Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/imagine-little-tokyo-11/

第11回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト


2024年6月3日 - 2024年7月8日

毎年行われているリトル東京歴史協会主催の「イマジン・リトル東京」ショートストーリー・コンテストは、今年で第11回を迎えました。ロサンゼルスのリトル東京への認識を高めるため、新人およびベテラン作家を問わず、リトル東京やそこにいる人々を舞台とした物語を募集しました。このコンテストは成年、青少年、日本語の3部門で構成され、書き手は過去、現在、未来の設定で架空の物語を紡ぎます。2024年6月1日に行われた授賞式では、ショーン・ミウラを司会とし、俳優の伊藤歩、カート・カナザワ、クローイ・マドリアガが、各部門における最優秀賞受賞作品を朗読しました。

受賞作品

  • 日本語部門 — 最優秀作品: 「ニューオータニの結婚式」 ポーターDC・ポーター五月
  • 成年部門 — 最優秀作品:  “When Next We Meet” (次に会うとき) ブランドン・タダシ・チャン  
    • 佳作: “Sustain” (持続) モニーク・ヘイズ 


  • 青少年部門 — 最優秀作品: “Little Things” (小さなこと) マデリン・タック  
    • 佳作: “Dreaming in Lil' Tokyo” (リトル東京で夢見て) パブロ・マティアス・ヘルナンデス・マルティネス

 
* その他のイマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテストもご覧ください:

第1回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第2回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第3回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第4回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第5回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第6回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第7回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第8回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第9回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第10回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>

 


このシリーズのストーリー

Thumbnail for 次に会うとき
en
ja
es
pt
次に会うとき

2024年7月8日 • ブランドン・タダシ・チャン

私が若かった頃、人生には3つの確実なことがありました。土曜日のアニメ、夕食後のアイスクリーム、そして祖母です。 当時、私たちは彼女を「ばあばあ」と呼んでいました。両親は私が幼い頃、彼女に正しく呼びかけることを教えようと一生懸命に教えてくれましたが、それは定着しませんでした。「ばあちゃん」と両親は何度も何度も発音しました。「『おばあちゃん』。ばあちゃん」 おそらく彼らは、バターナイフの背よりも鈍い舌を持つ3歳児に発音を教えようとしないほうがよかったと分かっていたはずだ。「…

Thumbnail for 異邦人という名の日本人
en
ja
es
pt
異邦人という名の日本人

2024年7月1日 • 平野 幸

アメリカ大リーグが日本人にとって馴染みやすくなったのはここ20年くらいだろうか。ロサンゼルス近郊の球場を本拠地としたチームに次々と日本人プロ野球選手が成田空港から飛び立っていった。成田空港での記者会見で英語であいさつしてみてくれと言われた選手たちが照れ笑いをしながら日本の中学生レベルの文法を駆使した挨拶をしたら賞賛が起こっていたものだ。 彼らの活躍ぶりは毎日のニュースでシーズン中は放映されていた。投手ではいきなり5イニングスを投げて勝利投手になるのが一番早く注目されること…

Thumbnail for リトルトーキョーで夢を見る
en
ja
es
pt
リトルトーキョーで夢を見る

2024年6月24日 • パブロ・マティアス ・ヘルナンデス・マルティネス

赤い旗に太い墨で描かれた謎の看板が、西の空気を吹き抜ける精霊たちとともに生き生きと動き始めた。旗や飾りは、その迫りくる存在感で近所を熱くさせ、新参者である私たちに何かを伝えようとしているようだった。少なくとも、未知の土地にやってくる私たちにはそう見えた。亡き祖母はよくこう言っていた。 「ゴーストタウンでは幽霊が姿を現すものよ」。私たちが住居内で何かを聞いたとき、いや、むしろ何かを聞いたと思ったとき、あるいはまるで太陽が消えたかのように突然長屋が冷たくなったとき、祖母はよくこ…

Thumbnail for 小さなこと
en
ja
es
pt
小さなこと

2024年6月17日 • マデリン・サッチ

私たちは、ジャパニーズビレッジプラザのテラスのベンチに座り、笑いました。途中で、風月堂でレインボー団子を一箱買いました。私はすでに自分の分より多く食べていましたが、ばあちゃんは気にしませんでした。花柄の黄色い傘が日差しを遮り、幸せそうな買い物客の頭上では赤と白の提灯がそよ風に舞っていました。春でした。鳥のさえずりと桜の甘い香りが空気を満たす季節です。私はいつまでもそこにいて、歯ごたえのある団子に歯を食い込ませ、足を揺らしていたかったでしょう。先ほど歩道にぶつけたせいで、片方…

