Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/6/20/nikkei-uncovered-91/

燃焼

日々の忙しさや争いがあまりにも簡単に溢れかえる中で、皆様がお元気で、休息と活力を取り戻せることを願っています。私は、世界における私たちのより大きな仕事のための慰めと希望の火として、詩を提供できることを常にありがたく思っています。今月ももちろん例外ではありません。コミュニティ ヘルス プラクティショナーでありクリエイティブでもある素晴らしいマリコ ルークスの「時間の発がん性の洞窟」と「 ...戦争とタバコ...」についての詩をご紹介します。この詩は、私たちを記憶の残骸の中へと導き、息を吸うように促します...

— トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

マリコ・フジモト・ルークス(they/she)は、コミュニティの公衆衛生実践者であり、抑圧やトラウマに直面した際に、アートやコミュニティのストーリーテリングがどのように癒しの形として機能するかを探求しています。彼女の詩は、 The Water Behind Us (Porchwater Press、2023年)、 Letters to Home:LGBTQ+日系人とその仲間によるアートと執筆(Okaeri、2024年)、Discover Nikkei(2021年)、Mixed Life Magazine(2020年)に掲載されています。彼女はまた、イェール大学のアジア系アメリカ人スポークンワードグループJookSongsの卒業生でもあります。マリコは、執筆活動をしていないときは、ファンダンオボンや日本民謡研究会で日本の伝統的な民謡を練習し、キンナラ太鼓でドラムを演奏し、リトル東京タワーズとリトル東京タワーズコミュニティ財団の理事を務めています。

 

(味は)ラッキーストライク1

1つ。

青緑色の壁に囲まれた、
白人(コートを着た)男性がタバコの処方箋を渡す
祖母の目尻のくぼんだところに。
「悲しみを和らげるために、
「赤ちゃんが生まれた後も」と彼は言う。

アメリカは約束している
ラクダは、女性らしさと同じように、喉に優しいものであるべきです。
パル・マルスは良き妻たちと同様、あまりイライラさせません。
マルボロは、爆撃された故郷の灰のように、幸せなときに吸うのが最高だ。2

彼女は座る、新しい息子
軍のパリッとした病院のシーツに垂直に、
細長い白い円筒が彼女の唇にそっと当てられた
産後の必死の祈りに代わるものは彼女だけ
呼吸に苦しむ彼
(彼はまだ知っているのだろうか?黒人として、彼は常に呼吸に苦労することになるだろうということを?)

穏やかさと味、戦争とタバコ:
どちらも喉が詰まる原因になります
変形した残骸にDNAを転移させる
細胞記憶を発がん性の洞窟に作り変える
何もなくなるまで、あなた以外に攻撃するものは何も残りません。

二。
叔父の長い脚が
高校の体育館の壁の粗く剥がれたペンキを背景に、
細い指がドラムメジャーのメイスをどんどん速く回す。
燃え尽きるまで燃え続ける
タバコを吸うたびに最後には消される。
灰の中で:
入れ歯が母親の隣の電気水に浮かんでいた。
薄い綿が彼の震える脊椎をなぞり、解放する
彼の最後のドラッグ
鼻の下のプラスチックチューブに
失敗した吐息の最後の分子を優しく集める。

三つ。
私の最初の記憶は、祖母のすでに閉じられた目に棺桶をかぶせたことだ。
最後に12月の寒い墓地を歩く
どの足音が叔父の骨に響くのだろうか。
私はどちらにもこのことを伝える機会を逃しましたが、
この墓地にいる唯一のホモは私だ。
コロラドの空気が吐き出されるたびに灰色の結露が渦巻く
遺灰を別の骨壷に移す
タバコは必要ありません
これまで存在したすべてのものと対立して燃える
たとえそれが私を殺したとしても。

ノート:

1. クィアシンガーのトロイ・シヴァンの「Lucky Strikes」を見る

2. 1950 年代のさまざまなタバコの広告をご覧ください。

*この詩の著作権はマリコ・フジモト・ルークス(2024)が所有しています。

 

© 2024 Mariko Fujimoto Rooks

ディスカバー・ニッケイ 家族 アイデンティティ 文学 記憶 ニッケイを見いだす(シリーズ)
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

マリコ・フジモト・ルークス(they/she)は、コミュニティの公衆衛生実践者であり、抑圧やトラウマに直面した際に、アートやコミュニティのストーリーテリングがどのように癒しの形として機能するかを研究しています。彼女の詩は、 The Water Behind Us (Porchwater Press、2023年)、 Letters to Home: Art & Writing by LGBTQ+ Nikkei and Allies (Okaeri、2024年)、Discover Nikkei(2021年)、Mixed Life Magazine(2020年)に掲載されています。また、イェール大学のアジア系アメリカ人スポークンワードグループJookSongsの卒業生でもあります。執筆活動をしていないときは、ファンダンオボンや日本民謡研究会で日本の伝統的な民謡を練習したり、キンナラ太鼓でドラムを演奏したり、リトル東京タワーズとリトル東京タワーズコミュニティ財団の理事を務めています。

2024年6月更新


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。