩部門ファイナリストに選ばれ、ミッドランド作家協会2020年詩部門受賞者に選ばれ、Book Riotによって「2019年に読むべき50の詩集」の1つに選ばれました。彼女は他の4冊の詩集『 Dandarians』『On the Cusp of a Dangerous Year』『Year of the Snake』 、および『Beyond Heart Mountain』の著者でもあります。2004年にアジア系アメリカ人研究協会の詩/散文部門で図書賞を受賞し、1998年には全米詩シリーズで優勝し、2015年から2019年までサウスダコタ州桂冠詩人を務めました。ロリポー氏はサウスダコタ大学の英語学教授であり、同大学のクリエイティブライティングディレクターおよびサウスダコタレビューの編集長を務めています。

2022年4月更新


ブリン・サイトーの3冊目の詩集『 Under a Future Sky 』は、2023年9月にレッドヘン・プレスから出版される予定です。彼女はベンジャミン・ソルトマン賞を受賞しており、彼女の詩はニューヨーク・タイムズアメリカン・ポエトリー・レビューに掲載されています。ブリンはカリフォルニア州フレズノに住んでおり、ヨクーツとモノの土地にあるカリフォルニア州立大学フレズノ校で助教授を務め、ヨンセイ・メモリー・プロジェクトの共同ディレクターも務めています。

2022年12月更新


ポゴ・サイトウさんは三世で、最近オレゴン州ナイサに再移住しました。ナイサは、戦後、日本人を雇った一人の人物によって、多くの日系人が定住した地です。この地は、物語にあふれています。ポゴさんは、パフォーマー、ライター、ビジュアルアーティストで、ロサンゼルスを拠点とする「We Tell Stories」のツアーストーリーテラーとして 18 年間活動し、シアタームーブメントバザールのアソシエイトアーティストでもあります。サイトウさんは、パシフィカス財団から劇と詩で表彰され、最近ではロサンゼルス詩人のアンソロジー「The Coiled Serpent」に作品が掲載されました。

2018年1月更新


シズエ・シーゲルはサンフランシスコを拠点とする三世の作家、ビジュアルアーティストです。彼女の家族はカリフォルニア州ピズモビーチとストックトンから強制収容所に送られ、彼女は人種隔離されたボルチモア、占領下の日本、カリフォルニア州のスラム街や小作農キャンプで軍人の子供として育ちました。彼女はジェファーソン賞を受賞し、サンフランシスコ芸術委員会のアーティスト助成金を3回受賞し、VONA/Voicesフェローでもあります。彼女の7冊の著書には、In Good Conscience: Supporting Japanese Americans during the Internment、My First Hundred Years: The Memoirs of Nellie Nakamura 、およびベイエリアの有色人種の作家とアーティストのアンソロジー4冊があります。彼女の散文と詩は、We've Been Too Patient、All the Women in My Family Sing、Your Golden Sun Still Shines、InvAsian、Cheers to Muses、Empty Shoes、Away Journal、Eleven Eleven、Persimmon Tree、Lunchbox Momentsなどで出版されています。

2022年5月更新


サニー関さんは、川柳を教え、「羅新川柳」選者を長く務める。柳名は、本職カメラマンからもじった、関三脚。日系人が過去100年間に残した川柳を収集編纂した「北米川柳道しるべ」、「ガーデナー風雲録」(日英語)、さらには日本の新民話絵本、「招き猫の話」、「日本最後のカッパ」、「ゆこちゃんとダルマさん」、「こけしの話」の4冊(全て日英語)を出版。 

1947年、東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。写真スタジオを30年経営。パサディナのアート・センターでイラストレーションを学び、現在は絵本のプレゼンテーションで忙しく学校や図書館、イベントを回る。活動の一部はディズニー・チャンネルの番組で紹介された。

夫人のジュディと9人の子供がおり、ロサンゼルス近郊のサンゲーブル市在住。 

(2018年7月 更新)


ダイスケ・シェンは、サウスカロライナ州グリーンビルと広島県豊平で育ったものの、現在はノースカロライナ州ウィルミントンを拠点とする三世作家です。ノースカロライナ大学ウィルミントン校でクリエイティブ・ノンフィクションの修士課程に在籍し、助手として学んでいます。現在は、世代間のトラウマと米国による広島への原爆投下を主に扱う論文を執筆中です。米国南東部の女性作家やフェム作家(特に有色人種のクィア作家)を支援する非営利団体アセニアン・プレス&ワークショップの共同創設者でもあります。

