室橋 美佐

(むろはし・みさ)

北米報知出版ゼネラル・マネジャー兼『北米報知』編集長。2000年上智大学経済学部経営学科卒業後、ビデオゲーム会社での国際マーケティングや雑誌出版の立ち上げなど、コンテンツ・パブリッシングに携わる。2016年にワシントン大学で都市計画修士を取得した際に、修士論文としてシアトル・インターナショナル・ディストリクト地区の地域開発について研究。そこで日系アメリカ人の歴史を学ぶこととなり、北米報知出版への入社に繋がった。2017年より現職。

(2021年10月 更新)

identity en ja

片目パイロットが世界一周旅行へ ー 前田伸二さん

自らを「片目のパイロット」と呼び、シアトル地域を拠点に講演活動も行うエアロ・ジパング・プロジェクト代表の前田伸二さんが、5月1日に世界一周飛行へと出発しました。シアトルを発つ直前のインタビューで、このミッションに込めるメッセージを熱く語ってくれました。

* * * * *

片目パイロットの誕生

隻眼という障害を負いつつも、困難を乗り越え夢をかなえてきた、前田伸二さん。目標に向かって進むことの素晴らしさを若者へ伝えるため立ち上げた非営利団体、エアロ・ジパング・プロジェクトを通し、活動を続けている。

シアトル地域で学ぶ日本人留学生への講義をきっかけに多くの講演依頼を受けるようになり、シアトルの日本語教育機関から日…

続きを読む

community ja

シアトル短歌会100周年を経て知る、シアトル日本文学の歴史

シアトル短歌会は、「華陽会」として兵庫県西宮市出身の田中葦城氏を中心に1919年に発足した。シアトルは「文化的移民地」と呼ばれたほど、日系移民による文運があった。1906年、最初の文学グループとなる「沙香会」(俳句)が結成されると、「文学会」(文学、1909年発足)、「コースト会」(短歌、1910年発足)などが次々と誕生。華陽会もその流れで発足した会のひとつのようだ。

夢を描いてアメリカへやって来た青年たちが、移民生活の厳しい現実にさらされる中で、文学に精神的な潤いを求めた。同じ境遇にある若者らが、誰かの寄宿部屋や日本料理屋に集まって文学を論じ合う。やがて『北米時事』(姉妹紙『北米報知』の前身)などの邦字新聞が作品の掲…

続きを読む

community ja

インタビュー:めぐみ保育園園長・鈴木芳美さん

相手の気持ちを思いやったり、年長者を敬ったりという、日本的な常識やマナーが当たり前のこととして身に付くような幼児教育の場を作りたい。

— 鈴木芳美

おじいちゃまおばあちゃまたちに迎えられたシアトル移住

「英語も話せないままシアトルへ来た14歳の私を、日系1世のおじいちゃまおばあちゃまたちが迎え入れてくれたんです」と話すのは、めぐみ保育園園長の鈴木芳美さん。素敵な笑顔でテキパキとインタビューに応える姿からは、大らかな優しさがにじみ出る。

芳美さんは、父親が高校教員を辞めてシアトル日本人バプテスト教会の牧師に就いたことをきっかけに、中学生で母や姉と共に、父に付いてシアトルへ移住した。同教会は189…

続きを読む

food en ja es pt

酒と日本とアメリカと ~月桂冠の歴史を辿って~

正月になると三が日は『まねき』と日光楼では酒肴をととのえ、無料サービスをした。誰彼の区別なくやってくる客に馳走する。わざわざ日本からとり寄せた目の下一尺以上の大鯛を塩焼きにしてテーブルにでんと飾る。故国の味のオセチ料理や支那料理など山海の珍味がずらっとならぶ。それは異国を忘れさせる光景だった。女中さん達にチップを切って三味に「おけさ節」や流行歌をのせる。『日本』が生きている、うき立った料亭の初春だった。

(伊藤一男『北米百年桜』、829ページより)

シアトル日本町の1920年代の活況が目に浮かぶ回想録だ。故郷を遠く離れて重労働に耐えていた日系一世にとって、正月の酒は格別な味だったろう。日本酒のアメリカ輸出は、…

続きを読む

community ja

シアトル「日本町」を知る -戦中・戦後編-

戦前編 >>

シアトルのマイノリティ文化を象徴する場として

シアトル・ダウンタウン南に位置するインターナショナル・ディストリクト。その一角に残る日本町。戦前の最盛期には8,500人程の日系移民がそこに暮らし、ビジネスを営んでいた。しかし、太平洋戦争開戦後の大統領令により、すべての日系住民は強制収容所へ送還された。戦前の日本町を紹介した前回に続き、ここでは戦中から戦後、そして現在に至るまでの日本町の変貌を追う。


日系人強制収容と、残された日本町

2015年12月、ワシントンDCで行われた米国帰化移民らの会合で、オバマ前大統領は「日系移民を強制収容所に監禁したのは米国の最も暗い歴史の一つだ」と挨拶した。75年前の同月…

続きを読む