Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/3/13/emigration-to-dominican-republic-2/

戦後のドミニカ共和国への日本人移民 ― 第2部:日系アメリカ人の反応

パート 1 を読む >>

サントドミンゴ(ドミニカ共和国)の日本人移民記念碑

前述のように、戦後日本政府が始めたドミニカ共和国への日本人再定住計画は、当初から問題を抱えていたが、1961年半ば、ドミニカ共和国の有力者ラファエル・トルヒーヨの暗殺により崩壊した。1年以内に、関係者の半数以上が日本に帰国し、残りの大部分はブラジルや他の国に移住した。この物語の数少ない輝かしい要素の一つは、日系アメリカ人コミュニティが難民支援に力を入れたことだ。

1961 年 10 月、日本人を本国に送還するための船がドミニカ共和国に到着すると、米国のコミュニティ代表は難民の窮状を知り、急いで資金と衣類の収集を組織した。新日米は、最初の一行 20 名(大人)と 14 名の子どもを乗せた大阪貨物船「あるぜんちん丸」がサンフランシスコに到着する予定であると報じ、いくつかの地元コミュニティ グループが救援活動の計画を発表した。

地元の日米会事務局長、川瀬泰一氏によると、1週間以内に地元の日本人独立教会が最初の寄付金42ドルを出し、日本人セブンスデー教会が180ドルを送った。さらに和歌山グループから20ドル、バークレーのメイ・K・フジタから2ドルが寄せられた。難民のための衣類の束は、サッター通り1830番地のYMCAビルと、サッター通り1759番地の地元JACLビルにある日米会事務所に届けられた。地域住民も、難民に配るために何千ポンドもの衣類やキャンディー、缶詰を寄付した。

パシフィック・シチズン紙の記事によると、あるぜんちん丸が到着するまでに、湾岸地域の同情的な人々は合計1,683.25ドルを集めており、難民と会うために船に乗った川瀬は枝松船長にそれを手渡した。そのお金には日本円20万円のほか、グリーンバック、シルバードル、ニッケル、ペニー硬貨まで含まれていた。

記事によると、避難民の代表である鹿児島県出身の萩原吉三さん(34歳)と高知県出身の川村静夫さん(38歳)は、地元住民からの贈り物に明らかに感動していたという。

「私たちは新しい土地に定住しようとしてとても苦労し、この船に乗る前の数か月間、官僚たちに振り回され、人間の善良さにほとんど信頼を失っていました」と難民の一人は説明した。「しかし、ロサンゼルスとサンフランシスコで良い人たちに出会ってから、自信を取り戻し、神への信仰を取り戻しました。ここの日本人コミュニティに心から感謝しています。」

枝松喜久雄船長は、ドルは横浜で日本円に両替され、難民の間で公平に分配されると発表しました。「衣類が余ったら、今年ドミニカ共和国から帰国する他のグループに渡すよう横浜で手配します。」

パシフィック・シチズン誌の記事、1961年

一方、ロサンゼルスでは、地元日本人商工会議所の役員会が満場一致で、帰還者への経済的支援を決議した。商工会議所のポール・タケダ事務局長は、商工会議所事務所でボランティアからの寄付金と衣類を受け取り、第 2、第 3 難民グループに届けると発表した。商工会議所は、数日のうちにロサンゼルス地域の日本人から約 550 ドルと 4 トンの衣類を寄付した。ドミニカ共和国の日本人移民を乗せて日本へ帰還するサントス丸がロサンゼルス港に到着すると、商工会議所の田辺栄治氏が、田中覚夫氏と岩本良平氏に同行して、寄付金の贈呈を申し出た。

新日米の編集者、木戸三郎氏は、熱帯地方から逃れてきた難民が日本での冬を乗り切るための暖かい服を手に入れられるよう、読者に寄付金、特に中古の冬物衣類の寄付を呼びかけました。さらに、寄付金は「失望して意気消沈している人々に、手を差し伸べてくれる人がいるという励ましとなる」と彼は語りました。興味深いことに、木戸氏は、日系アメリカ人は自らの家族の経験を踏まえて、難民に対して特に寛大で同情的であるべきだと主張しました。

「この国に初めて来た両親の経験を聞いたことがある私たちは、ドミニカ難民が耐えなければならなかった困難を理解することができます。私たちのために基礎を築く間、一世の開拓者たちは苦しみ、忍耐しなければなりませんでした。インペリアルバレー、フレズノ地域、リビングストン、ターロック、コルテスの大和コロニーの開発は、西部の発展に貢献した一世の頑強な開拓精神の物語でいっぱいです。私たちに求められているのは、それほど大きな犠牲ではありません。」