2017年12月更新


ブランドン・シモダは四世の詩人/作家で、最新作はPENオープンブック賞を受賞した『The Grave on the Wall』 (City Lights、2019年)です。近々出版予定の2冊は、詩と散文の『Hydra Medusa』 (Nightboat Booksより近日刊行予定)と、日系アメリカ人強制収容後の生活に関する本で、ホワイティング財団からクリエイティブノンフィクション助成金を受けています。また、広島と長崎への原爆投下に関する書籍を収集した巡回閲覧室である広島図書館の学芸員でもあります。この図書館は2019年から2021年まで全米日系人博物館で展示され、現在はコロラド州デンバーのカウンターパスで展示されています。

2021年11月更新


シドニー・シロヤマ(彼女/彼女)は、多民族の四世浄土真宗の仏教徒です。小児作業療法士として働いており、最終的にはアメリカ仏教会で仏教の聖職者になることを望んでいます。パロアルト仏教寺院で安孫子博師と太鼓を演奏した幼少期の経験に触発され、シドニーは日系アメリカ人仏教のルーツを尊重しながら、より包括的な太鼓体験を創造することを目指しています。彼女はボンブストーリーズでアートを創作できることを光栄に思っており、将来の共同プロジェクトを共有できることを楽しみにしています。

2023年4月更新


ミコ・シュドウは、カリフォルニア州サウザンドオークスで生まれ育った四世ミュージシャンです。ミコは、3歳のときに母親に連れられてテレビの前に座り、交響楽団の伴奏によるスリー・テナーの演奏を観たことをきっかけに、音楽に目覚めました。コミュニティ、メンタルヘルス、マインドフルネスに熱中しており、最近では作詞作曲と社交ダンスにも熱中しています。ミコは、サンディエゴ日系人会、グレイトフル・クレイン・アンサンブル、東寿会、JANM、アメリカ仏教会、桜祭り、七夕祭りなど、さまざまな日系アメリカ人組織やイベントで演奏してきました。

2023年5月更新


マイク・ソンクセン、別名マイク・ザ・ポエットは、ロサンゼルスに住んで3代目です。詩人、教授、ジャーナリスト、歴史家、ツアーガイド。ソンクセンはウッドベリー大学で教鞭をとり、同校のファーストイヤーエクスペリエンスプログラムのプログラムコーディネーターを務めています。彼の最新の著書「Letters To My City」は、Writ Large Projectsから出版されました。彼は、Academy of American Poets、Alta、KCET、Poets & Writers Magazine、PBS、BOOM、Wax Poetics、Los Angeles Review of Books、LA Taco、LAist、LA Parentなどの出版物に500以上のエッセイと詩を発表しています。彼は100以上の大学や高校でゲストスピーカーを務め、 KCRW、KPFK、KPCC、およびSpectrum Newsなどのテレビ局で詩を発表しました。Beyond Baroque Literary Arts Centerは、彼を「ロサンゼルス詩コミュニティへの顕著な貢献」で表彰しました。

2023年8月更新


杉田 耕は日本で生まれ、幼少期にオレゴンに移住しました。現在はパートナーと2匹の猫とともにポートランドに住んでいます。彼の詩はThe VoltaOversoundTYPOなどに掲載されています。半ば引退した詩人で、現在は音楽とビンテージ服の販売で活動しています。

2022年3月更新


リン・タイセイはロサンゼルスで生まれ育った三世コミュニティのメンバーです。彼女はロサンゼルス統一学区で 38 年間教鞭をとりました。

2023年10月更新


パトリシア・タカヤマはフィクション作家です。彼女の最初の短編集は『憂鬱の冬』です。彼女の2番目の短編集『戦争の流れ』は2023年後半に出版される予定です。どちらも実在の人々の人生に基づいた歴史小説です。

パトリシアはカリフォルニアで育ちました。カリフォルニア大学バークレー校とヘイスティングス法科大学院を卒業しています。東京に3年間住み、ビジネスカレッジで英語を教えながら日本語を学びました。法科大学院卒業後は、東京の大学間交流センターで語学研究を続けるための奨学金を得ました。

