ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/5/19/ken-nakazawa-2/

第2部—戦前の文化の審判者

パート I を読む >>

ケン・ナカザワは1920年代に戯曲や著作である程度世間の注目を集めましたが、その後の10年間で公人として最も名声を獲得しました。

ナカザワにとっての転機となったのは、ボストンを拠点とする雑誌『アトランティック・マンスリー』のエッセイストに選ばれたことだ。1929年2月号のアトランティック誌に掲載された最初の寄稿は「日本の詩の精神」だった。ナカザワは、ラフカディオ・ハーネス風ともいえる雰囲気のある日本の詩の解釈を披露したが、それは今日では東洋主義的だと一蹴されるだろう。

1932年5月29日、加州毎日に掲載されたケン・ナカザワのプロフィール。

注目すべき一節で、彼はこう叫んだ。「日本の詩は心に虹を宿す露のしずくである。日本の詩は野鳥の歌のようだ。それは単純で短く、一見無造作であるが、その背後には私たちの夢がすべて叶う神秘的な世界が広がっている。」

このエッセイは広く引用され、選集にも収録された。

ナカザワはその後もアトランティック誌に2本の寄稿を続けている。 「パンパス・フィールド」(1930年12月)は、画家との対話を中心に日本美術について論じたもので、「日本の版画を買うとき」(1931年4月)は日本の木版画の収集家のためのユーモラスなガイドだった。

もう一つのエッセイ「東西のミステリー小説」は、1932年7月号の雑誌『ブックス・アブロード』に掲載されました。このエッセイで、ナカザワはアジアと西洋におけるミステリー小説や怪談の考え方の違いについて熟考しました。探偵小説やその他の大衆小説が批評家から駄作として軽蔑されていた時代に、ナカザワはジャンル小説に対する繊細な理解と、それを独自の観点から考察する姿勢を示しました。

当時の報告によると、1935年夏、ナカザワは廃刊となった雑誌「クーリエ」に「泥鰻釣り」という記事を発表した。作者の説明によると、この話は執筆中の小説からの抜粋だという。「[これは]日本の舞踊『どじょうじすくい』が象徴するものと関係しているが、メロドラマ形式の物語に変わっている」。ナカザワのもう一つの注目すべき記事は、「お茶は私の知恵だった」で、1935年7月号のアジアに掲載された。

おそらくナカザワ氏の最もユニークな貢献は、1935 年 6 月のロサンゼルス タイムズ紙に掲載された「あなたの家は日本風になりますか?」という記事でしょう。ナカザワ氏は、南カリフォルニアの住宅に、オープン サイドの建物、障子、日本庭園など、日本の建築様式を取り入れることを提案しました。「この国の庭園は、芝生のキャンバスに木や花を描いた、いわば「静物画」です。一方、日本庭園は、自然の縮図であり、自然のいくつかの側面を象徴的に表現したものです。」

ナカザワは、この間も演劇とのさまざまなつながりを維持していた。彼の短編劇「花落ち」と「柿泥棒」はアマチュア公演で上演された。1934年、モンロビア・ゴールドヒル・プレイヤーズはナカザワを講師として招き、「柿泥棒」の公演を行った。

その一方で、彼は日本劇の公演にも散発的に参加した。1928年、映画スターのチャーリー・チャップリンとプロデューサーのシド・グローマンに招かれ、東京帝国劇場から訪れた一座がウィンザー劇場で上演した日本劇の通訳を手伝った。10年後、南カリフォルニア日本文化センターで歌舞伎の『本朝二十四節気』が上演された。ナカザワは観客にその演技を解説した。

1937 年春、ナカザワはグリフィス パークのギリシャ劇場で「春」という巨大なミュージカル ファンタジーの制作を主導しました。ナカザワはこの作品の脚本と歌詞をプロデュースし、作曲家ルイーズ ニシダによるオリジナル曲を作曲しました。彼は 12 幕の壮大なショーを監督し、約 300 人のダンサー、ミュージシャン、剣士、レスラーが出演しました。その中には、井筒屋キミヨが振り付けた色鮮やかなダンスを着物姿で踊る地元の二世の少女数十人も含まれていました。他の演目には、剣道、柔道、日本のアクロバットなどもありました。

ナカザワはハリウッドでも活躍した。トーキー映画の黎明期の1931年、ジャネット・ゲイナーとチャールズ・ファレル主演の映画「帰ってきた男」の日本語脚本を書いた。俳優の唇の動きを日本語のセリフに合わせなければならなかったため、ナカザワは吹き替えの仕事に苦労した。日本を舞台にした演劇「神々の寵児」の撮影コンサルタントを務めたが、この映画は公開されなかった。

彼は数多くのラジオ放送を行った。1933年7月、シカゴで開催された「世紀の進歩」万国博覧会に参加した際、彼は世界信仰連盟を代表してWJZラジオで全国演説を行った。1935年10月、KRKDラジオ局の「日本文化放送」で中澤が「日本の音楽家の義務」について語る番組が放映された。1940年3月、彼はKRKD番組に復帰し、ラジオドラマ「おはなし」を披露した。

