Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2022/10/13/125-anos-inmigracion-japonesa-a-mexico-3/

メキシコへの最初の日本人移民から 125 年: メキシコと日本の関係の魂 - パート 3

パート 2 を読む >>

グローバル化段階にある日本人コミュニティ

20 世紀の最後の 3 分の 1 に始まり、現在の最初の 20 年間に始まった移民の波は、一方では経済分野、他方では教育分野における激しい交流によって促進されました。

すでに指摘したように、この時期の移民の流れの大きな原動力となったのは日本の投資であった。この分野では、日本の文化産業がテレビ番組や漫画(現在のブームではアニメ、アニメとして知られるようになりました)を通じて海外に強く進出し始めたことを括弧付きで注意することが重要です。私が上記のことについて言及したのは、1970 年代の特定のシリーズ『セニョリータ コメタ』がメキシコの全世代の視聴者を魅了し、2 人の小さないたずらっ子の世話をするために別の惑星からやって来た若い女性の冒険を通して日本の中産階級家族を描いたからです。もの。

日本のメキシコへの直接投資に関しては、2004年に両国政府が署名した日墨経済協会協定により、双方向の国民の流れが促進された。 2021年までに、1万1,000人を超える日本人移民が主にメキシコのバヒオ地方に住み、日本の大手自動車工場や供給・サービス会社で働いている。

一方、1971年に日墨両国政府が署名した日墨学生交換協定の締結により、両国の大学への入学者が増加しました。同様に、両国の文化に関する研究研究センターも両国で成長しました。この枠組みの中で、数年後にノーベル文学賞を受賞した作家の大江健三郎は、1976 年にエル コレヒオ デ メキシコの客員教授として有意義な滞在をしました。

メキシコに来た学者や芸術家の中には、考古学者の杉浦洋子、画家の村田岸雄と鈴木みどり、彫刻家の太田清人を挙げておきます。これらの移民は勉強するためにメキシコに来ただけではなく、最終的にこの国で専門分野で学んだことを深め、発展させることができる場所を見つけました。彼らがメキシコに永住できるようになったのには、さまざまな理由や状況があることは疑いなく、メキシコ国民として帰化していないにもかかわらず、彼らはこの国の文化の不可欠な部分であると感じており、その一員であると感じています。おそらく正確な理由はありませんが、おそらく彫刻家オオタが主張するように、「メキシコには人を滞在させる特別な何かがある」のかもしれません。

渡辺理恵さん(中央)、オアハカ州サンタ・マリア・タルヒルトテペック市の音楽バンドと

メキシコに留まるもう一人の移民は、ヴァイオリニストの渡辺理恵さんです。非常に若かった渡辺は、国際的に最も著名なヴァイオリニストの一人となった有名なヴァイオリニスト、黒沼ユリ子のアカデミーでさらに勉強するため、1986年にメキシコに到着した。黒沼さんは長年メキシコに住み、『メキシコからの手紙』という本を書き、現在も日本で販売されている。さらに、その 10 年の間にコヨアカン地区にアカデミーが開設され、多くのメキシコの子供や若者がその楽器の扱い方の訓練を受けました。渡辺さんはその後メキシコに留まり、現在はチアパス州サンクリストバル・デ・ラス・カサスに住んでいる。彼は、チアパス州とオアハカ州の先住民族のさまざまな音楽学校で積極的に協力しており、そこでは子供たちや若者が、彼らの町の音楽文化や祭典と切り離せない部分である音楽バンドの演奏者として訓練されています。

1997年の週刊日刊版。

注目に値するもう一人の移民は、荻野省三です。早稲田大学を卒業し、1970年にメキシコに渡った。最初の数年間は日本語教育に専念し、その後週刊日刊新聞の担当者となった。この週刊誌は、日本人コミュニティのニュースと活動を詳述しました。荻野はジャーナリズムに専念するだけでなく、メキシコ全土の移民の生活や状況を調査し、移民が溶け込んだ国についての深い知識を得ることができました。移民に関するこの素晴らしい知識をもとに、彼はこれらの物語を数百枚の写真とともに詳述した 500 ページを超える本、『Cinco Centurias Across the Sea』を出版しました。荻野は移民に関する公式記録者であるが、移民はこの国にとって不可欠な部分であるため、彼の知識は彼をメキシコの歴史家として認めている。

