シャーロン・ヤマト

(Sharon Yamato)

シャーロン・ヤマトは、ロサンゼルスにて活躍中のライター兼映像作家。日系人の強制収容をテーマとした自身の著書、『Out of Infamy』、『A Flicker in Eternity』、『Moving Walls』の映画化に際し、プローデューサー及び監督を務める。受賞歴を持つバーチャルリアリティプロジェクト「A Life in Pieces」では、クリエイティブコンサルタントを務めた。現在は、弁護士・公民権運動の指導者として知られる、ウェイン・M・コリンズのドキュメンタリー制作に携わっている。ライターとしても、全米日系人博物館の創設者であるブルース・T・カジ氏の自伝『Jive Bomber: A Sentimental Journey』をカジ氏と共著、また『ロサンゼルス・タイムズ』にて記事の執筆を行うなど、活動は多岐に渡る。現在は、『羅府新報』にてコラムを執筆。さらに、全米日系人博物館、Go For Broke National Education Center(Go For Broke国立教育センター)にてコンサルタントを務めた経歴を持つほか、シアトルの非営利団体であるDensho(伝承)にて、口述歴史のインタビューにも従事してきた。UCLAにて英語の学士号及び修士号を取得している。

(2023年3月 更新)

war en

慰霊の力

The Legacy of Resistance: Nimura/Kashiwagi Family at Ireichō

I feel I have paid many times over for the position I took at Tule Lake.Certainly, you don’t go around telling people you spent time at Tule Lake during the war.You try to push that back somewhere and not think about it.You try to block that part out of your life, but you have to live with it. —Hiroshi Kashiwagi, Swimming in the American Out of approximately 125,000 names of former detainees listed in Ireichō, more than 12,000 of them were once shunned and segregated at the often-maligned Tule Lake Segregation Center. For those who felt they needed to “block out”…

続きを読む

war en

Rediscovering Poston

There’s a familiar adage that when Nisei get together, one of the first questions asked is “What camp were you in?” I suppose it’s almost like asking where you grew up, yet it definitely holds more meaning. For example, there’s a strong proprietary nature to individual camps. When I went to Heart Mountain in 1994 for the first of dozens of trips to Wyoming, it was assumed my parents were held there, and I had to reluctantly confess they weren’t. Not to be targeted as an imposter, I was quick to respond that my aunt and uncle were there —  just t…

続きを読む

war en

慰霊の力

Coming Home: My Family’s Journey to Ireichō

And what we see is our life moving like that along the dark edges of everything, headlights sweeping the blackness, believing in a thousand fragile and unprovable things.Looking out for sorrow,slowing down for happiness. . . —Mary Oliver, “Coming Home” It was like coming home when 17 sisters, cousins, grandchildren, and spouses, some who had traveled from different parts of the globe, met on the day after a large family reunion—this time to honor living and dead family members by placing hanko stamps on the names of those reverenced in Ireichō. With an immediate …

続きを読む

war en

慰霊の力

A Humble Man: 442nd Veteran Hiroshi Kunimura Honored at Ireichō

When Dennis Kunimura suggested to his father, 98-year-old former 442nd Regimental Combat Team (RCT) artilleryman Hiroshi Kunimura, that they drive from their home in Ogden, Utah, to Los Angeles, to mark the names in Ireichō of family members held at both the Salinas Assembly Center and the Poston Concentration Camp, the elder Kunimura did not expect the overwhelming reception that awaited him. In fact, when the elderly soldier was welcomed by a three-man camera crew from Nippon TV, JANM executive director and CEO Ann Burroughs, Go for Broke president Mitch Maki, and a host of staff members, …

続きを読む

community en ja

慰霊の力

慰霊帳が呼んだ奇跡:ワスケ・ヒロタの多民族家族、慰霊帳の元に集う

2023年4月27日、JANM(Japanese American National Museum)のアラタニホールは、喜びと感動で満ち溢れていた。一世であるワスケ・ヒロタの生誕150周年を祝うべく、彼の親族が集ったのだ。大人から子どもまで、近場はアズサ(カリフォルニア州ロサンゼルス郊外)から、遠方は大阪から、ヒスパニック、ネイティブアメリカン、日本人の血を引く約50人の親族たちが一堂に会し、慰霊帳に印を残すことで彼への敬意を表した。慰霊帳には、ワスケ・ヒロタを含む約12万5,000人の元収容者の名前が記されている。 親族は、慰霊帳の特別改訂ページに調印した最初の人々となった。当該ページには、ヒロタの妻であるラファエラ・マルティネスの他、5人の子どもたち(ローズ・ヒロタ、ルイ・ヒロタ、マーレイ・ヒロタ、ヘンリー・マルティネス・ヒロタ、ハーバート・フーバー・ヒロタ)、そして4人の孫たち(リリアン・ヒロタ・アルバレス、ポール・アルバレス、ピーター・アルバレス、ジョン・アルバート・ドミンゲス)の名前が記載されている。上記の全員が、ポモナとサンタアニタの一時的収容所に拘留されていた。 ポモナの第二収容センターから釈放後の1942年8月、ワスケの妻と家族だけがアズサの自宅に戻ることを許された。いわゆる「白人系」の人々を解放するため、政府の方針が変更されたからだ。家族の中でワスケ…

続きを読む