ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/nichibei/

日米ニュース

(Nichi Bei News)


日米ニュースは、歴史ある日米タイムズ(1942-2009)と日米新聞(1899-1942)の遺産から生まれ、2009年9月に米国で最初の非営利の民族コミュニティ新聞として創刊されました。歴史ある日本人街やその周辺で起きているコミュニティの問題やイベントから、エンターテイメントのプロフィール、食べ物、映画や本のレビュー、政治、ハードニュースや論評まで、日米ニュースはあらゆる情報を網羅しています。革新的な非営利団体である日米財団によって発行され、質の高いメディアを通じて約125年にわたるコミュニティリーダーシップの豊かな伝統を誇りを持って受け継いでいます。

2024年1月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for アート・ハンセンへの感謝—「才能ある指導者でありインスピレーションの持ち主」
en
ja
es
pt
アート・ハンセンへの感謝—「才能ある指導者でありインスピレーションの持ち主」

2024年3月18日 • 日米ニュース , グレッグ・ロビンソン

日系アメリカ人の歴史の専門家の中で、アーサー・ハンセンほど永続的な貢献を果たした人はほとんどいません。長年にわたる学者および活動家としての彼の仕事は日系コミュニティではよく知られていますが、私は、私やその他多くの人々にとって、才能ある指導者でありインスピレーションを与えてくれた彼に敬意を表したいと思います。(このコラムの一部は、15年前にアートの退職を記念して出版された本に収録された私のエッセイから抜粋したものです。)今では信じられませんが、私がアートと初めて会ってから25…

Thumbnail for リッチ・ハート・マウンテンの個人的な物語が<em>『Unforgotten Voices』</em>に溢れている
en
ja
es
pt
リッチ・ハート・マウンテンの個人的な物語が『Unforgotten Voices』に溢れている

2024年2月5日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

ジョアン・オッペンハイムは主に児童書(ほとんどがフィクション)を多く執筆しているが、ナンシー・マツモトとの共著『Unforgotten Voices from Heart Mountain 』は、第二次世界大戦中の日系アメリカ人強制収容のさまざまな側面を扱った3作目のノンフィクション作品である。1作目は『Dear Miss Breed: True Stories of the Japanese-American Incarceration during World War …

Thumbnail for EO9066の「強制労働刑務官たち」
en
ja
es
pt
EO9066の「強制労働刑務官たち」

2023年8月16日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

私はアメリカ労働史家ではありませんが、第二次世界大戦中の日系アメリカ人の不当な強制収容について50年間研究し、執筆し、教えてきたにもかかわらず、ステファニー・ヒナーシッツ氏がここでレビューしている貴重な本の主な焦点である「日系アメリカ人の強制収容の設計と実施、そしてこれら2つの事業における労働の中心性」(22ページ)に、これまでほんの少ししか注意を払っていなかったことを深く恥じています。ヒナーシッツ氏は「日系アメリカ人の強制収容」で2022年度フィリップ・タフト労働史賞の受…

Thumbnail for WRA の法制度の徹底的な調査
en
ja
es
pt
WRA の法制度の徹底的な調査

2023年8月8日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

歴史と文学の両方を教えてきた者として、私は最近、ハーバード大学の英語学教授で、米国の思想史における独創的な著書で知られるルイス・メナンド氏が書いたニューヨーカー誌(2023年4月24日と5月1日号)の記事に興味をそそられました。メナンド氏によると、記事の主題である「創造的ノンフィクション」は、伝記作家や歴史家が「自分の本を小説のように読ませることを意図した物語スタイルを採用」したときに生まれた比較的新しいジャンルです。しかし、彼は、そのような本の著者がフィクションの技法(対…

Thumbnail for 帰化二世の「ディアスポラ体験」に関する調査
en
ja
es
pt
帰化二世の「ディアスポラ体験」に関する調査

2023年8月1日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

私はマイケル・R・ジンのこの素晴らしい本に深い親近感を抱いています。2013年に私は、アリス・ヤンの優れた指導の下で彼が完成させたカリフォルニア大学サンタクルーズ校での先駆的な博士論文を読むという栄誉に恵まれ、それがここでレビューしている2022年のスタンフォード大学出版局の本の土台となりました。それはゴードン・チャンが編集した同出版局のアジア系アメリカ人シリーズに収録されており、ヤン(当時はヤン・マレー)は2008年に衝撃的な作品『日系アメリカ人強制収容と補償を求める闘い…

