Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/hasegawa-laura/

Profile image of Laura Honda-Hasegawa

ラウラ・ホンダ=ハセガワ

(Laura Honda-Hasegawa)

@laurahh

1947年サンパウロ生まれ。2009年まで教育の分野に携わる。以後、執筆活動に専念。エッセイ、短編小説、小説などを日系人の視点から描く。

子どものころ、母親が話してくれた日本の童話、中学生のころ読んだ「少女クラブ」、小津監督の数々の映画を見て、日本文化への憧れを育んだ。

(2023年5月 更新)


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 第三十九話(後編) 日本がわたしにくれた物
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十九話(後編) 日本がわたしにくれた物

2022年1月17日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

前編を読む >> その日の午後6時頃に、スミエのお母さんは仕事から戻った。「ただいま!ねぇ、どんなもの買ってきたの?今のベビー服ってカワイイでしょう?」と言いながら、急いでスーパーの買い物をキッチンに置きに行った。 しかし返事がなかった。二階に上がると、スミエがベッドで気を失って倒れていた。 翌日、スミエは病室で目覚めた。お母さんの顔を見ると「ここはどこ?何があったの?」と、不安そうに尋ねた。スミエは気分が悪くなり、横になったところまでしか覚えていなかった。 母親は…

Thumbnail for 第三十九話(前編) 日本がわたしにくれた物
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十九話(前編) 日本がわたしにくれた物

2021年9月20日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

マルコのお父さんは最愛の妻を病気で亡くしたため、一人息子を両親に預け、サンパウロへ出稼ぎに行った。3年たって、ようやく仕事も住まいも安定したので、息子のマルコを呼び寄せた。 マルコは11歳、大好きなパパー1と一緒に暮らすのが夢の夢だった! 毎朝早起きして、お父さんは仕事へ、マルコは学校へと、楽しい日々の繰り返しだった。なかでも、マルコの一番の楽しみは、週末に、お父さんの仕事場を訪ねることだった。 場所は「サンパウロの東洋人街」として知られるリベルダーデ区の中心街にあっ…

Thumbnail for 第三十八話 わたしの大好きなファミリー
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十八話 わたしの大好きなファミリー

2021年7月30日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

わたしの名前はミツノ、11歳の女の子です。パパは日系ペルー人で、ママは日系ブラジル人です。わたしは日本で生まれて、ママが大好きなおばあちゃんの名前「光乃」を付けてもらいました。 ママは21歳のとき、2歳のお姉ちゃんのモニカをブラジルの光乃おばあちゃんに預けて、お姉ちゃんのパパのリカルドさんと日本へ来ました。でも、リカルドさんは日本の生活に慣れずに、半年も経たないうちにブラジルへ戻ってしまいました。 ママはパン屋さんで1年ほど働いてからブラジルへ戻って、リカルドさんと話し…

Thumbnail for 第三十七話 コロナなんかに負けるもんか!
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十七話 コロナなんかに負けるもんか!

2021年4月1日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

1998年、僕は5歳のとき、両親に連れられて日本へ行きました。それまで父は薬局に勤め、母はスーパーで働いていました。しかし、生活がぎりぎりだったので、もっと安定した暮らしを送るために日本へ出稼ぎに行くことを決めました。 最初、ふたりは同じ工場で働いていましたが、日系人で日本語が話せた父は、本社へ移動させられました。まもなくして、母は工場を辞め、ブラジル製品を扱う店で働くようになりました。 僕は、保育園から中学校を卒業するまで日本に居ました。振り返って見ると、人生で一番楽…

Thumbnail for 第三十六話 マサトシの再出発
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十六話 マサトシの再出発

2021年2月22日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

マサトシとロザナは幼なじみだった。学校の宿題をする時も遊ぶ時もいつも一緒だった。しかし、中学校を終えると、ロザナは伯母さんの美容室で働くためにサンパウロへ行ってしまった。それっきり2人の連絡は途絶えてしまったた。 それから7年経ち、マサトシは大学に進学した。しかし、学費が払えなくなったため、日本へ働きに出た。ある日、ブラジル料理店でフェイジョアーダ1と山盛りのファロファ2を食べていたときだった。 「ひょっとして、マッサ!久しぶり!」と、女性が近寄って来た。 金髪ヘアー…

Thumbnail for 第三十五話 ようやく、にっぽん! 
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十五話 ようやく、にっぽん! 

