Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/liu-kenji/

Profile image of Kenji C. Liu

劉 謙司

(りゅう・けんじ)


劉謙司は『 Map of an Onion』の著者で、2015年ヒラリー・グレイヴンダイク詩賞の全国受賞者です。彼の詩はAmerican Poetry Review、Action Yes! 、Split This Rockの今週の詩シリーズ、いくつかのアンソロジー、2冊のチャップブック『 You Left Without Your Shoes』 (Finishing Line Press、2009年)と『Craters: A Field Guide』 (Goodmorning Menagerie、2017年)に掲載されています。Kundimanフェローであり、VONA/Voices、Djerassi Resident Artist Program、Community of Writersの卒業生で、ロサンゼルスの東に住み、食事をしています。

2017年3月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for ロサンゼルスのリトルトーキョーが芸術と文化を通じて地域主導の復興に取り組む方法
en
ja
es
pt
絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて
ロサンゼルスのリトルトーキョーが芸術と文化を通じて地域主導の復興に取り組む方法

2020年6月10日 • 劉 謙司

ロサンゼルスのリトルトーキョーは 1990 年代にほぼ消滅したと、長年の住民は言うでしょう。 第二次世界大戦中の不当な強制収容による身体的、精神的傷跡は消えることなく残り、市の計画するシビック センター拡張は、歴史あるこの地区の信頼と住民の自治をさらに崩壊させる恐れがありました。部外者主導の政策と再開発による長く不快な歴史に直面し、多くの日系アメリカ人住民がリトルトーキョーから追い出され、戻ってきませんでした。 COVID-19危機は、再びこの地域に壊滅的な打撃を与える恐れ…

Thumbnail for 話し中
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
話し中

2017年3月16日 • マリ・ナカノ , 劉 謙司 , トレイシー・カトウ=キリヤマ

今月は、ニューヨークを拠点とするビジュアルアーティストのマリ・ナカノさんと、ロサンゼルスを拠点とする詩人のケンジ・リウさんを特集します。彼らの作品は言語について語ります。言葉は、新米ママを発明やジェンダーレスな言葉遊びへと導くのです。それぞれの作品には、個人的な挑戦と探究心があふれています。お楽しみください。 —トレイシー・カトウ・キリヤマ* * * * * マリ・ナカノは、日系アメリカ人のデザイナー兼ライターであり、熱心な整理整頓家であり、創造的な問題解決者です。現在はニ…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。