田中 裕介

(たなか・ゆうすけ)

札幌出身。早稲田大学第一文学社会学科卒業。1986年カナダ移住。フリーランス・ライター。グレーター・バンクーバー日系カナダ市民協会ブルテン誌、月刊ふれーざー誌に2012年以来コラム執筆中。元日系ボイス紙日本語編集者(1989-2012)。1994年以来トロントで「語りの会」主宰。立命館大学、フェリス女学院大学はじめ日本の諸大学で日系カナダ史の特別講師。1993年、マリカ・オマツ著「ほろ苦い勝利」(現代書館刊)により第4回カナダ首相翻訳文学賞受賞。

(2020年3月 更新)

media en ja

GHQ占領下の日本のエンターティナー: 日系カナダ人二世の俳優・歌手 サリー・中村哲

真珠湾攻撃(1941年)が起きた時点で、日本国内には1500名ほどの日系カナダ人がいたという(Ken Adachi, The Enemy That Never Was)。帰国の道を閉ざされた彼らの多くは「敵性国人」と疑われ、官憲から執拗に日本籍への変更を求められた。日本兵として出征した元バンクーバー朝日の選手に、和歌山の野田為雄(戦死)、広島の中西憲(戦傷)等がいる。 一方、二世の英語能力を活かして報道関係の仕事に就いた二世カナダ人が、少なくとも数人はいた。ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)を卒業し、日本政府から奨学金を得て来日し、上海のNHKでアナウンサーをしていた上野数馬。満州の新京(現・長春)で、国策新聞の英字紙デイリー・マンチュリアに勤めていた元ニューカナディアン編集長・東信夫(しのぶ)がいた。そして、東京のNHKには、英語番組「ゼロ・アワー」を制作していた元朝日チームの中村哲(さとし)がいた。 さらに、芸能界には藤原歌劇団の歌手として慰問団に加わり、戦地を巡っていた斉田愛子(BC州カンバーランド出身)がいた。愛子と哲はパウエル街の日本町で一緒に青春を過ごした仲だ。 日本在住の二世たちは皆、極めて高い能力を備えていたと思う。戦前のカナダで教育を受けた彼らに共通の思いがあるとすれば、あのままBC州にいては、人種差別的制度のために能力に見合った収入も社会的…

続きを読む

identity en ja

アルバム「介護記憶曲集」-あるカナディアン・ジャパニーズ一家の「記憶」が住む家-

日本語の動詞「すむ」は3つの意味を持っている。「住む(TO LIVE)」、「澄む(TO BECOME CLEAR)」、そして「済む(TO FINISH)」である。この3つの動詞は語源的には一つの動詞から派生して生まれた。3つの動詞を並べてみると、過去・現在・未来という一つの時間の流れが見えてくる。それは「動態」から「静止」へと緩やかに下降してゆく。ある場所に住み、心が澄み、そして人生が済むのである。人はこれを「大往生」と呼ぶ。 2019年7月、94歳で逝去したカナダ人のキャスリーン・ゴーリングはかくしてトロントで多くの人に惜しまれながら大往生を遂げた。だが、彼女の徐々に衰える姿を身近に感じ、介護し続けた孫・博基には複雑な思いが渦巻いていた。そこで、ミュージシャンの博基は彼の心の思いを解きほぐし、言葉を与えメロディに乗せて一枚のアルバムにした。 タイトルは「介護記憶曲集*」。「回想曲」ではなく「記憶曲」としたのには理由がありそうだ。「回想」に伴う美化や「懐かしむ」姿勢はそこにはない。その代わりに、生々しく時に痛々しい「記憶」の断片が詰まっている。日本の童謡を歌う高齢者施設のシニアたちの合唱、台所の鳩時計の音、流し台に落ちる水滴、皿が重なり合う音、幾度となくホーム・ディナーが始まる前に鳴らされたドラの音。さまざまな生活音が混ざり合っている。 さらに、博基の叔母でハープ奏者の…

