Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/6/12/how-congress-killed-the-kiln/

議会は窯を破壊したが、芸術家は殺さなかった ― ミニー・ネゴロとハートマウンテン陶器工場

議会と日系アメリカ人の強制収容に関する私の継続的な調査の一環として、私は議会が米国陸軍と戦時移住局の日系アメリカ人に対する政策に影響を与えるために使用した圧力戦術の例をいくつか発見しました。おそらく最も有名な例は、下院非米活動委員会による WRA とディロン・マイヤーに対する一連の調査です。他のケースでは、議会議員が有権者の苦情に対応するために法案を提案しました。

法案が成立するのに十分な票数を獲得できるかどうかに関わらず、議員たちはメディアの注目を集め、有権者の不満に応えるために提案書を提出した。ある特異なケースでは、1943 年にアメリカの陶芸組合数団体が、日系アメリカ人が収容所で陶器を作ることを禁止する法律を可決するよう議会の議員に要請した。

物語はハートマウンテン強制収容所で始まります。そこで陶芸の名手で美術教師のダニエル・ローズが WRA に収容所に陶芸窯を購入するよう提案しました。アイオワ州出身の熟練した画家であるローズは、アルフレッド大学ニューヨーク州立陶芸学部で美術学修士号を取得した最初の卒業生の一人でした。

1942 年、ニューヨークのグリデン ポッタリーで働いた後、ローズは陶芸のインストラクターとして戦時移住局に加わり、戦時移住局はローズをハート マウンテンに派遣して陶芸を教えさせました。ローズは、かつては若者に工業技術を訓練するニューディール政策のプログラムである国立青年局が所有していた余剰工業窯をニューヨーク州ソルベイから購入するよう戦時移住局を説得しました。

ワイオミング州ハートマウンテンにあるハートマウンテン移住センター。西海岸防衛地域から日系人が避難する前はロサンゼルスのカリフォルニア大学で美術を学んでいたミニー・ネゴロさんは、ハートマウンテン移住センター陶芸工場でろくろ細工の技術を学んでいる。この工場では、この移住センターや他の移住センターで使われる食器やその他の陶器製品が作られる予定だ。写真はウィキメディア・コモンズ提供

ローズ氏によると、この窯は収容者たちに陶器の作り方を教え、収容所外での就職に備えさせるとともに、収容所 10 か所に十分な量の陶器を WRA に供給するのに役立つという。100 人の従業員を抱える陶器工場では、1 週間に 6,000 個の食器を生産できる。

1942 年 11 月 7 日、ハート マウンテン センチネル紙は、収容所がローズの計画に基づいて陶器製造プロジェクトを立ち上げる予定であると報じました。収容所は、WRA のすべての収容所に陶器を生産する窯をいくつか取得する予定でした。マンザナーの迷彩ネット工場やアマチの模型船工場などの他の労働プロジェクトと同様に、ハート マウンテン陶器プロジェクトは、陶器製造に関して米国軍と契約を結び、5 か月以内に生産のピークに達すると予想されていました。

しかし、窯の購入は、全米の陶工から前例のない騒動を引き起こした。当初から、陶器会社はキャンプ陶器工場の設立に抗議していた。プログラムが発表される前から、ハート マウンテン センチネル紙は、WRA の役員がオハイオ州イースト リバプールの National Brotherhood of Operative Potters と協議したと報じていた。オハイオ州イースト リバプールは、米国の陶器生産の中心地と考えられており、National Brotherhood of Operative Potters や、イースト リバプール ポタリー、ホール チャイナ カンパニーなど、いくつかの大手陶器および陶磁器メーカーの本拠地であった。

それにもかかわらず、いくつかの陶芸団体は、ハートマウンテン窯の閉鎖を求め、「日本人」に現代の工業技術を使った陶芸の作り方を学ばせることは「国内」の食器市場を弱体化させると主張した。日系アメリカ人は日本の陶芸業界とは何のつながりもなかったし、アメリカ人として国内市場の一部でもあったわけでもないのに。

この話が初めて報道され、ニューヨーク州のバッファロー陶器社の代表者がニューヨークの代表者ジョン・C・バトラーに苦情を申し立てたとき、戦時移住局はバトラーに対し、収容所で生産された陶器はどれも鉄条網の外には出さないと保証した。1943 年 1 月 1 日、ハート マウンテン センチネル紙は、もう 1 つの窯の開設が予定されていると報じた。コロラド州のデンバー ファイア クレイ社から購入した新しい窯は石油で燃焼し、華氏 2400 度まで温度を上げることができ、陶器工場の生産能力を拡大することになる。

ハートマウンテン窯の拡張が発表されたことで、複数の陶器会社からさらに大きな外国人排斥の波が巻き起こった。全米陶工同胞団は、ハートマウンテンの日系アメリカ人が政府資金で購入した窯を使って陶器を製造していることを知り、ニュースレターで騒動を巻き起こした。同胞団のメンバーは同胞団長のジェームズ・ダフィーに報告し、ダフィーは支持者の苦情をアール・ルイス下院議員に伝えた。

