Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/4/9/japanese-women-chicago-3/

第3回 母と子のために母の会

コメント

島津夫妻とヨシオさん。伊勢/ジマーマン家提供。

パート2を読む>>

島津美咲はヨネとともに、1913年に子どもたちの監督と養育を行う「母の会」を設立した。この施設は島津夫妻の住居としても機能していた。1 施設を開設した理由の1つは、ヨネ自身が母親になったことだった。1913年頃、子どものいなかった島津夫妻は、男の子と女の子の2人の日本人の子どもを養子として迎え、育て始めた。養子となったとき、1909年にニューヨークで生まれた女の子のフミコは4歳、1906年にミズーリ州セントルイスで生まれた弟のヨシオは6歳だった。

島津家の二人の子供たちの物語は、次のようなものだ。母親のイワは日本で日本人のジョージ・ナカザトと出会い、彼が米国に日本の品物を輸入するビジネスで大成功していると聞いた。2人は米国で駆け落ちしたが、生活は思いのほか厳しく、イワは仕事に行かなければならず、二人の子供たちは黒人家庭に預けられた。噂によると、イワは夫に売春を強要されたという。3追い詰められ、一人では育てられなくなった彼女は、子供たちをヨネに連れてきて、JYMCI で暮らした。4

ジョージ・ナカザトは、ファーストネームをヨシオ、そしてシゲオと変え、シカゴの63番街に小さなレストランを開き、ウェイトレスの渡辺信(またはスガノ)という日本人女性と暮らしていたと噂されていた。5ヨネは、女性同士の深い同情と共感の感覚で、イワと2人の子供と強い関係を築いた。特にイワは、ヨネの夫である島津美咲と同じく山形出身だったからだ。彼らは全員、1917年に山形に住む美咲の姪を訪ねるために一緒に日本を訪れた。6その頃、ジョージ・ナカザトはロードアイランド州プロビデンスでレストランを経営していた。7 イワやがて再婚し、カリフォルニアに移住した。8しかし、イワを追うかのように、約10年後、ナカザトは詐欺師であるという噂のあるロサンゼルスに現れた。9

実際、ヨネがシマズと結婚した1910年以前から、シカゴに捨てられた貧しい日本人の子供たちの報告はあった。例えば、1906年10月17日のシカゴ・トリビューン紙は、日本人の男の子を養子に迎える人を募集する次のような広告を掲載した。「シカゴで、聡明な日本人の男の子に家を与えてくれる人はいませんか?母親は未亡人となり、見知らぬ土地のよそ者となった。英語も話せず、きつい肉体労働もできない。夫の死で彼女はほとんど困窮し、幼いヨの誕生で彼女の負担はさらに重くなった。」

数年後、1908 年 8 月 30日付シカゴ・トリビューンは、「保育器の中の日本の幼児」と題する次のような記事を掲載した。「太陽の光と月の光、あるいはお月様とお天道様は、つい最近シカゴで日本人の母親から生まれた 2 人の小さな人間のかけらであり、その生命力は普通の赤ちゃん 1 人分にも満たないほどであった。…彼らは非常に衰弱しており、通常の条件下では生き延びることができず、[リバービュー] パークの保育器に運ばれた。」 10来場者が彼らの福祉に貢献できるように展示されたこれらの赤ちゃんたちの人生は、もしヨネ・シマズが 1906 年または 1908 年にシカゴで日本人女性や子供たちを助けていたなら、まったく違ったものになっていたかもしれない。

米と芙美子(読売新聞、 1922年1月25日)

ヨネ自身も二児の母あり、1915 年 6 月から日本人母親の集まりを始めた。40 名の母親と子供たちが集まり、子供たちが外で遊んでいる間に日本人女性たちが日本語で自由におしゃべりする良い機会となった。11 1916 年 7 月初旬、ヨネは日本人の子供たちのための夏期学校を開いた。この学校にはアメリカ人女性も招かれ、子供たちの健全な成長を促すために編み物、工芸、水泳を教えた。この学校はシカゴのデイリー バケーション バイブル スクールと共同で運営され、平均週出席者数は12名で、夏期には 6 回授業が行われた。12

ヨネの夫である島津美咲牧師によれば、当時シカゴにいた日本人の子供は44人ほどで、その多くは日本語が理解できなかった。島津牧師が子供たちに日本文化の価値や美しさを知ってもらおうとイラスト入りの英語のニュースレターを発行しようと計画していたことはわかっている、そのような子供向けのニュースレターが実際に発行されたかどうかは定かではない。

1910 年の国勢調査によると、シカゴには 18 歳未満の日系人が 26 人 (男 10 人、女 16 人) おり、そのうち 9 人 (男 4 人、女 5 人) が混血でした。そのうち 17 人の子供は両親とも日本人でしたが、日本で生まれたのはそのうち 6 人だけでした。日系二世の子供のうち 19 人はイリノイ州生まれで、1 人はミズーリ州出身でした。

