Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/5/26/ken-nakazawa-3/

パート3—1930年代

パート 2 を読む >>

ケン・ナカザワは、自らを国際主義者と定義していた。彼は生涯を通じて、外国文化の研究を通じて国際理解を主張した。1927 年 11 月、リバーサイドの国際関係研究所で、芸術や文学の場合と同様に、東洋と西洋の違いは「肯定的な違い」によって補われるべきだと提唱するスピーチを行った。

しかし、1931年以前の数年間、彼は公の場での発言や著作の中で国際政治についてほとんど触れなかった。まれな例外は、1928年6月にロサンゼルスで3人の一世が共産主義者の疑いで逮捕されたときだった。ナカザワは日本領事館を代表して声明を出し、彼らへの支援を拒否した。彼は日本政府は「共産主義に断固反対する」と宣言し、「日本国内で共産主義を認めず、米国市民の間でも認めない」と付け加えた。

しかし、文学者としての名声のため、1931 年秋の日本による満州侵攻のあと、彼は志願するか、あるいは強制的にその問題で日本側の立場を表明する役目を担うことになった。1931 年 11 月、彼は KNX ラジオ局で満州について語った。1931 年 12 月 11 日、彼はカリフォルニア州リバーサイドの国際関係研究所の会合で、カリフォルニア大学の政治学教授であるウィング・マー博士とこの問題に関する討論に参加した。

クリスチャン・サイエンス・モニターが報じたように、ナカザワ氏は日本が満州の土地を1インチも欲しがっていないと主張し、その証拠として日本政府高官による繰り返しの発言を挙げた。「生命と財産の安全が完全に保証され次第、日本は喜んで軍隊を撤退させるだろう」と結論付けた。

ナカザワの自信に満ちた(あるいは欺瞞的な)保証にもかかわらず、日本軍は満州に留まり、傀儡の「東北最高行政委員会」を創設し、1932 年 2 月に「満州国」の建国を宣言した。1932 年 2 月から 3 月にかけて(その年の夏のオリンピックの準備の最中)、ナカザワは再び行動を開始した。ナカザワは、ラグナ ビーチ、サン ルイス オビスポ、グアダルーペ、ランカスター、ターミナル アイランド、エル モンテ、サンタ マリア、アナハイム、ドミンゲス ヒルズなど、この地域で満州問題について 12 回も演説した。彼は、南カリフォルニア大学が新たに発行した雑誌「ワールド アフェアーズ インタープリター」に「日中論争」と題する記事を寄稿した。

満州問題はすぐに公の議論の重要度を失っていったが、東京の政策と米国との潜在的な衝突というより大きな問題がナカザワを新たな介入へと駆り立てた。1932 年 12 月、ナカザワは著名な作家の新渡戸稲造とともに世界情勢研究所に参加した。翌年、ナカザワは「太平洋と平和な世界」と題して講演した。

1934 年 4 月、日本外務省は「汎アジア主義」、つまり「アジアのモンロー主義」を公表し、東アジアの平和と秩序を守る上で日本が主要な役割を果たすことを主張しました。この発表を受けて、ナカザワはロサンゼルスの YMCA ビルで長老派教会の牧師協会に演説しました。

ロサンゼルス・タイムズ紙によると、ナカザワ氏は日本は中国で確立された「門戸開放」を支持しており、日本国民と日本政府は米国に対して最も友好的な感情しか持っていないと強調した。彼は、太平洋で日本と米国の間に不必要な紛争を起こそうとするプロパガンダを行っていると非難した。「日本が米国を攻撃することは、ネズミが象を攻撃するようなものだ」とナカザワ氏は述べた。

その後すぐに、1935年初頭、彼はフライデー・モーニング・クラブで中国と日本の関係についての討論に参加した。日本の条約違反を訴えたハーバード大学のノヨン・パーク博士に対し、ナカザワは日本がいかなる条約にも違反していないと否定し、中国と日本の緊張は共産主義のせいだと主張した。

同様に、1935 年 4 月、彼は女子大学クラブで「日本の現在の対外的および内的問題」と題する演説を行いました。彼は、他国への憎悪を世界平和への脅威として表明することでアメリカへの忠誠心を見せようとした誤った愛国者たちを批判しました。彼の運動は成功の兆しを見せました。1936 年 11 月、ナカザワがハリウッドのピュティアス騎士団で演説したとき、ロサンゼルス タイムズ紙は彼を「日本の平和指導者」と呼びました。

1937 年の夏、ケン・ナカザワは日本を訪れた。日本文化の専門家であるにもかかわらず、30 年間母国を訪れていなかった。家族も連れてこなかった。横浜行きの船上で、南カリフォルニアのキリスト教青年会ケンガイ九段の学生代表と会い、日本の生活のさまざまな側面について講演した。船上で学生たちが催した 7 月 4 日の祝賀会にも出席していた可能性がある。