ルイスは同胞団の理念に共感し、政治家として、輸入日本陶器に対する関税引き上げを約束して同胞団の票を獲得した。1936年のオハイオ州18選挙区の議会選挙で、ルイスは「飢餓賃金」で働かされた労働者によって作られていると主張し、日本陶器の輸入を削減することを約束してイーストリバプールの有権者に訴えた。1

2 月 1 日付けの手紙で、ダフィーはルイスに、日系アメリカ人による陶器製造はアメリカ労働総同盟による日本製品に対する継続的なボイコットに反するものである、と書いた。ダフィーはまた、アメリカの陶器産業が「日本製の安価な陶器」のせいで何年も苦しんでいることをルイスに思い出させた。人種差別的な外国人排斥主義と土着主義的な消費主義を組み合わせ、ダフィーはルイスに、この問題を陸軍省と日系アメリカ人の対応を担当する政府機関に持ち込むよう指示した。

1943 年 2 月 9 日、ルイス下院議員は下院軍事委員会に、WRA に「日本人の血を引く者を含む」すべての敵国外国人に陶器製造の中止を義務付けるよう指示する法案、下院決議 79 号を提出しました。2同日、ルイスは下院議場で決議を支持する演説を行いました。演説でルイスは、日系アメリカ人に陶器製造の習得を支援するという戦時移住局の計画は、戦後の白人アメリカ人労働者の雇用を脅かすものであると主張しました。

戦時移住局は、ワイオミング州ハートマウンテン、そしておそらく他の日系人強制収容所に近代的な陶器工場を設立し、そこでは、アメリカ式の方法と設備で陶器を作ることを日本人に教え、帰国した日本人がアメリカ式の方法の技術と知識を既存の日本の陶器産業に加え、さらに戦後の時期に、アメリカ人強制収容所の囚人として得た技術と訓練によって我々の苦難をさらに増やすという計画である。議長、私は、戦時移住局のこの政策は、考え得る限り最も愚かで破滅的な活動であると考えている。3

アール・ランペイジ・ルイス、1920年頃。写真はウィキメディア・コモンズ提供

ルイスは、収容所内での陶器窯の建設を中止するよう戦時移住局に圧力をかけると誓った。(興味深いことに、ルイスとダフィーはともに戦時移住局のセンターを「強制収容所」と呼んでいた。)収容された日系アメリカ人が戦後日本に行く予定だった(多くが日本を訪れたことがないにもかかわらず、ルイスは「帰国」と表現した)というルイスの推測は、彼の発言の外国人排斥的な性質を強調している。

ダフィー氏はウェストバージニア州選出のアンドリュー・シフラー下院議員にも手紙を送り、シフラー下院議員は彼の苦情を陸軍省に転送した。シフラー氏の選挙区には、有名なフィエスタシリーズの食器を製造したホーマー・ラフリン・チャイナ・カンパニーなど、全国的な陶磁器会社もいくつかあった。

シフラーの手紙に応えて、陸軍長官ヘンリー・スティムソンは、収容所の収容者用の食器を製造するための製造プログラムの一環として陶器の生産が許可されているとシフラーに伝えた。スティムソンはシフラーに対し、WRA の活動は「賢明」だと考えていると語った。4

スティムソンが WRA のプロジェクトを支持したにもかかわらず、管理者はハート マウンテンの窯の建設計画を中止した。3 月 13 日、ハート マウンテン センチネル紙は、WRA の職員が「移転に関する WRA の方針変更のため」陶器工場の建設を中止したと報じた。WRA は住民に対し、突然の方針変更の具体的な理由を明らかにしなかったが、ルイスとシフラーによる圧力キャンペーンは、組織の決定に何らかの計算された影響を及ぼしたに違いない。

1 週間後の 1943 年 3 月 19 日、オハイオ州の新聞は、ルイスが WRA から窯プロジェクトが放棄されたという連絡を受けたと報じました。5週間後の 4 月 1 日、アール ルイス下院議員は、戦時移転局がハート マウンテンに残っていた窯設備を売却することを決定したことを全米陶工同胞団のメンバーに伝え、勝利を宣言しました。6

ハートマウンテンの窯の閉鎖により、収容所の収容者たちは収容所のコミュニティのために陶器を作ることができなくなったかもしれないが、陶芸家を目指す日系アメリカ人たちの夢は終わらなかった。おそらくその最たる例は、戦後陶芸家として成功したハートマウンテン収容者のミニー・ネゴロだろう。

1919 年 4 月 27 日にカリフォルニア州モンテベロで生まれたネゴロは、パサデナ シティ カレッジとカリフォルニア大学ロサンゼルス校で美術を学びました。陸軍がネゴロと家族をサンタアニタ拘置所に送るよう命じたとき、彼女はサンタアニタ ペースメーカーの美術教師兼イラストレーターとして働きました。

