Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/1/18/nikkei-uncovered-86/

半分空/半分満

コメント

2024 年を迎えるにあたり、Nikkei Uncovered スペースに新たな作家を迎えます。コネチカット州ブルームフィールド在住の作家、アーロン・カイセド・キムラによる散文と詩を 3 編お届けします。ここに掲載されている作品は、中間期の移行、つまり私たちの前にも後ろにも存在するもの、つまり私たちが今この瞬間につかみ取るにつれて手放し始めるかもしれない過去の物事を思い出させてくれます。新しい年を迎えても、私たちは決して昨年の苦難や善良さを置き去りにすることはありません。私たち全員が、その豊かさを書き記す (そして読む) よう刺激されますように…

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

アーロン・カイセド・キムラは、 『Common Grace』 (Beacon Press、2022年)、 『Ubasute』 (Slapering Hol Press、2021年)の著者です。マクドウェル・フェローシップ、ロバート・ピンスキー・グローバル・フェローシップ(詩部門)、セント・ボトルフ・クラブ財団新進芸術家賞(文学部門)を受賞し、プッシュカート賞ベスト・オブ・ザ・ネットベスト・ニュー・ポエツ・アンソロジーにノミネートされました。作品は、 Beloit Poetry JournalRHINOPlume PoetryPoetry DailyShenandoahPirene's FountainSalamanderCave Wallなどに掲載または掲載予定です。アーロンはボストン大学でクリエイティブ・ライティングの修士号を取得しました。

余波の中で

子どもの部屋で3ヶ月過ごした後、別々のツインベッドで
ルイサと私は両親の部屋へ移動しました。両親のベッドへ。

先週母が亡くなった部屋。彼らが眠った部屋。
47年間—満足したり、怒ったり、時には無関心になったり。

4年前、私はそれを解体し、病院のベッドに場所を作った
お父さんのために注文したの。お父さんは自分で死なせるべきだった。

ルイサと私は天井を見つめた。周りにはマホガニーのドレッサーが
シンガーミシン、テレビの上にはマリの赤ちゃんの写真。

私の両親が何度もそうしてきたように、私たちは疑問に思うのです
私たちの次のステップについて:彼らの家に住み、そこを私たちの家にする

あるいはコネチカットに戻って、自分たちの道を見つけてください。
部屋の明かりを消した。窓が開き、かすかな夏の風が吹き、

暗闇でミントグリーンに光る針を備えたセス・トーマスの時計。
彼らは、我々が空間を埋め尽くすまさにその場所に、自らの体を残していった。

*この詩はAaron T. Caycedo-Kimura(2023)が著作権を所有しており、もともとはPoetry South (2023)に掲載されました。

妻が詩の中であなたに伝えなかったこと

ワインボトルを処分する方法は
かつては空だった。私たちが隠したもの
壁とベッドの間にいるお母さんから。
私の子供時代の部屋にあったツインベッドの1つ
引っ越す前に3ヶ月間寝泊まりした場所
マスターベッドルームに。私たちはボトルを1本飲みました
一晩中。空き瓶をこっそりガレージに持ち出して、
白いプラスチックの買い物袋に詰めて、
それらを母の灰色のカローラの座席の後ろに収納しました。
その後、私たちはこの車で国中を走り回りました。
私たちはガソリンを買いに行くと彼女に伝えました。
そして私たちはそれをやったが、それはむしろ取り除くことだった
証拠です。ノズルをタンクに挿入し、
バッグを下ろす前に周りを見回してください
ボトルがカチャカチャ鳴らないようにゴミ箱に捨ててください。
車に寄りかかってディスプレイを眺めながら、
ガソリンの煙をゆっくりと吸い込むんだ、覚えておいて
父が私をフィリップス66に連れて行ってくれたとき
セバストポルの通りか、ウェストサードのシェブロン通りです。
あなたのお父さんは酒を飲んで死んだのよ、とお母さんが言いました。
彼女は混乱した。肺がんだった。日本では
戦後、彼女の父親の飲酒が
心不全に陥った。
酔っぱらって芸者屋から追い出された
一人で歩いて帰るのは楽しかった
再び反抗的なティーンエイジャーに戻った、少なくとも私たちはそう自分に言い聞かせました。
母の衰えを見ながら、私たちも酒を飲み干した
廊下のクローゼットに半分空になったカルーアのボトル、
おじいちゃん、ビーフィーター、ママとパパ
子供の頃から飲酒をやめていたが、飲み続けた。
2番目の親を失うと、
もう一度最初からやり直した。
悲しみを隠して
棚の上には古いカメラ、双眼鏡、
持参したが、結局飾らなかった日本の掛け軸。

*この詩は、Aaron T. Caycedo-Kimura (2023) が著作権を所有しており、もともとはPirene's Fountain 、2023 年 24 号に掲載されました。


えだまめ

ゴツゴツした笑顔の色
春の噛みつき

ちょうどいい隆起
豆を押す

あなたの舌の上に隠された
口の中でこう言う

一つのことを考えながら別のことを考える
塩漬けのポッドを塩漬けした後

ポッドボウル
空っぽだった私は彼女を

カーディガンをそのままにしておく
彼女は私から借りた

淡いナプキン
殻が積まれた

*この詩の著作権はAaron T. Caycedo-Kimura(2022)が所有しており、オリジナル版は2022年10月のPlumeに掲載されました。

© 2022 & 2023 Aaron T. Caycedo-Kimura

アーロン・カイセド=キムラ 文学
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

アーロン・カイセド・キムラは、 『Common Grace』 (Beacon Press、2022年)、 『Ubasute』 (Slapering Hol Press、2021年)の著者です。マクドウェル・フェローシップ、ロバート・ピンスキー・グローバル・フェローシップ(詩部門)、セント・ボトルフ・クラブ財団新進芸術家賞(文学部門)を受賞し、プッシュカート賞ベスト・オブ・ザ・ネットベスト・ニュー・ポエツ・アンソロジーにノミネートされました。作品は、 Beloit Poetry JournalRHINOPlume PoetryPoetry DailyShenandoahPirene's FountainSalamanderCave Wallなどに掲載または掲載予定です。アーロンはボストン大学でクリエイティブ・ライティングの修士号を取得しました。

2024年1月更新


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。