ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/4/2/sacred-heart-2/

セイクリッド ハート スクール年鑑の回想録 - パート 2

1944-45 年、マッカーサー市長と撮った 8 年生の卒業写真。

パート 1 を読む >>

1945-46年鑑

WE マッカーサー Sr. 市長からのメッセージ:

皆さんのほとんどは日本生まれで、言葉の意味ではカナダ人ですが、戦争中に生じた憎しみによって引き起こされた苦難を経験しなければなりませんでした。過去 4 年間、皆さんはこの重荷に耐え、非常に立派な態度で立ち向かいました。市長として、私は皆さんが本当に素晴らしい子供たちであることを知り、皆さんの将来の幸福に常に強い関心を抱いています。皆さんは私がこれまで何度もこのことを言っているのを聞いてきましたが、繰り返して言う価値があると思います。

戦争によって生じた嫌な感情はやがて薄れ、皆さんはカナダのような素晴らしい国で幸せに暮らせるようになるでしょう。皆さんの勤勉さと誠実さから、皆さんは間違いなくブリティッシュコロンビア州に留まり、他の人々は両親とともに日本に行くことになるでしょう。しかし、皆さんがどこにいようとも、グリーンウッド市への温かい思いを心に留めておいていただきたいと思います。

修道女たちへの市長のメッセージ:

私たち全員が、アトーンメント修道女会の働きに心から感謝していることは承知しています。また、市議会にも感謝の意を表したいと思います。市議会は、修道女会がこの学校で非常に良い働きをしてきたことを認識しているからです。

もし彼女たちが来なかったら、私たちの公立学校はどうなっていたか分かりません。なぜなら、今は学校が満員だからです。しかし、シスターたちは時代遅れだと思います。というのも、彼女たちは現代的なやり方でストライキをしないからです。実際、彼女たちは給料をもらっていません。

このグリーンウッドは奇妙な場所です。日本人との関係で私たちがとってきた態度に対して、かなりの反対がありました。皆さんは厳しい状況下でここに来ましたが、その状況下で見事に立ち向かったことに感謝したいと思います。訴訟も起こさず、酔っぱらいもいませんでしたし、皆さんは法律を守ってきました。グリーンウッド市での皆さんの明るい暮らしに感謝したいと思います。

しかし、残念なことが一つあります。4年間で私たちはある種の友情を築きますが、残念ながら多くの場合、その友情は続きません。皆さんは東へ行ったり、日本へ行ったりするからです。悲しいことです。こうした友情はどれも一時的なものに思えます。私たちは今日ここにいても、明日にはいなくなってしまいます。私はいつまでもそれを後悔するでしょう。

SA 牧師ロバート・オファレル神父からのメッセージ:

私はグリーンウッドに来た約 4 年前を思い出しています。それは最初の修道女たちが到着して間もない頃でした。未来が不確かな悲しい日々でした。皆さんがその日の重い試練や重荷、悲しみから解放されたことで、月日が明るくなったことを思い出します。そのすべてを通して、私たちの仕事に対する理解と評価の徹底さという、皆さんの国民性のより優れた性質が今になってわかることを思い出すのが好きです。

マッカーサー市長は、グリーンウッドがあなたの存在によって損害を受けたわけではないと明言しました。確かに、グリーンウッドはあなたがここにいることで物質的に損失を受けたわけではありません。そして、あなたは教育でも宗教でも損失を被っていないと言えるでしょう。ですから、グリーンウッドが経済的に利益を得た一方で、あなたは精神的に利益を得たのです。

今晩の講演を終える前に、マッカーサー氏に感謝の言葉を述べさせてください。グリーンウッドの皆さんの中で、彼ほど愛されている人はいません。過去 3 年間、皆さんに対する彼の心からの思いやりは十分に示されてきました。彼が父親の心を持ち、母親の理解力を持っていることは疑いの余地がありません。彼は皆さん全員に親切でした。皆さんの困難に耳を傾け、皆さんを助けてきました。あなたは公平であるだけでなく、偏見なく公平でした。それが、私たちがコミュニティの全員と共存したいと願う方法です。

学生からのコメント:

スティーブストンの私の家:

私が以前住んでいたカナダの家はスティーブストンにありました。私が通っていた学校はロード・ビング・スクールと呼ばれていました。学校へ行く途中、私はいつもフランシスコ会の贖罪修道女たちの家の前を通りました。母親たちが仕事に出かけている間、多くの小さな子供たちが親切な修道女たちによってよく世話されていました。

放課後、私は友達と、太陽が西に沈むまで鬼ごっこやかくれんぼをしました。夏には、フレーザー川で泳いでとても楽しかったです。川を渡ったところにビーチがあり、私たちはよく手漕ぎボートでそこへ行きました。お弁当も持ち歩いていました。

