Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/7/19/inmigracion-japonesa-peru/

ペルーにおける日本人移民の社会文化的影響

コメント

日本人移民はペルー社会にどのような影響を与えましたか?この研究の仮説は、ペルーへの日本人移民が、今日まで私たちの日常生活に残っている貢献、習慣、習慣を通じて社会文化的な影響を与えてきたというものです。

1. 日本人移民の社会的影響

日系人に対する差別

日系人に対する差別は、ペルーへの日本人移民の時代から現在に至るまで存在している。日系社会が成長するにつれ、ペルー人は日本人を脅威とみなすようになった。落ち着かない気分が始まり、街中で日本人の危険についての噂が広まりました。 1

日系移民二世は最も差別されていた。これは、例えば、日系社会の外で結婚について議論するときに見られます。多くの場合、この状況は家族関係の終わりを意味します。 2

しかし、日系移民に対する差別は社会や家族だけでなく、職場でも起きた。

「私が生まれたとき、父は私を日本大使館に登録してくれました。私たちはみんな日本に帰るつもりだったので、父は私を日本大使館に登録してくれました。しかし、ベナビデス大統領が企業の従業員の80%がペルー人であることを命じた法律を制定して以来、父は怖くなり、私を法的に民事登録簿に登録しました。彼らが私たちを差別し、将来仕事が見つからなくなるのではないかと心配しました。」 3

ペルー社会への統合

日系人は差別を受けながらもペルー社会に溶け込むことができた。 1950 年から 1970 年にかけて、日系人は個々に頭角を現し始め、自らのアイデンティティを構築しました。スポーツ、芸術、知的生産への参加により、日本人の姓が報道機関に登場し始めました。 4造形芸術における土屋ティルサと詩におけるジョゼ・ワタナベは、最も顕著な例の一部です。

ホセ・ワタナベはペルーの傑出した日系人の一人です。

第二次世界大戦後、日本人はペルー滞在を受け入れ、家業や小規模な製パン会社、繊維業、養鶏会社で子供たちの援助を受けて経済的に自立し始めた。コミュニティ組織の面では、いくつかの協会が再開され、スポーツ、社会的、文化的活動を実施するために設立されました。ペルー日本文化センターはペルー日本人協会の一部であり、すべての日系団体を代表しています。 5

しかし、1990年にアルベルト・フジモリがペルー大統領に立候補すると、アイデンティティに関する疑惑が再び浮上した。固定観念が再生産され、ペルーでは日本人に対する差別と排除、さらには外国人嫌悪があった。 6しかし、選挙の結果を見ると、日系人はこの国の一員であると真に感じている国民投票が彼を選出したことは明らかでした。このイベントは、日系人のアイデンティティと文化に対する誇りを再活性化するでしょう。 7

日系人はペルー社会に溶け込み始めたが、日本の特定の伝統を守り続けた。

「私の家では、ユタのところへ行って占いをすることから、特定の事柄についてユタが持つ偏見に至るまで、伝統がすべて維持されていました。自分の状況はとても良いと感じたので、友達の家に行ってみると、彼らの習慣は全く違っていました。」 8

2. 日本人移民の文化的影響

日本人コミュニティ

ペルーの日系人コミュニティには約5万人がおり、世界最大規模のコミュニティの一つです。 9リマでは日本語が教えられ、日本の歌謡祭も行われます。さらに、多くの日系人は伝統を守るために子供たちに典型的な名前を付けます。それにもかかわらず、多くの日系知識人はペルー人のアイデンティティを採用することを好む。 10

ペルーには日系社会のほかに、沖縄の日系社会もあります。ペルーの日系人の70%は沖縄のルーツを持っています。移民が始まった当初、彼らの伝統、儀式、習慣はすべて実践され、世代を超えて伝えられていました。沖縄のコミュニティは、その文化的ルーツを最も忠実に保存している日本のグループです。これは、象徴主義とサンテリアを仏教や神道の世界観、さらには儒教と共有しているため、日本と中国の文化の影響を受けています。十一

美食

日系美食は、ペルーの要素を使って自分たちの食べ物を再現しようとする日本移民の試みから生まれました。現在、日本料理とペルー料理の味のバランスをとり、ペルー人にとっても日本人にとってもバランスのとれた食欲をそそる提案がなされています。 12移民たちは移民の時から自分たちの国の食べ物を覚えていて、すぐに港湾エリアにペルーの食材を使った小さな日本料理店が作られるようになりましたが、それは結局のところ日本人が手作りしていたものでした。 13

「以前は、日系料理は主に魚介類をベースにした料理と認識されていましたが、今日ではより幅広いレパートリーを提供しています。日系料理は寿司、刺身、ティラディートだけではなく、日本料理やペルー料理をベースにして作られる料理もたくさんあります。」 14

日本食は、自然への敬意を通じて家族の絆を強める社会的習慣と考えられています。日本の美食は数多くの国際的な評価を受けており、東京は世界の美食の首都として知られています。 15