ナカザワ氏はその後、米国への再入国申請書の中で、今回の渡航目的は日本の外務省主催の教育会議に出席するためであると主張した。新聞報道によると、同氏は確かに7月26日に東京で開催された第7回世界教育会議に出席していた。同氏は9月3日までに北米に戻った。

とはいえ、アジア旅行中の彼の行動の性質は不明瞭なままである。1937年7月初旬、盧溝橋での小競り合いが日本軍による中国への本格的な侵攻につながった。ジャパンタイムズによると、ナカザワ氏は8月9日に国際協会主催で東京で講演した際、華北で1か月過ごしたばかりだと主張した。彼の到着日と東京での滞在期間の記録からすると、これは非常にありそうにない。

その後、ロサンゼルスに戻った後、彼は日本軍の侵攻を支持するプロパガンダ攻勢を開始した。9月23日、当時大学生だったフランク・チューマンは『加州毎日』に、ナカザワが日本学生キリスト教協会の地方支部で講演するよう招かれ、その会員に公式見解を研究して再現するよう指示したと書いた。

現在の日中関係理由を、日系二世の大学生全員が理解すべきです。また、アメリカ人が現在の状況について質問してきた場合にどのような答えが返ってくるか提案したいので、質問をたくさん用意してください。

2週間後の10月10日、ナカザワ氏はロサンゼルス・タイムズ紙の一面記事「日本人教授が混乱の原因を語る」を発表した。日本による侵略を非難する中国領事TK・チャン氏の記事に応えて、ナカザワ氏は東京の行動を擁護し、盧溝橋の中国軍が日本軍の反撃を誘発したのであり、日本はこの紛争で非はないと主張した。

5日後、彼はKRKDラジオで「中国の真実」と題するラジオ演説を行った。 「加州毎日」の記事によると、ナカザワは機関銃のような口調で、満州国と華北への調査任務から戻ったばかりだと主張した。中国人は不衛生で無責任な民族であるだけでなく(「中国は世界のゴミ捨て場だ」とナカザワは断言した)、野蛮である。 血に飢えた軍閥や盗賊に支配されていたこれらの人々にとって、民間人の大量殺戮は日常茶飯事だ。東州での日本人と朝鮮人の民間人の大量殺戮は、これらの冷酷な無法者にとって日常茶飯事だ…日本は、中国の狡猾で甘ったるい、断続的な排外主義政策の唯一の被害者だ」と演説者は断言した。ナカザワは日本の侵略を高潔な見方で表現した。 「中国の平和と秩序を回復するために日本が払った犠牲は非常に大きいので、日本が領土的野心を持っていると批判するのはばかげている」

その後数週間、ナカザワは公の場で日本を擁護し続けた。1931年に中国人と討論したときとは異なり、ここでは主に日系アメリカ人の聴衆に向けて話した。中国人が彼とのやり取りを拒否したのか、それとも彼が単に友好的な聴衆を好んだのかは明らかではない。

10月にはオレンジ郡JACL主催の日中情勢に関する公開フォーラムで講演し、11月にはサンディエゴの仏教寺院で高齢者向けに最初は英語で、その後日本語で講演した。

1937年11月にカリフォルニア州アップランドで開かれた市民会議で、ナカザワは中国で共産主義と戦った日本は称賛されるべきであると主張した。「共産主義は中国を飲み込みつつあり、それを阻止しなければ西洋文明のすべてが巻き込まれるだろう」。同様に、12月3日にKFWBラジオ放送局で行った「アメリカの中立が脅かされる」というラジオ演説で、ナカザワは諸外国による日本への不当な非難と、ワシントンが日本に対するボイコット措置を講じた場合のアメリカと日本およびアジアとの貿易に経済的損失が生じるという脅威について言及した。

同月、ビバリーヒルズホテルの世界問題研究所で、ナカザワ氏は「中国における日本の利害」について論じ、共産党が活動を停止するまで日本が現在中国で行っている軍事任務は完了しないと宣言した。

日系アメリカ人ニュース、1937年12月6日

1937 年 12 月 6 日、南京大虐殺が始まる数日前に、ナカザワは日米に「中国人は世界列強を日本に対抗させようとしている」と題する記事を寄稿した。その中でナカザワは、中国人は日本の残虐行為に関する偽りのプロパガンダ記事を流して世界の世論を日本に敵対させようとしていると主張した。実際、日本軍は「不必要な負傷や死亡を避けるために全力を尽くしていた。時には、数日前に特定の地域を攻撃する意図を発表して、待ち伏せ攻撃の危険を冒すことさえした。日本軍は、危険の現場から逃れたいと望む人々には常にあらゆる援助を与えていた」と彼は主張した。

