Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/6/11/juan-de-la-fuente-umetsu/

フアン・デ・ラ・フェンテ:梅津と鳥取への帰還

コメント

フアン・デ・ラ・フエンテ・ウメツは日系ペルー人の詩人です。クレジット: ©ペルー日系人協会 APJ 編集基金/ハイメ・タクマ。

あらゆる探索は、特定の道のないナビゲーションであり、目的地として考えているものから私たちをそらす物語、神話、道順の間を絶えず行ったり来たりすることです。ペルー日系人の詩人フアン・デ・ラ・フエンテ・ウメツ(リマ、1963年)にとって、彼の最近の詩的探求は、家族のニッチ、つまり彼の日本起源の出発点、つまり彼と祖父の牧三の姓である。この詩的な賛辞を捧げるのは誰ですか。

ペルー日系人協会(APJ)の編集基金が「著者日系人」シリーズとして2024年4月に出版した彼の詩集のタイトル「梅津」は、亡命したにもかかわらず歴史を再構成した祖先の日本への帰国旅行である。彼を知っていたから。 「この本を書くプロセスは力強いものでした。それは祖父との和解でした…自分自身を許し、そして長年祖父を避けてきた彼を許しました。」

ペルー日系j人協会の編集基金のチームは、そのコレクション「著者日系人」に追加されるこの詩集の作成に非常に貴重な貢献をしました。クレジット: ©ペルー日系人協会 APJ 編集基金/ハイメ・タクマ。

フアンさんによると、母親は牧蔵さんの肖像画を家に置いていて、ある人が家に来てそれを見たとき、自分も「私たち全員を見た」ようだったという。 「ある時点で、私はそれを見たくなくなりました」と彼は付け加えた。 「母、コンスエロ・ウメツは東洋の考え方で私を育ててくれました。それが私の遺伝子に組み込まれているものです。私は母にたくさんの恩義があります。でも、私は祖父のことをあまり知りませんでした。日本のウメツの親戚も知りませんでした。 「私の兄は旅行して、牧造の最後の弟に会いました」とフアンは言い、極東出身の親戚に同様の身体的特徴が見つかるのは必然だったと明かした。

本の由来

1985年、エラドゥラ海を眺めながら、フアンは、1909年にペルーに到着し、1938年に母国に戻り、妻のアマリアと4人の子供を残して二度と戻らなかった親戚のことを暗示する最初の詩を書いたことを思い出した。

「到着する人は永遠ではない/なぜ来たのかわからない人/船を降りた人/女性を探して港を旅した/そしてどの部屋でも眠ってしまった/船を失った人」永遠です/彼は女性と一緒に残されました/そして彼はなぜ自分が来たのかを理解しています。」

時が経ち、2010 年、同じ海を見つめて彼は次のように書きました。

"一緒に行く。 / 水のフィラメントを持って私たちは出発します / 心から木とロープが生える森を予感させます / 私たちは武器を持たずに出発します / ある意味、それは私たちの旅に違いありません。 / ここから動かずに私たちは去ります / 信じることをやめた海によって隔てられています。 / 私たちは夜と昼を(同時に)一緒に行きます。 / 見えないところで目を開けている私。 /目を閉じたあなたは、すべてを包み込んでいます。」

「その後、私は沈黙を保っていました」と彼は著書の発表会で語った。「2017年、ペルーでの日系人としての経験についてインタビューを受けた後、同じだが違う海の前で再び書いた」 : 1

1909 年 6 月 8 日、神戸港

時間に直面した少年は海になることを決意し、それを後悔する。

 

/梅津牧造との未来からの初対談/

 

砂丘の間に閉じ込められたキャンバスのような海

それは時間の始まりを示します。

現実が止まってしまいそうだ

あなたの瞳に向かって宙返りして、

彼らは何も見ていない

そして、それらにはすべてが含まれています、坊や。

港の影の下で体が成長するのはなんと早いことでしょう。

現実が止まってしまいそうだ

しかし、彼は船に向かって進み続けます。

砂が水よりも強力かどうかはわかりません

あるいはサンゴ礁が太陽よりも高く飛んでいるとしたら

彼が砂漠に突入したとき。

動かずに。

あなたの体は米粒のように震える

風に巻き込まれた。

「怖いけど毅然として、

世界が始まる坂道を登って、

古い自由を手放してください

そしてこの新しい自由を受け取りましょう。

根が船窓から侵入してきます

そしてそこから彼らは水にしがみつくでしょう。

「歴史や出来事を超えて、祖父とのこの関係が本質的に詩によってどのように支えられてきたのかを説明しようとしています」と詩人は詳しく説明する。 「1985年に書いた少年から、ある日彼と対面するのを見つけ、彼と向き合うことを決心した大人の間で、多くの出来事が起こった。神聖ともいえる秘密の説明不能な誇りから、出自の否定に至るまで、それは当然のことだ」あなたにとっては自己否定です。しかし何かは変わらず、空虚、沈黙、そして傷がひとつの体に融合した。」

