Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/3/24/masaki-gaja/

バランスの三世 ガジャマサキ

マサキ・ガジャは幼少期の一部を日本で過ごし、若い頃はデカセギでした。 (写真:個人アーカイブ)

グラフィックデザイナーの我謝正樹氏のケースは珍しい。彼は 2 つの段階で日本を経験してきました。1 つ目はデカセギの親子として、そして 2 つ目は若いデカセギとしてです。

日本に来て合計9年になります。初めて、6歳のとき、それは自分で選んだ運命ではありませんでした。 2人目は20歳のとき、つらい状況に追い込まれたとはいえ、そうなった。


日本:いじめとサッカー

1990 年はペルーでカセギ ブームが起こった年の 1 年でした。マサキは 6 歳、小学 1 年生で、母親と一緒に日本へ旅行しました。1 年前に父親が出稼ぎに行っていました。

マサキは、知らない言語、そして他の習慣や文化規範が存在する社会という逆境の中で、一年生の勉強をやり直さなければなりませんでした。彼はいじめが何であるかをすぐに理解しました。誰も彼にそれを説明しませんでした、彼はそれを直接体験しました。自分を守るために、彼は時には戦わなければならなかった。

父親が新しい仕事に就いたのを機に、家族は引っ越しました。それはマサキにとって何を意味したのでしょうか?別の学校。そしてさらにいじめ

どちらの学校でも彼は初めての外国人だったので、外国人との接し方に慣れていませんでした。その中には、いじめから身を守るために彼を「反逆者」と呼んだ人種差別主義者としてマサキさんの記憶にある教師も含まれていた。

しかし、二校目では思わぬ味方のおかげでイジメを撃破することができた。

父親は彼を野球の練習に車で連れて行こうとしたが、彼はそれが気に入らなかった。正樹はサッカーに挑戦し、とても上手だったので、それが彼の入学の手段となりました。

「サッカーは私にとって日本人とのつながりであり、統合することができました」と彼は言います。

それ以来、すべてが良い方向に向かっていきました。彼は日本語を学び、コミュニティに根を下ろしました。 「異質ではありますが、統合されているように感じました」と彼は言います。

ペルー:いじめとサッカー、再び

12歳のとき、マサキさんは両親と日本生まれの妹とともにペルーに帰国した。父親がリマで仕事を得る機会を得たので、ガジャ一家は再び総動員された。

マサキさんはラ・ユニオン日系学校に在籍しており、日本での経験をペルーでも繰り返しました。

学校では、私は「日本人」、つまり「輸入人」でした。日本からの新参者は「オタクで中途半端で、頭がおかしい」と見なされていた。 「それがポンジャのやり方だ、つまり中途半端だ」と彼は思い出す。

「無実の」ポンジャ族とは対照的に、ペルー人は「生きた人々」でした。 「私も戦った。尊敬されなければならなかった」と三世は言う。

日本と同様、サッカーが彼らを助けてくれた。学校の休み時間に彼のプレーを見た彼らは、彼の成績が良かったため、ラ・ウニオン・スタジアム協会(AELU)のチームに加わるよう彼を呼んだ。

ペルーへの復帰に貢献しただけでなく、サッカーをすることで彼は一定の地位を獲得し、周囲から尊敬されるようになりました。

「フットボールが私を救ってくれた」と彼は強調する。 「私は常にフットボールに忠実だ。人々とつながり、これはグループスポーツであり、他の人とコミュニケーションをとる必要があります」と彼は付け加えた。

いじめは完全にはなくなりませんでしたが、少なくとも沈静化しました。 「いじめの波を静めることができました」と彼は回想する。しかし、彼は自分がいじめの被害者であるのと同じように、他人にもいじめを与えていたと言う。 「私もいじめをしました。それが間違っていたことは認めます」と彼は告白する。

彼が克服しなければならない大きな障害はいじめだけではありませんでした。言語が違いました。

マサキはスペイン語を理解できましたが、実際にスペイン語を書くことをゼロから学ばなければなりませんでした。 「本当にショックでした」と彼は言う。彼がスペイン語に慣れるのに約1年かかりました。

