エリエテ・セツコ・シマブクロ・タケダ

(Heriete Setsuko Shimabukuro Takeda)

現在61歳。生まれも育ちもサンパウロ市で、祖先は沖縄県人。結婚し2児の母。退職後、文章を書いて昔を思い出したり、視野を広げたりしている。

(2018年10月 更新)

identity en ja es pt

ニッケイ物語 7—ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

世界を駆け巡りながら

「折り紙はコミュニケーションと表現の手段であり、世代を超え各国の人々を一つに結び付ける世界共通の言語でもある」 —カネガエ・マリ トシは紙の鳥に乗ってブラジルに来た。 遠いブラジルのロンドリーナ市で生まれた孫娘のマリが日本を訪ねてきたとき、トシおばあちゃんは言葉ではなく、ほかの方法でこの小さな女の子とコミュニケーションをとった。トシはツルを折ったのだ。トシは、そのとき生まれた絆が、時と海を越えるとは思ってもみなかっただろう。 20年以上経ち、マリは芸術家になったが、おばあちゃんとのエピソードは覚えていなかった。しかし、培ってきた長い折り紙の経験を何かに役立てたいと思うようになった。折り紙を通して人と人をつなぐため、日本で折り紙の技術を極めようと決めた。「ツル」の里帰りだ。 遥々やってきた日本で、折紙界の至宝、河合豊彰と巡り会った。一年間、弟子として折り紙の微妙さや折り紙作家について学んだ。「折り紙作家は対象物を良く見て、その環境、特に自然などを観察し、その上で紙を使って表現しなければならないと学びました」。 ブラジルへ帰国後も、マリは何度か日本へ戻り、他の折り紙作家を訪ねた。以来、日本への行き来はずっと続いている。今でもブラジル人のグループを日本へ連れ、折り紙の世界を紹介している。「ツル」は決してじっとしていない。「いつも教わったり、教えたり、教わ…

続きを読む

food pt

ニッケイ物語 6—いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

Sopa de couve

Quando Geró foi contratada para cozinhar para a minha família não fazia idéia da revolução que iria  causar nas nossas vidas. Mineira, cozinheira de “mão cheia” (como ela mesma se apresentou), chegou com planos de agradar a todos com suas receitas maravilhosas. Deparou-se com minha mãe, que era quase despudorada quando o assunto era determinar  cardápios. A situação merece um breve histórico. Éramos nove, então. Pai, mãe, seis filhas e um ajudante bem forte. Mais do…

続きを読む

identity en ja es pt

ニッケイ物語 5—ニッケイ語:家族、コミュニティ、文化の言葉

ガイジン

学校の休暇中、私は友人のエミリアをサントスの祖母の家に招待しました。私と違いエミリアは日本語が話せるので、祖母とどんな話をするのか楽しみでした。 しかし、祖母と話し始めると、エミリアは私を呼んで「おばあちゃんの言っていることが分からない!」といきなり叫びました。 「えっ!?日本語を話すって言ってたでしょう?」 「えぇ、言ってたよ。でも、おばあちゃんの日本語は全然分からないよ!」 後で分かったのですが、おばあちゃんは標準語ではなく沖縄の方言「ウチナーグチ」で話していたのです。そのとき、私は日本語も知らなければ「ウチナーグチ」も知らないのだと改めて思い知らされました。 今まで「ガイジン(非日系人)」と「日本人」とを区別していたのですが、それからは「ナイチ(エミリアのように本州の人の子孫)」と「ウチナーンチュ(沖縄人)」を見分けなければならなくなりました。 私のストーリーはありふれた平凡な話です。私が生まれた頃、父方の祖父母はすでに他界していて、小さい頃はふたりとも「仏壇」の中に住んでいると思っていました。一方、母方の祖父母はサントスに暮らしていました。 両親は標準語の日本語を理解していましたが、夫婦間では沖縄方言、娘たちとはポルトガル語を話すといったように使い分けていました。計算するときは日本語、子供たちを叱るときはウチナーグチ、「スグラリンード!ヤナ・ワラバタ」。…

続きを読む