Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/nichibei/

Profile image of Nichi Bei News

日米ニュース

(Nichi Bei News)


日米ニュースは、歴史ある日米タイムズ(1942-2009)と日米新聞(1899-1942)の遺産から生まれ、2009年9月に米国で最初の非営利の民族コミュニティ新聞として創刊されました。歴史ある日本人街やその周辺で起きているコミュニティの問題やイベントから、エンターテイメントのプロフィール、食べ物、映画や本のレビュー、政治、ハードニュースや論評まで、日米ニュースはあらゆる情報を網羅しています。革新的な非営利団体である日米財団によって発行され、質の高いメディアを通じて約125年にわたるコミュニティリーダーシップの豊かな伝統を誇りを持って受け継いでいます。

2024年1月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 補償の詳細
en
ja
es
pt
補償の詳細

2020年9月1日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

日系アメリカ人補償運動のテーマは、その著名な記録者たちによって大いに報われてきた。私が読む機会に恵まれ、場合によっては批評的な書評をする機会に恵まれた、執筆または編集した書籍は以下の通りである。ウィリアム・ミノル・ホリ著『アメリカの修復:日系アメリカ人補償運動の記録』 (1988年)、レスリー・T・ハタミヤ著『不当な扱いを正す:日系アメリカ人と1988年公民権法の可決』 (1993年)、ヤスコ・I・タケザワ著『沈黙を破る:補償と日系アメリカ人の民族性』 (1995年)、ミッ…

Thumbnail for 機能不全と犠牲が絆となる
en
ja
es
pt
機能不全と犠牲が絆となる

2019年11月7日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

本書の著者アンドリュー・ラムは、エール大学で歴史を学び、首席で卒業した後、網膜外科医になった。彼の3作目の著書『 Repentance 』は歴史小説で、日系アメリカ人の歴史的体験に関するこのジャンルの古典作品、例えばジーン・ワカツキ・ヒューストンとジェームズ・D・ヒューストンの『Farewell to Manzanar』 (1973年)やデイヴィッド・ガターソンの『Snow Falling on Cedars』 (1994年)に匹敵するかどうかは議論の余地がある。これら 3…

Thumbnail for JAコミュニティ内の「不可視性」に対抗する
en
ja
es
pt
JAコミュニティ内の「不可視性」に対抗する

2019年10月16日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

この大著は、日本を拠点とする京都大学の人類学者竹澤康子氏と、米国に拠点を置くコロンビア大学の歴史学者ゲイリー・オキヒロ氏という、日系アメリカ人研究の著名な二人の日系人研究者によって共同編集されています。本書は主に、共通の太平洋横断研究分野に属する他の学者や上級大学生を対象としていますが、その根拠がしっかりした啓発的な序論、14 のエッセイ、および本書の内容に対する 7 つの視点からの反応は、一般読者にも大いに役立つでしょう。根本的に、太平洋横断日系アメリカ人研究の使命は、こ…

Thumbnail for ある家族の歴史を掘り起こす
en
ja
es
pt
ある家族の歴史を掘り起こす

2019年9月16日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

本書は、受賞歴のあるベテラン独立研究者、作家、プロデューサーのトム・コフマンによる数多くのドキュメンタリー本の最新作であり、ハワイに関する歴史的なテーマを特徴的に取り入れています。しかし、 「ただいま!ただいま」が他と異なるのは、多世代にわたる国境を越えた視点から見たハワイ日系家族の歴史に焦点を当てている点です。その短い物語の中で、読者は、明治時代に日本で亡くなった武士の祖先である三輪丸次郎(1850-1919)から、代々続く4人の息子まで、三輪家の男性5世代にわたるコフマ…

