ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/2/19/setsuko-moriya-3/

守谷節子 — パート 3

パート2を読む>>

それは何の話ですか?

彼は書類を何も持っていなかったので、船に乗ったのだと思います。でも船で働いていたので、そこで料理も学んだかもしれません。でもここに着くと、何日も何週間も隔離されるのをご存知ですか? その時、彼は逃げてワシントンに来ました。2月だったので、船からワシントンまで泳ぐには寒すぎました。それで彼は入国したのです。船はワシントンのどこかに停泊しましたが、数マイル離れていました。でも彼は島に住んでいたので泳ぎが得意でした。何マイルも泳ぐことができました。

それは本当に大変だったでしょうね。

はい。そして、兄は書類を持たずに渡らなければならなかったことを恥ずかしく思っていたようで、私たちにその話を決してしませんでした。しかし、兄が日本に行ったとき、下野側から聞いたのは、どれだけ寒かったかという手紙を兄が書いていたということです。

それは、生き残ることと、自分の持つあらゆるスキルを駆使することに関する、実に素晴らしい物語です。

君と同じくらい若い。彼が生き残って、生き続けることが大切なんだ。

それで、あなたは残りの期間をアマチェに留まりましたね。あなたの家族はいつ去ったのですか?

1945年だったと思います。戦争が終わったのはその時ですか?まだ終わっていませんでした。私たちは7月4日頃に出発しました。

それでサクラメントに戻って何をしましたか?

あの同じ中国人男性ですか?私たちが最初に会いに行ったのは彼でした。彼は私たちにソーダをくれました。それは本当に大きなごちそうでした。そして彼は鍵を私たちに渡し、私たちは家、ホテルに行きました。

すごい。あなたの持ち物はすべてそこに保管されていたのですか?

はい。何も手つかずでしたが、チャーリーという名の彼もそこに住まなかったので、家賃を払って別の場所を探しました。しかし、数ヶ月間誰もそこに住まなかったので、コウモリが出てきました。コウモリはついに去っていきました。いつだったかはわかりませんが、怖かったです。

帰宅後、生活は元に戻ったと感じましたか、それとも何か変化はありましたか?

出発する前、私たちは小さな子供のようでした。キャンプに行くと、大人にならなければなりません。自分以外のことにも気づきます。そして、自分は何者でもありません。

それによって自分が成長したと感じますか?

それで、出所したとき、あなたは11歳か12歳でしたか?

日本人や日系アメリカ人に対して人種差別が行われていたことに気づいたことはありますか?

戻ってきた近所はほとんど変わっていませんでした。日本人でなければ、みんな私たちのことを知っていました。階下の理髪店も私たちのことを知っていました。何も変わっていませんでした。でも、通りの向かいにはフィリピン人の男性が経営する日本のドラッグストアがありました。そして、その店だけが私たちにアイスクリームを出してくれませんでした。彼は私たちにサービスしてくれませんでした。私たちに腹を立てていたのでしょう。

あなたの両親は広島出身で、母方の親戚は戦時中に広島に住んでいたとおっしゃっていましたね。

ええと、私の母の妹です。

彼らは爆撃の影響を受けましたか?

彼らではありません。彼らは無事だったようですから。他の家族も無事でした。父方の家族も無事でした。爆弾の被害を受けたのは夫の家族です。彼らは別の地域にいました。トッシュの姉妹、つまり夫の叔母たちは原爆で視力を失いました。

彼らは何歳でしたか?

ええ、彼らは40、50歳だったかもしれません。彼らがつかまった街灯柱があり、それからすべてが起こりました。

とても悲しい。

私たちはその家族について何も知りません。それは彼らの家族ですから。彼らはそれについてあまり多くを語りませんでした。

ご主人とはどうやって知り合ったのですか?

まあ、さっき言ったように、ここはみんな日本人のエリアですよね?だからみんなお互いを知っていました。夫は違っていました。他のみんなはお互いを知っていましたが、夫は6歳のときに日本に行って、13歳か14歳で帰ってきました。

つまり彼は吉兵衛だったのです。

はい。彼は14歳くらいで戻ってきたので、もっと年上だったかもしれません。だから、たぶん9歳だったかもしれません。

彼はいつ帰ってきたのですか?