続きを読む

sports en ja es pt

バンクーバー朝日軍の投網に手繰り寄せられた選手とその末裔

シリーズ「勝敗をこえて:ニッケイスポーツ」へ投稿された嶋洋文氏の「バンクーバー朝日投手、土居健一と家族の物語」を読んだとき、過去30年にわたる「朝日軍」とのお付き合いの日々が走馬灯のように巡ってきました。これは、その思い出をまとめた回想録です。 * * * * * 朝日軍伝説の嚆矢となったのは、1992年に出版されたパット・アダチ著『ASAHI: A Legend in Baseball』でした。ある日、パットさんが僕の日系ボイス編集室を訪れ、「ちょっとお願いがあるのです」とケーキの詰まった箱を差し出したのを覚えています。そして「これ、お子さんにどうぞ」と言われたのです。こうして僕は、この本の編纂にかかわることになり、和訳とタイプセットを担当しました。パットの父・川尻岩一さんは、生涯にわたり一世リーダーとして尽力された日系社会の恩人でした。 1992年8月28日、出版記念会の当日、日系文化会館の壇上にならんだ11人の錚々たる元選手たちを一人一人紹介するケン・クツカケ(捕手)の姿がありました。とても嬉しくて、パットさんと手を取り合って喜んだものです。あの時、「朝日軍」と全ての選手たちが、見えない投網をカナダと日本に投げかけたのです。そして、僕も嶋さんもその網に捕らえられ手繰り寄せられた末裔です。 朝日軍の監督だったエディ・キタガワは、よく「ボクら二世は、ただ好きでベース…

続きを読む

education en ja

Kizuna 2020: Nikkei Kindness and Solidarity During the COVID-19 Pandemic

感染病の流行と日系カナダ人コミュニティ

1918年に猛威を振るったいわゆるスペイン風邪のパンデミックは、2年にわたり断続的に続いた。世界中で5億人が感染し、5千万人の命を奪ったといわれている。感染爆発の最初の犠牲者は第一次世界大戦時に戦場で闘った兵士たちだった。兵隊たちが戦場から郷里に復員してきた時にウィルスが拡散し、世界中で大流行したのである。カナダも例外ではなく5万人が亡くなった。 一方、日系人に対する差別は第一次世界大戦中(1914〜1918)は多少緩和されていたようだ。これは多分に、日英同盟の条約に従って、日本の戦艦がカナダ太平洋沿岸一帯を巡洋して、ヤップ島に常駐するドイツの軍艦の動きを監視していたからである。戦後、復員兵たちが労働市場に溢れ出し、森林伐採業に従事する日系人労働者の職を奪った。1923年、20年間続いた日英同盟が破棄されると、同じ頃、カナダ政府は日系漁業者たちの持つ漁業ライセンスを40%削減した。このように戦争と人種差別はいつも手を組んでいるように見える。 1890年代、ドイツは「黄禍」を煽り立て、ロシアのヨーロッパ諸国への侵入意欲をアジア諸国へ向けさせようとした。それはちょうど日本と中国が朝鮮半島の政情に干渉し始めた時でもある。この朝鮮半島の緊張が高じて、1894年に日本と中国の間で日清戦争が勃発し、1904年の日露戦争へと発展した。帝国日本は二つの戦争に勝利し、欧米諸国を驚かせた。日本の…

続きを読む

sports en ja

戦前のスポーツ大好き二世たちの青春: 「今」を映した宮西正三のカメラアイ — その2

その1を読む >> 「テニング」と名乗った日本人 「テニングさん」と呼ばれているのは、竹内十次郎(1869〜1937)という三重県桑名市出身で海軍主計学校を首席で卒業し、英国駐在大使館付の武官として1898年にロンドンに赴任した元海軍少佐のことだ。日本海軍が日露戦争に備えて英国で軍艦建造を急いでいた時、使途不明金が発覚した。軍法会議において、33万円(今に換算して約30億円)の欠損を生じさせたとして、竹内は懲役11年の判決を受けた。1904年にカナダへ亡命した竹内は、名前をJusan Tenningと変えた。「Jusan」とは「十次郎」の「十さん」だという。 工藤美代子は自著「晩香波の愛」で竹内を論じている。ロンドンの自宅から失踪したのは、友人のために軍費から運用していた金が焦げ付き、その責任を全部負わされたためだという。 一方、佐木隆三著「波に夕日の影もなく」によると、使途不明金は日本の海軍省の直属の上官のもとに送られ、おそらくは賄賂として政治家に渡されていたらしい。ところが、それが発覚しそうになり、上官は変死。代わりに竹内が疑われ、使途不明金事件の全責任を追う羽目になったのだという。彼はカナダに逃れ、ウィニペグに潜り込んで農園を経営した。 1928年、彼はバンクーバーに出てきて日系メディアや日本人漁者組合で働いた。彼の英語能力と政治に感する見識は地元のジャーナリ…

続きを読む