移民たちはメキシコでの日本食文化の普及にも積極的に取り組んでいる。彼らは、1970 年代からさまざまなレストランで日本食を知られるようにした人たちです。メキシコシティやその他の都市の「だるま」、「大黒」、「晴海」、「宮古」、「太郎」、「長岡」、「サムライ」などの店名がメキシコ人ダイナーを訪れるようになった。当時はまだ日本食ブームが勃発しておらず、寿司焼きめしという言葉もほとんど認知されていませんでした。近年の日本食の人気により、メキシコのどこでもこれらの料理が認知されるようになりましたが、特定の方法で消費されることもあります。アボカドやフルーツを使った寿司、メキシコ料理のスパイシーな調味料を日本料理の準備に使用することにより、日本の料理人がほとんど想像もつかないような異なる方法で料理を調理する必要がありました。

強調すべきもう一つの側面は、日本移民の第一波の子孫の新世代が、彼らの先祖とは非常に異なる条件下でメキシコの日常生活に導入されてきたという事実である。これらの若者の多くは、すでにリセオ・メキシコ・ジャポネスや他の機関を卒業しているが、メキシコの開拓者の歴史や、彼らが大学での学業や学位を得るために乗り越えなければならなかった大きな困難について、ほとんど深く知らない。彼らは先祖が築き上げた家業のニーズに必ずしも従うわけではないため、専門分野や職業はすでに非常に多様であり、両親のそれとは異なります。電子エンジニア、建築家、生物学者、芸術家、マーケティング専門家など、メキシコ内外で大学院の学位を取得した学生も含め、卒業生の職業は多岐にわたります。

これらの新しい世代のうち、私はこれらの世代の関心と活動に光を当てることができるいくつかの例のみに触れます。平沢ゆかりは大学を卒業しましたが、長年日本の音楽を学び、箏楽器奏者になりました。飯田晶子は名門宝塚美術学校で芸術を極めるために日本へ渡りました。メキシコに帰国すると、女優、ダンサー、歌手、舞台監督として、両方の文化から学んだすべての知識を革新的かつ創造的な方法で組み合わせた演劇やショーを上演しています。彼女のアーティストとしての活動は、メキシコの古典映画『ラ・バンダ・デル・オートモーティブ・グリ』の製作に女優として出演したほか、日本の古典をテーマにした自身の演劇作品やミュージカル作品を制作するなど、その活動は多岐にわたります。

電子工学科を卒業した飯田三郎は、現在、さまざまな国の影響を受けた現代的なリズム、ミックス、作曲を行う革新的なミュージシャンです。これら 3 つのケースでは、彼らが実践する音楽文化と演劇文化が豊かになり、芸術表現のために見つけられたと思われる道の明確な融合が観察されます。音と日本舞踊を組み合わせた琴の自由で異端的な解釈は、確立された古典的な日本の規範を独自の視点から取り上げています。

飯田明子、平沢ゆかり、飯田三郎による音楽とダンスのショー

これらのアーティストだけでなく、他の地域にいる何千人もの若いメキシコ日系人も、文化的、職業的ルーツの一部として成長し、訓練を受けてきました。彼らの社会生活の文化的側面は、メキシコの消費者の味覚に根付いたチポトレチリソースで味付けされた寿司のように創造され、再現されています。この文化的側面は、メキシコへの日本人移民の歴史の結果でもあり、彼らもその一部であり、国境を越えた歴史であると同時に、過去 125 年間にわたりこの国に根付いています。

