松村 滋樹 マクシミリアノ

(まつむら・しげき・まくしみりあの)

1942年7月16日鹿児島県枕崎市生まれ。父の転勤で鹿児島県内の各地で過ごす。鹿児島大学農学部専攻科を終了後ブラジル移住を決め、1966年7月末親兄弟の反対を押し切って渡伯。サンパウロ州 リオグランデ・ドスール州で働く。鹿児島県人会や地元文化協会の会員。ブラジル国籍取得。

(2021年9月 更新)

community ja

コロニア語

1966年9月11日の夜、私達を乗せた「さくら丸」はサントス港に碇を降ろした。翌日の朝からざわざわと下船が始まる。荷物下ろしも入国手続きもまったくのろく、私を迎えに来た老いた「パトロン」(雇用主)夫婦は早朝から待っていたそうだが、税関吏が荷物検査を終えて、サントスから奥地に向かったのは薄暗い夕暮れ時だった。

三人が乗った小型のワーゲン車「フスカ」(愛称:カブトムシ)は軽快な空冷エンジンの音を響かせながら、海岸山脈の峠を登った。大分経って、「フスカ」は大都会のサンパウロ市内を横切り、イビウナ郡へ向かう街道に入った。くねくねと曲がった街道は上へ上へと向かっている。途中、小高い丘の上にあるコチアの街の中の「バール」(スナック…

続きを読む

community ja

Nikkei Chronicles #10—Nikkei Generations: Connecting Families & Communities

ブラジル二世第1号の人

珍しく早起きしてソファで血圧を計っていると電話が鳴った。早朝に電話がなるのはお葬式の知らせと決まっているので、恐る恐る受話器を取る。

「オレオレ、まだ寝てた?」

アチバイアに住むさくら丸同船者の三木路生(みちお)さんだった。

「聞いて驚くな!」

人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元気な人が事故か何かで?早く教えて!

向こうもじれったいのか「聞いて驚くなかれ!昨日、珍しい人に会ったよ」と切り出した。

アー、誰も死ななくて良かったと安堵する。

三木さんは続けて、「第1回移民船笠戸丸移民の二世第1号の人だよ」と自慢げな声だ。なんだかんだと説明があって、「君にこの事を新聞に…

続きを読む