Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/9/4/cleanup-10/

第10章 バラの香りを嗅ぐ

コメント

私はクライアントのライアン・ストーン宛の電子メールを見つけ、彼にメッセージを入力し始めました。

ストーン様:

あなたの倉庫を片付ける締め切りまであと 2 日です。もうすぐ終わりますが、残念ながらプロジェクトを中止しなければなりません。

パンデミックの最中にこの規模のプロジェクトに取り組むのは、かなり大変なことだと想像できます。私と娘にとって負担になっていることに気づきました。

契約の条項によれば、私が契約を破った場合、5,000 ドルを支払う義務があることは承知しています。作業はほとんどすべて完了したので、その条項を再検討していただきたいと思います。

残っているいくつかの品目をカバーするために、料金の一部を按分させていただきます。

心から、

Souji RSオーナー 宝木 弘子

紙飛行機のアイコンを押すと、自分のメッセージがウェブ上に飛んでいくのが聞こえました。

すぐにメールの返信が来て、携帯電話が鳴るのが聞こえました。

拝啓 宝木様

私のプロジェクトのせいであなたの娘さんが困惑されたと聞いて残念です。

もちろん、全額をすぐにPayPalでお支払いします。

電話がまた鳴りました。全額がPayPalアカウントに送金されました。

ストーン氏が私の要求に簡単に応じたことに驚きました。抵抗も不満もありませんでした。なぜ彼は以前はあんなにモンスタークライアントのように見えたのでしょうか?

ワッフル焼き器がビープ音を鳴らし始めたので、私は黄金色に焼けたワッフルを素早くお皿に刺しました。私は4つの四角いワッフルを切り分け、そのうち2つを別のお皿に移しました。

「それで、今日は何をしましょうか?」私の娘シカモアがふわふわのピンクのスリッパとポケモンのパジャマを着て寝室から出てきました。

「どういう意味ですか?」私はワッフルの皿とメープルシロップの瓶を彼女の前に置きました。

「最後の品物を片付けるためにユニットに行くんじゃないの?」シカモアはワッフルにシロップを注いだ。

「ああ、シカモア。そうしなくてもいいよ。もう給料もらってるから。」

シカモアはワッフルを食べ続けました。彼女は静かで思慮深いままでした。私が一歩踏み出して母親になる時が来たのです。

私はテーブルからこぼれたシロップを一滴拭った。「あのおみくじに書いてあったメッセージ。『あなたは決して一人ぼっちにならない』」

「ええ?」彼女は尋ねた。

「なぜそんなに動揺したのですか?」

"よくわからない。"

朝食を食べ終えると、シカモアはまるで5歳の頃に戻ったかのように私の膝の上に乗りました。彼女はとても痩せていて、体重はほとんどありませんでした。彼女が私の近くにいるのを感じるのは嬉しかったです。

「人々が病気になって死んでいくというニュースを見るだけで、怖くなります」と彼女は言った。「あなたがいなくなって、私が一人ぼっちになってしまうと思うと。」

「でも、あなたは決して一人ぼっちにはならないよ。パパとお兄ちゃんもいるし。それに、私には何も起こらないよ。」私は、それが本当にできる約束ではないことはわかっていました。それでも、私はそうしました。

「一度始めたことは必ず最後までやり遂げなければならないとあなたは私に言いました。」

「はい。でも、有害な場合はやめてください。」

「大丈夫です。本当に大丈夫です。容器を掃除したいです。」

私は深呼吸した。そんなことをするのは無意味だ。すでに給料ももらっていた。しかし、私たちが一緒に倉庫の掃除をしていたこの8日間は、明らかにシカモアにとって有意義なものだった。

私たちは私のトラックに乗り込み、EZ ストレージまで運転しました。ユニットには袋が 2 つだけ積み上げられていました。右側には黄麻布の袋がありました。それらは埃っぽくて古そうだったので、近づくときにはマスクとラテックス手袋をはめました。まるで犯罪テレビ番組の鑑識官になったような気分でした。

私はそっと袋の一つを留めている紐を緩めました。中には小さな色あせた茶色の封筒が入っていて、外側には日本語が書かれていました。

私がシカモアを止める前に、彼女は封筒の上のふたを開けました。彼女は鼻にしわを寄せました。「種のようです。とても古いもの。」

それぞれの封筒の外側には、椿、ツバキ、そして私が聞いたことのない品種を表す日本語の漢字が書かれていました。

「これは何て書いてあるの、ママ?」シカモアの手には、もろくて黄色い書類があった。

「何かのカスタムフォームのようです。」 一番下に名前がありました。 「これは名前です。ウエマツミヨサクと読むと思います。または、アメリカ風にミヨサクウエマツと読むと思います。」 モンテベロの住所がありました。

「彼はまだそこに住んでいるのかな?」

「そうは思いません。この種の袋は第二次世界大戦前のもののようです。形は1930年代に遡ります。」

「彼の親戚をどうやって見つければいいのでしょうか?」

私たちは顔を見合わせました。私たちは何をすべきか正確にわかっていました。荷物をトラックの後ろに積み、シカモアは助手席で iPad を使ってインターネットを検索しました。