2023年3月更新


竹中響子(Jinjabrew)は、ロサンゼルスを拠点とする新日系クィアのマルチメディアアーティスト、シンガーソングライター、映画製作者、女優です。最近では、これらすべてのメディアを組み合わせることに興味を持っています。響子(きょうこ)という名前は、日本語で「音の振動の子」を意味します。フレッド・ホーやニーナ・シモンなどのアーティスト活動家から大きな影響を受けた響子は、芸術的表現が個人および集団の解放への導管であると信じている。彼女たちの作品は、ハイフンでつながれたアイデンティティを中心にしています。響子の作品は、ブルース・リーのポッドキャストで取り上げられ、JANMでパフォーマンスされ、ロンドンのオートグラフABPギャラリー(Chop Sueyism、2016年)で展示され、ロサンゼルスのHuman Resourcesで初のマルチメディアパフォーマンスアートショー「ROOTED LOVE」をプレミア上映しました。彼女たちが自ら監督したミュージックビデオ「 Prince 」は、Voiceless International Film Festivalで評価されました。

2018年5月更新


作家としての田中翔の創作活動は、ディアスポラのシマンチュ(島民)意識に基づいています。彼は、自分が生まれた世界を特徴づけている分離と停滞を解体することを望み、困難で複雑な物語を語る空間を開拓することに尽力しています。彼の祖母の家族(⼭城)は、沖縄北部のヤンバル熱帯雨林の村、田港からロサンゼルス地域に移住しました。彼の祖父の家族(⽥中)は、福岡県豊前翔からリンギット・アニーに移住し、アラスカ州ジュノーに定住しました。現在、翔はレクンゲンおよびウサネチ地域(ブリティッシュコロンビア州ビクトリア)に住んでいます。

2021年5月更新


コリーン・「コーク」・タニは、三世の作家、ダンサー、アートライフのファシリテーター、そしてスピリチュアルな探求者です。ロサンゼルスのクレンショー地区で生まれ育ち、自分のルーツ、家族、仲間に感謝しています。かつて臨床ソーシャルワーカーだったコークは、一人芝居「ソフト・ティッシュ」の脚本を書き、ツアーを行ったり、ジュリア・ジャクソン、ザフラ・ヌールバクシュ、リサ・マリー・ロリンズなどのソロアーティストに振付や演出のサポートをしたりしました。彼女の作品は、ONTHEBUS、Spillway、RattleUnder Her Skinに掲載されています。現在、彼女は初めての書籍プロジェクトである身体の回想録に取り組んでいます。

2018年8月更新


ケンドール・タニは、現在カリフォルニア州マンモス・レイクスの故郷を拠点に活動するアーティスト兼詩人です。現在、彼らの創造力と集中力の多くは、音楽、スポークンワード、太鼓、動きを組み合わせて脆弱性とつながりを探求する、多分野にわたるアジア系アメリカ人の芸術コラボレーション「ボンブー・ストーリーズ」に注がれています。

アートを作ったり、家族の日本料理店で働いたりしていないときは、ハイキングやウェイトリフティングをしたり、正直に言えば、ただ生きているだけです。彼らの作品をもっとご覧になりたい方は、 kendalltani.comまたは Instagram の@_sowasowa@bonbustoriesをご覧ください。

2023年3月更新


マイカ・タサカは、カリフォルニア州インランド・エンパイア出身のノンバイナリー、クィア、日本人混血の詩人で、現在はJETプログラムの一員として福井県で英語を教えています。カリフォルニア大学リバーサイド校でクリエイティブ・ライティングの学士号を取得。マイカの最初の長編原稿「Expansions」は、2017年にJamii Pressから出版されました。www.micahtasaka.com

2020年5月更新


ユキノ・トーリーは UCLA の 3 年生で、アジア系アメリカ人研究を専攻し、公共政策を副専攻しています。彼女は幼児教育、特に公教育における民族研究を通じて共感を教えることに非常に興味を持っています。彼女は学ぶことを楽しんでおり、さまざまな背景を持つ人々と関わることができる場所を探し続けています。彼女は、人々が集まり、他の人の経験について学び、視点を変えることができる場所をサポートし、作りたいと考えています。彼女は、教育を利用して、コミュニティに根ざした共感と、人をユニークで異なるものにするものを受け入れることを生み出したいと考えています。

