Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/tani-kendall/

Profile image of Kendall Tani

ケンダル・タニ

(Kendall Tani)


ケンドール・タニは、現在カリフォルニア州マンモス・レイクスの故郷を拠点に活動するアーティスト兼詩人です。現在、彼らの創造力と集中力の多くは、音楽、スポークンワード、太鼓、動きを組み合わせて脆弱性とつながりを探求する、多分野にわたるアジア系アメリカ人の芸術コラボレーション「ボンブー・ストーリーズ」に注がれています。

アートを作ったり、家族の日本料理店で働いたりしていないときは、ハイキングやウェイトリフティングをしたり、正直に言えば、ただ生きているだけです。彼らの作品をもっとご覧になりたい方は、 kendalltani.comまたは Instagram の@_sowasowa@bonbustoriesをご覧ください。

2023年3月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 降伏 — パート 1
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
降伏 — パート 1

2023年3月16日 • ケンダル・タニ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

カリフォルニア州マンモス レイクを拠点とするアーティスト、ケンドール タニの詩をご紹介できることを嬉しく思います。ケンドールは、優しさと喪失感を深く探求し、また、私が最近知り合ったアジア系アメリカ人の多分野にわたるアーティスト集団、ボンブ ストーリーズとの共同作業による作品 ( Surrender ) を含む、より大規模な作品もここで惜しみなく提供しています。この集団の作品のうち、 Surrenderに関連する他の部分を、今後のNikkei Uncovered: a poe…

Thumbnail for 快適
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
快適

2020年4月16日 • ケンダル・タニ , スーザン・ヤマムラ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

今月は、カリフォルニア在住の四世作家ケンドール・タニとアリゾナ在住の三世作家スーザン・ヤマムラを特集します。スーザンの詩は、大きな争いの時期に私たちが慰めを求める場所を告げる、気楽なパロディ詩です。一方、ケンドールの最初の作品「soft bodies 」は、手で地球(と未来)を形作る親密な実践を通して、自分自身との関係について語っています。どちらも、慰めや自分のために何か良いことをするという考えを思い出させてくれました。詩は、内省、自分の可能性、または少しの平和を実践する器…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。