Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/8/19/nikkei-uncovered-57/

エイミーに借りがある

コメント

今月の特集のタイトルを借りると、今月のテーマは、私たちが最も愛する作家の一人、エイミー・ウエマツに敬意を表すことです。エイミーは数十年にわたって執筆と教育に携わり、現在、人生最大の闘いを繰り広げています。コミュニティベースの詩のコラムとは、私たちの詩人の一人の健康増進のために、最高のエネルギーと願いをサポートするプラットフォームでなければ何なのでしょうか。

このコラムの連載中、そしてさらに重要なことに、数冊の本に収録されている彼女の素晴らしい作品集を通して、エイミーの詩を目にすることになるでしょう。私は長い間、彼女の名作『 30 Miles From J-Town』をLAスピリットと心の近くに抱いており、彼女のすべての作品、Nights of Fire, Nights of Rain (1998)、 Stone, Bow, Prayer (2005)、 The Yellow Door (2015) に込められた声に大いに感銘を受けています。

エイミーはここ数年、リトルトーキョーで作文クラスを教えており、パンデミックの間ずっとオンラインで続けてきました。私は彼女に、生徒に彼女に敬意を表して作品を提出するよう勧めてもいいかと尋ねたところ、彼女が同意してくれたことにとても感謝しています。過去 4 ~ 6 年間の主な生徒は、この取り組みのためにすぐに集まり、エイミーへの熱烈な賛辞を書きました。ニーナ・チャン、ミヤ・イワタキ、キャシー・マサオカ、ケイコ・ミヤの素晴らしい作品を紹介できることを光栄に思います。私たちと一緒にエイミーに最高の作品を送ってください。そして楽しんでください…

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

ニーナ・チャンは、執筆を楽しむ中国系アメリカ人の家庭医です。夫、愛犬、2 人の子供とともにサンフェルナンド バレーに住んでいます。余暇には、執筆グループ「Women Word Warriors」からインスピレーションを得て詩を書いています。

エイミーへの賛歌—姉妹愛は甘いものではない

彼女が私を引き取ったとき、私は捨て子でした
日本人ではなく中国人の少女
外にいる人にとっては十分近い
どういうわけか彼らの言葉の要塞に迷い込んだ
リトル東京の中心に位置する
毎日のように通っていた目立たない部屋で
自宅から徒歩圏内

私はすぐに初めての男の子を出産することになる
アジア諸国の人々に幸運を
少女たちは今日でも過小評価されている
生殖能力を除いて
「うちの家族は運が悪い。女の子しか産めないんだ」
母は私にこう言いました。
妹と私を指差して、
彼女の妹、私のいとこ

私は玄関にいた
女性に囲まれて過ごした人生を経て
不安が耳に響く
伝説の姉妹関係を求めて
失われた孤児の声
私を支えてくれる歴史はない
私にインスピレーションを与える文化がない

そして突然ドアが開いた
すぐに同化して仲間に加わった
それがいかに困難であったかを理解した人々
私のように見えるように
自分らしく感じる
私のように考える
私のようにふりをする

女性の場合予想通り
食べ物はいつもあった
私たちが口にする言葉は
私たちをより良く養ってくれた
よく笑い声が聞こえた
さまざまな方法で恩恵と感謝を見つける
悲劇から生まれるユーモア
癒しの助けになるかもしれない

先生が作ったトンネルや部屋、
目もくらむような花柄のベッドシーツの迷路のように
雨の日に子供たちを楽しませたり驚かせたりする
旅の喜び、発見の喜び
部屋そのものよりも重要なこと
検査に案内されたとき
物事の異なる意味
毎週、私たちの思考を刺激するヒント

それは激しく、そして容赦なく行動できる空間だった
本当の意見を表明する
感情の範囲を探求する
傷つきやすく、不安で、本能的で、恥ずかしい
共感を生み出す強力な方法

