Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/11/7/leland-inaba-2/

リーランド・イナバ - パート 2

コメント

リバーサイドの自宅にいる稲葉一家。

パート 1 を読む >>

それで、あなたの両親がこの二国間の緊張や戦争が勃発したことについて何か言っていたのを覚えていますか?

いいえ、彼らはそのことについて話しませんでした。話すよりも、隠しておいたり、背景に押しやったりする方が簡単だったと思います。まず第一に、父は異邦人だとみなされてすぐに連れ去られました。そのため、母はすべての予定をキャンセルするなど、他のすべてのことを引き受けなければなりませんでした。

幸運なことに、父が事務所を構えていた建物の所有者である大家さんは、パサデナ出身の非常に裕福な女性でした。彼女の運転手は、1940 年代初期の話ですが、運転手、それも正規の運転手を雇うには、本物の大富豪でなければなりませんでした。なぜなら、そのような人はそれほど多くなかったからです。

そして、母はそれを聞いてすぐにやって来ました。運転手にリバーサイドまで連れて行ってもらい、父に「オフィスのことは心配しないで」と言いました。そして母とJCペニーに行き、シーツをたくさん買って、歯科器具、ソファ、テーブルなどすべてをシーツで覆いました。そして「家賃のことは心配しないで。戻ってくるまでお金は払わなくていいから」と言いました。彼女は本当に優しい人です。

でも、彼女は日本語が話せました。運転手も庭師も日本人だったからです。彼女は日本語に詳しく、教養も高かったのです。だから何が起きているのか知っていました。政府のやっていることは違法だと知っていました。だから、彼女は本当に親切な人でした。

そうですね。それで、あなたが戻ってきたとき、お父さんの家はまだそのままだったんですか?

ああ、そうだ。すべて無傷だったと彼は言っています。

それはあなたの家族にとってとても幸運なことでしたね。FBIがあなたのお父さんをどれくらいの期間拘束していたかご存知ですか?

彼は刑務所にいました。戦争が終わるまで家に帰ることはありませんでした。彼は逮捕され、指紋を採取され、写真を撮られ、まずニューメキシコ州ローズバーグに送られました。そしてそこからテキサス州クリスタルシティに送られました。そして私たちはマンザナーに送られました。

キャンプに行く前に再会させなかったとは知りませんでした。それでどう思いましたか?お父さんに何かひどいことが起こったと思いましたか?

いいえ、いいえ。母は私たちに何が起こっているのかを話したり、説明しようとしたりしましたが、私には完全に理解できないことでした。

[ホリー]:サンタアニタで処理されたと言っていましたか? 出荷される前にサンタアニタの柵越しに彼を見たという話があったと思ったのですが。

[リーランド]:ええ、そこは広い地域だったので、最初の緊急センターの 1 つが設置された場所です。周囲はフェンスで囲まれていました。それで私たちは特定の日に彼を訪ねました。土曜日か日曜日だったと思いますが、フェンス越しに彼を見ることができました。

これはあなた自身とご家族がキャンプに行く前のことですよね?

はい、そうです。

それから、あなたは母親や兄弟たちと一緒にどこに送られたのですか?

そうですね、私たちはみんなロサンゼルスに引っ越しました。いわゆる「強制収容所」、つまり刑務所に入ることになるのはわかっていました。そうなることはわかっていたので、私たちは一緒にいたかったのです。少なくとも一緒にいられるように、私たちはみんなロサンゼルスのおばあちゃんの家へ引っ越しました。だからマンザナーに行ったとき、私たちはまるで荷物に詰め込まれたようでした。

これはあなたの母方の両親ですか、それとも父方の両親ですか?

母の両親。

それで、あなたは以前に集合センターに行ったのですか、それともマンザナーに直接行ったのですか?

マンザナーへ直行。私たちは列車に乗せられ、そこに向かいました。

LAからマンザナーまでの電車の旅を覚えていますか?

ええ。ただ、ベンチシートの古い列車で、特に派手なことはなかったです。私たちが立ち往生していたのを覚えています。マンザナーに着く前に、列車は給油か給水か何かのために止まりました。すると、数人がやって来て、水やジュースを持ってきてくれました。近所の住民です。どこの町だったか忘れましたが、大きな町ではなく、農村でした。みんなパニックになっていて偏見を持っていたので、本当にありがたかったです。ここにいる人々は、買えるものは何でも持って来ていました。

そして、電車内の人にそれを渡すのでしょうか?

ええ、彼らはただやって来て、窓を開けて私たちに[物を]手渡してくれました。

こうした小さな町から電車でやって来る人たちが、そのような経験をしたという話は聞いたことがありません。ちょっと話を戻します。リバーサイドのあなたの家についてお聞きしたいのですが。持ち物を処分しなければならなかったのですか?あなたの家に何が起こったのですか?

