Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/5/1/yellowstone-1/

ハートマウンテンからの忘れられない声からの抜粋:アップルパイのようにアメリカンなイエローストーン - パート 1

ハートマウンテンからの忘れられない声: 強制収容の口述歴史*は、一般的な回想録や一家族の伝記とは異なり、強制収容とその経緯に関する歴史家の物語とも異なります。これらは、第二次世界大戦中に収容された若者、彼らを収容した人々、ワイオミングの厳しい高地砂漠の町民など、日系アメリカ人の忘れられない声です。インタビュー、日記、手紙から彼ら自身の言葉で語られるこれらは、学生、教師、人生が中断された若者、軍隊に従軍した人々、WACS、市民としての権利が回復され家族が解放されない限り従軍を拒否した抵抗者たちの心のこもった物語です。

12月7から戦後まで、 「Unforgotten」は、私たちの国の歴史の中であまり知られていない一章を物語ります。家族のコレクション、アーカイブ、新聞からの写真で説明されています。大量投獄は80年以上前に起こったことですが、人種差別や外国人嫌悪が高まっている今日と不気味なほど似た響きが感じられます。これらの声は生き続け、私たちの民主主義の基本原則が忘れられ、私たちが自分自身だけでなく他人の市民的自由を守れなくなったときに何が起こるかを警告し、目撃しています。以下は、 「Unforgotten Voices from Heart Mountain」からの抜粋です。

* * * * *

ハートマウンテンの少年と少女のスカウント。(ワシントン州立大学、ジョージとフランク C. ヒラハラ コレクション)

プロジェクトディレクター ロバートソン

その春の混乱の後で、プロジェクト ディレクターのロバートソンは、キャンプ内の士気、特に子供たちの士気を高めるために何かしなければならないと感じました。そこで、1944 年 6 月 5 日に次のメモを送りました。

ディロン・S・マイヤー、戦時移転局事務所、ワシントン D.C.

今年の夏、ボーイスカウトとガールスカウトのキャンプをぜひ開催したいです。センターの若者たちはますます一世の影響下に入ってきているので、彼らのためにできることは何でもしたいです。二世の多くが移住してしまったため、学校の子供たちは以前のようにアメリカ人のアメリカ文化の利点を享受できなくなっています。ハートマウンテンのボーイスカウト、ガールスカウト、キャンプファイヤーガールの活動は非常に活発で、彼らは素晴らしい若者たちです。彼らは全国組織のサマーキャンプに参加することを許可されていないので、私たちのアメリカ化プログラムを継続するために、彼らにできる限りのことを与えるのは私たちの責任だと思っています。

ガイ・ロバートソン、WRA ペーパーズ プロジェクト ディレクター

ベーコンの愛称で知られる坂谷晴美さんは、最前列中央の白いセーターを着ている。第 313 隊のスカウトマスター、門田速雄さんがイエローストーン公園でこの写真を撮影した。(ベーコン坂谷さん提供)

アメリカ化計画だ!この子供たちがアメリカ人だということを忘れたのか?政府はアメリカの子供たちを有刺鉄線のフェンスの中に閉じ込め、自由を奪い、その後民主主義について彼らに話そうとしている。

フランク・エミはそれを完璧に言い表しました...「海外で民主主義のために戦っていると言うことはできますが、国内で民主主義を失ったら何を勝ち取ったことになりますか?」


ノブ、高校生

ボーイスカウトたちは早起きしてハートマウンテンで朝の国旗掲揚式を執り行いました。ジュンゾウ・ジェイク・オハラ、エディ・カトウ、タク・モトヤス

私が13歳のとき、毎朝のホームルームで、当時は右腕を伸ばして国旗に敬礼する「忠誠の誓い」を暗唱しました。ボーイスカウトの活動でも、いつもそうしていました。「すべての人に自由と正義を」という部分になると、いつも気になって仕方ありませんでした。なぜなら、私たちは強制収容所にいたため、この矛盾は靴の中に入った小石のように苛立たしかったからです。誓いの最後に、私は「一部の人々に自由と正義を」とつぶやきました。私が言っていることがFBIに知られたら、他の多くの人と同じように私を消してしまうのではないかと恐れていたからです。「自由の国、勇者の故郷」という歌詞の「星条旗」を歌ったときも同じ気持ちでした。

彼らは民主主義について語り続けていますが、私たちは3年目の夏もここで閉じ込められており、私たちの兄弟、いとこ、叔父たちが戦いに行くことを望んでいますが、彼らの家族は捕虜収容所に閉じ込められています。その収容所は、私たちの二世兵士が着ているのと同じ制服を着た兵士に監視され、私たちが離れることのできない捕虜収容所に掲げられているのと同じ旗のために戦っているのです。

下河内伸之電話インタビューとメール 2004年11月12日


カズ、中学生

カズ・シロヤマ、第 333 隊 (ジョージおよびフランク C. ヒラハラ コレクション、ワシントン州立大学)

私たちのスカウトのリーダーは、イエローストーンに行くのは戦争債券と切手募金活動に参加したすべてのスカウトへの贈り物だと言っていました。私たちは競争心の強い集団でした。

私たちのスカウト隊は切手をもっと売りたいと思っていました。スカウトの制服を着て、すべての家のドアをノックして、買ってくれる人もいましたが、ほとんどの人は買ってくれず、数家族は怒っていました。「私たちは絶対に切手を買いません!キャンプに放り込まれて、ここに座っているんです!」

ご存知のように、一世の中には、切手を買っていると思っていた人がいたのですが、それが防衛切手だと知って激怒したのです。彼らはスカウトが自分たちを騙していると思ったのです。

