ホーリー・ヤスイ

(Holly Yasui)

ホリー・ヤスイさんは、フリーランスライターであり、編集者、翻訳家(スペイン語から英語。大学で日本語に挑戦しましたが、挫折しました)で、現在はメキシコのドローレス・イダルゴに在住している。コロラド州デンバー生まれのヤスイさんは、コロラド大学で芸術学学士を取得後、ウィスコンシン大学でコミュニケーションアートを専攻し、修士号を取得しました。その後、メキシコに移住するまでワシントン州シアトルで働きました。現在、ヤスイさんは、ミン・ヤスイ氏の生誕100周年となる2016年、同氏のトリビュートイベントの開催に向け、準備を進めています。また、ヤスイさんは、ミン・ヤスイ氏に関わる資料等、特に録音記録(音声または映像)をお持ちの方で、当プロジェクトに貸し出していただける方を探しています。ご協力いただける方は、Editor@DiscoverNikkei.orgまでご連絡ください。

(2014年1月 更新) 

media en

Never Give Up! Minoru Yasui and the Fight for Justice

“We need more people like Min Yasui in the world—who are willing to stand up for what is right, for whom principles of justice are more important than personal comfort. I’m honored to be able to work on this film, about a man whose story needs to be heard by a wider audience.” —Will Doolittle, co-director, Never Give Up! November 2 is Day of the Dead in Mexico, and I live in the very fiesta-prone town of San Miguel de Allende. It is not a sad day but a colorful and joyous holiday. Families and institutions build beautiful altars to their deceased loved ones…

続きを読む

identity en ja

Speaking Up! Democracy, Justice, Dignity

娘から見たミノル・ヤスイ 「公民権ヒーロー」

父、ミノル・ヤスイは、いつも、いやほとんどいつも、私のヒーローでした。でも、全ての人がそう思っていた訳でも、いつの時代もそう思われていた訳でもありません。 1942年、父が夜間外出禁止令の合憲性を問いただすため試験的に裁判に乗り出した時、父をヒーローだと思う人はいませんでした。メディアは、父を裏切り者の「ジャップのスパイ」と決めつけ、日系アメリカ人市民同盟(JACL)は、「新聞の一面を飾りたがっている身勝手な殉教者」と呼びました。1944年、父がハートマウンテンの徴兵拒否者に訴えを退けるよう説得に行った時、彼らは、夜間外出禁止令を意図的に破った父が、収容所の不当性に対する抗議活動に反対することは裏切りだと言いました。1960年代、父は、デンバー・コミュニティ・リレーションズ委員会の委員長を務めていました。人種間の緊張関係が高まる中、メキシコ系アメリカ人による「正義のための十字軍」という団体は、警官による中南米系の若者に対する暴行事件をうやむやにされたとして、父の免職を声高に要求しました。1970年代から80年代のリドレス運動(補償運動)での父は、強情で威圧的でした。父の言葉を借りれば、「気難しい」性格だったので、父のスタイルややり方を嫌う人たちもいました。 ミン・ヤスイは、よきにつけ悪しきにつけ公人であり、人々の支持を得られるかどうかに関わらず、自分自身の立場を取ることを臆し…

続きを読む

この筆者が寄稿しているシリーズ