本書で追悼の意を表している詩人の祖父、梅津牧造の著書『梅津』の内部写真。クレジット: ©ペルー日系人協会 APJ 編集基金/ハイメ・タクマ。


記憶と帰還

ウメツの文章は詩人にとって、未完の逸話、一言、直観、失われたり現れたりする写真、物体(和時計、テーブル、花瓶、手紙)、そして他のインタビューですでに覚えていた動悸に満ちた幼少期の記憶への回帰を意味していた。 , 2この短い本まで確信があったのが疑惑に変わったとき。

1999 年から 2017 年にかけて 5 冊の詩集を出版し、日本人が俳句と瞑想の精神で表現したさまざまな詩集に登場した詩人、フアン・デ・ラ・フエンテは、それが何なのかわからないものをどうやって解決しますか?詩。 3

「出版するときは、旅行に行って新しい場所にいるような気分になります。まるで魔法のような出会いの中で家族や友人が現れ、登場人物たちに会うために舞台の照明を点けたようなものです」と作家兼コミュニケーターは言います。これらの会合の 1 つは、彼の甥のフアン・マヌエルが鳥取のウメツ家と直接行った会合でした。

『梅津』の表紙。アートはエドゥアルド・トケシ、カバーデザインはジョニー・ガルシア・フローレス、写真はハイメ・タクマが担当しています。クレジット: © ペルー日系人協会 APJ 編集基金/ハイメ・タクマ。

もう一つの出会いは、この本の表紙とイラストをデザインし、プロローグにも次のように書いたアーティスト、エドゥアルド・トケシとの出会いでした。

「私たちは、陰謀を解決し、秘密の歴史を癒し、沈黙の中に植え付けられた痛みを和らげてくれる詩を何度望んでいるだろうか?言語が私たちを救い、時間厳守の幽霊と私たちを和解させる可能性はあるでしょうか?フアン・デ・ラ・フエンテ・ウメツは詩によって牧蔵に一種の救いを与え、牧蔵を忘却から救い、彼の声、計り知れない悲しみを再構築し、距離を縮め、アイデンティティを解き明かす。

ウメツには、まさにペルーへの日本人移民125周年を記念する今年に、日系社会の記憶に貢献する写真文書も含まれている。


梅津ロード

日系人の詩人は、この本は海で生まれ、当初は「水の書」という別名があったが、途中でたくさんのページが残ったが、写真と散文を組み合わせた歌に分けることにした、と述べている。母親のコンスエロ・ウメツが100歳になるちょうどその年に生まれた、大甥のテオが現在住んでいる日本で、ウメツ家の起源と、まだ知らない鳥取との和解の道を築いている。

ウメツは詩的な道を通じて両国の距離を近づけてきたが、それはフアンにとって自己認識の一形態でもあった。 「この本を読むと、今でも泣ける本です。悲しみからではなく、不思議な安堵感と解放感からです」とデ・ラ・フエンテ・ウメツさんは語る。失われた写真と、この本がたどる道について考える。不在の祖父からの手紙、そして若い牧蔵の視線で始まり、大人の牧蔵で終わるこの文書で終わります。

梅津とは「梅の木の港」を意味し、フアン・デ・ラ・フエンテがこの本を知って以来、この本に終わりはなく、むしろ梅の起源を探す他の旅の出発点となることが彼には明らかでした。日系人とその記憶。


注釈:

1. 「 ペルー日本人会の編集基金がフアン・デ・ラ・フエンテの詩集『梅津』を贈呈」、ペルー日本人会、2024年4月17日。

2. 「停車中の詩人」ディスカバー・ニッケイ、2016年5月25日。

3. 「 永遠のない永遠と火の花、«Vide Cor Tuum» (2017)、Juan de la Fuente著」、Vallejo & Company、2023年12月14日。

 

© 2024 Javier García Wong-Kit

作家 日本 ペルー日系人協会 日系ペルー人 フアン・デ・ラ・フエンテ・ウメツ 文学 ペルー 詩人 鳥取県 作家(writers)
執筆者について

ハビエル・ガルシア・ウォング=キットは、ジャーナリスト兼大学教授で、雑誌『Otros Tiempos』のディレクターを務めている。著書として『Tentaciones narrativas』(Redactum, 2014年)と『De mis cuarenta』(ebook, 2021年)があり、ペルー日系人協会の機関誌『KAIKAN』にも寄稿している。

(2022年4月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。