私たちスカウトのほとんどは、国防切手を売るだけでなく、収集もしていました。ほぼすべての子供が切手帳を持っていて、10 セントや 25 セントの切手を次から次へと集めていきました。18 ドル 50 セントの切手があれば、10 年で 25 ドル相当の米国戦争債券と交換できます。私たち子供にとっては大金のように聞こえました。

城山一夫氏、JFO とのインタビュー、2004 年 11 月 7 日


ジョー、高校生

その夏、いたるところにハエの大群がいました。そこでハエたたきコンテストが始まりました。ある管理者が、ハエを100匹たたくごとに子供たちに10セントの防衛スタンプをあげるというアイデアを思いつきました。

すぐに、私は一攫千金のすばらしいアイデアを思いつきました。友達のジミーに、どうすれば切手をたくさん獲得できるかを話しました。私たちがしなければならなかったのは、即興でやるだけでした。

スクリーンを手に入れて円筒を作りました。片方の端に穴の開いた逆円錐を作りました。ハエは円筒の中の餌の匂いを嗅ぎつけて中に入ることができますが、外に出ることはできません。餌はゴミの中から掘り出したもので、ハエを引き寄せるものなら何でもいいのです。

そこらじゅうにハエがいたのですが、私たちは豚の農場に行きました...そこにはたくさんのハエがいました。それで、豚小屋の近くに罠を仕掛けたのですが、あっという間にハエでいっぱいになりました。でも、ハエは生きていました。

そこで洗濯室で、罠を熱湯に浸けました。するとなんと、ハエは全部死んでしまいました。それから、ハエをガラスの瓶に入れて、ハエを引き取る場所に持っていきました。

まあ、一度はうまくやり過ごせたのですが、次の時には、彼らのうちの一人が「ちょっと待って...これは叩かれてないよ!平らじゃない。何かおかしい。このハエは丸ごとだよ!」と言いました。

彼らは私たちに賢明で、「これからはすべてのハエを叩かなければならない」と言いました。

それで私たちはそれをあきらめました。私の独創的な一攫千金の計画は打ち砕かれました!

ジョー・タムラ、ハートマウンテン・ラスベガス同窓会での JFO インタビュー、2005 年 10 月 4 日

豚とハエと一攫千金の計画(写真:国立公文書館)


1944年国旗記念日

関わっていたのはボーイスカウトだけではありませんでした。ガールスカウトは切手を売ったり、紙くずを集めたりしていました。彼女たちも少年たちと同じくらい愛国心を持っていました。実際、国旗記念日にエドナ・タナカは次のような愛国的なスピーチをしました。

アメリカの国旗は私が知っている唯一の国旗です。この国旗記念日に、私はアメリカ国民としてこの国旗に忠誠を誓い、敬意を表するつもりなので、この国旗が私が知る唯一の国旗となることを繰り返し述べます。

国旗は私に誕生と教育、そして生きる機会を与えてくれた国の象徴です。もしそれらの原則が侵害されているとしても、それは国旗が悪いからではありません。アメリカが悪いからでもありません。そうではなく、この国が建国された原則が忘れ去られているからです。

明日の若い国民として、私たちがこの国の成人国民になったときに、国旗が何を象徴しているかを忘れないようにしましょう。

国旗に敬礼してこう言いましょう。「良きアメリカ人として、私は皆さんが何を支持しているかを決して忘れません。」

ハートマウンテンセンチネル、1943年6月19日、5ページ

スカウト活動は 10 のキャンプすべてで重要でした。彼女たちはアメリカの祝日や地域の主要イベントごとに行進しました。このガール スカウトたちは 1943 年の休戦記念日にアリゾナ州ヒラ リバー キャンプで行進していました。(写真: 国立公文書館)

パート2を読む>>

* 『Unforgotten Voices from Heart Mountain 』は、Amazon(Kindle版)およびJANMミュージアムストア(ペーパーバック)からご購入いただけます。

© 2023 Joanne Oppenheim and Nancy Matsumoto

ボーイスカウト ガールスカウト ハートマウンテン ハートマウンテン強制収容所 Unforgotten Voices from Heart Mountain(書籍) アメリカ合衆国 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所 ワイオミング州 イエローストーン国立公園 若者
執筆者について

ジョアン・オッペンハイムの『Dear Miss Breed』『日系アメリカ人強制収容の真実』『変化をもたらした図書館員』は、カーター・G・ウッドソン賞とニューヨークタイムズのティーン向けベストリストを受賞。また、『 Knish War on Rivington Street』は、シドニー・テイラー著作賞と2018年GANYCアップル賞を受賞。著書『 Have You Seen Birds?』は、カナダ児童文学評議会賞を受賞。彼女は、スタンリー・ハヤミの『Nisei Son』など、児童、若者、成人向けの本を50冊以上執筆。彼女は、子供向け製品のレビューを行うオッペンハイム・トイ・ポートフォリオの社長であり、NBCの「トゥデイ・ショー」の寄稿者でもある。

2022年4月更新


ナンシー・マツモトは、アグロエコロジー(生態学的農業)、飲食、アート、日本文化や日系米国文化を専門とするフリーランスライター・編集者。『ウォール・ストリート・ジャーナル』、『タイム』、『ピープル』、『グローブ・アンド・メール』、NPR(米国公共ラジオ放送)のブログ『ザ・ソルト』、『TheAtlantic.com』、Denshoによるオンライン『Encyclopedia of the Japanese American Incarceration』などに寄稿している。2022年5月に著書『Exploring the World of Japanese Craft Sake: Rice, Water, Earth』が刊行された。祖母の短歌集の英訳版、『By the Shore of Lake Michigan』がUCLAのアジア系アメリカ研究出版から刊行予定。ツイッターインスタグラム: @nancymatsumoto

(2022年8月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。