2020年6月更新


エリス・ウメツは、独立心の強い姉、寛大な母、忍耐強い父とともに、カリフォルニア州カマリロで読書と執筆をしながら育ちました。彼女は最近、国際開発学と英語を専攻し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校を卒業しました。UCLA では、太鼓、演劇、そしてもちろん Vigilant Love の家族と出会う幸運に恵まれました。彼女は秋に日本に移住し、英語学習教室でティーチング アシスタントとして働く予定です。

エリーゼは高校で英語を教え、できる限りコミュニティを築き、猫を飼いたいと考えています。彼女のTinderは彼女をかなりうまく表現しています。「ウィットと思慮深い質問を大切にする、クィアなほぼ大人。本屋、かっこいい木、歩き回る虫に異常なほど注意を払うのが好きです。真面目なことは何もありません。」

2020年6月更新


エイミー・ウエマツはロサンゼルス出身の三世詩人であり教師でした。彼女は最新作の『 That Blue Trickster Time』を含め、6冊の詩集を出版しています。彼女の最初の詩集『 30 Miles from J-Town 』は、1992年にニコラス・レーリッヒ詩賞を受賞しました。彼女は60年代後半にアジア系アメリカ人研究が初めて登場したときに積極的に活動し、広く使用されているUCLAのアンソロジー『 Roots: An Asian American Reader』の共同編集者でした。彼女のエッセイ「アメリカにおけるイエローパワーの出現」(1969年)は、多数の出版物に掲載されています。

エイミーは、グリーンメーカーズ: 南カリフォルニアの日系アメリカ人庭師(2000 年) の詩編編集者でした。2012 年、エイミーは日系アメリカ人コミュニティへの執筆活動が評価され、リトル東京支部図書館の友の会から表彰されました。エイミーは、ロサンゼルス統一学校で 32 年間、高校の数学を教えていました。また、リトル東京サービスセンターで創作文芸クラスも教えていました。2023 年 6 月に亡くなりました。

2023年12月更新


ナンシー・ウエムラはロサンゼルスで生まれ育った三世で、UCLAとUSCの学位を取得。日本でも学び、オーティス・アート・インスティテュートでカネミツ氏に師事。その後、アメリカ風水研究所で学びました。ナンシーはさまざまなレベルのクラスを指導し、ミセス・グーチズ・マーケット(後にホールフーズに改名)のビジュアルコミュニケーションディレクターを務めたほか、地元や日本、韓国で自身のアート作品を発表し、アートディストリクトのギャラリーIVを監督しました。彼女は、カーサ平和へのLTSCエントランスやリトル東京図書館の絵画など、いくつかのパブリックアートプロジェクトに携わってきました。ウエムラは常にさまざまなジャンルの作品を書いていますが、詩に惹かれています。彼女のスピリチュアルな声は、彼女のビジュアル作品と文章の両方に見られ、聞かれます。

2019年9月更新


ユキヤ・ジェリー・ワキ氏は、学校での栄養プログラムの見直しを提唱しています。また、スポークン・ワード・アーティスト、ライター、 The Buffet Showの制作者兼司会者としても活動しています。The Buffet Show は、アーティスト、コミュニティ・オーガナイザー、教育者を紹介するポッドキャストで、彼らの仕事における犠牲とプロセスに焦点を当てています。カリフォルニア州コーリンガで生まれ、サンタマリアで育ったワキ氏は、新二世としての経験から、投獄後、補償と賠償後のアメリカ人の生活について、異なる視点を提供しています。現在は、妻のジョアンナと息子のセバスチャンとともにサンフランシスコに住んでいます。

2020年10月更新


作家兼デザイナーのパム・ワードは、詩集「Between Good Men & No Man At All」 (World Stage Press)を出版しました。彼女は小説「Want Some Get Some」「Bad Girls Burn Slow」 (Kensington)の 2 冊を出版しています。UCLA 卒業生で、カリフォルニア芸術評議会フェロー、プッシュカート詩部門ノミネートを受賞したパムは、Chiron、Calyx、Voices of Leimert Park、LA Times に作品を掲載しています。彼女は現在、ブラック・ダリア殺人事件における叔母の浮気について小説を執筆中です。この事件は、パムの自宅近所で起こった、全米を震撼させた事件です。彼女の Web サイト: pamwardwriter.com