ナカザワ氏はこの間ずっと日本領事館に勤務し、職務の一環として南カリフォルニアの日本人社会文化団体の活動に積極的に参加しました。その任務は多岐にわたりました。1931 年 3 月、1932 年のロサンゼルス オリンピックの日本担当連絡武官に任命されました。

彼は陸上競技連盟日本支部の代表として、水泳、陸上、フェンシングの選手を含む約 100 人の日本人選手の参加についてオリンピック関係者と交渉しました。大会が始まると、彼はオリンピック村に本部を移し、選手や他の日本人訪問者を出迎え、監督し、歓迎行事の司会を務めました。彼はこの機会を利用して世界平和の理想を訴えました。

「日本と米国が今後も固い友好関係を維持すべき理由は数多くあるが、特に際立った理由が二つある」と同氏は述べた。「第一に、ロサンゼルスで第10回オリンピックが開催されることだ。第二に、日本はこれまで米国を賞賛し尊敬し、産業界で米国に倣ってきたことだ」

1939 年 1 月、ナカザワ氏は日本の外務省を通じて、東京の日本国際文化協会に中国清朝の歴史に関する書籍 1,500 冊を南カリフォルニア大学に寄贈するよう交渉しました。これらの書籍は中国占領中に日本軍によって略奪された可能性が高いようです。

さらに、ナカザワは領事館の教育コーディネーターを務めた。この分野での彼の権限がどこまで及んでいたかは定かではない。後の政府調査官によると、ナカザワは南カリフォルニア地域の日本語学校の大半の運営を指揮していた。彼は日米商業学校の学長に任命された。日米商業学校は1935年に設立され、中央学園内にあり、夜間に日本語と英語の両方の授業を行っていたビジネス学校である。学校の運営を監督するほか、ナカザワは日英と英日翻訳の授業も指導した。

仕事を通じて、ナカザワは若い二世、特に大学生と頻繁に交流しました。二世の新聞に数本の記事を書き、JACLのさまざまな支部で講演し、南カリフォルニア大学の日本人学生組織である日本人トロイクラブの教員顧問を務めました。1937年の春、彼はクラブのメンバーを自宅に招き、南カリフォルニア大学の中国人学生と韓国人学生と「アメリカにおける東洋系大学卒業生の職業上の問題」について共同で話し合いました。

彼はまた、二世女性たちのためにも活動しました。1935 年 5 月、彼は第一バプテスト教会のギルドガール大会で「カリフォルニアにおける日系人の諸問題」について講演しました。1938 年 4 月、彼は「母の日の精神」という小劇を執筆し、監督しました。この劇は、マニュアル アーツ高校の 5 人の女子生徒によって上演されました。

1939年に日系アメリカ人クーリエに宛てた手紙の中で、彼は二世の苦境に対する同情を表明した。

二世はいわば二隻の船の持ち主で、片方の手には自分が生まれた船、もう一方の手には両親が乗っている船に縛られている。そのため、二世は多くのことを心配しなければならない。なぜなら、もし暴風や暴潮で船がさらに離れてしまったら、二世は真ん中に落ちてしまうか、破れてしまうかのどちらかになるからだ。本当に船が離れてしまうわけではないが... [しかし] 彼らの中には、すでに破れが来たかのように話す人もいるので、二世は心配し、苦しまなければならない。

ナカザワの主な仕事は、以前よりもさらに公共知識人として、自分が専門とする目もくらむほど多様な主題について教えたり講義したりすることであった。1929 年 1 月、彼は太平洋南西政治社会科学アカデミーで「日本の人口過剰」について講演した。ナカザワは、日本人が移住したのは国内の過密のためというよりは、他国で生活し働くより良い機会を求めるためだと説明した。

1929 年 9 月、彼は南カリフォルニア大学のラジオ局 KEJK で 12 回の講義を行いました。最初の 6 回は日本の美術に関するもので、日本の版画、漆器、デザイン、建築に関するセッションが行われました。2 回目の講義は日本の文学に関するものでした。

1931 年、ナカザワは歴史・科学・芸術博物館 (現在の LACMA の前身) で日本美術に関する公開講演シリーズを開始しました。講演は大成功を収め、ナカザワはその後も講演シリーズを開催しました。彼は博物館の日本美術の収集とアジア美術ギャラリーの開設を擁護しました。博物館での彼の仕事のすべてが日本美術に関するものではありませんでした。1939 年には、博物館のモダンダンスの展示会にキャプションを提供しました。

