今野 裕子

(こんの・ゆうこ)

亜細亜大学国際関係学部多文化コミュニケーション学科講師。南カリフォルニア大学から歴史学の修士及び博士号を取得。専門はアジア系アメリカ人史で、特に北米の日本人移民史を研究している。著書として、2012年ルーシー・チェン賞を受賞した Amerasia Journal 掲載のエッセイ "Localism and Japanese Emigration at the Turn of the Twentieth Century" などがある。

(2021年6月 更新)

community ja

書評:和泉真澄『日系カナダ人の移動と運動―知られざる日本人の越境生活史』

2014年公開の日本映画『バンクーバーの朝日』は、第二次世界大戦前に実在した伝説の日系カナダ人野球チーム「朝日」の活躍を描いた作品である。新進気鋭の若手監督と豪華キャストを揃えたエンターテイメント性の高い同作品は、史実とフィクションを巧みに織り交ぜつつ、戦前のバンクーバー日系コミュニティの諸相や白人社会からの差別の有様を21世紀の現代に生きる観客にもわかりやすく伝えている。

日系カナダ人・日系アメリカ人の歴史を専門とする和泉真澄による本書『日系カナダ人の移動と運動』は、最新の研究動向を踏まえ、史料を批判的に検証した極めて学術性の高い1冊でありながらも、随所に書き方の工夫が見られ、カナダの歴史に精通していないような読…

続きを読む