Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/2/28/maia-harima/

マイア・ハリマ — 著名な服飾デザイナー

コメント

播磨舞亜

播磨舞亜さんは三世(三世)です。彼の家族は秋田県、茨城県、滋賀県の出身です。彼はブエノスアイレスのラプラタ市にある日本植民地で育ちました。彼女は名門ブエノスアイレス公立大学で服飾デザイナーとして訓練を受け、頭角を現しました。今日、彼は自分の才能と芸術を披露するために先祖の地に来ています。

あなたにとって「日系人であること」とは何ですか?

日系人という言葉は非常に幅広い言葉だと思いますが、私の観点からすると、それは日本にルーツを持つことを意味します。私は日系三世であり、移民の孫娘であるため、顔は日本人ですが、教育と文化は日本とアルゼンチンの 2 つの国の融合であると認識しています。


アルゼンチンの日系社会との関係はどうでしたか?

私は幼少期に「日系」スポーツイベント(パンアメリカンスポーツゲームなど)に参加したほか、私が子供の頃に育ったクラブであるラプラタ日本人協会を代表して文化イベントにも参加しました。私は現在、NFSA(日本財団奨学生協会)の奨学生です。 「日経奨学金」に相当するプログラムで、私は東京での大学院2年制に近づきました。

マイア・ハリマと日本人コミュニティへの参加(ラプラタ日本人会)


いつから服飾デザインを始めたんですか?

小さい頃から手芸全般が好きでした。キャリアを探し始めなければならなかったとき、それはデザインに関係するものだと確信していました。グラフィックデザインか服飾デザインか迷いましたが、最終的には「ファッション」に決めました。私のインスピレーションは、衣服で何か重要なことができるのではないかということでした。


どのようなデザインスタイルが好きですか?

マイア・播磨による「日経」コレクションのデザイン

現在は、環境に優しい生産プロセスや素材を研究することを中心にデザインを行っています。何よりも、シンプルなシルエットと、色のディテールを備えたニュートラルカラーを備えたミニマリズムがその美的要素です。


あなたの日系人はこの職業にどのような影響を与えていますか?

学位を取得したら、ブランド、コレクション、パッケージングをシミュレートして論文を書かなければなりません。このプレゼンテーションを「日経」と名付けたのは、この言葉(日経)をぜひ広めたかったからです。

日本への旅行から生地の端切れを持ってきて、それをアルゼンチンの天然繊維に組み込みました。帯とアルゼンチンウールを融合させるという、2つの糸による2つの文化の融合が面白かったです。

こうして私は、アルゼンチンで最も重要なファッション イベントの 1 つであるブエノスアイレス ファッション ウィーク (BAF ウィーク) に参加し、自分のアートと自分のルーツを広めることができました。勝った日、私はすべての犠牲と努力に感謝しました...その経験は信じられないほどでした。

マイア・ハリマ・ファッション・ミーティング ブエノスアイレス・ファッション・ウィーク(BAFウィーク)

今は日本にいますが、どんな教訓を受けましたか?  

私はファッション テクノロジーを専門としており、そこでシステムの生産的な部分を学びました。私の研究は、持続可能なプロセスと材料の探索に基づいていました。

日本における播磨マイア

間違いなく、マイアは国境のない若いアルゼンチン日系人の才能であり、アルゼンチンと日本の芸術と文化の間の真のつながりです。彼女がデザインでそれを伝えるのと同じように、彼女にインスピレーションを与えた人について言及するときも、それを言葉で表現します。

「私の好きな日本のデザイナーは、ヨシ・ヤマモトと酒井四郎です。アルゼンチン出身のルシア・チェインは、私がブランドでのキャリアを追求するきっかけとなったデザイナーです。 「彼らは、一か所で使えるものを超えたものを作っています。」

© 2023 Ricardo Hokama

アルゼンチン ブエノスアイレス ファッション 世代 日本 ラプラタ 三世 海外日系人協会 日本財団奨学生協会 日本財団 (The Nippon Foundation)
このシリーズについて

このシリーズでは、世界各地で暮らしている30歳未満の若い世代の日系人から話を聞きました。ニッケイ・コミュニティの将来をより発展させるために活動する若者たち、また斬新でクリエイティブな活動を通じてニッケイの歴史や文化、アイデンティティを共有し、探求している若者たちです。

ロゴデザイン: アリソン・スキルブレッド

詳細はこちら
執筆者について

リカルド・G・ホカマは、1968年にブエノスアイレスで生まれた日系人です。アルゼンチンカトリック大学でジャーナリズムを専攻し、ラジオとテレビの制作を専門としています。若い頃からアルゼンチンの日本人コミュニティで指導的立場に就いてきました。現在は、アルゼンチン日系センターとアルゼンチン元日本留学生センターの副会長を務めています。また、アルゼンチン日系センターの広報部長とアルゼンチン日系新聞の編集者でもあります。ホカマは、ブエノスアイレスのパレルモラジオでラジオ番組「ジャパントゥデイ」を制作し、監督しています。

2023年2月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。