1920 年の国勢調査では、18 歳未満の日系人の子供の数は 85 人 (男 34 人、女 51 人) に増加し、そのうちのほぼ半数にあたる 41 人 (男 13 人、女 28 人) が混血児でした。85 人のうち、日本で生まれたのは 1 人だけで、残りの 64 人はイリノイ州で生まれました。当時の同化主義的な環境下では、これらの子供たちが日本語や日本文化を理解できなかったのは残念ではありますが当然の結果でした。

ヨネの善良なサマリア人としての行為は、1916 年に新聞にも取り上げられた。シカゴで「午前 2 時に、グランド アベニューとノース ラ サール ストリートの交差点の戸口で、ぐしゃぐしゃに倒れているのが発見さ」、警察に連行されたのである。もちろん、ヨネが呼び出され、少女の世話をしたのはこのときだった。15この話はシカゴのメディアでちょっとしたセンセーションを巻き起こした。少女の名前はワンダ タンゴで、彼女は最初、当局に「両親はミシガンのどこかにいます。私は横浜で生まれ、そこからやって来て、10 歳までホノルルの修道院に入れられました。アメリカには 8 年間います」と告げた。16 8 月初旬に再び逮捕されたとき、彼女は自分はミシガン生まれの純血のチェロキー インディアンだと言った。17 3 度目の逮捕のとき、彼女はまたもや証言を変え、母親はフランス人女性で父親はインディアンだと言った。度重なる軽犯罪のため、彼女は 30 日間の禁固刑を宣告された。 18シカゴの日本人コミュニティからの反応は興味深いものでした。

シカゴのさまざまな新聞が度々誤報を報じたため、シカゴ日本人会会長の近藤長栄はシカゴ・ヘラルド紙の記者と面会し、記事について苦情を申し立て、この事件、特にその報道は日本人一般にとって迷惑であり、今後同様の事件が起きた場合、事前に日本人コミュニティと協議した上でのみ記事を掲載すべきだと主張した。19 2か月後の10月、「日本人キャバレーガール」ワンダ・タンゴがアーチャー・アベニュー橋近くの川で殺害されているのが発見された。明らかに彼女は絞殺され、川に投げ込まれた。20 ワンダ・タンゴの正体を知る者は誰もいなかったようだった。

シカゴの日本人女性コミュニティを率いるヨネにとって、資金集めも重要な仕事だった。1916年8月12日には、夏期児童学校を支援するバザーが開催され、約300人が参加した。その中には、日本人、アメリカ人、老若男女、来栖領事夫妻、領事の秘書3人、シカゴ市長の友人である有名なキリスト教の司祭などが含まれていた。メンバーの懸命な努力と日本人実業家からの多額の寄付のおかげで、バザーのチケットは1200枚以上売れ、日本食やその他の商品の売り上げは約180ドルに達した。22

この間、シカゴの日本人成人女性の人口は着実に増加し、1910 年には 25 人 (既婚 15 人、独身 10 人)、1920 年には 55 人 (既婚 43 人、独身 12 人)、1930 年には 84 人 (既婚 59 人、独身 25 人) となった。この人口増加に伴い、特に第一次世界大戦勃発後、日本人婦人クラブはアメリカ社会でより大きな役割を果たすようになった。1917 年 4 月にアメリカが参戦すると、戦時中はシカゴの性別や民族の状況を変えた。23 「第一次世界大戦は、女性に有給およびボランティアの両方で多くの新しい機会を与えた。最も人気のあるボランティア団体の 1 つはアメリカ赤十字社だった。」24社会における女性の役割が変化した今、ヨネが運営する日本人婦人クラブは、その使命を変更し、会員数と活動を拡大して、より大規模なコミュニティや大義に取り組み、関与する必要があった。

このような社会的、政治的な状況の中で、1917 年に日本キリスト教青年会 (JYMCI) が 745-749 East 36th Street に移転した後、日本婦人クラブは 1918 年 2 月に団体名を婦人会に改めた。25この時点以降、婦人会がアメリカ社会の主流にもっとアピールできるように、アメリカ人女性により多くの役割が与えられ、婦人会の会長に選ばれるようになった。さらに、会員数が増えたため、婦人会の会合は会員の自宅で開催されるようになった。例えば、1918 年 2 月にはマグノリア通り 4910 番地の大塚甚一郎の家で26、1926年 10 月にはイーストオンタリオ 205-207 番地の岡本幸之助の家で28、1926年 11 月にはイースト 54th Street 1017 番地の伊藤徳松の家で29開かれた

