マリ・レスペランス

(Mari L'Esperance)

神戸生まれのマリ・レスペランス氏は、詩人、作家、編集者であり、近年南カリフォルニアに27年ぶりに戻りました。レスペランス氏による詩集、「The Darkened Temple」(2008年ネブラスカ大学)は、Prairie Schooner Book Prizeを受賞し、初期の詩集「Begin Here 」は、Sarasota Poetry Theatre Press Chapbook Prizeを受賞しました。また、トマス・Q・モリン氏と共に編集したフィリップ・リーヴィン名詩選集「Coming Close: Forty Essays on Philip Levine」は、2013年アイオワ大学から出版される予定です。レスペランス氏に関する情報は、こちらからどうぞ。www.marilesperance.com

food en

Nikkei Chronicles #6—Itadakimasu 2!: Another Taste of Nikkei Culture

Calpis, Torikawa, and Yūrei: An Osaka Summer

Memories that inextricably tie together food, family, and childhood can be some of our most lasting and profound. Such memories and related sensations can surface from the depths at the slightest provocation, and via seemingly random sources. Which brings me to the notion that everything truly is connected, and p…

続きを読む

culture en

Nikkei Uncovered: a poetry column

Roots

Happy 2017, everyone! With quite the gripping year behind us, I find myself needing to look ahead from a grounded place and in order to do so, I look to all kinds of conversations and all forms of art. To fill up on inspiration, in the way we filled up on delicious food at my mother’s home on New Years Day,…

続きを読む

identity en ja es pt

どちらでもない:私の愛すべき多民族ボーダーランド

私は、もう何週間もこのエッセイを書く気になりませんでしたが、ディスカバー・ニッケイで同時期に出会った2つの文章がきっかけとなり、書き始めることができました。最初に読んだのは、ニッケイ・ハパ心理学者、スティーブン・マーフィー重松による最新著書「When Half is Whole: Multiethnic Asian American Identities」に対する、ナンシー・マツモト氏の素晴らしい書評(2012年12月26日、英語のみ)でした。次に読んだのは、ロサンゼルス在住のフード・ライターであり、蕎麦職人・仕出し屋、そして「Common Grains」発起人の酒井園子氏によるエッセイ(英語のみ)でした。

マツモト氏…

続きを読む