Thumbnail for 持続
en
ja
es
pt
持続

2024年6月10日 • モニーク・ヘイズ

ビルの管理人が家具店の窓から漢字を撤去した翌日、私はその文字がまだ生きようとしているのを見た。かすかなサインは以前より小さくなったが、英語の「dye」という単語の上にその輪郭をまだ見分けることができた。イースト・ファースト・ストリートの街灯の下でちょうどいい角度で首を傾げると、日本語で書かれた割引という薄れた文字がまだ見えていた。おそらく、こうしたことに気づくのは芸術家か、父親の最後のクラリネットの音にすがりつく悲しみに暮れる息子だけだろう。 父がいない最初の週末以来、私…

Thumbnail for ニューオータニの結婚式
en
ja
es
pt
ニューオータニの結婚式

2024年6月3日 • ポーター DC , ポーター五月

やっと三郎はホテルに到着した。 「いらっしゃいませ」ドアマンがホテルの正面玄関でタクシーを迎える声が響いた。 「ようこそニューオータニロサンゼルスへ」タクシーのドアをあけ、深いお辞儀をした。 ドアマンがカートを引き寄せトランクを開けると、中には小さなカバンが一つ。 「お荷物はこちらだけでございますか」 三郎は、弥生を説得して結婚を諦めさせ、日本に連れて帰るには一日で十分だと考えていた。三郎はカバンをサッと取り、ドアへと向かった。フロントで弥生が手配した一週間の予約…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

ブランドン・タダシ・チャンはロサンゼルス出身で、生まれてからずっとリトル東京コミュニティの一員です。2020年に南カリフォルニア大学を卒業し、コミュニケーションと英語の二重学位を取得しました。現在はABC7アイウィットネス・ニュースでニュースアシスタント兼ビデオジャーナリストとして働いています。新しいレストランを撮影したり、デビッド・オノやロブ・フクザキに原稿を渡したりしていないときは、友人たちとロサンゼルスのハイキングコースを歩いています。

(2024年7月 更新)


モニーク・ヘイズはメリーランド州出身の小説家、詩人、脚本家です。プッシュカート賞候補、ブルックリン詩人フェロー、ハーストン・ライト・フェローであり、現在はアメリカ独立戦争を題材にした小説を執筆中です。

2024年6月 更新


東京外国語大学中退。ジョージタウン大学外交大学院リサーチフェロー。現在は、予備校講師、翻訳、介護など、多数アルバイトを行っている。

(2024年7月 更新)


パブロ・マティアス・エルナンデス・マルティネスは、情熱的なメキシコのビジュアルアーティスト兼フィクション作家です。彼は現在、読書を楽しみ、大学で創作文芸を学びたいと考えている 11 年生です。彼は好奇心旺盛な歴史家で、移民の物語を共有し、常に新しい文化について学ぶ方法を見つけています。

2024年6月更新


ポーターDCは、ハイテク起業家、投資家。『Colloquial Kansai Japanese』(関西弁を学ぶ本)の著者、Japonica(日本文化雑誌)のエディター。サンノゼの日本町を舞台にした彼の初の小説『To Kill a Unicorn』は、2023年アメリカン・フィクション・アワードのベスト・ミステリーとベスト・デビュー小説のファイナリストに選ばれた。続編の『Countdown to Decryption』は、6月下旬に出版予定。現在はロサンゼルス郊外のマービスタ在住。

(2024年5月 更新)


 ポーター五月は、華道家、裏千家茶道指導者。小原流LA支部会長、いけばな教授会会長を務める。神戸市出身。東京理科大学理学部数学科卒。ロサンゼルスへ来る前は、日本で長年コンピュータプログラマーをしていた。現在は、ロサンゼルス郊外のマービスタ在住。


(2024年5月 更新)

 


マデリン・サッチは、テキサス出身の 14 歳のホームスクール生です。彼女は、国際ソーガス ハロウィーン ゴースト ストーリー コンテストで 1 位を獲得したほか、全米歌唱教師協会の地域大会で 2 回 1 位を獲得しています。また、ラッシュ & キャサリン アダムス リンボー ファミリー財団から、全国アメリカン ヒーロー歴史奨学金も受けています。

マデリンは、ソーシャル メディアを使って学習への情熱を広めることに熱心に取り組んでいます。彼女は、あらゆる年齢の人々を対象に、教育的で楽しいストーリー、ビデオ、記事を作成しています。BluestockingOnline.com にアクセスして彼女のコンテンツを閲覧し、無料の週刊ニュースレターを購読してください。

2024年6月更新

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。