「彼には少なくとも二人の孫娘がいます。一人は詩人で、もう一人はデザイナーです。」

「彼らが戻ってくるまで、全部家の中に保管しておこう」と私は言った。ガレージに埃をかぶった古い袋を詰め込むのは気が進まなかったが、文字通りあと数日で全部を片付けるところだった。

「いや、すべてをなくすことが目的ですよね?」

シカモアが私たちの仕事に対する熱意を表明したのを聞いて、私は驚きました。

家の中に入ると、私はいくつかのウェブサイトを熟読しました。「この土地の所有者は、植松氏から椿を購入したようです。所有者は、第二次世界大戦中に日本人がカリフォルニアから追い出されたときに、彼らを利用したのです。」

「それはひどい」とシカモアさんは言った。私たちは昨年マンザナー巡礼地に行き、米国に住む日系アメリカ人について多くのことを学んだ。

「しかし、デスカンソは歴史に対してオープンな姿勢を保っているようだ。」

「まあ、彼らはこれを欲しがるかもしれないね。」

私はそれを疑っていました。すぐにデスカンソのウェブページに行きました。庭園は5月に再開していましたが、予約が必要でした。その日の最後の予約時間である午後6時は、魔法のように空いていました。私はチケットを2枚購入しました。

キオスクに着くと、私はスタッフに、私が見つけた、庭園の歴史にとって重要かもしれない品物について誰かに話を聞いてもいいかと尋ねました。スタッフは困惑しているようで、私たちを脇で待たせました。約 15 分後、30 代のアジア系アメリカ人女性が現れました。彼女はエミ・ヨシムラと名乗りました。「こんにちは、何かご用件はございますか?」

「これらの品々のいくつかは、私の顧客の倉庫で見つかりました。植松の椿に関係があるのではないかと思います。」

エミのマスクの上の目が輝きました。彼女は駐車場まで私たちについてきて、私は麻袋に入った種の袋を見せました。

「うちにはこれを置く場所がないんだ」シカモアが口を挟んだ。

エミは立ち止まった。「ええと、開いている保管庫が一つあります。それが何なのか分かるまで、そこに保管しておけます。」

私たち3人は、その袋を小屋に運びました。すぐに体が軽くなったのを感じました。私たちの仕事が終わるまであと1日ほどでした。

エミは携帯電話に目をやった。「庭園が閉園するまであと15分くらいです。冬にはツバキのほとんどが満開になります。その頃にまた来てくださいね。バラ園もぜひ見に行ってください。環状線を右に曲がって、ローズパビリオンの建物に行ってください。」

私たちは彼女にお礼を言って庭に入りました。デスカンソに来るのは久しぶりでした。夕方のそよ風を額に感じながら外に出るのはとても気持ちがよかったです。庭自体が色鮮やかでした。一度も足を踏み入れたことがなかったのに、まるでイギリスの田舎の庭にいるような気分になりました。

「ママ、バラを見てよ」彼女は、繊細な花びらを持つ見事なピンクのバラを指差した。まるで牡丹を思わせるような花だった。杭に掛かった庭の看板には「エリザベス女王」と書かれていた。シカモアはバラに鼻を突っ込み、大きく匂いを嗅いだ。

空気が肺に満たされるのを感じ、息を吐きました。

私は特に信仰深いわけではないが、祈りを捧げた。どうか私に長生きと健康を授けてください。私のためではなく、娘のために。

第十一章 >>


ノート:

メアリー・ウエマツ・カオによるラフ・シンポ紙のエッセー「火の中を抜けて:桜おじいちゃん-アメリカで日本の美を伝える」( パート 1パート 2

エイミー・ウエマツの詩を祝うプログラムが、2021年9月4日(日)午後4時(PDT)からZoomで開催されます。参加するには、 https://bit.ly/amypoetryにアクセスしてください。

© 2021 Naomi Hirahara

農業 植物園 カリフォルニア州 ツバキ Descanso Gardens フィクション 植松三代作 ガーデニング 庭園 ラ・カニャーダ 平原 直美 植物 アメリカ合衆国
このシリーズについて

清掃業「そうじRS」の経営者、宝木ひろ子は、倉庫の片付けを依頼する謎の依頼を渋々引き受ける。しかし、パンデミックの真っ最中であり、ひろ子がいつも中古品を受け取っているリサイクルショップは閉店していた。一部の品物には歴史的価値があることが判明し、ひろ子はそれらをさまざまな以前の所有者やその子孫に返そうとするが、悲惨な結果になることもある。

「Ten Days of Cleanup」は、Discover Nikkei で独占公開される 12 章の連載ストーリーです。毎月 4 日に新しい章が公開されます。

第1章を読む

詳細はこちら
執筆者について

平原直美氏は、エドガー賞を受賞したマス・アライ・ミステリーシリーズ(帰化二世の庭師で原爆被爆者が事件を解決する)、オフィサー・エリー・ラッシュシリーズ、そして現在新しいレイラニ・サンティアゴ・ミステリーの著者です。彼女は、羅府新報の元編集者で、日系アメリカ人の経験に関するノンフィクション本を数冊執筆し、ディスカバー・ニッケイに12回シリーズの連載を何本か執筆しています。

2019年10月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。