印刷された言葉が何層にもわたって壁に貼られた
木のように固くなるまで
思考の圧力の下で
感情の力

言葉は私たちの武器となった
私たちの怒りに対して
政治、歴史、宗教
物質主義、自然、人間性
コミュニティ、家族、私たち自身
研ぎ澄まされた機知
これまでで最も効果的なバーブ

そしてゆっくりと先生から学びました
私たち全員がそうであったように、そしてお互いから
決して押し付けず、優しくサポートする
忍耐の大切さ、
不屈の精神と組み合わせ
姉妹関係は甘いものではない

*この詩の著作権はNina Chan(2021)が所有しています。

* * * * *

ミヤ・イワタキは、詩人、作家、イースト・ウィンド・ラジオ・シリーズの司会者兼プロデューサー、ロサンゼルス郡の多様性と文化的能力プログラムのデザイナー、日系アメリカ人の賠償を求めるNCRRの闘士、ケニアのナイロビで開催された国連女性の10年大会に国連NGOから支援された30人の女性の一人、8つのアジア系アメリカ人コミュニティにおける生殖医療に対する文化的障壁に関する初の研究の共著者として、人生を通じて正義と公平性を理解し、認識し、献身してきました。それは、健康や日常生活における文化的信念、慣習、伝統を尊重することの重要性、そして言語が私たちの文化に深く結びつき、それを反映していることへの認識に命を吹き込みました。

エイミーへの頌歌
岩滝美弥より愛を込めて

あなたは私の人生に詩を取り戻してくれました。
私は文化と言語のインフラに浸かっています
数十年にわたる政策報告書と政治分析に溺れる
私は息を切らして、新たに見つけた比喩を深く吸い込みながら出てきた
定型的な文章からの解放

リトルトーキョーを私たちの創造的な舞台として取り入れていただきました
本能的にインスピレーションを与えると分かったもの
言葉を高く飛ばすことを目標に
ポータブルテーブルの折りたたみ椅子に座りながら
ファーイーストラウンジの落ち着いた雰囲気の中で。

あなたは私を家に連れて帰ってくれました
サウスパサデナに新たな光を当てる
朝の散歩で詩を見つけた場所
孔雀の群れが行進する中、カルディカフェ
オペラ歌手は朝露の中でアリアを歌い上げる

Treeの「ライティング課題」で私たちを驚かせてくれました
そして私は神秘的なモートンベイイチジクの木を発見しました
伝説の「サウスパサデナの番人」
リトル東京の守護者、アオヤマイチジクと同じ属
そしてリトル東京とサウスパサデナは
伝統と詩を通してつながる

デスカンソ庭園に連れて行ってくれました
アメリカ最大の椿のコレクションを散策
植松スターナーセリーから30万本の椿を「購入」
家族がマンザナーに送られたとき
その後、私たちは庭に座って、いつものように考え、書きました

デスカンソへの旅は私の庭に新たな活力を与えてくれました
私の「園芸の達人」が誇らしげに剪定と布教活動を行った場所
満開の椿と香り高いクチナシの楽しみ
その素晴らしさを私は写真に収め、
情熱、美しさ、悲しみを讃える俳句

私たちの執筆セッションは姉妹のサポート、地元の噂話、
日本のスナック、自家製焼き菓子、庭で採れた新鮮なフルーツ。
ホワイトエレファントのポットラックとプレゼント交換は人気でした
あなたの美しい家で開催される毎年恒例のホリデー パーティー、
日本人とチカーノ/ラテン系の表現の「博物館」。

あなたは私が持っていたマリー・コンドウのふりをすべて打ち砕きました
皆様の寛大な本の寄付を通じて
抵抗できないタイトルで私を誘惑する
抵抗の詩:社会正義の声
「アジアンパルプ」のようなタイトルで好奇心を刺激する
ミステリー、犯罪、ノワールのコレクション

これらの本は他の同志たちと再び合流した
エイミーの膨大な図書館から、そして今占有
混雑したリビングルームの中の彼らだけの特別な一角。
一方、エイミーはモナリザのような笑顔で
春の大掃除が成功したことを喜ぶ。