たぶん戦争が始まる数年前でしょう。

それで、実際に彼に会ったのはいつですか?何歳でしたか?

まあ、サクラメントでは誰もがこの家族やあの家族を知っていて、彼はキベイだったんです。彼と結婚したなんて驚きです(笑)。そもそもキベイに誰が注目するでしょうか?(笑)でも、たまたまそうなったんです。

【マス】いつから彼と付き合い始めたの?

彼は仕事として何をしていたのですか?

そうですね、彼は軍隊に所属していて、無線の知識がありました。ニューメキシコで電気関係の仕事をしていたので、エイリアンのことやその辺のことをいろいろ知っていたのでしょう。彼はエイリアンにとても興味がありました。私たちがランカスターに来たとき、そこでもエイリアンのことが話題になりました。

彼は朝鮮戦争のときには海外には行かず、サクラメントの人たちはみんな韓国に向かいました。彼はニューメキシコに留まり、彼と同じ仕事をする人たちと一緒にいました。しかし朝鮮戦争の後、彼はサクラメント州立大学に数学者として進学しました。

それでその後結婚したんですか?

まあ、彼は学位を取得したので、結婚しても大丈夫でした。

あなたには何人子供がいましたか?

あなたの夫はキャンプではどこにいましたか?

同じ場所です。まあ、彼はトゥーリー湖の別のブロックにいました。ずっとそこにいました。

マスは若くして亡くなったと言っていましたが、それはいつですか?

ああ、そう、彼は51歳でした。

どうしたの?

【Mas】:誤診か、病院側が何もしなかったのでしょうか?あの薬を処方しなかったのでしょうか?

いいえ、私たちは彼に会いに行ったのですが、彼は亡くなりました。

彼は突然亡くなったのですか?

そうですね、11月から体調が悪くなって、今年の1月4日に亡くなりました。

それで、あなたは基本的に、成人に近づいている子供もいるけれど、まだ幼い子供もいる子供全員を育てなければならなかったわけですね。あなたにとって、それはどんな経験でしたか?家族からのサポートはありましたか?

ランカスターに住んでいて、サポートはありませんでした。母は数か月滞在しましたが、夫が亡くなったその日、子供たちは全員キリスト教徒で、まだ洗礼を受けていませんでした。夫はキリスト教徒で、私は仏教徒でした。しかしその夜、どういうわけか、イエスに関するキリスト教の教えが私にはっきりと伝わり、その夜、私はキリスト教徒になりました。一夜にして。それでその年のイースターまでに、私たち全員が洗礼を受けました。それ以来、私はキリスト教徒です。キリスト教徒になったので、神からあらゆる助けを受けました。大丈夫でした。

あなたはそこに強さを見出しました。

そうです。私はキリスト教徒は弱虫だと思っていました。仏教徒は自分たちが一番だと思っています。実際、聖書がとても大切だと気づくまではそうでした。

直接あなたに尋ねることができないかもしれないあなたの孫やひ孫、家族の人たちに、あなたの家族が戦争中に経験したことについて何を覚えていてほしい、あるいは知ってほしいと思いますか。この時代について知ってほしい、覚えていてほしいことはありますか。

そうですね、一番辛いのは、こんなことが二度と起きてはならないということです。そして、どんな人生でも、それは始まりであり、成長し続けて、どんどん成長していくのです。しかし、私たちがキャンプに行ったのは、何回も戻ったからでしょうか。その間に憂鬱なことがあって、私たちは本来いるべき場所にいないのです。戻ったのです。だから、中国人が残って、他の人たちが残って、私たちは中国人より遅れているのです。あなたたち二人がより良い世界を作るために、物事の仕組みやあり方を教えてくれるように、誰もが平等に、正しい方法で扱われるべきです。だから、あなたたちがしていることは良いことです。

【マス】キャンプに向かうとき、お父さんはもうすぐ家を買うところだったって言ってたよね?

はい、その頃、父は絶頂期でした。その前に、ベイ レストランというレストランを 3 軒経営していました。このベイ レストランは本当に素敵なレストランでした。ちょうど私たちが 1 万ドルの家を買う頃でした。キャンプから帰った後、父はその家を見せてくれました。私は、ああ、あの頃、家を持つなんて、いいことだと思いました。でも、私たちはキャンプに行きました。それで、父が持っていたわずかなお金は、すべて貯金しなければなりませんでした。

[Mas]: 貯金はしておいて、そのお金でレストランを買ったんですか?