ああ、両親は幸運だったと思います。両親は二人とも教育を受けており、これは間違っている、違法だと気付いた教育を受けた友人がいたからです。そして彼らは私たちの面倒を見てくれて、自分たちの財産の世話を申し出てくれました。ですから、私の両親は「心配しないで、私たちがあなたの財産の世話をするから」と言ってくれる親しい友人がたくさんいて幸運でした。

それで私たちは自分の家具を持って寝室の1つに置き、鍵をかけました。そして家具の一部をガレージに運びました。そこには家具を置いて鍵をかけられる大きな部屋がありました。そして彼らはそれを管理し、家を貸し出しました。家賃を徴収して両親の当座預金口座に振り込んでくれました。ええ、彼らは本当に良い人たちです。

それはすごいですね。

まあ、彼らは皆教育を受けた人々だったので、何が起こっているのか知っていました。教育を受けておらず、パニックに陥り、感情的になっていた私たちの隣人と、その隣人は違いました。彼女は、父が夜になると大きなクルミの木に登り、懐中電灯を持って敵機が近づいてくると合図していたと証言しました。彼女は宣誓のもとで証言しました。これは真実です。

そしてもちろん、彼らは彼女を信じました。

ああ、そうそう。彼女は生き証人だったんだ()。

サンタアニタからお父さんに別れを告げたのを覚えていますか?

いや、そうでもないよ。

そして、また彼に会えるような気がしましたか?何か起こるのではないかと怖くはなかったのですか?

ええ、いいえ、何が起こっているのかよくわからなかったからです。

それで、実際にマンザナーに到着したとき、キャンプやこの新しい場所への引っ越しの第一印象はどうでしたか。

軍の兵舎みたいなものです。1×6 くらいの木材の上に、何列にもわたって急いで建てられた家々が並んでいます。急いで建てたので、平らに並べる手間がかからず、そのくらいの間隔で亀裂が入っています。何百もの家を急いで建てなければならなかったので、とにかく急いで建てたかったのです。急いで。

10 歳の目を通してこの場所を見て、どんなことを覚えていますか? また、その地理についても教えてください。

片側には大きな山々があり、反対側には砂漠があり、すべてが平坦な砂漠でした。雰囲気はそれだけで、ただ平坦で、埃っぽく、時々風が吹くだけです。

そこに着いた月を覚えていますか?

いいえ、暑かったのは覚えています。風が強くて、埃っぽかったのも覚えています。そうですね、だいたいそんな感じです。

あなたも祖父母と同じバラックに住んでいたのですか? あるいは生活状況はどうでしたか?

家族の人数に応じて、一人当たり一定のスペースが与えられました。ですから、子供がたくさんいる場合は、バラック全体を利用できました。子供が少なければ、3 分の 1 か 4 分の 1 のスペースが与えられました。

それで、マンザナーでの生活に少し慣れてきたときに何が起こりましたか?そこで学校に通っていたときの思い出や、鮮明な思い出はありますか?

学校のことはあまり覚えていません。ただ、砂漠の真ん中にあったので風が強く、埃っぽかったことを覚えています。埃っぽすぎて、建物同士がそれほど離れていない、たぶん 30 フィートか 40 フィートしか離れていない日もあり、建物が見えませんでした。埃っぽかったんです。

つまり、覚えておくべき要素はたくさんあるということです。

ええ、覚えているのはそれくらいです。

そこにいたときも学校に通い続けましたか?

まあ、結局彼らはいくつかの学校を建て、ボランティアの白人教師やキャンプの教師たちも来てくれました。つまり、彼らはついに学校制度を確立したのです。

先ほど、楽しかったとか、子供がたくさんいたとかおっしゃっていましたね。

責任がなかったから楽しかったです。毎日、たくさんの子供たちと遊ぶことができました。子供たちを探しに行く必要はなく、ただ外に出るだけでした。子供たちはサッカーやバスケットボールをしていました。

他の子供たちと一緒に何をしましたか? 何かスポーツをしましたか?

マンザナーでのことはあまり覚えていない。クリスタル シティでのことは、私が年上だったからよく覚えている。

あなたの家族はいつクリスタルシティに引っ越したのですか?

いつかは分かりませんが、マンザナー事件から数年後だったに違いありません。

ということは、あなたはまだ数年間父親と離れ離れになっていたのですね。

そうそう。

あなたのお母さんはマンザナーで働いていましたか?

彼女が郵便局関係の仕事をしていたことをぼんやりと覚えています。

パート3 >>

※この記事は2021年6月17日にTessakuに掲載されたものです。

© 2021 Emiko Tsuchida

カリフォルニア州 強制収容所 クリスタルシティ収容所 クリスタル・シティ(テキサス) 司法省管轄の抑留所 ローズバーグ抑留所 マンザナー強制収容所 ニューメキシコ リバーサイド テキサス アメリカ合衆国 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所
このシリーズについて

テッサクは、第二次世界大戦中にトゥーリー レイク強制収容所で発行されていた短命の雑誌の名前です。また、「有刺鉄線」という意味もあります。このシリーズは、日系アメリカ人の強制収容に関する物語を明るみに出し、親密で率直な会話で、これまで語られなかった物語に光を当てます。テッサクは、過去の教訓を忘れてはならない文化的、政治的時代を迎えるにあたり、人種ヒステリーの結果を前面に押し出しています。

詳細はこちら
執筆者について

エミコ・ツチダはサンフランシスコ在住のフリーランスライター兼デジタルマーケターです。混血のアジア系アメリカ人女性の表現について執筆し、トップクラスのアジア系アメリカ人女性シェフ数名にインタビューしてきました。彼女の作品は、ヴィレッジ・ヴォイス、アジア系アメリカ人メディアセンター、近日発売予定の「Beiging of America」シリーズに掲載されています。彼女は、強制収容所を体験した日系アメリカ人の体験談を集めるプロジェクト「Tessaku」の創始者でもあります。

2016年12月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。