※この詩の著作権は岩滝美弥(2021)が所有しています。

* * * * *

キャシー・ニシモト・マサオカは、多文化の街ボイルハイツで生まれ育ちました。60年代後半のベトナム戦争とカリフォルニア大学バークレー校でのアジア系アメリカ人研究は、彼女の価値観に大きな影響を与えました。1970年代以降、リトルトーキョーの若者、労働者、住宅問題、日系アメリカ人の補償問題に取り組んできました。現在は日系市民権・補償協会(NCRR)の共同会長を務めており、書籍「NCRR:日系アメリカ人の補償と賠償を求める草の根運動」の編集チームに所属し、映画/カリキュラム「Stand Up for Justice」を通じて収容所についての啓蒙活動に協力し、NCRR 9/11委員会で活動して「Break the Fast」や「Bridging Communities」などのプログラムを通じてアメリカのイスラム教徒コミュニティとの関係構築を支援しました。

彼女はNCRRを代表して日本国内の韓国人やその他の少数民族の権利を支持し、日系進歩派、Vigilant Love、サステイナブル・リトル・トーキョー・プロジェクトに参加し、慰安婦や黒人への賠償、移民の権利、リトル・トーキョーの将来などの問題に取り組んでいます。

エイミーへの頌歌

筆が進まない
そして私はパンデミックのせいにする
それで私は何をすればいいのでしょうか
私はエイミーのアドバイスに頼る
すべてのクラスから厳選しました!

日記をつける - すべてを書き留め、何も消さず、考えず、判断せず、ただ流れに任せます。
良い詩を読んで、心に響いた言葉、フレーズ、行をメモしておきましょう。
エイミーは、ローソン・イナダ、キャシー・フォン、ギャレット・ホンゴ、アラン・チョン・ラウ、ジェシカ・ハゲドン、セシュウ・フォスター、ジャニス・ミリキタニ、佐々木七緒、ストックトンの詩人一世、ローハー、トゥーリー・レイク、ビクトリア・チャン、山田光恵、リー・ヤング・リーなど、多くの優れたアジア系アメリカ人作家を私たちと共有してくれました。

彼女は、ウィリアム・カルロス・ウィリアムズ、ルシール・クリフトン(エイミーのお気に入りの一人)、フアン・フェリペ・ヘレラ、ニッケイ・ジョヴァンニ、ジョイ・ハルジョ、ルース・フォーマン、ラングストン・ヒューズ、アルベルト・リオス、ジェーン・コルテス、グウェンドリン・ブルックス、パブロ・ネルーダ、レイ・ゴンザレス、パム・ワード、ポール・ローレンス・ダンバー、トニー・ロブレス、フランシスコ・アラルコンなど、数多くの黒人、褐色人種、先住民の詩人の詩を取り上げています。

これらは私たちのクラスの最初の 2 年間のものだけです。
戦争と暴力、場所、移民、夢、歴史と人種差別、民族料理、自然、政治、黒人の生活、リンチ、愛と憎しみ、コミュニティと家族についての力強い詩。

まだ書けないでいるなら、エイミーが次のようにアドバイスしてくれます。
リストを作る—「私は…」または「車は…」
短い詩や短い詩、さらには一行一語の詩を書く
引用文をリストにして詩にまとめたり、
他の詩の一節を引用して自分の詩を始める
パントゥムに挑戦 - 一定のパターンでセリフを繰り返す

俳句を作り、5/7/5のルールを破る
外を歩いて、自分が何を感じ、何を考えているのかを観察し、聞き、記録する
写真や観察した人からインスピレーションを得て、その人のストーリーを語る

エイミーはこう言います。「詩である必要はありません。散文でも物語でも書いてください。課題を与えたとはいえ、あなたが書きたいものなら何でも書けるとわかっています。」