そうです。このすべてが起こったとき、彼らは再出発するためにお金を稼がなければなりませんでしたが、彼らはどこかに少し貯金をしていました。それで1945年に彼らが釈放されたとき、二人ともしばらくレストランで働き、貯めたお金で別のレストランを探し、その新しいレストランにすべてのお金をつぎ込むことができました。彼はたくさんのレストランを経営していたので、ビジネスの始め方を知っていました。それで彼は、釈放後に知り合いがビジネスを始めるのを手伝いました。

[Mas]: それは知らなかったよ、すごいね。

彼には助けた仲の良い友達が何人かいました。例えば、彼が助けた叔父の一人です。つまり、彼は私の弟を愛していたのです。彼を好きだったのは叔父でした。

ところで、そのレストランはどれくらいの期間経営されていたのですか?

1965年まで。サクラメントが家屋を買い上げて再建を始めたとき。

それで、あなたの家族は開発業者に買収されたのですか?

はい。でもその頃には父は引退する準備ができていました。

あなたの両親は補償を受けられるほど長く生きていましたか?

私の母はそうでしたが、父はそうではありませんでした。

あなたのお父さんはいつ亡くなりましたか?

1968年頃です。閉店して間もない頃です。

あなたのお母さんはいつ亡くなりましたか?

2003年か2004年。

補償と謝罪を受けたとき、どのような気持ちでしたか?

そうですね、ありがたかったです。でも、私は働いていたので、みんなが「ああ、それを手に入れられて本当にラッキーだね」と思うだろうから、あまり言いたくなかったんです。働いていると、みんなとてもラッキーだと思ってくれるんです。だから、私はそれについてあまり考えませんでしたが、夫がそれを手に入れられなかったことに少し腹を立てていました。

キャンプで私が笑ってしまったことの一つは、ある日娘と話していた時のことでした。キャンプに行く子供たちがいますよね? すると娘のエディスが私にこう言いました。「ママはラッキーだったわね。ママはキャンプに行ったのに、私は一度もキャンプに行けなかったのよ。」 だから私たちはキャンプの悪口を言ったことはなかったと思います。彼女は一度もキャンプに行けなかったのです。

彼女に説明しましたか?そのことについて何か話しましたか?

そうですね、その時私たちは彼女にキャンプについて話しました。彼女が話しているようなキャンプではありませんでした。

そうです。これはサマーキャンプではありません。

そうですね、彼らはキャンプのことは知っていますが、私たちはキャンプについてそれほど悪い経験はなかったので、それについて話しません。悲しいことについては話しませんでした。大人にとって十分ひどいことなのに、子供​​たちにとってどれほどひどいことかと考えたかもしれないからです。今のように、移民たちに関しては、もし私が両親と引き離されたら、生き延びられたかどうかわかりません。

※この記事は2022年12月13日にTessakuに掲載されたものです。

© 2022 Emiko Tsuchida

アマチ強制収容所 カリフォルニア州 コロラド州 強制収容所 サクラメント セツコ・モリヤ ツールレイク強制収容所 アメリカ合衆国 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所
このシリーズについて

テッサクは、第二次世界大戦中にトゥーリー レイク強制収容所で発行されていた短命の雑誌の名前です。また、「有刺鉄線」という意味もあります。このシリーズは、日系アメリカ人の強制収容に関する物語を明るみに出し、親密で率直な会話で、これまで語られなかった物語に光を当てます。テッサクは、過去の教訓を忘れてはならない文化的、政治的時代を迎えるにあたり、人種ヒステリーの結果を前面に押し出しています。

詳細はこちら
執筆者について

エミコ・ツチダはサンフランシスコ在住のフリーランスライター兼デジタルマーケターです。混血のアジア系アメリカ人女性の表現について執筆し、トップクラスのアジア系アメリカ人女性シェフ数名にインタビューしてきました。彼女の作品は、ヴィレッジ・ヴォイス、アジア系アメリカ人メディアセンター、近日発売予定の「Beiging of America」シリーズに掲載されています。彼女は、強制収容所を体験した日系アメリカ人の体験談を集めるプロジェクト「Tessaku」の創始者でもあります。

2016年12月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。