2023年11月更新


鷲津敏は、静岡県富士山の麓で生まれましたが、母国の最高峰に登頂することはありませんでした。その代わり、若い頃に海を渡ってアメリカに渡りました。彼は映画監督となり、数十年にわたり受賞歴のあるドキュメンタリー映画を制作してきました。彼の映画には、 「骨・肉・皮膚」「ミスター・オー:韓国の書家」「一世:第一世代」などがあります。

「映画監督として、私はカメラを通して世界を見てきました。詩はおそらく私たちの世界を見て、それを理解しようとするもう一つの方法なのでしょう」と鷲津氏は言う。

鷲津の詩とエッセイは、詩集『 The Chalk Circle 』、 『Sunrise from Blue Thunder 』、『 Family Matters』『In Other Words』、『Forum』、『Poets 11』、『San Francisco Peace and Hope』、『Noe Valley Voice』『The Walrus』に掲載されています。

2017年2月更新


ヨシカ・ワソンは教師、詩人、そしてストーリーテラーです。彼女は混血の日系アメリカ人二世で、コネチカット州、マサチューセッツ州、そして現在は日本の青森を故郷としています。ボストン大学で英語と中等教育の学士号を取得しており、在学中はアジア太平洋諸島系アメリカ人の文芸誌「ASIAM」の編集長を務めていました。JET プログラムの参加者として、現在はアジア太平洋諸島系日本交流・教育協会 (API AJET) の共同会長を務めています。彼女の小冊子「Extra Bold」やその他の作品は、こちらでご覧いただけます。

2019年3月更新


テリー・ワタダはトロント在住の作家で、2冊の小説『三つの喜び』 (アンビル・プレス、バンクーバー、2017年)と『黒潮:狐の血』 (アーセナル・プレス、バンクーバー、2007年)、4冊の詩集、2冊のマンガ、日系カナダ仏教教会に関する2冊の歴史小説、2冊の児童伝記など、多数の出版物を出版しています。2020年には、3冊目の小説『死者の不思議な夢』 (アンビル・プレス)と5冊目の詩集『四つの苦しみ』 (マウェンジー・ハウス・パブリッシャーズ、トロント)が出版される予定です。また、バンクーバー・ブレティン・マガジンに毎月コラムを寄稿しています。

2019年5月更新


故ホセ・ワタナベ(1946-2007)は、ペルーで最も愛されている現代詩人の一人です。多数の記事、児童書、脚本に加え、この作家の出版物には7冊のオリジナル詩集があります。ワタナベは、La memoria del ojo: cien años de presencia japonesa en el Perú眼の記憶:ペルーにおける日本人の百年、1999年)の主要寄稿者でもあります。これは、第二次世界大戦中に約1800人の日系ペルー人が米国人収容所に北方へ「移住」させられた日々の生活、喪失、そしてその様子を物語る、心を奪われる「写真史」です。詩「ママ75歳になる」は、この巨匠の3冊目の詩集Historia natural自然史、1994年)からの抜粋です。

2018年11月更新


マイア・ウォレル (they/them) は、独学で学んだ多才なアーティスト兼詩人です。フォルサム出身で、現在は南カリフォルニア大学でジェンダー研究とアメリカ研究・民族学を学ぶ4年生です。ジン、インディーズコミック、少女漫画の懐かしさ、変革的正義、脱植民地化科学などについて、いつでも会話を交わしています。

2019年7月更新


1927 年にワシントン州シアトルで生まれたスマ (カトウ) ヤギは、大統領令 9066 号により 15 歳のときに家族とともにシアトルを離れることを余儀なくされました。家族はピュアラップ集合センターに送られ、その後ミニドカ強制収容所に送られました。第二次世界大戦の終わりに家族はシアトルに戻り、スマは高校の最終学年を修了しました。収容所で出会ったタケオ ヤギと結婚し、4 人の子供を育てました。ミニドカに送られたことは彼女に大きな影響を与えましたが、退職後もかなり経つまで子供たちにその経験をほとんど話しませんでした。ワシントン大学の遠隔教育プログラムで詩作コースを受講しました。そのコースと、その後のワシントン大学およびリチャード ヒューゴ ハウスでのコースで、スマは詩の世界を知るようになりました。詩を通して、スマは隠れた声を見つけ、家から追い出され鉄条網の向こうに置かれたという、これまで抑えていた感情を分かち合うことができました。自分の体験を分かち合うことで、自分に起こったことが二度と起こらないようにしたいと強く思いました。

