Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/beyer-tamiko/

Profile image of Tamiko Beyer

タミコ・べイアー

(Tamiko Beyer)


タミコ・ベイヤー(彼女/彼女)は、キネレス・ゲンスラー賞を受賞した詩集『 Last Days』 (アリス・ジェームズ・ブックス)と『 We Come Elemental』 (アリス・ジェームズ・ブックス)、チャップブック『Dovetail 』(キミコ・ハーンとの共著、スレイパリング・ホル・プレス)と『 Bough breaks 』(メリテージ・プレス)の著者です。彼女の詩と記事は、デンバー・クォータリー、アイダホ・レビュー、デュシー、ブラック・ウォリアー・レビュー、ジョージア・レビュー、リット・ハブランパスなど、幅広く出版されています。PENアメリカとアストレア・レズビアン作家基金から賞を、クンディマン、ヘッジブルック、VONAなどからフェローシップとレジデンシーを受賞しています。彼女は、目覚めた人生を送り、変化を形作るための月刊ニュースレター『 Starlight and Strategy』を発行しています。彼女はクィアで、多民族(日本人と白人)のシスジェンダーの女性であり、フェムであり、マサチューセッツ州、ワンパノアグ族、ポータケットの土地に住み、執筆活動を行っています。社会正義コミュニケーションのライター兼ストラテジストである彼女は、権力に真実を伝える執筆活動に日々取り組んでいます。詳細はtamikobeyer.comをご覧ください。

2021年10月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 秋
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム

2021年10月21日 • タミコ・べイアー , トレイシー・カトウ=キリヤマ

マサチューセッツ州ドーチェスター在住の詩人タミコ・ベイヤーを最後に特集したのは 2017 年の春でした。そこで、彼女の素晴らしい作品で秋の到来を告げるお手伝いをしてくれる彼女を迎えることができてうれしいと思いました。彼女の著書「Last Days 」から選んだ作品は、私が大好きな鋭い切れ味があり、各行が次の行に切り込み、怒り、恥、そしてその間の沈黙と向き合うよう私たちを誘います。この季節とタミコの作品がもたらす変化に私を目覚めさせる鋭さがあります。お楽しみください... —…

Thumbnail for 春へ
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
春へ

2017年5月18日 • ブリン・サイトウ , タミコ・べイアー , トレイシー・カトウ=キリヤマ

春の最後の瞬間に、私たちは反省と前進の両方のための余裕を作ります。今月のゲスト詩人たちに、反省、前向きな姿勢、前進、出発、飛躍など、喜びや憤り、あるいはその中間の感情など、幅広い「春」のテーマについて詩をシェアしてもらいました。サンフランシスコを拠点とする教授のブリン・サイトーと、マサチューセッツ州ドーチェスターを拠点とする作家兼戦略家のタミコ・ベイヤーによる素晴らしい詩のラッシュで、この移行期の終わりを祝うことができてうれしく思います。お楽しみください。 —トレイシー・カ…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。