Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/9/4/8255/

第十一章 闇夜に

コメント

爆発音は日に日に大きくなっているようだった。金太郎は、爆発音が今にも鼓膜を破りそうなほど大きく、全身が震えるのを感じた。

ルームメイトの誠が夜中に姿を消した。暗い考えにとらわれた彼を救い出す者は誰もいなかった。不意を突かれるのが怖くて眠れなかった。戊辰戦争で起こったのはまさにそれだった。数分間目を閉じていたら、突然、砲弾が城壁を突き破り、妹と母を殺した。

このような流血と死傷者の責任は誰にあったのでしょうか? カリフォルニアには明治天皇はいませんでした。しかし、抵抗運動に協力したが失敗した人物がいました。ジョン・ヘンリー・シュネルです。

金太郎が最初にゴールドヒルに同行することに同意したとき、彼はその男を信頼していました。彼は外人でしたが、当時は日本人の妻と赤ん坊がいました。彼は若松コロニーについて、絹と茶葉の恵みで皆が裕福になるというビジョンを持っていました。しかし、金太郎と他の者たちはすぐにそれがすべて口先だけだったことに気づきました。ユーカリと茶の木はすべて枯れていました。ここには彼らのために何もありませんでした。

この苦しみの責任は誰かにある。彼らを騙してここへ連れて来たガイジンだ。最初は亡くなった親戚の声が頻繁にキンタローの元を訪れた。だが、太平洋を隔てたせいか、今ではその声は弱くなっていた。これもシュネルのせいだ。キンタローはそう確信していた。

金太郎が小さな小屋の引き出しを整理すると、食事やちょっとした修理に使う包丁がすべてなくなっていた。誠が何か関係しているのではないかと疑った。誠はいつも金太郎に、悪夢や怒りの爆発について医者に相談すべきだと言っていた。

悪魔から身を守るにはどうすればいいのでしょうか? 金太郎は他の廃屋にも足を踏み入れましたが、どこも人がいませんでした。彼は桜井松之助「マッツ」と大工の桝水国之助「クニ」が住んでいる小屋に近づきました。

マッツはまだ起きていて、家の外に続く階段に座っていた。彼は作業靴についた土の塊を掃除していた。マッツはそういう意味では几帳面だった。彼は人や物を注意深く観察した。キンタローは時々、年上の男が自分のことを見透かしているように感じた。

「おい、キンタロー。夜更かししたな」マッツが声をかけた。

「やあ、やあ。」キンタローはイライラした。マッツは落ち着かせる存在だったが、落ち着かせたくなかった。キンタローはマッツから立ち去り、シュネル家の裏に隠れた。家族は包丁を何本か持っていた。マッツは妻のジョーと乳母のオケイが料理をするときに包丁を使うのを見たことがある。コロニーが空になったので、オケイは今や母屋の使用人部屋で寝ている。

空は真っ暗で、月は鎌の形をしていた。金太郎は両手で空を切り裂いた。戦闘では、敵が準備不足の時に攻撃するようにと教えられた。彼は、コロニーで最も大きな住宅であるシュネルハウスに向かって土の上を忍び寄った。以前、彼は彼らの裏の台所に乾物を届けたことがあり、何の問題もなく中に入った。手探りで台所に入り、家族の調理器具が入っている引き出しを見つけた。彼はハンドルをつかみ、道具を窓の方に引っ張ると、確かに武器を見つけたのがわかった。

シュネルの寝室は反対側にあった。二人の娘は同じ部屋のベッドで寝ていた。金太郎はナイフを握りしめ、ひどいいびきが聞こえる反対側の隅のベッドにゆっくりと近づいた。彼はシュネルという人物の方に身をかがめた。シュネルの体は片側にあり、息を吐いたり吸ったりするたびに胸が膨らんだり縮んだりしていた。顔の両側には毛がふさふさしており、金太郎は左手を伸ばした。そのもじゃもじゃした毛を感じると、強く引っ張ると、虎のような男はまっすぐに座り、うなり声をあげた。

キンタローはシュネルの首にナイフを突きつけた。「お前がやったんだ。家族を殺したんだ。そして最後には償いをしてもらうことになる。」

幼い娘たちと一緒に小さなベッドで寝ていたと思われるジョウ・シュネルさんは叫び始めた。

シュネルは首を動かさずに、「お前は頭がおかしい」と歯を食いしばって言った。

ちょうどその時、一人の人物が部屋に飛び込んできて、キンタロウを地面に押し倒した。マッツは外でキンタロウを見かけて以来、ずっと彼を尾行していたのだ。

釈放されたシュネルは、素足でキンタローを蹴り始めた。

「いや、いや。」マッツは犯人を体で覆った。「シュネルさん、彼が具合が悪いのはご存じですよね。」

彼らは言い争い、最終的にシュネルはキンタロウを空いている小屋の一つに移し、キンタロウの手首と足をロープで縛った。

「これは朝に対処できる」とマッツは言った。「私が彼を監視します。」

「彼をここに連れてくるべきではなかった」とシュネルさんは語った。彼は長いナイトシャツを着ており、マッツさんはシュネルさんの息から酒の匂いがしたと思った。

シュネルが家に戻ると、マッツはキンタローの耳元で「大丈夫だよ。すべてうまくいくよ」とささやいた。

* * * * *

手首と足を縛られた金太郎は、眠っているかのようにじっと横たわっていた。これは、日本で武士として学んだ多くの陽動作戦のうちの 1 つだった。マツはあまりにも真剣で、人を信用しすぎていた。やがて、年上の男はぐっすりと眠り、いびきをかいていた。

