Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/futuro-colectivo/

集団の未来


2008年4月29日 - 2012年12月6日

ビクター・ニシオ・ヤスオカは、ペルーの日系人の生活を実験的に研究しています。彼は「日系人であることとは何か」と自問し、地域と世界の共同の未来を想像しています。さらに、彼は歴史的および現代の人種差別を調査し、「チノ」という表現(「チンク」に類似)の影響とその根深い理由について説明しています。そして最後に、専門家としての視点から、美術分野とコミュニティのアーティストに与えられた文化的支援について個人的な概要を提供します。


このシリーズのストーリー

Thumbnail for 私の体験 ロサンゼルスのリトル東京
en
ja
es
pt
私の体験 ロサンゼルスのリトル東京

2012年12月6日 • ビクター・ニシオ・ヤスオカ

新しい場所はさまざまな理由で動機付けられるため、旅行は常に刺激的です。未知の商品、観光名所やエンターテイメント、都市の別の考え方、さまざまな車、さまざまな店やブランド、未知の習慣や伝統などです。ロサンゼルスもこれらのいずれにおいても例外ではなく、さらに多くの変動がありました。丘の後ろにはどんどん建物が建っているので、平らで長く、果てしなく続く街です。他の大都市と同様に、この街も多文化であり、異なる民族グループを生み出しており(外見上だけであっても、私たちは皆同じであるため)…

Thumbnail for パティ・荒川と遠くから会話 - パート 2
en
ja
es
pt
パティ・荒川と遠くから会話 - パート 2

2012年7月5日 • ビクター・ニシオ・ヤスオカ

パート 1 >>ヴィクター:詩について…ある時点であなたは詩についてコメントしていましたね。 どうやって思いつくのですか? 彼の中に何が見えますか? 何度もそれを理解して書こうとしたり、長く読んでみたりしましたが、渡辺氏の本を読んだ後までは何も達成できませんでしたが、それ以上は進みませんでした。それは、多くの人が違う目で見ることで、自分の人生に意味を見つけるのに役立つものだと思いますが、文化が貧しい場合、それは非常に遠いものです。パティ:私にとって詩は美し…

Thumbnail for パティ・荒川と遠くからの会話 - パート 1
en
ja
es
pt
パティ・荒川と遠くからの会話 - パート 1

2012年7月3日 • ビクター・ニシオ・ヤスオカ

パトリシア・アラカワは22歳、三世です。彼女は数学を勉強しており、詩とチェスが好きです。 彼女はペルー新報のコラムニストであり、Patydrómeda というペンネームで自分の考えや懸念をpatyna127.blogspot.comに投稿しています。パティ:リマでは差別があるんですか?私の個人的な経験を言えば、私は悪口を言うことができませんでした。そして、私は生涯ずっと非日系の学校で学び、そこでは兄と私は常に「月人」でした。 それどころか、どこに行っても日系人はよく評価…

Thumbnail for 中国の龍の目 - パート 3/3
en
ja
es
pt
中国の龍の目 - パート 3/3

2012年5月24日 • ビクター・ニシオ・ヤスオカ

パート 2 >>西安、第二の都市彼らはここが文化の中心地だと言います...たくさんの兵馬俑が印象的で、兵馬俑を訪れることができます。冷たく重く不協和音をともなう建築と、家来や所有物とともに埋葬された偏執的な皇帝の歴史的展示と対照的な、ややゆっくりとした観光歴史訪問となっている。 セラミックスの量が影響します。続いて、食べても食べても、ビュッフェでさらに中華料理を食べます...ペルーではこれが「チーファ」と考えられていますが、味はかなり異なり、特に消化の重さがあ…

Thumbnail for 中国の龍の目 - パート 2/3
en
ja
es
pt
中国の龍の目 - パート 2/3

2012年5月17日 • ビクター・ニシオ・ヤスオカ

パート 1 >>食べて食べてそれは、外国の奇妙な場所を知るという経験の柱の1つです...しかし、私が食べたものの多くは、味噌汁のように、幼少期に父方の祖母から受け継いだ味を試していたので、私にとってはそれほど異質ではありませんでした。あっという間でしたが、思い出すのに役立ち、とても楽しかったです。また、海苔、卵、玉ねぎが入った冷凍そばは、子供の頃のたくさんの食事の懐かしい思い出を思い出させてくれました。ペルーのジャングルでドラゴンフルーツ、タンロン、ピタジャヤを…

Thumbnail for 中国の龍の目 - パート 1/3
en
ja
es
pt
中国の龍の目 - パート 1/3

2012年5月10日 • ビクター・ニシオ・ヤスオカ

私の祖父母の出身地である日本と中国のうち、妻と私は中国を選びました。その理由は、福島が原子炉によって被った不幸のためです。私たちは日本を訪問するにあたり、その国、その風景、観光名所、そして最も重要な習慣を十分に知るために、日本人自身が以前のエネルギーを取り戻すまで(東洋人の特徴として忍耐強く)待つことにしました。その人々とその文化。 1か月前に日本を訪れた観光客は、東京の人々は冷たく遠いと言っていたが、もしかして彼らはカリブ海の歓迎を期待していたのだろうか?しかし、彼らは自…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

ビクター・ニシオ・ヤスオカはペルーに移住した日本人の 3 世の子孫です。小学校の途中で家族とともにパナマに移住し、そこで学校を卒業しました。約 10 年後、ペルーに戻り、国がすっかり変わってしまったことに気づきました。公立大学で建築を学びましたが、自分の最大の関心はコミュニケーションの分野にあることに気づきました。現在、リマに住むビクターは、広報担当者、ビジュアル アーティスト、コラムニストとして活躍しています。

彼の作品をご覧になりたい方は、彼の新しいウェブサイトwww.victor.peをご覧ください。そこでは彼の芸術的、グラフィック的、文学的な作品のすべてが見つかります。

2009年8月更新

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。