Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2022/9/1/tule-lake-stockade/

トゥーレ湖の柵での生活

コメント

現在、第二次世界大戦中に日系アメリカ人を収容した強制収容所(総称してトゥーリー レイク)に関する多種多様な出版物が存在します。この刑務所は、1942 年 5 月 27 日に開設された当初はトゥーリー レイク移住センターとして知られていました。

しかし、1943年初頭に戦時移住センターが10か所の「移住センター」すべてに課した、考えの浅はかないわゆる「忠誠質問票」の結果、米国政府、米軍、日系アメリカ人市民連盟の共同の圧力により、1943年7月15日、戦時移住センターだけがトゥーリーレイク隔離センターと改名された厳重警備の刑務所に変貌した。その主な目的は、いわゆる「不忠」な日系アメリカ人を収監し、おそらく日本での将来の生活に備えさせることだった。

2000 年頃、そして当然のことながら、この刑務所の調査員の最大の関心は、1943 年以降の施設に向けられてきました。それは、収容所の囚人に対する軍の弾圧と、その弾圧に対する彼らの抵抗が典型的だったからです。この 2 つの闘士の間の闘争の典型的な代表例は、監獄内の監獄であるトゥーレ レイク監獄であり、このレビュー対象の注目すべき日記本では、それが中心的役割を担っています。

トゥーリー湖捕虜収容所の日記が出版されるまで、審理も裁判も行われず、根拠のない「トラブルメーカー」という理由で、粗末で薄汚く、人口密度の高い軍が運営する捕虜収容所に何ヶ月も閉じ込められた約200人の日系人の日々の体験を網羅した詳細な自伝的記録は存在しなかった。幸運なことに、そのうちの一人、34歳のキベイ・タツオ・イノウエは、捕虜収容所の囚人であった1943年11月13日から1944年2月14日までの3ヶ月間に体験し、観察したことを後世に伝える先見の明を持っていた。

柔道の黒帯4段の達人であるイノウエは、冷静で内省的だが率直で良心的な人物で、カリフォルニア州ラグナビーチで生まれ、日本で教育を受けた。1942年5月、彼と二世の妻ユリコ、そして二人の幼い三世の娘は、カリフォルニア州ランカスターの西海岸の自宅から追い出され、アリゾナ州南西部のポストン強制収容所に収監された。そこで、いわゆる「忠誠質問票」の非常に物議を醸した2つの重要な質問に対するイノウエの否定的および中立的な回答により、彼と家族はトゥーレレイク隔離センターに送られ、そこで柔道の指導を続けた。

すぐに、イノウエは収容者交渉委員会のメンバーとなり、生活と労働条件の改善と、収容所長がこの事態に過剰反応して戦車と銃剣を持った兵士を派遣し、戒厳令を布告したことに抗議したため、急ごしらえで建設された監獄に即時送還された。

イノウエの日記に書かれた興味深い内容は、刑務所の収容者数の増加に伴って出された質素な食事、質素なアメニティ、懲罰的な扱いから、名誉、敬意、愛国心、家族の価値観、人間の尊厳といった哲学的な問題に関する考察まで、多岐にわたります。2021年12月11日に全米日系人博物館で開催されたトゥーリー湖ストッケードの感動的で啓発的な発表会の参加者は、これらすべてのトピックやその他のトピックについて話し合いました。この「タツオ・リュウセイ・イノウエの『トゥーリー湖ストッケード日記』についての対話」イベントは、この短いレビューを読んだ読者なら、 JANM YouTubeチャンネルで視聴する価値があります。

あらゆる点で本当に素晴らしく、力強く、かけがえのない本である『トゥーリー レイク ストッケード』の制作の原動力となったのは、トゥーリー レイク隔離センターで生まれた三世の社会運動家、キョウコ ナンシー オダです。イノウエ一家がトゥーリー レイクから南カリフォルニアに戻る直前に生まれました。イノウエの日記は、京都の同志社大学の教授である泉ますみ氏によって巧みに英訳され、著名な日系アメリカ人三世ジャーナリストのマーサ ナカガワ氏によって巧みに編集され、タツオとユリコ イノウエの真ん中の三世の娘であるアーニー ジェーン マサコ ニシ氏による見事なイラストが添えられています。

トゥーレ湖収容所日記: 1943 年 11 月 13 日 - 1944 年 2 月 14 日
龍生井上達雄
(ロサンゼルス:ナンシー・オダ・パブリッシング、2020年、256ページ、40ドル、ハードカバー)

※この記事は、 2022年7月21日発行「日米ウィークリー」に掲載されたものです。

© 2022 Arthur A. Hansen, Nichi Bei Weekly

カリフォルニア州 強制収容所 世代 投獄 監禁 日系アメリカ人 帰米 ロイヤルティアンケート 二世 刑務所 (prisons) 軍刑務所 タツオ・リュウセイ・イノウエ ツールレイク強制収容所 ツールレイク隔離収容所 ツールレイク隔離収容所監房日記(書籍) アメリカ合衆国 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

アート・ハンセンはカリフォルニア州立大学フラートン校の歴史学およびアジア系アメリカ人研究の名誉教授で、2008年に同大学口述および公衆史センターの所長を退官。2001年から2005年にかけては、全米日系人博物館の上級歴史家を務めた。2018年以降、第二次世界大戦中の米国政府による不当な弾圧に対する日系アメリカ人の抵抗をテーマにした4冊の本を執筆または編集している。

2023年8月更新


日米ニュースは、歴史ある日米タイムズ(1942-2009)と日米新聞(1899-1942)の遺産から生まれ、2009年9月に米国で最初の非営利の民族コミュニティ新聞として創刊されました。歴史ある日本人街やその周辺で起きているコミュニティの問題やイベントから、エンターテイメントのプロフィール、食べ物、映画や本のレビュー、政治、ハードニュースや論評まで、日米ニュースはあらゆる情報を網羅しています。革新的な非営利団体である日米財団によって発行され、質の高いメディアを通じて約125年にわたるコミュニティリーダーシップの豊かな伝統を誇りを持って受け継いでいます。

2024年1月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。