1976年にメキシコに来た写真家・篠原誠司は、メキシコ全土で日系移民3世代の写真撮影に専念してきた。写真は一連の書籍に掲載されています。そのうちの 1 つ「La Arrotilla」(米とトルティーヤ)では、彼自身の場合と同様に、日本とメキシコの国民の間の結婚を撮影しました。篠原の美しい写真は、イネ文明やトウモロコシ文明の移民や子孫が日常生活を織りなす要素を明らかにします。

スペインによる征服前に栄えたトウモロコシ文明に惹かれてメキシコに興味を持った他の移民たちと同じように、慶応義塾大学卒業生の平井伸二氏も1994年に初めてメキシコを訪れた。考古学ゾーンに興味を持ち、人類学の研究をさらに進める目的で、メトロポリタン自治大学の修士課程に入学し、その後博士号を取得しました。彼は現在、モンテレーにある人類学高等研究センター (CIESAS) の教授兼研究員を務めています。その重要な機関での学術活動に加えて、その地域に住んでいた日本人の子孫によって動機付けられた彼は、ライセスプログラムを立ち上げました。このコミュニティ プロジェクトは、日本人移住の歴史を調査して保存し、子孫がそれを活用することを奨励することを目的としています。実は平井さんは、その乾燥地帯で働いていた日系移民たちの物語に魅了されてきたのです。現在、両方の文化の一部であり、その文化に根付いている彼ら自身のアイデンティティのプロセスは、1世紀以上前に到着した人々のような、新しい状況下での新しい視点を前提としています。

「私の精神はここで生まれ、ここで育った」と1963年からメキシコに住み、1978年にオアハカに定住した画家の武田信三郎は語った。この国は彼が自分自身を発見し、日系オアハカ人になることを可能にした、と彼は主張する。しかし、竹田はまた、オアハカの文化が彼に与えたアイデンティティについて、自分の「心は地峡の赤い色」であるとも考えている。

武田信三郎「オアハカの家族」第4回絵画展。オアハカ州政府

もし私たちがタケダの心に固執し、それから日系人のアイデンティティと精神(この言葉が理解されている限り一般的で均質化されたもの)に固執するならば、私たちはそのルーツとその根底にある状況に応じて、それ自身の色と香りを探さなければならないでしょう。移民のプロセス統合が発展しました。ニケイの精神と「q」のアイデンティティは、日本人移民がメキシコのさまざまな地域に根付いたメキシコ文化の多様性から生じる、具体的で生き生きとした歴史的内容によって養われます。

これらすべてのニケイ移民とその子孫の仕事、仕事、献身、そして歴史は、メキシコと日本の関係の体と魂を構成しています。移民がいなかったら、ここ数十年で非常に重要だった日本との関係や投資は、豪華な鎧のようなものになり、中身のない空虚なものになってしまうだろう。

© 2022 Sergio Hernández Galindo

記念日 コミュニティ 日本 メキシコ 移住 (migration)
執筆者について

セルヒオ・エルナンデス・ガリンド氏は、コレヒオ・デ・メヒコで日本研究を専攻し、卒業した。メキシコやラテンアメリカ諸国への日本人移住について多くの記事や書籍を刊行している。

最近の刊行物としてLos que vinieron de Nagano. Una migración japonesa a México [長野県からやってきた、メキシコへの日本人移住]  (2015)がある。この本には、戦前・戦後メキシコに移住した長野県出身者のことが記述されている。また、La guerra contra los japoneses en México. Kiso Tsuru y Masao Imuro, migrantes vigilados(メキシコの日本人に対する戦争。都留きそと飯室まさおは、監視対象の移住者) という作品では、1941年の真珠湾攻撃による日本とアメリカとの戦争中、日系社会がどのような状況にあったかを描いている。

自身の研究について、イタリア、チリ、ペルー及びアルゼンチンの大学で講演し、日本では神奈川県の外国人専門家のメンバーとして、または日本財団の奨学生として横浜国立大学に留学した。現在、メキシコの国立文化人類学・歴史学研究所の歴史研究部の教育兼研究者である。

(2016年4月更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。