彼女の詩集『 A Japanese Name: An American Story』が2016年に出版された。

2017年2月更新


山田光恵は1923年に日本の九州で生まれ、ワシントン州シアトルで育ちました。1942年、光恵が17歳のとき、彼女の家族は12万人の日系人とともに、戦争中強制的に家を追われ、強制収容所に移送されました。彼女はニューヨーク大学で学士号、シカゴ大学で修士号を取得し、シモンズ大学から名誉博士号を授与されました。

彼女の最初の2冊の本をまとめた『Camp Notes and Other Writings』は、最近では1998年にラトガース大学出版局から出版されました。彼女はMultiCultural Women Writersの創設者でありコーディネーターです。95歳のミツエは、2019年6月に最新作『 Full Circle, New and Selected Poems 』を出版する予定です。

2019年2月更新


ジョイ・ヤマグチ(彼女/彼ら)はJANMの公共プログラムコーディネーターです。ジョイは、ロサンゼルスのリトル東京にある日系進歩派のクィア、混血、四世コミュニティーオーガナイザーでもあり、夏季活動家トレーニングのコーディネーターも務めています。彼女はサンタアニタ集合センター、ローワー、ジェローム、ヒラリバーの強制収容所の生存者の子孫です。ジョイの活動と仕事はこの家族の歴史に根ざしており、彼らは変革的正義と奴隷制度廃止運動の実践を通じて強靭なコミュニティーを築くという伝統を引き継ぐことに尽力しています。彼女はブラウン大学を卒業し、公共人文学と第二次世界大戦中の日系人強制収容の表現を専門とする民族学の学士号を取得しました。

2020年5月更新


米国生まれ。大統領令9066により、2歳になる前に家族と共にハーモニー強制収容所(ワシントン州ピュアラップ)とミニドカ強制収容所(アイダホ州ハント)に収容される。強制収容に関する記憶の記述は、こちらから無料でダウンロードが可能(英語):Camp 1942–1945

「大統領令9066の発令にも関わらず、父方の祖父母、両親、夫、私はみな、アメリカンドリームを叶えられました。これは米国ならではのことかもしれません」。

元コンピュータープログラマー、コンピューターシステム・ネットワークアドミニストレータ―、アリゾナ大学教授兼理事だった故ハンク・ヤマムラ氏の妻、息子の母。現在はライター、粘土作家、水彩画家として活躍する。

(2017年3月 更新) 


クリスティ・ヤマサキは、カリフォルニア州アーバイン出身の4世日系アメリカ人で、現在、UCLAのアジア系アメリカ人研究修士課程の1年目を終えようとしています。ヒラリバー刑務所に収容され、後に米軍に徴兵され、最終的には占領下の日本で海外勤務した祖父の体験について知り、歴史と帝国の研究に魅了されました。彼女は食べ物と食べ物の研究に非常に興味があり、このテーマを論文プロジェクトに組み込む方法を見つけたいと考えています。将来は歴史学の博士号を取得したいと考えていますが、現在は、学問の世界の外でコミュニティとつながり、より多くの芸術を創作する時間を作ろうとしています。

2020年6月更新


G YAMAZAWA は、ノースカロライナ州ダーラムで生まれ育った National Poetry Slam チャンピオンであり、レコーディングアーティストです。彼のデビューアルバム「Shouts to Durham」は、iTunes Top 100 Rap Albums で 34 位にランクインし、シングル「North Cack」は Billboard が運営する Spotify の Viral 50 Chart で 3 位にランクインしました。

2020年8月更新


ジャニス・イワナガ・イェンは元小売業者で、長年にわたり地域ボランティアとして活動しています。彼女はNCRR (National Coalition for Redress/Reparations) の創設メンバーであり、NCRRの後継組織である Nikkei for Civil Rights & Redress で活動を続けています。ジャニスはNCRRの記録秘書であり、教育委員会とアーカイブ委員会のメンバーでもあります。彼女は夫のジョンとともにロサンゼルスに住んでいます。