日本に戻る

20歳のとき、ガジャ正樹の人生は新たな展開を迎えた。日本にいた彼の父親(ペルーでの仕事が失敗して帰国)が重篤な病気になった。

グラフィックデザインを勉強していたマサキさんは、父親の介護と本国送還に関連するすべての事務処理を行うために日本を訪れました。

それが彼の日本での仕事の最初の部分でした。 2つ目は、家族を維持するために父親を助けるためです。

突然、父親の仕送りで暮らしていた息子の正樹が事実上当主となった。

デカセギの段階で、彼は日本での6歳から12歳までの教育過程、特に日本語の学習がいかに重要だったかに気づきました。

"何かが起こった。人生はあなたを準備します」と彼は言います。

働くことで彼の目は新たな現実に開かれました。マサキさんは「お金は楽じゃない」と実感した。 「それは私をかなり成長させてくれました」と彼は言います。

当時まだ若い 20 代の彼は、環境や年齢の誘惑に抵抗しました。新車、パーティー、週末の先には未来がないかのような生活でした。

閉じこもってはいなかったが、脱線もしなかった。彼は救う方法を知っていました。彼はペルーの家族に送金するだけでなく、リマでの勉強のための資金も集めました。 (一時的に麻痺していた。彼は大学で2年間勉強していて、あと2年間進学する必要があった)。

マサキは日本とペルーの両方の環境に関係していました。不思議なことに、彼は両国でいじめに遭ったにもかかわらず、どちらの国でも快適に過ごすことができた。

彼は日本に3年間滞在しました。


彼の二人の両親

マサキは日本における 2 つのステージを明確に区別しています。

1つ目は、子供の頃、日本の制度によって規律、秩序、清潔さなどの価値観が彼に形成されたということです。それは彼が「ベース」と呼ぶものです。日本はそれに基礎を与えた。

2つ目は「仕事の大切さ」を学びました。彼がグラフィックデザインの勉強を終えるために(お金を無駄にするのではなく)貯蓄するという決意を持ち続けたとしたら、それは日本で子どもの頃に植え付けられた規律のおかげでした。

日経ヤングアートサロン参加作品。 (写真:個人アーカイブ)

このため、彼は日本が提供してくれた訓練に何度も感謝しており、それを今日の私生活や仕事に生かしています。もちろん、バランスとは、彼がインタビュー中に何度も口にした言葉です。それはあなたの人生の鍵です。彼にとってそれは、極端なことをせず、両方の文化の良いところを取り入れようとすることを意味します。

バランスとは、例えば、日本人のように時間を厳守し、秩序正しく行動することを意味しますが、彼らの特徴である上下関係の硬直性に囚われず、むしろペルー人のように柔軟に対処することを意味します。

日本が彼に与えてくれたすべてにもかかわらず、マサキは今、自分が「純粋にペルー人である」と感じていると明言している。

彼によれば、日本は遺伝子の父、根の父、正統な祖先であり、一方ペルーは愛情の父であり、人間としての繁栄の父であるという。

ペルーでは、日本にはない「感情的なつながり」を楽しんでいる。

「そこで彼らは適切な方法であなたを抱きしめます。一方、ここではハグ、キスです。私は、自分が好きな行動に対して自分自身をオープンにすることを学びました。私は愛情深いことが好きです。最後に、それは人間であり、そこにいるようなロボットではありません。そこ(彼らは)とてもロボットのようで、とても遠いところにいます。だからこそそのバランスを保っているのです。」

© 2023 Enrique Higa

デカセギ 外国人労働者 世代 アイデンティティ 日本 マサキ・ガジャ 移住 (migration) 在日日系人 ペルー 三世 サッカー スポーツ
執筆者について

日系ペルー人三世で、ジャーナリスト。日本のスペイン語メディアインターナショナル・プレス紙のリマ通信員でもある。

(2009年8月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。