Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/masaoka-kathy/

Profile image of Kathy Nishimoto Masaoka

キャシー・ニシモト・マサオカ

(Kathy Nishimoto Masaoka)


キャシー・ニシモト・マサオカは、多文化共生の街ボイルハイツで生まれ育ちました。60年代後半のベトナム戦争とカリフォルニア大学バークレー校でのアジア系アメリカ人研究は、彼女の価値観に大きな影響を与えました。1970年代以降、リトルトーキョーの若者、労働者、住宅問題、日系アメリカ人の補償問題に取り組んできました。現在は日系市民権・補償協会(NCRR)の共同会長を務めており、書籍「NCRR:日系アメリカ人の補償と賠償を求める草の根運動」の編集チームに所属し、映画/カリキュラム「Stand Up for Justice」を通じて収容所についての啓蒙活動に協力し、NCRR 9/11委員会で活動して「Break the Fast」や「Bridging Communities」などのプログラムを通じてアメリカのイスラム教徒コミュニティとの関係構築を支援しました。

彼女はNCRRを代表して日本国内の韓国人やその他の少数民族の権利を支持し、日系進歩派、Vigilant Love、サステイナブル・リトル・トーキョー・プロジェクトに関わり、慰安婦や黒人への賠償、移民の権利、リトル・トーキョーの将来などの問題に取り組んでいます。

彼女はマーク・マサオカと結婚しており、娘のマユミと息子のダン、そして孫のユマ、レオ、キアヌがいる。

2024年2月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 記憶
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
記憶

2024年2月15日 • キャロリー・オカモト , キャシー・ニシモト・マサオカ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

全国各地で記念日のプログラムが開催される中、「追悼」の精神で、ワシントン在住のキャロリー・オカモトとロサンゼルス在住のキャシー・マサオカという 2 人の三世作家による個人的な追悼文を特集します。キャロリーの詩は、侍の娘で農家の妻である祖母の内に秘めた戦士を称えるものです。キャシーのエッセイは、亡き姉のジュディ・ニシモトと、彼女の情熱的で断固とした力強い精神の影響に敬意を表しています。お楽しみください... — トレイシー・カトウ・キリヤマ* * * * * キャロリー・オカ…

Thumbnail for エイミー・ウエマスへのトリビュート:その後 — パート 5
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
エイミー・ウエマスへのトリビュート:その後 — パート 5

2023年10月19日 • キャシー・ニシモト・マサオカ , ニーナ・チェン , ケイコ・イカリ・ミヤ , ジャニス・イワナガ・イェン , レン・タイセ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

偉大なエイミー・ウエマツへの敬意を払い続ける中で、私たちは、先週末、日系アメリカ人博物館で行われたエイミーの生涯を祝う会で、エイミーの友人 5 人 (親友のリン・テイスと、リトル東京のエイミーのクラスの作家 4 人 (女性ワード・ウォリアーズ、ニーナ・チャン、キャシー・マサオカ、ケイコ・ミヤ、ジャニス・イェン)) が発表した特別な共同詩を取り上げたいと考えました。私たちは、エイミーの詩のお気に入りの数行を含む、グループが考えるためのプロンプトと質問を提供し、彼女を称え、祝う…

Thumbnail for エイミー・ウエマツへのトリビュート:その後 — パート 1
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
エイミー・ウエマツへのトリビュート:その後 — パート 1

2023年7月20日 • ケイコ・イカリ・ミヤ , キャシー・ニシモト・マサオカ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

2016年に初めて日経アンカバード詩のコラムをキュレーションするよう依頼されたとき、私が最初に取り上げたいと思ったのは、偉大なエイミー・ウエマツでした。数え切れないほど多くの人々と並んで、私は、長く厳しい癌との闘いの末にエイミーを失ったことに深い悲しみを感じている詩人/作家の一人です。彼女は何年もの間生き延び、毎年詩を携えて現れ、引退後も「教室」を飾って、リトルトーキョーの特別な作家グループを率いていました。2015年にファーストストリートのファーイーストラウンジで始まり、…

Thumbnail for エイミーに借りがある
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
エイミーに借りがある

2021年8月19日 • ニーナ・チェン , ミヤ・イワタキ , キャシー・ニシモト・マサオカ , ケイコ・イカリ・ミヤ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

今月の特集のタイトルを借りると、今月のテーマは、私たちが最も愛する作家の一人、エイミー・ウエマツに敬意を表すことです。エイミーは数十年にわたって執筆と教育に携わり、現在、人生最大の闘いを繰り広げています。コミュニティベースの詩のコラムとは、私たちの詩人の一人の健康増進のために、最高のエネルギーと願いをサポートするプラットフォームでなければ何なのでしょうか。このコラムの連載中、そしてさらに重要なことに、数冊の本に収録されている彼女の素晴らしい作品集を通して、エイミーの詩を目に…

Thumbnail for 母親たち—愛情、失われたもの、そして見つけたもの
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
母親たち—愛情、失われたもの、そして見つけたもの

2017年9月21日 • キャシー・ニシモト・マサオカ , カート・ヨコヤマ=イケダ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

今月は、少し趣向を変えて、長年のコミュニティ オーガナイザーでロサンゼルス出身のキャシー ニシモト マサオカの散文と、ハワイ生まれトーランス育ちの教育者カート ヨコヤマ イケダのスポークン ワード ステージ用の作品を紹介します。2 人とも母親についての作品を送ってくれましたが、私は、彼らの愛情に対する憧れ、発見、そして賛歌を、時を経てどのように表現されたかに関わらず、見つけました。作品を読んで、彼らが母親について、そして愛情を見つけ表現する方法についても、さらに書き続け、探…

Thumbnail for 日系アメリカ人の公民権運動の歴史における転換点:戦時中の民間人の移住と強制収容に関する委員会、通称1981年委員会公聴会
en
ja
es
pt
日系アメリカ人の公民権運動の歴史における転換点:戦時中の民間人の移住と強制収容に関する委員会、通称1981年委員会公聴会

2013年11月18日 • キャシー・ニシモト・マサオカ

1981年、 VC(ビジュアルコミュニケーションズ)とNCRR (当時は全米補償連合)は、第二次世界大戦中に収容所に収容された日系アメリカ人への補償を勝ち取るためのキャンペーンの出来事や活動を記録するため、非常に緊密に協力しました。VCの初期のスタッフの2人、デュアン・クボやスティーブ・タツカワなどは、リトル東京の再開発に反対する闘いに参加し、VCの活動を地域で起きていることと結び付けるのに貢献しました。NCRRの活動的なメンバーでもあった彼らは、VCのボランティアを集めて…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。