Thumbnail for 日本における宗教の自由の真実
en
ja
es
pt
日本における宗教の自由の真実

2019年8月23日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

ジョリオン・バラカ・トーマスはペンシルバニア大学の宗教学助教授に過ぎないが、すでに『伝統の引き出し:現代日本のマンガ、アニメ、宗教』 (ハワイ大学出版)という注目すべき著書を出版しており、現在は『難しい主題:日本と米国における宗教と公教育の議論』という仮題で3冊目の著書を執筆中である。ここでレビューするトーマスの2冊目の著書は、日本の明治時代と第二次世界大戦後の連合国(主に米国)占領期間に特に重点を置いて、宗教の自由の概念と実践について、優れた構想と深い調査、緊密な議論、そ…

Thumbnail for 政府の「計画」の原因と結果
en
ja
es
pt
政府の「計画」の原因と結果

2019年8月7日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

読者の中には、ラテンアメリカのベテランジャーナリスト、メアリー・ジョー・マコナヘイのこの本が、なぜここで、彼らの消費、考察、熟考のためにレビューされているのかと不思議に思う人もいるだろう。結局のところ、この本のタイトルが示唆するように、この本の焦点は、西半球における第二次世界大戦の影の戦争であり、国民の支持、軍事的優位性、天然資源をめぐって枢軸国と連合国が対立し、双方が「タンゴのダンサーのように、相手の足跡をしっかりと追っていた」(pp. xii)戦争なのである。 『丹後…

Thumbnail for ホノウリウリの再発見と旧キャンプ地の保存
en
ja
es
pt
ホノウリウリの再発見と旧キャンプ地の保存

2019年3月11日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

ハワイ日本文化センターが出版した3冊の本、Life beyond Barbed Wire: The World War II Internment Memoirs of a Hawaii Issei (2008)、 Family Torn Apart: The Internment Story of the Otokichi Muin Ozaki Family (2012)、 Haisho Tenten: An Internment Odyssey (2017) を以前、楽…

Thumbnail for アジア系アメリカ人の交差点を解体する
en
ja
es
pt
アジア系アメリカ人の交差点を解体する

2019年2月22日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

2004 年まで、私は太鼓演奏の単なる (そしてむしろ無思慮な) 傍観者でした。しかし、その年、私は幸運にも日系アメリカ人博物館が後援するプロジェクトに口述歴史家として関わるようになり、そのプロジェクトは JANM で 2005 年から 2006 年にかけて開催された「ビッグ ドラム: 米国の太鼓」という展覧会に結実しました。この展覧会はソジン キムがキュレーションし、同名の新しいドキュメンタリー DVD を特集したもので、展覧会のメディア インスタレーションの一部、さま…

Thumbnail for 「戦争の代償」に関する「家族をテーマにした調査」
en
ja
es
pt
「戦争の代償」に関する「家族をテーマにした調査」

2019年1月23日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

マシュー・エルムズによるこの本は、悲惨な「戦争の代償」について日系アメリカ人家族をテーマにした、胸が張り裂けるような調査である。この本は、第一次世界大戦と第二次世界大戦中に自国の軍務で命を落とした20万人以上のアメリカ人を追悼する世界27か所の墓地の維持管理を担当する政府機関、アメリカ戦争記念碑委員会によって出版されている。ABMCの使命に沿って、エルムズは「アキモト家が戦争に行ったとき」を「若者に日系アメリカ人家族の真実の物語を伝えるため」に書いた(146ページ)。委員会…

Thumbnail for 心と勇気:二世退役軍人の物語
en
ja
es
pt
心と勇気:二世退役軍人の物語

2018年11月12日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

アメリカのほとんどの新刊書店や古本屋に行けばすぐにわかるように、軍事史は文学の中でも非常に人気のあるジャンルだ。特に第二次世界大戦に関してはそうで、日系アメリカ人兵士が果たした英雄的な役割もその一つだ。この関係で主に注目を集めてきたのは、ヨーロッパ戦線で人種隔離された第100歩兵大隊、第442連隊戦闘団、第552野戦砲兵大隊が果たした功績だ。しかし最近では、太平洋戦線で米陸軍軍事情報局に所属する日系人が果たした勇敢な働きに、長らく遅れていた注目が集まるようになっている。シア…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。