Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/8/6/dos-haciendasc-caqui/

私たちの現実がフィクションを超えるとき: カキの「2 つの」アシエンダ

コメント

農地改革 (1969 年から 1979 年) により、ペルーの 9,065,772 のアシエンダと 15,826 の農場が収用され、何千人もの農民が自分たちが働いていた土地の所有者になりました。これは、時間の経過、地方自治体の無関心と忘れさ、そして現在の所有者の苦難に直面して、今日でもできる限り生き残っている大規模な不動産と大規模な不動産の衰退を示しています。日系コミュニティとして、ワラル ハシエンダは歴史と岡田肉松のような人物を思い出させます。

リマ・ラ・ウニカの文化プロモーター兼ディレクターであるデビッド・ピノ氏は、歴史とその現在の現実を広めるために調査訪問や歴史散策を企画しています。先週の土曜日、18日(2019年5月18日)、私たちは皆さんをワラルに連れて行き、サンホセ、ラ・ワカ、ワンド、パルパ、カキの農園を訪問し、その現状を視察しました。

邸宅からの美しい眺め。


「2つの」カーキ色のアシエンダ

アウカラマ (ワラル地区) には、カキ ハシエンダがあります。渓谷の素晴らしい景色を眺めることができ、ファサードには現在の所有者 (CAP またはビラ エルモサ農業生産協同組合) を示す挨拶文 (「ようこそ/CAP Villa Hermosa Ltd. No. 274/Khaki」) が掲げられています。しかし、農地改革が行われる前、その所有者の一人は岡田肉松でした。デビッド・ピノがツアー中に説明してくれます。

ギリシャ文字の右側にある鳥居の眺め。ドアには1862年という年が描かれています。

カキは、匿名の芸術家によって描かれ、1865 年から 1870 年の間に描かれた美しい壁画によって他の農園と区別されます (壁画に記載されているとおり)。世界のどこかの神話のイメージや風景で覆われていない空間はありません (日本の鳥居さえ見ることができます)。ただし、多くの詳細はほとんど理解されず、特に風雨にさらされている壁画では非常に困難です。

礼拝堂の残骸には、イエスの生涯と3つの神学的美徳(信仰、十字架、希望、錨と慈善、子供を運ぶ女性)の場面が描かれた壁画もあります。さらに、1869 年 3 月 7 日付けのアントン ヴァン ダイクのオリジナルにインスピレーションを得た十字架につけられたキリストも展示されています。明らかに放棄された状態にもかかわらず、カキの農園と礼拝堂には美術館に値する美術品が隠されています。

チャペル内部の様子。壁画は壁全体を覆っています。たとえ廃墟であっても美しい

しかし、彼らが最盛期にどのような姿をしていたのかを想像する必要はありません。日本では、カーキ ハシエンダ ハウスとその礼拝堂の正確なレプリカが、愛知県犬山市のリトル ワールド ミュージアムにあります。この野外博物館は 1983 年に開館し、世界中の住宅を実物大で展示しており、カキはペルー代表に選ばれました。

チャペルの眺め

デビッドはこの機会を利用して逸話を共有しました。アウカラマ市には、ワラルにある廃墟となっているオリジナルのハシエンダ・カキ・デ・ハポンの写真が掲載されている。しかし、彼はまた、不穏な事実を明らかにしました。

「これも言わなければなりません。ここの近所の人たちの話によると、日本人が自治体の支援と許可を得て、日本に農場の実物大レプリカを建設するために農場の寸法と写真を撮りに来たとき、ここの誰も見ていない寄付金を残していったという。改善することが最善策だったのに、何も行われませんでした。」

リトルワールドについて、デイビッド氏は、カキ農園がその美しい壁画と、かつてワラルに繁栄と技術をもたらした岡田肉松のために博物館に含まれた可能性があると考えています。

岡田肉松

岡田は日本移民の第一次派遣団(1899年)としてペルーに来て、パルパ牧場で労働者として働いた。パートナーの本西初三郎と同じように、数年後、岡田も商人、実業家として成功した。彼はいくつかの農園(ラ・ワカやカキなど)を借り、機械を使用してワラルの農業を近代化し、生産を向上させました。 1941年、岡田はワラルでの功績と功績により裕仁から勲章を授与された。

しかし、彼らの経済力は渓谷を支配していると誤解され、第二次世界大戦中に反日感情をさらに悪化させた。政府は岡田氏の財産を没収し、米国の強制収容所に移送した。かつて彼の壮麗な邸宅だった建物(「岡田邸」として知られる)は今も現存しており、現在はデレチャ・デ・ウアラル通りに廃墟となっている。

ワラルのアルマス広場近くのデレチャ通りにあるオカダ宮殿の遺跡の眺め。当時は「岡田御殿」と呼ばれるほどの威風堂々とした宮殿でした。


「人は自分が知っているものだけを愛する」

しかし、カキと同じように、サンホセやパルパなど、ワラルには記念碑的価値があるにもかかわらず放棄された状態にある農園が他にもあります。農地改革の受益者である所有者は、危険にもかかわらず、アシエンダの内部または周囲を占拠しています。ほぼすべてのアシエンダが同じ問題を抱えています。クインチャの壁や日干しレンガの壁が今にも崩れ落ち、敷地内での破壊行為や盗難に悩まされ(古い鉄骨や木製の装飾品などが原因で)、フクロウなどの鳥の巣になることさえあります。 、など。ただし例外もあります。

観光スポットになっている農場もあります。その理由は、農場(ワンドの場合、現在 380 か所)の所有者である管理者のおかげで、より良い状態で保存されているからです。彼らは自分たちの限界に応じて、場所を清潔に保ち、盗難を防ぎ、ガイドサービスを提供します。さらに、ラ ワカ ハシエンダにはツアーの一部として地下室への訪問が含まれており、結婚式を祝うために施設を貸し出しています。

訪問者は荒廃しているにもかかわらず、農園内で写真を撮っています。

明らかに、私たちには 2 つの現実があります。1 つは、地元の人々が自分たちが住んでいる場所の歴史を知らない場合、もう 1 つは、地元の人々は自分たちの文化遺産を大切にし、それを観光客やその場所への興味を引きつけるために積極的に利用するということです。その歴史。オーカラマだけでも、時間と忘却のせいで記念碑的価値のある不動産がどれだけ多く消える可能性があるでしょうか?これにより、本やインターネット、博物館に載っていない歴史がどれだけ忘れられるでしょうか?当局がその重要性を認識するまでは、歴史散策やツアーを通じて記念碑的価値のある私たちの歴史と遺産を再活性化するデビッド・ピノのようなこのギャップを埋める取り組みがあります。

事実: 詳細については、 Historical Walks through Lima (David Pino) の Facebook を参照してください。

※この記事は2019年5月28日のペルー新報に掲載されたものです。

© 2019 Peru Shimpo / Milagros Tsukayama Shinzato

愛知県 グラフィックアート ワラル 犬山 日本 Little World Museum of Men 壁画 ニクマツ・オカダ 絵画 ペルー
執筆者について

日系三世、母方も父方の祖父母も沖縄県の与那原村出身。現在、英語・スペイン語のフリーランス通訳であり、Jiritsu(じりつ)というブログを運営している。このブログを通じて、個人的に関心のあるテーマやペルーの日本人移民またはそれに関連する研究課題などを発信している。

(2017年12月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。