Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/lawrence-matsuda/

Profile image of Lawrence Matsuda

ローレンス・マツダ

(Lawrence Matsuda)


ローレンス・マツダは第二次世界大戦中にアイダホ州ミニドカの強制収容所で生まれました。ワシントン大学で教育学の博士号を取得しました。詩集を 2 冊出版しています。A Cold Wind from Idaho (Black Lawrence Press、2010 年) とGlimpses of a Forever Foreigner (CreateSpace、2014 年) です。後者は、マツダとアーティストのロジャー・シモムラのコラボレーションで、シモムラは 17 枚のオリジナルスケッチを寄稿しました。2015 年には、アーティストのマット・ササキとコラボレーションして、2 冊のグラフィック ノベルを制作しました。An American Hero: Shiro Kashino (第 2 章は地域エミー賞 2 部門にノミネートされ、最優秀編集賞を受賞) とFighting for America: Nisei Soldiers です。翌年、テス・ギャラガーと共同でBoogie Woogie Crisscross (MadHat Press) を制作しました。これは、3 年間にわたって交換した電子メールから生まれた詩集です。(画像提供: アルフレド・アレギン)

2017年10月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 噛む
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
噛む

2017年10月19日 • カズミ・チン , ローレンス・マツダ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

2017 年も最後の四半期に突入しましたが、私は秋に「ゆっくり」と入っていくのではなく、秋を味わいたいと思いました。灰や煤、不安が周囲に漂う中、空気は何か元気があるのか​​も。いずれにせよ、今は気だるいときではなく、少し型破りなことをする時かもしれません。エルセリート在住の詩人カズミ・チンと、第二次世界大戦中にアイダホ州ミニドカの強制収容所で生まれた作家ローレンス・マツダによるこの 2 つの作品は、この季節に私たちが歩みを進めるにあたり、独自の刺激を与えてくれます…お楽しみ…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。