エイミー
辛抱強く押し進める
「あと2、3の詩が
続けて、もっと書いてください
あなたにはもっと言いたいことがたくさんある」
いつも優しく私たちを促してくれる

キャシー・マサオカ、2021年8月13日

*この詩の著作権はキャシー・ニシモト・マサオカ(2021)が所有しています。

* * * * *

ケイコ・イカリ・ミヤは、日本の気仙沼と米国(ニューヨーク市と南カリフォルニア)で育ったため、社会の違いを敏感に感じています。カリフォルニア州メイウッドの小学校で11年間、その後ボイルハイツのルーズベルト高校で17年間、日本語教師として楽しく働きました。ニューヨーク市での23年間と南カリフォルニアでの35年以上の経験により、ケイコはさまざまな人種や民族の人々と働く経験を積むことができ、人々と共感しながら働くことに喜びを感じています。ケイコは、2017年から全米日系人博物館( JANM )でボランティア活動を楽しんでおり、特に一世と二世の家族の子孫が主に米国で祖先のルーツを研究するのを手伝っています。博物館のヒラサキ国立資料センターでは、この研究の機会を提供しています。

親愛なるエイミーへ

それは星に書かれていた…
私の父と彼の兄弟である叔父は働いていました
1930年代のモンテベロの祖父と父のために
確かに、その場所はスターナーサリーと呼ばれていました
それらの世代には言葉では言い表せないほどの争いが続いた

80年が経ちました…
日本から太平洋を渡った後
そして海岸から海岸まで行ったり来たり
私はあなたのクラスに着陸しました(不時着というよりは不時着でした)
文章力を向上させたかった
詩を書きたいかと聞かれた
私は探検するチャンスに飛びつきました

あなたはコーチングに自らを捧げた
一度に最大7人の生徒
すべて無料で、書き続けるだけでいいのです
特に手作業で

あなたは私たちに他の思想家の存在を知ってもらいたいのです
彼らの名言をシェアすることを提案する
詩人1人か2人か3人の朗読を準備する
課題のテーマは誰に基づいて決めるか
私たちの解釈では、割り当ては常に自由放任主義です
詩、短いエッセイ、散文詩、手紙の形式でも

最も長いテーマは「あらゆる種類の線」でした
その時、私はいくつかの希望に満ちた信念の一つにたどり着いた。
私はあなたのもとで勉強して以下のことを学びました。

おそらく、人種差別は今世紀中に根絶されるだろう。
異人種間の結婚により、
色、目の形、体格、身長が似ている
系譜は現在や以前のように長い系譜にはならない
今後はより絡み合った枝に置き換えられる
未来の人々は多くの共通の祖先を共有するだろう
人種差別は表面的なものに過ぎないことを願う

より個人的かつ宗教的なカタルシス
あなたのクラスで明らかになった、主にプラットフォームのため
書面で表現する

皆さんと共有する共通の活動
毎日のクロスワードパズルへの愛
新聞から
サンデータイムズのパズルに挑戦するきっかけをくれました
私は言葉が大好きなので、新しく学んだ単語のメモは保存しています

毎日数独を解くあなたの熱意には驚かされます
しかし、数学はあなたの生計の糧でした
あなたのお父さんは誇りに思った、とあなたは言った
私は幾何学までの数学が好きでしたが、簿記は嫌いでした
数学の計算を伴うKenKenに夢中になった
最初に現れたが、その後私の脳は燃え上がるどころか、疲れ果ててしまった

今年の8月上旬にお会いできて嬉しかったです
あなたの言葉「直接会ったほうが絶対いい」
心が温まりました
Zoomの一年はあっという間に過ぎ去りましたね。
「またZoomをやるなら、最初は授業だ」とおっしゃっていました
あなたに再び参加して私たちを導いてほしいと心から願っています
導きの星として
いつでも、いつでも。

愛、

ケイコ(ミヤ) 2021年8月14日

詩人エイミーへの賛歌

私たちの共通の先祖
私たちの運命を予見した
絡み合う。
あなたは私の精神的な指導者になります
それから社会的なものも。

あっという間に過ぎ去った6年間
いかなる報酬も求めない
私たち学生が文章で作成するものだけです。
私たちはすでにあなたに多くの借りがある
しかし、私たちはあなたにさらに恩返しできることを楽しみにしています。

