Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2022/12/15/nikkei-uncovered-73/

拡大

詩人、教育者、そしてヨンセイ・メモリー・プロジェクトの共同創設者であるブリン・サイトウは、2022年の詩のコラム「ニッケイ・アンカバード」を、時に簡素で現実的、時に広大で豊かな文章で締めくくります。寒さで毎晩早く静かな空間にたどり着く傾向があるこの時期に、私が詩に求めるものはすべてそれです。私はブリンと同じように「幽霊が訪れる座る場所」を望んでおり、彼女の文章は私たちの渇望を熟考するために必要な静けさを与えてくれます。彼女の詩は、私たちの心を惹きつけるすべてのものに近づくことを許可してくれます。未来の自分への祈り、火が私たちを覚えていること、そして「すべての詩は愛の詩である」ということを思い出させてくれます。ブリン、これらの贈り物に感謝します。

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

ブリン・サイトーの3冊目の詩集『 Under a Future Sky 』は、2023年9月にレッドヘン・プレスから出版される予定です。彼女はベンジャミン・ソルトマン賞を受賞しており、彼女の詩はニューヨーク・タイムズ紙アメリカン・ポエトリー・レビュー紙に掲載されています。ブリンはカリフォルニア州フレズノに住んでおり、ヨクーツとモノランドにあるカリフォルニア州立大学フレズノ校で助教授を務め、ヨンセイ・メモリー・プロジェクトの共同ディレクターも務めています。

読者の皆様

あなたは広い世界を信じますか?
砂漠のプライバシーを信じますか
石の予言で?私の願い

あなたは永遠であり、あなたを永遠にするからです。
私の願いは3つのオダマキの形です
ひび割れた川底に咲く。

遠くの静寂を信じますか
あなたの家族の女性たちと一緒に、
秘密の継続性?

ワイヤーを記念しますか?
喜びを儀式化?私は毎晩落ちたい
幽霊が訪れる座る場所に、

万物の女神のために風呂を用意する
流れるもの:水、言葉、時間。スピーチ、音、
知識。怖かったですか

自分自身に顔で言うかもしれない
雹嵐の下でのページの静けさ
乾燥した高地の砂漠?私は怖かった。

机に向かって孤独に座っているあなたを想像した
真夜中にお茶を飲んだり、顔を背けたり
恥知らずなマリーゴールド、または上昇する

青い光の中で娘の泣き声とともに
夜明けの。私を想像できますか?
火はどれもあなたを忘れていない

違うことを言わないで。腐った大根を許して
古い庭に生い茂ったゴボ。
幽霊の儀式をしました。

夏至の詩

コウモリが夏のデッキに近づくと
私は自分の孤独を認めます。
空が明るくなると
太陽が沈むとともに
ハチドリは心の夕暮れを飛び越える

山を拒否。私は夜泳いでいる
内なる光で、再び書くことを意味し、
未来の自分に祈ろうとする
すべての樫の木の名前を知っている人、
松と野の花

水を求めて。あなたに愛の詩を書きたい
でも祖母の顔は
咲き誇る積雲
一番高いモミの木より10階高い。
彼女が見えますか?

恥の説得力についてお話ししたいと思います
しかし野生のツガは
これまでで最も高い
こんなに雨が降るとは。失敗の季節
光合成の季節と春のハルシャギク

夏に燃える
私に価値あることと価値のないことを教えてください
同時に。
ここに女神がいると言って
二年生で星形の

分散型レジリエンススレッドの子どもの自己
子供の自分、木質、上昇
賢者として。私が自分自身を許すとき
これらのアルプスの欲望
すべての詩は愛の詩です。

ルピナスの整然とした美しさ
想像上のオオカミを連れてくる
私はブルーステムに敬意を表します。
私は静寂の女王に従う
私の体に戻り、私の人生を変えたいと思っています。

*すべての詩は未発表であり、 『Under a Future Sky 』(Red Hen Press、2023年秋)に収録される予定です。

© 2022 Brynn Saito

ブリン・サイトウ 文学
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

ブリン・サイトーの3冊目の詩集『 Under a Future Sky 』は、2023年9月にレッドヘン・プレスから出版される予定です。彼女はベンジャミン・ソルトマン賞を受賞しており、彼女の詩はニューヨーク・タイムズアメリカン・ポエトリー・レビューに掲載されています。ブリンはカリフォルニア州フレズノに住んでおり、ヨクーツとモノの土地にあるカリフォルニア州立大学フレズノ校で助教授を務め、ヨンセイ・メモリー・プロジェクトの共同ディレクターも務めています。

2022年12月更新


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。