2020年12月18日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

両親が出会ったのは24年前。9歳のときから家族と日本で暮らしていた母は、親戚の結婚式に出席するためにブラジルに戻ってきていました。父は、新郎の親友で、めったに着ないスーツ姿で式に参加していました。 ふたりとも一目ぼれだったかどうかは、はっきりとは分かりません。「パッと見たときの印象がとても良かったのよ」と、母が照れて言うと、父は「着ていたキラキラのスーツのせいかもな」と。 当時、母は20歳。横浜のデパートの化粧品売り場で働いていて、いろいろ習い事をしていました。26歳の…

Thumbnail for 第三十四話 コロナによる突然の帰国
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十四話 コロナによる突然の帰国

2020年9月4日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

日本へ行ったのは1997年。姉は26歳、わたしは18歳でした。姉のご主人のマサオさんは半年前から豊橋市の工場で働いていたので、私たちはバラバラにならないように同じ町で仕事を探し、ようやく姉はパン屋、わたしはブラジルの商品を扱う店で働くことになりました。 月日が経ち、2008年に姉夫婦は2人の子供を連れてブラジルへ戻りました。その頃、両親はサンパウロ郊外に住んでいましたが、5年後に父が亡くなり、母は姉の家族と暮らすようになりました。 姉たちは大きな二階建ての家を手に入れ、…

Thumbnail for パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その2
en
ja
es
pt
絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて
パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その2

2020年7月22日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

その1を読む >> 懐かしい日本の歌との再会 ステイホーム中、友人と日本のテレビ番組や日本の歌謡曲のビデオなどのやり取りを良くするようになりました。私のスマートフォンに届いた最初の動画は「上を向いて歩こう」でした。私は坂本九の歌声を聴き、とても懐かしく感じました。なぜなら、この歌は私が2001年から2007年まで司会を続けたラジオ番組のテーマソングだったからです。毎朝、あの美しいメロディと歌詞をバックに「オハヨウ・ボンディア」と、視聴者に挨拶をし、数々の日本の歌を紹介し…

Thumbnail for パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その1
en
ja
es
pt
絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて
パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その1

2020年7月21日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

ロンドリーナでの新しい生活 生まれ育ったサンパウロを離れ、パラナ州ロンドリーナ市へ移る決心をしたのはちょうど1年前でした。退職して19年が経ち、私ももう73歳。いろいろと考えた結果でした。 ロンドリーナに引っ越すことにした理由は、私のルーツが辿れる場所だからです。ここには母方の祖父が汗を流して作り上げた農園が「Jardim Honda」という都市区画になって残っていますし、母が青春を過ごし、結婚後両親が暮らし始めた町でもあります。親戚は少ないのですが、母方の叔父の奥さん…

Thumbnail for 第三十三話 「カレンが日本へ戻らないって」
en
ja
es
pt
デカセギ・ストーリー
第三十三話 「カレンが日本へ戻らないって」

2019年8月30日 • ラウラ・ホンダ=ハセガワ

高校生だったトシエは、同級生のイヴァンと結婚し、その5ヶ月後に双子の赤ちゃんを産んだ。当時19才だったイヴァンは大学進学を諦め、スーパーのレジ係、自動車部品店店員、タクシードライバーなど、職を転々とした。しかし、家計は苦しく、家族を残して日本へ出稼ぎに行った。 双子のカレンとカリナはすくすくと育ち、3才になった。家族全員で一緒に暮らすため、子供を連れトシエも日本へ行くことにした。今まで一度も働いたことがなかったトシエだったが、夫と同じ工場で働くことになった。自分たちが働い…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。