ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/5/20/north-american-times-20-pt1/

第20回(前編) 日系人社会を支えた日本人会

前回は県人会についてお伝えしたが、今回は日系人社会を支えた日本人会についてお伝えしたい。『北米時事』では毎日のように日本人会についての記事が掲載されていた。それだけ日本人会はシアトル日系人社会にとって繋がりの深い重要な機関だった。その記事1の一部を今回紹介したい。

日本人会の歴史

日本人会が創立40周年を迎えた時、当時の日本人会会長の三原源治氏が日本人会創立からの歴史を次のように述べた。

「日商創立40周年を迎えて 会長、三原源治」(1939年5月24日号)

『北米時事』1939年5月24日

「本会の創立は1900年2月11日で当時の会員は50余名、同胞の権利伸長、権利増進を目的とし、役員3名、評議員15名であったが、1905年に『ワシントン州日本人会』と改め代議員制とした。越えて1910年5月1日に分裂して別に『シアトル日本人会』が生まれた。

1912年5月1日に両会互譲して合併し『北米日本人会』を創立し、役員4名、参事員50名は一般選挙を以って組織した。1926年に代議員制とし、1931年2月19日『商業会議所』と合併して『北米日本人会商業会議所』と改称し、役員6名、参事員75名は一般選挙と改めて、今日に及んだのである。

本会が遂行した仕事は広範に渡り一々列挙し得ないが、其の主なものを挙げれば、欧州戦争当時船腹の獲得、日米条約改正運動、帰化訴訟、排日土地法対策、州議会対策、18年間継続したコミュニティ資金応募、練習艦隊歓迎、石灯篭寄附斡旋、支那事変対策等々であった。常に同胞の中心機関として同胞体位の向上、家庭教育、社会教育の指導、商工業、産業其他一般経済の発達等大いに同胞の福利増進に貢献してきたのである。

今日、過去40年間回顧し特に今昔の感を堪へざるものあり。此間本会の役員、参事員として活躍した各位は勿論、本会会員として協力せられた各位に対し哀心から敬意を表すると同時に今後益々一致協力以って同胞社会の福利増進を計られん事を望んで止まないものである」


北米時事社社長の有馬純義氏が「北米春秋」で日本人会の歴史について次のようにコメントした。

「日商創立40年の祝賀会」(1939年7月20日号)

「日本人会の歴史、或は日本人会に対する同胞の態度の変遷はその儘、同胞社会の変遷の歴史である。日本移民の入国時代を背景とする初期日本人会の政治的争い、その党派的対立、やがて商業的発展時代の日本政府への請願運動、更に米化運動、次いで永住論の時代となり日本人会はその頃からその立場と職責に漸次変化を見るやうになって来た。

日本人会と商議会議所の合併するに至ったのもその頃のことであった。その頃は経済的発展と云ふより経済的整理の時代に入る時であった。人口の漸減も既に現れ来り進んで取らんとするより、退いて守らんとする傾向が自然に動いて来たのであった。而してその頃から起こってきたのが第二世問題である。

それより日商はその存在を奉仕団体と自他ともに許すところとなった。社会部、教育部などと云うふのは出来て昔の外交、矯風(きょうふう)と云ふ部などに代わった。この間日本人会関係の人物の変遷も少なからざるものがある。(中略)我々は同胞社会建設に就いての先輩の労苦とその犠牲に対する感謝の念を忘れてはならない」


北米日本人会の役員選挙

「北米日本人会総会議事録」(1918年2月4日号)

『北米時事』1918年2月4日

「2月3日午後2時、日本館ホールにて開会。有馬議長、出席者94名、各部委員の報告、選挙による参事員50名の当選者(氏名掲載)。

役員選挙当選者として会長候補、高橋徹夫、奥田平次、古屋の3氏が当選、以下副会長、会計、理事候補者も各々3氏が当選した」


北米日会臨時参事会にて新役員を決定

2月5日に当選した参事員により、北米日会参事員会で次の決定が行われた。

『北米時事』1918年2月6日

①   議長、副議長の選挙
②   役員の決戦(会長、副会長、会計、理事候補の決戦)
③   連絡日会代表の選挙
④   部長、副部長選挙

この結果、議長:伊東忠三郎、副議長:高橋宗房、会長:高橋徹夫、副会長:有馬純清、理事:柴垣清朗、会計:菊竹経義が決定した。その報告が、1918年2月6日号に掲載された。