私たちは皆、そこでとても幸せでしたが、突然、愛する家を離れなければならなくなりました。それは 1942 年のことでした。今、目を閉じても、古いリンゴの木がそよ風に揺れている私たちの家をはっきりと思い出すことができます。スティーブストンの家はもう二度と見ることはないでしょうが、どこへ行っても、その思い出はいつまでも持ち歩くでしょう。

— 田本 栄恵、8 年生

私がグリーンウッドを好きな理由:

グリーンウッドは素敵な場所なので好きです。春には山に行って花を摘むことができます。夏には公園に行って涼しく過ごすことができます。

グリーンウッドからそう遠くないところに滝がいくつかあります。私たちは一度そこへ行きました。私たちが住んでいるところからはかなり遠いです。

ここには背の高い緑の木がたくさんあるので、この場所が「グリーンウッド」と名付けられているのだと私は考えています。

— 青木みどり、グレード V

1946年クラス:

トミー・タナカ、酒井清江、速川光子、畑中信夫、那須幸雄、重松鶴代、マデリン・クラモト、石井義雄、ドロシー・オータニ、村上松子、クレア・フクムラ、ジェシー・シミズ、マーサ・タケモト、ロージー・オカノ、西村節也、ジミー・オーラ、佐倉光代。

1946-47年:

市長WE・マッカーサー・シニアからのメッセージ:

先生方との話し合いから、皆さんが一生懸命に勉強し、良きカナダ国民になるために最善を尽くしてきたことが分かりました。長い上り坂の道でしたが、ようやく終わりが見えてきました。新しい市民権法が、皆さんの困難を最終的にすべて解決してくれると確信しています。克服すべき障害はまだいくつか残っていますが、それは単に時間と忍耐の問題です。

あなたがグリーンウッドにいた間、あなたの振る舞いは最高の賞賛に値するものでした。そして、私はあなたが人生で得るべきものにおいてそれを確信しています。私はあなたに可能な限りの援助をすることをお約束します。

1947年卒業生:

石田茂子、大谷文子、ジャネット・オカモト、フランシス・トダ、三木恒夫、パトリック・ナカガワ、芋生律子、アグネス・フジサワ、ペギー・ホンダ、ジミー・ムクダ、ベルナール・ユルギ、三木一雄、北川あさえ、クレア・フジモト、村尾長子、新出進、大江正光、上山茂、メイベル・ニツイ、アイリーン・カリヤ。


日本からのメールバッグ:

ジョージと私は8月からずっと軍隊で働いており、二人とも順調に​​やっています。もし商工会議所に行って、シスターたちがタイピングと速記を教えていなかったら、私はここでこの仕事をしていなかったでしょう。ジョージは郵便室のメッセンジャーとして働いています。

— 中村和子

シスターたちのおかげで、私はアメリカ陸軍の工兵地形大隊の秘書という非常に良い地位に就いています。仕事は簡単で、皆が私にとても親切です。

— 田端久子

私はここ大阪で交換手として働いています。仕事はまあまあです。家族は全員和歌山に住んでいます。

— 田本 栄

カナダの家を離れてから、ほぼ2ヶ月半になります。マナーや仕事、その他すべてのことの違いに苦労しています。食料や衣服が不足しています。私たちには小さな庭があってよかったです。庭のない人たちは苦しんでいます。友達もいない私は一人でとても寂しいです。また母国(カナダ)に戻れるように祈っています。

— ベティ・ムラカミ

私の見るところ、日本は今、打ちのめされ失われた国であり、ゆっくりと回復し、徐々に民主主義への道を歩み始めている。

すべてに暗い影が垂れ込めており、それは危機的な食糧事情です。唯一の明るい点は、米国から時々届く緊急配給です。十分な食糧を集めるだけでも丸一日かかります。闇市場が蔓延しています。配給だけで生活することはできないので、ほとんどの食糧はこのようにして購入されます。会話の主な話題は食糧です。

暖房、衣服、住居、交通は、8000万人の日本国民にとってもう一つの大きな問題です。石炭は不足していますが、徐々に増加しています。電気さえも削減されています。現在、国民は衣服をほとんど持っていません。元兵士がまだ古い軍服を着ていることもよくあります。

連合軍が日本を占領しているので、そこそこ大きな町にはほぼすべて兵士が駐留しています。占領軍は日本人に援助の手を差し伸べています。これは彼らがマッカーサー元帥を尊敬し、その指導を求めていることからもわかります。

これらは日本の現状についての私の印象であり、私が見てきたことから、1943 年の私たちのクラスのモットーである「苦難は教訓である」は、日本国民全員にふさわしいモットーであるはずです。

— 田畑茂


私たちの最初の日本人姉妹:

1947 年 5 月 15 日木曜日の昇天祭に、ニューヨーク州グレイモアで感動的な儀式が行われ、グリーンウッドの人々はそれを心から熱心に追っていました。キャサリン フジサワさんは、フランシスコ会の聖衣とシスター キャサリン マリーの名を授かりました。フジサワさんは 1946 年 7 月 18 日にグリーンウッドを離れ、フランシスコ会の修道女志願者となりました。彼女はこの修道女会に入会した最初のカナダ人二世の若い女性です。

1949-50年鑑

1949年、幼稚園卒業。

WE マッカーサー Sr. 市長からのメッセージ:

過去には言えたであろうことの多くは、今は当てはまりません。戦時中に存在した制限や不足は取り除かれ、特に卒業生たちは多くの機会のあるカナダを期待できると私は確信しています。

皆さんは、皆さんの幸福に深い関心を寄せ、皆さんの最大の利益を心から願って一生懸命働いてくれた修道女たちのことを、将来懐かしい思い出とともに振り返ることでしょう。

PTAからのメッセージ:

1950 年の卒業生の皆さんに「おめでとう」と言いたいです。皆さんはグリーンウッドのセイクリッド ハート スクールで 8 年間の学校生活を終える最初のクラスだからです。

— PTA会長 ポール・K・モリタ

1950年の卒業生:

信子新出、バージニア・ムラオ、ダニエル・イムー、マーガレット・ニシ、ムラオ・シヨコ、メアリー・ミキ、エイミー・オタニ、田中明夫、パトリシア・ウエデ、ジョイス・ニツイ、ケイヤ・オエ。

おめでとうクララ:1949年11月12日

クララ様(重松鶴代)

ペイトン神父から、あなたがファミリー・ロザリオ・クルセードの教区高校ポスター・コンテストで優勝したと聞きました。お祝いを申し上げます。

この機会を記念してロザリオをお送りします。神と聖母が常にあなたに成功と幸福を祝福してくださることを願います。

ロザリオを唱えるときは、たまには私のためにも少しお祈りするのを忘れないでください。ありがたいです。

敬具、

ビング・クロスビー

日本からの新入生:

谷みどり・田坂和一

1952-53年年鑑

卒業クラス:

浜口実代、石田修、村尾サミー、田坂ルラナ、村尾信子、マルセリン・シンデ、浜口リタ、石田オーガスティン、田中トッシュ、二井千代。

1953-54年年鑑(最終年)

卒業クラス:

村尾明弘、メアリー・タナカ、トーマス・ハマグチ、ジョン・イノウエ、スミコ・オエ、ルーシー・サラ・ヤマグチ、テレサ・ニシ、石田誠、浜口清美、シルビア・シゲマツ、ジャック・カンポリエト。

卒業生へのメッセージ:

新たな学年が終わりに近づくにつれ、皆さんは将来を楽しみにすると同時に、セイクリッド ハート スクールでの 1 年間を振り返ることになるでしょう。

— マイルス・ミュラー神父、SA

もう1年が過ぎました。私たちは、現代に必要となる完全な教育を受けるための努力において、卒業生たちが成功裏に将来を歩むことを祈らなければなりません。

したがって、贖罪の姉妹会があなたの学校に非常に有能かつ寛大に提供してくれた機会を最大限に活用してください。

— WE マッカーサー Sr. 市長

郵便局エッセイコンテスト:

昨年の秋、グリーンウッド校は広報担当のWLレモン氏を訪問し、学生たちに郵便作文コンテストへの参加を促しました。

SHS の児童らが提出した作文の中から、オタワにより賞に値する 6 作品が選ばれました。グリーンウッドの郵便局長サマーズギル氏が最近賞を受け取り、SHS の幸運な児童らに直接手渡しました。

各受賞者には、カナダのさまざまな初期の郵便システムを描いた大きな写真と、カナダ郵政長官のW・T・ターンブル氏からの貴重な個人手紙が贈られました。

トロフィーを喜び誇らしげに手にしたのは、SHS の次の生徒です: メアリー・タナカ、テレサ・ニシ、ジョン・イノウエ (8 年生)。モニカ・タサカ、ロン・ハタナカ (7 年生)。

この大きなイベントは、地元の郵便局の見学とサプライズによる軽食で終わりました。

© 2021 Chuck Tasaka

ブリティッシュコロンビア州 カナダ 教育 Franciscan Sisters of Atonement(団体) グリーンウッド 日系カナダ人 聖心教会 学校 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所 年鑑
執筆者について

チャック・タサカ氏は、イサブロウ・タサカさんとヨリエ・タサカさんの孫です。チャックのお父さんは19人兄弟の4番目で、チャックはブリティッシュコロンビア州ミッドウェーで生まれ、高校を卒業するまでグリーンウッドで育ちました。チャックはブリティッシュコロンビア大学で学び、1968年に卒業しました。2002年に退職し、日系人の歴史に興味を持つようになりました。この写真は、グリーンウッドのバウンダリー・クリーク・タイムス紙のアンドリュー・トリップ氏が撮影しました。

(2015年10月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。