ドミニカ共和国からの日本人難民のニーズは、北カリフォルニアと中央カリフォルニアの日本人コミュニティと南部の日本人コミュニティの間に友好的な競争を生みました。あるぜんちんの乗客に重要な援助を行った後、北部のコミュニティのリーダーたち(そのほとんどは一世)は、次の船の乗客を支援するために救援委員会を組織しました。第 2 回目の救援活動で、合計 8,024 ドル 20 セントが集まりました。南カリフォルニアの日本人コミュニティがすでに集めた金額に加えて、約 600 ドルがサントス丸の難民グループに渡されました。

寄付金のほとんどは、OSK のアフリカ丸で到着する予定の 3 番目の難民グループのために確保されました。最終的に、アフリカ丸に乗っていた 149 人の難民には、南カリフォルニアの寄付者から 500 ドル、残りは北カリフォルニアの委員会の募金から、それぞれ 10 ドルが与えられました。北カリフォルニアの一世と二世から寄付された約 6 トンの衣類は、アフリカ丸が寄港中に積み込まれ、半分は太平洋横断の航海中に難民にすぐに配布され、残りは将来の難民が使用するために大阪の倉庫に保管されました。

4 か月後の 1962 年 3 月までに、南カリフォルニア日系商工会議所は、ドミニカ難民のために合計約 950 ドルの現金と 12 トンの古着が集まり、合計 350 人が支援を受けたと発表しました。商工会議所は、配布すべき古着は 1 トンと現金 187 ドルしか残っていないと主張し、地元の人々に衣類と現金の寄付をさらに呼びかけました。

1992 年 4 月、OSK 定期船「アメリカ丸」がサンフランシスコに寄港しました。同船はドミニカ共和国からの帰国者 207 名 (49 家族) を乗せていました。数日後の出港までに、海外に帰国した 207 名は、現地の救援委員会から 1,535 ドル、ロサンゼルス日系コミュニティ救援基金からさらに 535 ドル、合計 2,070 ドルの現金を受け取っていました。また、現地の救援委員会から約 2 トンの古着を、ロサンゼルスでさらに 3 トンを受け取りました。このグループには 150 名の子供も含まれていました。彼らはパイン メソジスト教会の代表者から約 20 ドル相当のキャンディーを、地元のキャンディー店のオーナーである中田誠治氏から 9 缶のキャンディー (80 ドル相当) を受け取りました。乗船していた帰国者の代表である A. フジタ氏は、カリフォルニアの日系コミュニティに対して「私たちは心からあなた方の親切に感謝しています」と感謝の意を表しました。

ある意味では、1961年から1962年にかけて西海岸の日系社会が組織した人道支援活動は、彼らが10年ほど前に戦後占領期の日本救済活動のために実施した大規模な援助活動の追記だった。当時、日本人は広範囲に渡る荒廃に直面し、多くの人々が日系社会から受けた支援によって飢餓から救われた。しかし、そこには重要な違いがあった。占領期に日本に援助を提供した一世と二世は、しばしば自らの親族を支援していたか、少なくとも馴染みがありつながりを保っていた母国や祖先の国の人々を支援していたのだ。

逆に、ドミニカ共和国からの難民がカリフォルニアの港に到着した当時、彼らに会ったことのある日系アメリカ人はほとんどおらず、再定住した難民と知り合いだった人もほとんどいなかった。彼らの支援と同情は利己的ではなく、慈悲の産物だった。したがって、すべてを失い、生活を立て直すためにできることをしようとしていた人々にとって、彼らの支援と同情は、より一層感動的で歓迎すべきものだったと思われる。

© 2023 Greg Robinson

1960年代 カリフォルニア州 カリブ人 ドミニカ共和国 (Dominican Republic) 日本 日系アメリカ人 ロサンゼルス サンフランシスコ アメリカ合衆国
執筆者について

ニューヨーク生まれのグレッグ・ロビンソン教授は、カナダ・モントリオールの主にフランス語を使用言語としているケベック大学モントリオール校の歴史学教授です。ロビンソン教授には、以下の著書があります。

『By Order of the President: FDR and the Internment of Japanese Americans』(ハーバード大学出版局 2001年)、『A Tragedy of Democracy; Japanese Confinement in North America』 ( コロンビア大学出版局 2009年)、『After Camp: Portraits in Postwar Japanese Life and Politics』 (カリフォルニア大学出版局 2012年)、『Pacific Citizens: Larry and Guyo Tajiri and Japanese American Journalism in the World War II Era』 (イリノイ大学出版局 2012年)、『The Great Unknown: Japanese American Sketches』(コロラド大学出版局、2016年)があり、詩選集『Miné Okubo: Following Her Own Road』(ワシントン大学出版局 2008年)の共編者でもあります。『John Okada - The Life & Rediscovered Work of the Author of No-No Boy』(2018年、ワシントン大学出版)の共同編集も手掛けた。 最新作には、『The Unsung Great: Portraits of Extraordinary Japanese Americans』(2020年、ワシントン大学出版)がある。連絡先:robinson.greg@uqam.ca.

(2021年7月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。