宮 恵子 2021年6月10日

*これらの詩の著作権は、碇宮恵子(2021)が所有しています。

© 2021 Nina Chan, Miya Iwataki, Kathy Nishimoto Masaoka, Keiko Ikari Miya

エイミー・ウエマツ キャシー・ニシモト・マサオカ ケイコ・イカリ・ミヤ 文学 ミヤ・イワタキ ニーナ・チェン 詩人
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

ニーナ・チャンは、執筆を楽しむ中国系アメリカ人の家庭医です。夫、愛犬、2 人の子供とともにサンフェルナンド バレーに住んでいます。余暇には、執筆グループ「Women Word Warriors」からインスピレーションを得て詩を書いています。

2021年8月更新


ミヤ・イワタキは、アジア系アメリカ人女性活動家、正義と賠償を求める日系アメリカ人の戦士、KPFK-FM イースト・ウィンド・ラジオの司会者、ロサンゼルス郡保健局の多様性と文化的能力プログラムの立案者としての人生経験を持ち、文化、コミュニティ、正義と公平への献身に対する生涯にわたる尊敬の念を鼓舞してきました。彼女の詩、著作、コラムは、言葉と言語が私たちの文化と時代に及ぼす深い影響に対する理解によって形作られています。彼女は、黒人賠償金を勝ち取るために闘う日系進歩主義者、NCRR、および全国日系賠償連合のメンバーです。リトル東京歴史協会の副会長として、ジェントリフィケーションに直面しているリトル東京の歴史、遺産、文化的魂を保存するために活動しています。(プロフィール写真: 野村愛)

2023年7月更新


キャシー・ニシモト・マサオカは、多文化共生の街ボイルハイツで生まれ育ちました。60年代後半のベトナム戦争とカリフォルニア大学バークレー校でのアジア系アメリカ人研究は、彼女の価値観に大きな影響を与えました。1970年代以降、リトルトーキョーの若者、労働者、住宅問題、日系アメリカ人の補償問題に取り組んできました。現在は日系市民権・補償協会(NCRR)の共同会長を務めており、書籍「NCRR:日系アメリカ人の補償と賠償を求める草の根運動」の編集チームに所属し、映画/カリキュラム「Stand Up for Justice」を通じて収容所についての啓蒙活動に協力し、NCRR 9/11委員会で活動して「Break the Fast」や「Bridging Communities」などのプログラムを通じてアメリカのイスラム教徒コミュニティとの関係構築を支援しました。

彼女はNCRRを代表して日本国内の韓国人やその他の少数民族の権利を支持し、日系進歩派、Vigilant Love、サステイナブル・リトル・トーキョー・プロジェクトに関わり、慰安婦や黒人への賠償、移民の権利、リトル・トーキョーの将来などの問題に取り組んでいます。

彼女はマーク・マサオカと結婚しており、娘のマユミと息子のダン、そして孫のユマ、レオ、キアヌがいる。

2024年2月更新


ケイコ・イカリ・ミヤは、日本の気仙沼と米国(ニューヨーク市と南カリフォルニア)で育ったため、社会の違いを敏感に感じています。カリフォルニア州メイウッドの小学校で11年間、その後ボイルハイツのルーズベルト高校で17年間、日本語教師として楽しく働きました。ニューヨーク市での23年間と南カリフォルニアでの35年以上の経験により、ケイコはさまざまな人種や民族の人々と働く経験を積むことができ、人々と共感しながら働くことに喜びを感じています。ケイコは、2017年から全米日系人博物館( JANM )でボランティア活動を楽しんでおり、特に一世と二世の家族の子孫が主に米国で祖先のルーツを研究するのを手伝っています。博物館のヒラサキ国立資料センターでは、この研究の機会を提供しています。

2021年8月更新


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。