2018年12月更新


スタン・ヨギは、受賞歴のある書籍『Fred Korematsu Speaks Up』 (ローラ・アトキンスとの共著)、 『Wherever There's a Fight: How Runaway Slaves, Suffragists, Immigrants Strikers and Poets Shaped Civil Liberties in California』 (エレイン・エリンソンとの共著)の共著者です。また、『Highway 99: A Literary Journey Through California's Great Central Valley 』および『Asian American Literature: An Annotated Bibliography』の 2 冊の共編集者でもあります。彼のエッセイは、サンフランシスコ・クロニクルロサンゼルス・デイリー・ジャーナル、学術雑誌、アンソロジーに掲載されています。

2019年10月更新


ライアン・マサアキ・ヨコタは、日本人と沖縄人の血を引く四世/新二世日系人です。現在は、イリノイ州シカゴの日系アメリカ人奉仕委員会で開発・遺産センター所長として勤務し、デポール大学で非常勤講師も務めています。シカゴ大学で東アジア・日本史の博士号、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でアジア系アメリカ人研究の修士号を取得しました。彼の曽祖父は第二次世界大戦中にアーカンソー州ローワーの日系アメリカ人強制収容所に収容されました。また、祖父母と父は広島の原爆投下を生き延びました。

彼の学術出版物には、最近出版された沖縄の自治運動に関する章、沖縄の先住民族に関する記事、 ロサンゼルスのペルー系沖縄人に関する章、 キューバの日本人と沖縄人に関する記事、アジア系アメリカ人運動活動家パット・スミへのインタビューなどがある。彼は、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの語られざる物語を紹介する日系シカゴのウェブサイトの創設者でもある。

2018年2月更新


ジェナ・ヨコヤマは、オレゴン州ポートランド在住の四世/新二世、ラジオ/ポッドキャスト プロデューサー、クリエイターです。ラジオ番組「パシフィック アンダーグラウンド」の共同司会者であり、地元のお盆祭りでは毎年歌手として参加しています。コンピューターの前にかがみ込んでオーディオ編集をしていないときは、地元のカスケード山脈でハイキングやバックパッキングを楽しんでいます。

2018年8月更新


ブルーミントンで最も優秀で率直な詩人の一人である吉田裕美は、 Icarus Burning (Finishing Line Press、2020年)で2019年New Women's Voices Poetry Prizeのファイナリストに、 IcarusのGreen Roses Bloomで2020年Gerald Cable Book Awardのセミファイナリストに選ばれました。彼女はブルーミントンのWriters Guildの多様性コンサルタントであり、モンロー郡公立図書館の受賞歴のあるVITALプログラムの詩のワークショップリーダーです。彼女はまた、Flying IslandPlath Profilesの詩の朗読者、およびGidraのコピーエディターを務めています。彼女の詩は、Sundress Best of the Netアンソロジーへの収録候補にノミネートされ、INverse Poetry Archiveに追加されました。彼女は、Jポップスターのインタビューやバラエティ番組のYouTubeをチェックして、新しい日本語の慣用句を学ぶことを楽しんでいます。

2021年7月更新


ケン・ヨシカワは、オレゴン州ポートランド出身の新一世/日系一世ハーフのアメリカ人詩人兼俳優で、リード大学で演劇芸術の学士号を取得しています。2014年からポートランド・ポエトリー・スラムのコミュニティで詩人として活躍し、最近、虐待、イエローフェイス、癒しをテーマにした初のスポークンワードアルバム「 Quiver 」をリリースしました。

演劇キャリアにおいては、ポートランド プレイハウス、ポートランド センター ステージ、オレゴン アドベンチャー シアター、ノースウェスト チルドレンズ シアターなどで活躍。現在はダンス アーティストの秦千佐夫とともに『Gambatte: An American Legacy』に取り組んでいる。さらに、この夏はソロ シアター作品『 The Art of Flyswatting』をニューヨークの Pan Asian Repertory Theatre の NuWorks 2019 フェスティバルに持ち込む予定。

2019年5月更新


エブリン・ヨシムラは、1980 年の設立当初から勤務しているリトル東京サービスセンターのコミュニティ組織ディレクターです。また、羅府新報、東京會舘レストラン、アメラシア書店でも勤務しました。ブルース・イワサキと結婚し、娘のナオミと義理の息子のケーシーがいます。ケーシーには最近、息子のゲンゾ・アイズマンが生まれました。

2013年11月更新

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。