不完全な公の場への出演リストでさえ、ナカザワの幅広い興味が明らかになる。

  • 1929年5月、ナカザワは太平洋岸和解協会の会議で日本と国際友好について講演した。

  • 1929年5月、南カリフォルニア大学比較文学部で「近代日本文学における民主主義的傾向」について講義した。

  • 1931年2月、彼はロサンゼルス市民連盟で「アメリカにおける人種問題と日本人との関係」について講演した。

  • 1931年から1934年にかけて、彼はボーモントで毎年開催される桜祭りで日本の桜舞いについて講演した。

  • 1932 年 6 月、彼は有名なバーカー ブラザーズ ビルの講堂で「東洋の芸術と文学」について講演しました。

  • 1934年、彼はサンディエゴ万国博覧会の「ジャパンデー」フェスティバルで講演した。

  • 1935年2月、ヴァンナイスクラブで「日本庭園の哲学的解釈」について、またパサデナ第一バプテスト教会で「米国における日本人」について講演した。

  • 1935年3月、彼はエベル・クラブに出演し、「日本の四季」と「日本の祭り」と題する映画を上映しながら旅行記を披露した。

  • 1937 年 4 月、彼はアップランド女性クラブの昼食会で「日本の芸術」について講演しました。

  • 1937年10月、彼はハリウッドで「インドと日本の文化関係」について講演した。

  • 1938 年 5 月、彼はアメリカ大学女性協会サンフェルナンドバレー支部で東洋の習慣について講演しました。

1935 年 11 月、 『加州毎日』はナカザワの典型的な 1 週間のプログラムのリストを掲載しました。

  • 11月11日(月):カリフォルニア アート クラブのプログラム、西洋画家連盟の昼食会。講演は「日本美術の基礎」。

  • 11月12日火曜日:ハンティントンパーク高校でのジャパンデー。午後の集会で「日本文化の哲学的背景」について講演します。

  • 11月13日水曜日:ロサンゼルス公立学校教師会議:「日本文学の美的・哲学的基礎」について講演。その後円卓討論会が行われ、3,000人以上の参加が見込まれます。

  • 11月14日木曜日、イーグルロック高校の「人生哲学学校」での日本デー、日本文化についての講義。

同月後半、南カリフォルニア大学大学院創立25周年記念式典で「日本文学と世界文明」について講義し、その後、女子体育クラブで「文学を通して見る日本文明」について講演した。11月23日には、サンタバーバラ日系アメリカ人協会とアメリカ演劇連盟で「日本演劇に関する哲学的考察」と題する講演を行った。

1930 年代、ナカザワは教室での授業に費やす時間を減らしましたが、1935 年の春には南カリフォルニア大学で日本の美術と建築に関する夜間講義シリーズを行いました。1938 年 7 月、ナカザワはコロラド大学教育学部の夏期講座で 1 週間の講義を行いました。午前中は、詩、演劇、宗教、美術工芸など日本文化について講演し、午後は「極東における日本の目的と野心」に関するシンポジウムを開催しました。約 450 名が参加しました。

1939 年春、彼は南カリフォルニア大学で次の秋学期に「東洋基礎研究」コースを開講すると発表しました。彼は宗教、芸術、文学、社会、文化思想の総合的な研究を組織するつもりでした。このコースが実際に開講されたかどうかは不明です。

続く…>>

 

© 2024 Greg Robinson

1920年代 伝記 カリフォルニア州 世代 移民 移住 (immigration) 一世 日本 ケン・ナカザワ 移住 (migration) アメリカ合衆国
このシリーズについて

This series recovers the life and writings of Ken Nakazawa, a multi talented Issei playwright, essayist, and critic who taught at USC in the prewar era. Nakawaza was one of the first ethnic Japanese to hold a position as professor at a major American university. He also was an employee of the Los Angeles Japanese consulate and a public defender of Tokyo’s foreign policy during the 1930s. His prewar popularity career reveals the space open to outstanding talents, even on the West Coast, but also the price of identifying with the Japanese “enemy.”

詳細はこちら
執筆者について

ニューヨーク生まれのグレッグ・ロビンソン教授は、カナダ・モントリオールの主にフランス語を使用言語としているケベック大学モントリオール校の歴史学教授です。ロビンソン教授には、以下の著書があります。

『By Order of the President: FDR and the Internment of Japanese Americans』(ハーバード大学出版局 2001年)、『A Tragedy of Democracy; Japanese Confinement in North America』 ( コロンビア大学出版局 2009年)、『After Camp: Portraits in Postwar Japanese Life and Politics』 (カリフォルニア大学出版局 2012年)、『Pacific Citizens: Larry and Guyo Tajiri and Japanese American Journalism in the World War II Era』 (イリノイ大学出版局 2012年)、『The Great Unknown: Japanese American Sketches』(コロラド大学出版局、2016年)があり、詩選集『Miné Okubo: Following Her Own Road』(ワシントン大学出版局 2008年)の共編者でもあります。『John Okada - The Life & Rediscovered Work of the Author of No-No Boy』(2018年、ワシントン大学出版)の共同編集も手掛けた。 最新作には、『The Unsung Great: Portraits of Extraordinary Japanese Americans』(2020年、ワシントン大学出版)がある。連絡先:robinson.greg@uqam.ca.

(2021年7月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。