1995 年 12 月、ネゴロはニュー ロンドン デイ(現在はデイとして知られる) の記者に対し、収容所での体験について次のように語った。「そこは恐ろしい場所でした。監視塔があり、警備員は外に出たり門を越えたりする者を射殺するよう命じられていました。強制収容所でした。私はとにかくそこから逃げ出し、できるだけ西海岸から離れたかったのです。」 7

1942 年秋、陸軍がネゴロをハート マウンテンに転属させたとき、彼女はすぐにダニエル ローズの弟子になりました。ハート マウンテンでは、ミニー ネゴロはローズの指導の下で才能を発揮し、収容所の収容者の勤勉な成功例として、ろくろで作業する彼女の写真を WRA が撮影しました。彼女は、ハート マウンテン周辺の土地で粘土を探すためにローズと何度か旅行したことを思い出しました。

ワイオミング州ハートマウンテンにあるハートマウンテン移住センター。西海岸防衛地域から日系人が避難する前はロサンゼルスのカリフォルニア大学で美術を学んでいたミニー・ネゴロさんは、ハートマウンテン移住センターでろくろの技術を学んでいる。陶芸の専門家で芸術家のダニエル・ローズさんは、陶芸工場での将来の仕事のために、数人の在住学生を指導している。写真はウィキメディア・コモンズ提供

工場は倒産したが、ローズは根来を指導し、最終的に彼女にアルフレッド大学への入学を勧めた。根来は1944年にキャンプを離れ、アルフレッド大学に入学した。1947年、根来は自身がデザインしたティーセットで第12全国陶磁器博覧会でリチャード・ガンプ賞を受賞した。サンフランシスコの裕福な輸入業者にちなんで名付けられたこの賞は、大量生産に最も適した陶器を製作した受賞者を選出する賞であった。

1950 年にアルフレッド大学で文学修士号を取得した後、ネゴロはコネチカット州ウェスタリーに移り、ダンズ コーナーズに陶芸スタジオを開きました。1952 年には、ミスティック川の河口にある島にある小さなコミュニティ、メイソンズ アイランドに移りました。島に小さな家を建て、そこにろくろをいくつか置いて、数十年にわたって陶芸を続けました。

1954年から1965年まで、彼女はロードアイランド・スクール・オブ・デザインとニューヨーク大学で陶芸の講師として働きました。1965年にコネチカット大学の陶芸教授となり、1989年まで24年間教鞭をとりました。

彼女のボウル、花瓶、カップ、釉薬のデザインは広く賞賛され、世界中のいくつかの主要都市で展示され、彼女の陶器はニューヨーク近代美術館、ワシントン D.C. のスミソニアン協会やフリーア美術館など、いくつかの美術館に収蔵されています。美術評論家は彼女の釉薬の細工と独特の陶器のスタイルをしばしば賞賛し、彼女の作品のいくつかは数千ドルの価格で取引されました。彼女は 1998 年 5 月 1 日に亡くなりました。

議会はハートマウンテン窯を廃止したが、ミニー・ネゴロを止めることはできなかった。

ノート:

1. 「仕事を守るために投票しましょう!アール・R・ルイス、共和党下院議員候補」イブニング・ニュース(イースト・リバプール)、1936年10月17日。

2. 下院合同決議第79号、1943年2月9日。記録グループ210、ボックス240、国立公文書館。

3. 「ダフィーが陶器工場の保護を要請」 『ポッターズ・ヘラルド』 1943年2月18日。

4. 「ダフィーが陶器工場の保護を要請」 『ポッターズ・ヘラルド』 1943年2月18日。この記事はルイス、シフラー、スティムソン間の書簡を再掲載したものである。

5. 「日本人収容所の陶器が廃止される。NBOPの抗議を受けてWRAが行動」イブニング・レビュー、1943年3月19日。

6. 「窯、設備を売りに出します。」ザ・ポッターズ・ヘラルド、1943年4月1日。

7. スティーブン・スロスバーグ、「粘土から人生を形作る」ザ・デイ、1995年12月27日。

 

筆者注: コネチカット大学の歴史学教授ハナ・マルヤマとジェイソン・オリバー・チャンは、ベントン博物館でネゴロの経歴に関する展示会を企画しています。ミニー・ネゴロやハートマウンテン陶芸プロジェクトについてさらに情報をお持ちの方は、 hana.maruyama@uconn.eduまでご連絡ください。

 

© 2024 Jonathan van Harmelen

セラミック ハートマウンテン ハートマウンテン強制収容所 陶器 アメリカ合衆国 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所 ワイオミング州
執筆者について

カリフォルニア大学サンタクルーズ校博士課程在籍中。専門は日系アメリカ人の強制収容史。ポモナ・カレッジで歴史学とフランス語を学び文学士(BA)を取得後、ジョージタウン大学で文学修士(MA)を取得し、2015年から2018年まで国立アメリカ歴史博物館にインターンおよび研究者として所属した。連絡先:jvanharm@ucsc.edu

(2020年2月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。