Thumbnail for ジェロームとローワーの思い出
en
ja
es
pt
ジェロームとローワーの思い出

2023年1月22日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

2002 年から 2004 年にかけて、私は故ロジャー ダニエルズ氏と故フランクリン オドー氏という 2 人の著名な歴史学者の同僚とともに、リトル ロックにあるアーカンソー大学のパブリック ヒストリー プログラムと全米日系人博物館が共同で主催した Life Interrupted プロジェクトの共同コンサルタントを務める栄誉に浴しました。このプロジェクトは主に、経済、人種、社会正義に関する州全体の問題を促進することを目的とする組織であるウィンスロップ ロックフェラー財団の…

Thumbnail for 歴史家が他の陣営に倣うべき「ヒューリスティックモデル」
en
ja
es
pt
歴史家が他の陣営に倣うべき「ヒューリスティックモデル」

2023年1月8日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

書評対象の本に収められたサーラ・ケッキの謝辞で、その内容が私が大いに尊敬する日系アメリカ人の第二次世界大戦体験に関する3人の歴史家(エリック・ミュラー、グレッグ・ロビンソン、ポール・スピッカード)によって好意的に精査されたことを読み、この2人の歴史学者が本の表紙に宣伝コメントを寄せて、その作品の重要な意義を証明していることに気づいた私は、 『ハートマウンテンの日本人アメリカ人』を読んで書評できるという幸運な機会に心から興奮した。ハートマウンテン強制収容所は、特に近年、私の研…

Thumbnail for トゥーレ湖の柵での生活
en
ja
es
pt
トゥーレ湖の柵での生活

2022年9月1日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

現在、第二次世界大戦中に日系アメリカ人を収容した強制収容所(総称してトゥーリー レイク)に関する多種多様な出版物が存在します。この刑務所は、1942 年 5 月 27 日に開設された当初はトゥーリー レイク移住センターとして知られていました。しかし、1943年初頭に戦時移住センターが10か所の「移住センター」すべてに課した、考えの浅はかないわゆる「忠誠質問票」の結果、米国政府、米軍、日系アメリカ人市民連盟の共同の圧力により、1943年7月15日、戦時移住センターだけがトゥー…

Thumbnail for イッセイ・ジャーノの経歴
en
ja
es
pt
イッセイ・ジャーノの経歴

2022年8月25日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

この本を読む前、著名な一世の弁護士/ジャーナリストであるセイ・フジイについての私の知識は、二つの全く対照的な経験から得たものだった。一つ目は、ロナルド・ラーソンと共著で、近々出版予定の『 DOHO: The Japanese American “Communist” Press, 1937-1942』というエッセイを書いたこと。二つ目は、日米財団の2016年追悼映画祭で、ジェフリー・チン監督(フミコ・キャロル・フジタと『 A Rebel's Outcry 』を共著し…

Thumbnail for 「素晴らしい」作品は日系アメリカ人被爆者の口述歴史に頼っている
en
ja
es
pt
「素晴らしい」作品は日系アメリカ人被爆者の口述歴史に頼っている

2022年8月17日 • アーサー・A・ハンセン , 日米ニュース

1974年、ベティ・ミットソンと私は、ささやかで事実上自費出版で、粗雑に捏造された『沈黙の声:日系アメリカ人強制退去に関する口頭調査』という本を共同編集した。この本は、それまで一般の米国民、さらには日系アメリカ人コミュニティによってもほとんど語られていなかった第二次世界大戦中の出来事、すなわち米国政府による主に西海岸の住居からの日系人の全面的かつ不当な立ち退きと、それに続く内陸部の強制収容所への収容について議論を促す方法として考案され、開発された。この先駆的な本で私たちが使…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。