Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/ito-lauren/

Profile image of Lauren Emiko Ito

ローレン・エミコ・イトウ

(Lauren Emiko Ito)


ローレン・エミコ・イトウは、シアトル郊外の島出身の五世(日系アメリカ人5世)の詩人、パフォーマー、コミュニティの職人です。彼女の執筆活動とコミュニティの組織活動は、アイデンティティ、継承、そして故郷における選択と強制の緊張関係を探求しています。ローレンの作品は、シアトル・タイムズ、日系アメリカ人市民連盟、全米日系人歴史協会、Civil Liberties United Anthology で取り上げられ、ミッション・アーツ・パフォーマンス・プロジェクト、 Then They Came for Me展、ザ・ビート・ミュージアムなど、さまざまなパフォーマンス会場でも取り上げられています。彼女の最新の出版作品は、サンフランシスコの桂冠詩人キム・シュックのアンソロジー、 The City is Already Speakingに掲載されています。彼女はサンフランシスコに住んでおり、ほとんどいつも海辺にいます。彼女の作品は、Instagram @Lauren.Itoでフォローできます。

2019年8月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 体
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム

2019年8月15日 • グリール・ナカデガワ=リー , ローレン・エミコ・イトウ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

記憶、観察、精神はどのようにして私たちの体を通して紙に伝わるのでしょうか? 詩は、私たちの体のどこに記憶という贈り物と重荷があるのか​​、どのように明らかにするのでしょうか?みなさん、8月が始まりました。「日系アンカバード」に2人の若くて美しい声をお届けできることを嬉しく思います。今月は、オークランド出身の延世大学の10代のグリア・ナカデガワ・リーさんと、シアトルを経てサンフランシスコを拠点とするゴセイ・ローレン・イトウさんです。表面的には、彼らの詩はアイデンティティや家族…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。