大塚甚一郎は1905年からシカゴに住み、お茶、コーヒー、日本製品を輸入する日之出貿易会社を経営し、ブロードウェイでバンザイレストランも経営していた。伊藤は1906年からノースクラークストリートのさまざまな店で日本美術品を販売し30 、後に1920年代から1930年代にかけてシカゴフィールド博物館やシカゴ美術館で美術品の修復作業に従事した。31岡本幸之助は1920年にシカゴで日本品ビジネスを始め、1923年に宿泊客の仲介に重点を切り替え、イーストオンタリオ205-207番地で日本式ホテル、岡本ホテルを経営した。これら成功した実業家の妻や子供は皆、日本人女性クラブと婦人会の会員であった。大塚には子供がいなかったが、伊藤には5人の子供がいて、そのうち4人はイリノイ州生まれ、岡本には6人の子供がいて、全員がイリノイ州生まれであった。

当時の婦人会会員には、島津よね、岡本いね、大塚きよのほかに、石塚あきら夫人(さよ)と浜野虎次郎夫人(きく)がいた。32石塚あきらは家具装飾家33で、1915年からシカゴで働き、1927年に日本に帰国した。34浜野きくは、1920年代初頭からサウスサイドで日本人下宿屋を経営していた。35

さまざまな背景を持つ日本人女性たちが日本婦人クラブや婦人会にどんどん参加するようになるにつれ、1910年代後半にはヨネは婦人クラブにおける指導的立場から徐々に退いていったようだ。

パート4を読む>>

ノート:

1.日米大成年鑑、 1914年、p. 151;シカゴNY新報、 1913年4月26日。

2. 1910年の国勢調査。

3.ニューヨーク新報、 1926年8月25日。

4.読売新聞、 1922年1月25日。シカゴ・ニューヨーク新報、 1913年3月29日。

5.ニューヨーク新報、 1914年11月21日;シカゴ・ニューヨーク新報、 1913年3月29日。

6. カリフォルニア州、乗客および乗組員リスト 1882-1959。

7. 第一次世界大戦の登録。

8.読売新聞、 1922年1月25日;ロサンゼルスのヨシオ・ジョージ・ナカザト氏の第二次世界大戦時の登録証。

9.ニューヨーク新報、 1926年7月3日。

10.シカゴ・トリビューン、 1908年8月30日。

11.日米週報、 1915年7月3日。

12.日本人学生、 1917年12月。

13.日米週報、 1916年8月5日。

14.シカゴ・トリビューン、 1916年7月24日。

15.日米週報、 1916年8月19日。

16.シカゴ・トリビューン、 1916年7月24日。

17.デイブック、 1916年8月5日。

18.シカゴ・トリビューン、 1916年8月6日。

19.日米週報、 1916年8月26日。

20.シカゴ・トリビューン、 1918年8月18日。

21.日本人学生、 1917年12月。

22. 日米週報、 1916年8月26日。

23.シカゴ百科事典 p. 896.

24. 同上、B32ページ。

25.日米週報、 1918年2月16日。

26. 1920年の国勢調査。

27.日米週報、 1918年2月16日。

28.日米時報、 1926年10月16日。

29.日米時報、 1926年11月20日。

30. 日米週報、 1918年5月11日。

31. グレッグ・ロビンソン『 The Unsung Great』 、248ページ。

32.日米時報、 1926年10月16日;タカコ・デイ『イリノイ州の知られざる日本人英雄たち』「第1章(第3部):日本人の庭園設計者、家事労働者、そして彼らの「親日家」の雇用主:シカゴの浜野寅次郎・菊夫妻とジュリアス・ローゼンワルド」、ディスカバー・ニッケイ、2022年6月19日。

33. 1917年シカゴ市の電話帳。

34.日米時報、 1928年4月28日。

35. タカコ・デイ『イリノイ州の知られざる日本の英雄たち』第 1 章 (パート 3)

© 2023 Takako Day

シカゴ 世代 Haha no Kai (イリノイ州、シカゴ) イリノイ州 移民 移住 (immigration) 一世 日本 Japanese Women's Club (シカゴ, Ill.) 移住 (migration) アメリカ合衆国 ヨネ・シマヅ
このシリーズについて

アメリカへの日本人移民の歴史を通じて、女性は男性の影に隠れた存在として、二流の市民として扱われてきました。このシリーズでは、戦前のイリノイ州シカゴの日本人女性コミュニティについて解説します。このコミュニティは、バイリンガルの日本人クリスチャン女性によって組織され、シカゴのさまざまな女性や日本人女性を巻き込み、シカゴのコミュニティ全体に多大な貢献を果たしました。

詳細はこちら
執筆者について

1986年渡米、カリフォルニア州バークレーからサウスダコタ州、そしてイリノイ州と”放浪”を重ね、そのあいだに多種多様な新聞雑誌に記事・エッセイ、著作を発表。50年近く書き続けてきた集大成として、現在、戦前シカゴの日本人コミュニティの掘り起こしに夢中。

(2022年9月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。