日系美食は、ペルーの要素を使って自分たちの食べ物を再現しようとする日本移民の試みから生まれました。

伝統

日本は文学やテレビシリーズを通じて私たちに伝わりますが、とても神秘的で遠いもののように感じられ、時には想像するのが難しいこともあります。しかし、武士と芸者の日本は、伝統が消えていないため、時間の経過とともにそれほど遠いものではなくなり始めました。 16

1989年に、宗教、食べ物、音楽、言語を考慮に入れて、日本古来の慣習の文化的存続を理解するための研究が行われた。宗教面では、3分の1の家庭では依然として仏教と神道の儀式が行われているにもかかわらず、92%がカトリック教徒であると宣言した。食の面では、70%が和食を用意。 40%は週に1回しか食べなかったが、57%は箸の使い方を知らなかった。日本の音楽が聴かれていたのは、日系人の世帯のわずか 14% でした。世帯の 51% では、共通言語がスペイン語であっても、一部のメンバーがその言語を話していました。結論として、日本文化の存続にもかかわらず、他文化との混合は避けられず、明白でした。 17

ペルーの日系人文化では、日本の影響を受けた西洋音楽やペルーやラテンアメリカのポピュラー音楽が非常に人気があります。しかし、コミュニケーションが容易になったことにより、現代の日本の音楽へのアクセスが容易になりました。日本の音楽活性化の成果の一つであるカラオケでは、言語を回復する試みがなされている。 18

「各国およびすべての国の日系人は、一般に、単一の変わらぬ日本に由来するものではなく、さまざまなルーツを持つ歴史と文化を共有しています。出発の起源、状況、瞬間は多様であり、言語や方言、食べ物、宗教的慣習などの文化的多様性も同様です。日本人移民自身についても、日系人一般についても。個人、家族、グループの物語、あるいはそれらの記憶は、移民の時点では一般的に凍結されたままです。」 19

日常生活

日系人に対する教育は常に進歩のための主な手段と考えられてきました。戦時中に多くの日本人学校が閉鎖されたため、第二次世界大戦前に生まれた移民の子供たちのほとんどは基礎教育しか受けていなかった。教育を受けていなかったため、日世たちは時計製造と写真に関する職業を学び、女性たちは裁断と縫製を学びました。戦後になると、日系人が国立学校で教育を受けるようになり、日系人の専門家が現れました。 1980年以来、日本人とペルー人の職業嗜好に区別はなくなった。二十

日本人移民がペルーでの滞在を延長し始めたとき、教育に対する懸念はさらに高まりました。子どもたちは日本語と母国の公式プログラムで教育を受けました。最初の学校は 1908 年にサンタ バーバラ デル バジェ デ カニェテ ハシエンダに設立されました。その後、1920 年にリマ ニッコーが運営を開始し、1,800 人の学生が入学しました。 21現在、ペルー・日本 CEP「ラ・ビクトリア」は、学生が日系人の現実を認識できるように、ペルーと日本の異文化化を継続しています。 22

日系人の大多数は、ペルーの国教が教えられる学校で教育を受けています。しかし、成長の過程で、彼らは日本とペルーの両方の宗教の影響を受けてきました。混血が起こると日本の祭祀が失われます。リマには、マグダレナ・デル・マルのペルー日本福音教会に集う日系プロテスタントの小グループもいる。仏教や神道の影響を受けた新宗教は、かなり激しい宗教的実践を行っているが、信者は少ない分野でしか見られない。ペルーの中レベル。 23

グレード:

1. 青山翔奈、(2011)「 第 3 章:ペルー日系人の紹介」。 2012 年 8 月 25 日に取得。

2. 青山翔奈、(2011): ウェブ。

3.ドリス諸見里みさと。 Op.引用。 p. 252.

4.森本アメリア。 (1999年)。ペルーの日本人とその子孫。リマ: ペルー議会の編集基金。 P175-181。

5. ジョゼ・ワタナベ 他(1999年)。目の記憶:ペルーにおける日本の駐留百年。リマ: ペルー共和国議会。 pp. 115-116。

6. 同上。

7. メアリー・フクモト、(1997)。新しい太陽へ。ペルー在住の日本人とその子孫。リマ:ペルー日本人協会。 p. 564.

8. 諸見里美里、(1999): p. 266.

9. ペルー日本人協会 (1998-2008)。ペルーの日系人コミュニティ。 2012 年 6 月 3 日に取得。

10. 福本 (1997): pp. 558-560。

11. ドリス諸見里(2007)。 『ペルーの日系人であること:アイデンティティのブランド』の「ペルーにおける沖縄民族」。 2012 年 7 月 10 日に取得。

12. 快感フレーバーズ(2010)。 「津村光春:ペルーの心を持つ日本の伝統」、会館雑誌。ライム。 2010 年 10 月、XV 年、第 67 号。 p. 25.