この参事員会の投票結果につき、当時の北米時事社社長の有馬純清氏が自身のエッセイ「随感随筆」(1918年2月6日号)で次のように語った。

「伊東忠三郎君の議長は、温厚で常識に富んで居るから適任である。副議長の高橋君、理事の柴垣君は新進気鋭の青年。今後に其の技量を発揮する事であらう。高橋徹夫君の会長、菊竹経義君の会計は既に定評あり、敢て記者の発言を加うる必要なし。松見、築野二君が年寄を気取って引退した事余輩の甚だ遺憾に思ふ所である。

余輩を副会長に選んだのは参事員会の失策である。昨年の春誤って議長に選ばれ一年間ヤットの事で其職を務めたが、本年は新進の有力者にお願いしたく希望し、早々と議長に意なきを宣言した。然るに参事員会は余輩の固辞するに係はらず副会長に選挙した。余輩は甚だ不満である。

余輩は新聞に筆を執り、二六時中批評を事とする者である。故に矢張り第三者の位置にあって日会幹部を監視し、批評し、激励するが可いのである。幹部に席を置く時は、種々事情に影響されて思ふやうに批評が出来なくなる。これ余輩が副会長たるを辞する所以である。

議長は幹部員ではない。行政者ではない。単に参事員会又は総会の議場を整理する丈の務めであるから、新聞記者であっても別に窮屈又は不自由を感ずる事はない。今後新聞記者は議長には選挙しても幹部の一人には出来得る限り選挙せぬ様にするが善い。やはり自ら進んで会長なり副会長なり理事なり会計なりに成りたい人達を選挙するが得策である。さすれば当選した人達の大に満足して充分に活躍するからである」

『北米時事』1918年2月6日

1919年3月6日、11日号にて1919年の参事員選挙、議長及び役員選挙の結果が掲載された。議長に有馬純清氏が当選した。これは有馬純清氏の望み通りだったようだ。会長には岡島金弥氏、副会長に伊東忠三郎氏、会計に平島又太郎氏、理事に柴垣清朗氏が選任された。

続く >>

 (*記事からの抜粋は、原文からの要約、旧字体から新字体への変更を含む)

注釈:

1.特別な記載がない限り、すべて『北米時事』からの引用。

 

*本稿は、『北米報知』に2022年11月30日に掲載されたものに加筆・修正を加えたものです。

 

© 2022 Ikuo Shinmasu

コミュニティ 日本人会 (Japanese associations) 日本語新聞 新聞 戦前 シアトル 北米時事(シアトル)(新聞) アメリカ合衆国 ワシントン州
このシリーズについて

北米報知財団とワシントン大学スザロ図書館による共同プロジェクトで行われた『北米時事』のオンライン・アーカイブから古記事を調査し、戦前のシアトル日系移民コミュニティーの歴史を探る連載。このシリーズの英語版は、『北米報知』とディスカバーニッケイとの共同発行記事になります。

第1回から読む >>

* * * * *

『北米時事』について 

鹿児島県出身の隈元清を発行人として、1902年9月1日創刊。最盛期にはポートランド、ロサンゼルス、サンフランシスコ、スポケーン、バンクーバー、東京に通信員を持ち、約9千部を日刊発行していた。日米開戦を受けて、当時の発行人だった有馬純雄がFBI検挙され、日系人強制収容が始まった1942年3月14日に廃刊。終戦後、本紙『北米報知』として再生した。

詳細はこちら
執筆者について

山口県上関町出身。1974年に神戸所在の帝国酸素株式会社(現在の日本エア・リキード合同会社)に入社し、2015年定年退職。その後、日本大学通信教育部の史学専攻で祖父のシアトル移民について研究。卒業論文の一部を日英両言語で北米報知とディスカバーニッケイで「新舛與右衛門― 祖父が生きたシアトル」として連載した。神奈川県逗子市に妻、長男と暮らす。

(2021年8月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。