ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/4/19/we-are-not-strangers/

私たちは他人ではない―セファル​​ディ系ユダヤ人と日系アメリカ人の隣人の物語

日系アメリカ人は、第二次世界大戦中に日本人以外の人々が日系アメリカ人の家族を助けたという話を聞いたことがある。私が育ったベインブリッジ島では、ウォルトとミリー・ウッドワード夫妻(日系アメリカ人の強制収容に反対した唯一の新聞の所有者兼発行人)とフェリックス・ナルテ(キタモト家のベリー農園の救済に尽力した)がよく知られている。より地域的なレベルでは、ウェイン・コリンズは、米国市民権を放棄して日本に「帰国」したものの、強制されて重大な過ちを犯したことに気付いた二世に米国市民権を回復させるために何年も費やしたことで有名である。

確かに、そのような親切な人は十分ではなかった。しかし、知られていない人もたくさんいる。これまで知られていなかった恩人の一人は、シアトルに住んでいたセファルディ系ユダヤ人だった。グラフィック ノベル「 We Are Not Strangers 」は、その実話に基づいた架空の物語である。

セファルディ系ユダヤ人は主に地中海地域に起源を持ち、20 世紀初頭に初めてシアトルにやって来ました。数年後、パイク プレイス マーケットが始まりました。

セファルディ系ユダヤ人はすぐに、市場で魚や農産物の卸売業者や小売業者として主要な地位を占めるようになりました。しかし、彼らはイディッシュ語ではなくラディーノ語を話していたため、シアトルの他のユダヤ人、主に中央ヨーロッパと東ヨーロッパから来たアシュケナージ系の人々と意思疎通を図るのが困難でした。

セファルディ系ユダヤ人とジャマイカ系ユダヤ人は、いくつかの同じ問題に直面しました。彼らがシアトルに初めて到着したのは、わずか数年の差でした。彼らの多くはマーケットで働いていました。彼らはそれぞれ、他のほとんど誰も知らない言語を話していました。多くのセファルディ系ユダヤ人は、ジャマイカ系ユダヤ人と同様に「違って」見えました。その結果、両者とも差別に直面しました。

ジョシュ・トゥイニンガはシアトルのセファルディ系ユダヤ人家庭の出身です。ある日、彼の叔父が祖父の葬儀にアジア人が来たことを話してくれました。家族の誰も彼らが誰なのか、なぜそこにいたのか知​​りませんでした。作家でアーティストのトゥイニンガは、その真相を突き止める必要があると感じました。

彼は、叔父の祖父の葬儀に参列したアジア人が、祖父が第二次世界大戦中に助けた日系人であることを知りました。この実話に触発されて、トゥイニンガは『We Are Not Strangers』を執筆し、イラストも描きました。

この本の主人公は、シアトルに住むセファルディ系ユダヤ人移民第一世代のマルコです。マルコはシアトルの桟橋によく釣りに出かけます。そこで彼は、同じ漁師である二世のサム・アキヤマと出会い、友人になります。

その後、真珠湾が攻撃される。1942年3月、マルコは連邦政府が日系人を排除するつもりであることを知る。

翌日、彼は過越祭の礼拝に出席し、そこでラビは「私たちがかつてエジプトの地で異邦人であったように、よそ者を歓迎することはミツワー、つまり戒律です」と言いました。

ラビの言葉はマルコの心に響いた。1940 年の見出し「今日、ワルシャワのユダヤ人は壁で囲まれる」もそうだ。これは 1942 年 2 月の見出し「日本人は抑留される」とあまり変わらないように彼には思えた。

マルコと秋山家がその後どう計画するかは誰にも分からない。しかし、マルコは自分の用事で忙しいにもかかわらず、秋山家の家を貸し出し、魚市場の経営を手掛ける。母親が米国に不法入国したため、注目を浴びるべきではないと知りながらそうするのだ。

その間に、アキヤマ一家はピュアラップのフェアグラウンドにある「キャンプ ハーモニー」に行き、強制収容所に入れられる。3 年半後、アキヤマ一家は家に戻る。マルコは、所有権証書、家賃、魚市場の利益を渡すためにそこにいた。

マルコは自分がしたことについて決して語らなかった。マルコの家族が彼の善行を知ったのは、秋山家がマルコの葬儀に参列したときだけだった。

この本のイラストは、まさにその通りです。シアトルにかつて存在した、または現在も存在する場所が、多くのイラストの背景になっています。役に立つ付録には、リンカーン タックル ショップやチェリー ランド フローリスト (シアトル市長ブルース ハレルの母方の祖父母が経営) などの場所に関する情報が含まれています。また、ユダヤ人やラディーノ語の用語、本で言及されている歴史的出来事、そして JA にはよく知られているが他の人にはよく知られていない用語の便利な用語集もあります。

序文で、ケン・モチズキ氏( 『私たちを助けてくれた人たち』『野球が私たちを救った』の著者)は、戦時中に日系アメリカ人を助けた人々は「彼らを顔のない敵とは見なさず、個人的な、時には身体的な危険を冒して助けた」と述べている。

ワシントン大学のセファルディム研究教授、デヴィン・E・ナールはあとがきを書いている。ナールはラディーノのことわざ「良い隣人は兄弟や従兄弟よりも価値がある」を引用している。

著者のメモから、私は自分の家族についてあることを学びました。私の叔父のエディ・オツカは、戦後シアトルに戻ったとき、仕事を見つけることができませんでした。ヘルツル会衆のラビは、彼がもっと良い仕事を見つけるまで、彼をシナゴーグの管理人にしました。

1939年にナチスドイツから逃亡したラビは、「私はあなたとすべてのアメリカ人を信頼しています」と語った。

トゥイニンガ氏も指摘しているように、ユダヤ人の雑誌「ザ・タブレット」は、ユダヤ人団体の大半がジャマイカ人収容に反対の声を上げなかったと指摘している。しかし、ジャマイカ人を助けたが、それを口に出さなかったユダヤ人が他に何人いたかは誰にも分からないだろう。おそらく、知ることは決してないだろう。しかし、少なくとも数人のユダヤ人にとってジャマイカ人は他人ではなかったと知れば、私たち皆が救われるだろう。

 

*この記事はもともと2023年11月19日にThe North American Postに掲載されました。

 

© 2023 Pamela A. Okano

コミュニティ フィクション グラフィックノベル ユダヤ人 ジョッシュ・トゥイニンガ シアトル アメリカ合衆国 ワシントン州 We are Not Strangers(書籍) 第二次世界大戦
執筆者について

パメラ A. オカノはシアトルの元弁護士です。執筆活動をしていないときは、日本やメキシコへの旅行、ヨガ、ガーデニング、料理、マリナーズ野球、ハスキーフットボール、バードウォッチング、オペラ、クラシック音楽やジャズ音楽を楽しんでいます。

2023年3月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。