13. 「 日経、株価指数からペルーの美食トレンドまで」、エル・コメルシオ(2011) 2012 年 7 月 10 日に取得。

14. ジョハナ・プジェイ・フエテ、(2010)。 『日経誘惑』雑誌『快感』。ライム。 2010 年 10 月、XV 年、第 67 号。 p. 14.

15. 「 日本の美食は人類の文化遺産になることを目指す」、エル・コメルシオ(2012)。 2012 年 7 月 10 日に取得。

16. 「日本文化フェスティバル」、会館誌。ライム。 2011 年 11 月、XVI 年、N°61。 pp. 4-5.

17. 森本、(1999): pp. 168-173。

18. 福本、(1997): pp. 470-474。

19. 諸見里、(2009): Web。

20. 森本、(1999): pp. 163-164。

21. 渡辺、(1999): pp. 165-166。

22. ペルー熊本県人会、(2003): pp. 205-206。

23. 福本、(1997): pp. 504-505。

参考文献

日経新聞、株価指数からペルーの美食トレンドまで貿易。 2011。2012 年 7 月 10 日に取得。

日本の美食は人類の文化遺産となることを目指しています。」貿易。 2012。2012 年 7 月 10 日に取得。

青山、シャナ。 (2011年)。 「 第 3 章: ペルーの日系人の紹介」 2012 年 8 月 25 日に取得。

ペルー日本協会 (1998-2008)。ペルーの日系人コミュニティ。 2012 年 6 月 3 日http://www.apj.org.pe/comunidad-nikkei-peru/resenaより取得

福本、メアリー。 (1997年)。新しい太陽へ。ペルー在住の日本人とその子孫。リマ:ペルー日本人協会。

快感フレーバー。 (2010年)。 「津村光春:ペルーの心を持つ日本の伝統」快感マガジン。ライム。 2010 年 10 月、XV 年、第 67 号。 p. 25.

会館。 (2011年)。 「日本文化フェスティバル」。快感マガジン。ライム。 2011 年 11 月、XVI 年、N°61。 pp. 4-5.

森本、アメリア。 (1999年)。ペルーに住む日本人とその子孫。リマ: ペルー議会の編集基金。

諸見里ドリス(2007)。ペルーの日系人であること:アイデンティティの証。日系女性:ペルー日系コミュニティの守護者」 2012 年 7 月 10 日に取得。

諸見里ドリス(2007)。ペルーの日系人であること:アイデンティティの証。ペルーにある沖縄民族。 」 2012 年 7 月 10 日に取得。

諸美里みさと、ドリス。 (1999年)。ペルー沖縄市協会:人生の証言と施設生活20周年への賛辞(1979年~1999年) 。リマ:ペルーの沖縄市協会。

ペルー熊本県人会 (2003): pp. 205-206。

プジェイ・ヒューテ、ジョハナ。 (2010年)。 「日経誘惑」。快感マガジン。ライム。 2010 年 10 月、XV 年、第 67 号。 p. 14.

渡辺、ホセら(1999年)。目の記憶:ペルーにおける日本の駐留100年。リマ: ペルー共和国議会

※本書は、著者が高校時代に執筆した「ペルーにおける日本人移民の社会文化的影響」を改作したものです。

© 2021 Ana Claudia Higashi Suárez

ニマ会によるお気に入り

特別企画「ニッケイ物語」シリーズへの投稿文は、コミュニティによるお気に入り投票の対象作品でした。投票してくださったみなさん、ありがとうございました。

星 22 個
文化 差別 対人関係 移住 (migration) ペルー
このシリーズについて

「ニッケイ物語」シリーズ第10弾「ニッケイの世代:家族とコミュニティのつながり」では、世界中のニッケイ社会における世代間の関係に目を向け、特にニッケイの若い世代が自らのルーツや年配の世代とどのように結びついているのか(あるいは結びついていないのか)という点に焦点を当てます。

ディスカバー・ニッケイでは、2021年5月から9月末までストーリーを募集し、11月8日をもってお気に入り作品の投票を締め切りました。全31作品(日本語:2、英語:21、スペイン語:3、ポルトガル語:7)が、オーストラリア、カナダ、日本、ニュージーランド、ブラジル、米国、ペルーより寄せられました。多言語での投稿作品もありました。

このシリーズでは、編集委員とニマ会の方々に、それぞれお気に入り作品の選考と投票をお願いしました。下記がお気に入りに選ばれた作品です。(*お気に入りに選ばれた作品は、現在翻訳中です。)

編集委員によるお気に入り作品

ニマ会によるお気に入り作品:  

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>

* このシリーズは、下記の団体の協力をもって行われています。 

        ASEBEX

   

 

その他のニッケイ物語シリーズ >>

詳細はこちら
執筆者について

アナ クラウディア 東 スアレスは 24 歳で、開発コミュニケーションの学士号を取得しており、ジェンダーと多様性の問題、教育、異文化性に興味を持っています。彼女は日本とアフリカ系ペルー人の子孫です。

最終更新日: 2021 年 7 月

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。