ナカザワ氏は、日本軍の侵略が中国に与えた損害を認めるどころか、中国の残虐行為、特に当時日本傀儡だった東河北省の通州での反乱で300人の日本人男性、女性、子供が殺害されたことを強調した。ナカザワ氏は、正確性には疑問があるものの、自分が目撃者であったと主張した。

私は虐殺後、東方を訪れたそこで見た光景は、言葉では言い表せないほど恐ろしいものだっ頭蓋骨と手足が引きちぎられた2歳の女の子の遺体を見た。胴体はパンケーキのように平らに踏みつぶされていた地面隅々まで染まっていた

1938 年、彼は中国での戦争に再び焦点を当てました。1 月、彼は東本願寺 YBA の会合で「日中戦争の結末」と題する演説を行いました。その後すぐに、ナカザワはサンディエゴ州立大学の学生たちに講演しました。日中戦争に関する彼の「日本の視点」は熱狂的に受け入れられました。1938 年 2 月、彼はオレンジ カウンティ ロータリー クラブで戦争について次のように演説しました。

中国は米国の支持を得ることで自らの目的を果たそうと計画している。米国は日本との貿易の損失(米国と中国の貿易の3倍)を考慮しなければならないだけでなく、現在の紛争で中国側に立つ場合に必然的に生じる大きな犠牲も考慮しなければならない中国が主張する真剣な論拠は、日本が侵略者であるというもので、この論拠は日本が中国で戦争をしているから生じている

ナカザワ氏は最後に、中国は内向きになって自らの責任を認識するのではなく、不安や問題の原因を外向きに求めていると述べた。

1938 年 4 月、ナカザワ氏の記事が日本政府発行の日本国民と日本の対外関係に関する小冊子「パシフィック レビュー」第 1 巻に掲載されました。その後数か月間、ナカザワ氏はサンディエゴ、チュラ ビスタ、アナハイム、サンタ アナ (ナカザワ氏は日中紛争を「家族間の争い」と呼び、離婚は許されず、当事者同士で解決しなければならない問題だと述べました)、サン バーナーディーノ、ガーデン グローブで聴衆を前に日中紛争について講演しました。

彼は共通のテーマを守り、日本の侵略政策に対する揺るぎない支持を決して放棄しなかったが、時とともにその言説は変化していった。例えば、1941年春、オックスナード・ロータリークラブでの演説で、ナカザワは日米間の基本的な友好関係が戦争屋の活動によって損なわれているという長年の主張を繰り返した。しかし、この時の演説は中国の占領ではなく、オランダ領東インドに対する日本の関心に焦点を当てたものだった。ナカザワは、それは征服欲ではなく貿易欲から生じたものだと主張した。この時点でナカザワが南京大虐殺や日本による中国占領の恐ろしさをどの程度知っていたかを知ることは不可能である。明らかなのは、米国と日本が戦争に向かうにつれて、彼が東京の公式方針を公然と擁護したことで、米国当局の目に彼が疑わしくなったということである。

続く…>>

 

© 2024 Greg Robinson

1930年代 政府 国際関係 ジャーナリズム ケン・ナカザワ 政治
このシリーズについて

This series recovers the life and writings of Ken Nakazawa, a multi talented Issei playwright, essayist, and critic who taught at USC in the prewar era. Nakawaza was one of the first ethnic Japanese to hold a position as professor at a major American university. He also was an employee of the Los Angeles Japanese consulate and a public defender of Tokyo’s foreign policy during the 1930s. His prewar popularity career reveals the space open to outstanding talents, even on the West Coast, but also the price of identifying with the Japanese “enemy.”

詳細はこちら
執筆者について

ニューヨーク生まれのグレッグ・ロビンソン教授は、カナダ・モントリオールの主にフランス語を使用言語としているケベック大学モントリオール校の歴史学教授です。ロビンソン教授には、以下の著書があります。

『By Order of the President: FDR and the Internment of Japanese Americans』(ハーバード大学出版局 2001年)、『A Tragedy of Democracy; Japanese Confinement in North America』 ( コロンビア大学出版局 2009年)、『After Camp: Portraits in Postwar Japanese Life and Politics』 (カリフォルニア大学出版局 2012年)、『Pacific Citizens: Larry and Guyo Tajiri and Japanese American Journalism in the World War II Era』 (イリノイ大学出版局 2012年)、『The Great Unknown: Japanese American Sketches』(コロラド大学出版局、2016年)があり、詩選集『Miné Okubo: Following Her Own Road』(ワシントン大学出版局 2008年)の共編者でもあります。『John Okada - The Life & Rediscovered Work of the Author of No-No Boy』(2018年、ワシントン大学出版)の共同編集も手掛けた。 最新作には、『The Unsung Great: Portraits of Extraordinary Japanese Americans』(2020年、ワシントン大学出版)がある。連絡先:robinson.greg@uqam.ca.

(2021年7月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。