金太郎は手首が顔の前に出るくらい体を曲げ、歯を使って手を縛っていた縄を緩め、次に足に巻かれていた縄を素早く解いた。

夜の闇の中で、メンフクロウの鳴き声が聞こえた。そして、妹が自分の名前を呼んでいるように思った。

聞こえてるよ、と彼は自分に言い聞かせた。あの時は君を救えなかったけど、今は救える。

彼はよろめきながら集落から出て、山へと続く開けた小道を歩きました。歩き続けるうちに、松の木の葉が首や顔に引っかき傷をつけました。やがて太陽が昇り始め、彼はさらに旅を続ける決心を固めました。

木々はますます青々と茂り、彼は故郷の阿賀野川と同じくらいの大きさの大きな川の前に立っていました。しかし阿賀野川は穏やかで穏やかですが、こちらは荒々しく、急流が岩にぶつかっています。ちょっと待ってください、水面上を飛んでいるのは何ですか? 植民地の人工湖で初めて出会った、しゃべる鯉でしょうか?

金太郎、と彼は聞いた。金太郎、おいで

「そうするよ。待ってて。」 金太郎は急流の力に流されるのを感じながら、水に飛び込んだ。川に飲み込まれても、呼吸に苦労することはなかった。川の流れに身を任せ、自分が向かう先へと向かった。

* * * * *

翌朝、マッツが目を覚ますと、自分は一人ぼっちでした。床にロープが落ちているのを見て、マッツはすぐに起き上がり、外に走り出しました。

オケイは起き上がり、一人でぎこちなく立っていた。「彼らはもう行ってしまったわ」と彼女は言った。

「金太郎のことか?逃げ出したんだ。俺が見つけてやる」

オケイは首を横に振った。「いいえ、シュネル夫妻です。ジョー、フランシス、メアリーです。シュネルさんが連れて行きました。近所の男性が馬車に乗せてあげました。何日も前から計画していたんです。そして私を置いて行ってしまったんです。」マッツは彼女の白目の部分が黄色っぽくなっているのがわかった。この子は病気なのだろうか?

涙がポロポロと頬を伝って、細くて黒い腕に落ちた。オケイはどうしてこんなに痩せてしまったのだろう。マッツはコロニーの崩壊に気をとられ、今までこの少女の健康状態の悪さに気づかなかった。

「星を眺めていた夜に言ったことを覚えておいて」マツは皮と骨だけになったオケイの腕を強く握った。「絶対に君から離れない」彼は彼女に朝食を食べるために本館に戻るように言った。

シュネル家に入ると、オケイが報告した通りだった。急いで出て行ったかのように、床には物が散乱していた。スーツケースもすべてなくなっていた。彼らは逃げ出してしまったのだ。

マッツは小屋に戻り、もう一人の大工である大戸松五郎と一緒にいたクニに何が起こったかを話した。

「ほっとしました。これで前に進めます。本当に終わりました」と松五郎さんは語った。

マッツは、松五郎がその優れた知性により、日本でまだ何らかの将来性を持っていることを知っていた。しかし、彼とクニは、主に手を使って働く男たちだった。

シュネル家の秘密の脱出について考えながら、マッツはキンタロウが家長の喉を切り裂くのを止めたことを後悔した。しかし、そうしたらキンタロウは逮捕され、アメリカの刑務所に連行されていただろう。マッツはキンタロウがどこにいるか知らなかったが、彼がアメリカの荒野にいるのも、おそらく彼にとってはちょうどよかったのだろう。

「さあ、最後の一匹だ」クニはマットレスの横からタバコの袋を取り出した。

「後悔はしていない」とマッツは語った。

「僕もだよ」とクニはベッドでタバコを巻きながら付け加えた。「人生はギャンブルだ。僕たちはこの道を選んだ。日本に残っていた方がよかったなんて誰が言えるだろう」

「シュネルさんが私たちに対してもっと正直であってほしかった」と松五郎さんは言う。

「彼は武器商人だ。家族以外には誰にも忠誠心はない。」マッツはマッチでタバコに火をつけた。

松五郎は母屋のほうのドアを見た。「あの娘を置いていったようだな。」

「彼女は大丈夫だ。私が彼女の面倒を見るよ」とマッツは言った。

「若松コロニー。失敗した壮大な実験。」クニはまるで呪われた土地であるかのように、土の床に唾を吐いた。「そんな場所が存在したことは誰にも知られないだろう。」

「忘れられた方がよかったのかもしれない」と松五郎は言った。

マッツは反対したが、何も言わなかった。彼らがそこにいた間に財産を築いたわけではないのは事実だ。しかし、宇宙の観点から見れば、たとえ数年であっても、彼らの存在は何らかの痕跡を残したのではないだろうか。彼らがその旅をしたことで、歴史の流れが変わり、彼らが出会った人々の心を開き、アメリカ人がそうでなければしなかったであろう選択をするようになったのかもしれない。

つづく...

© 2020 Naomi Hirahara

カリフォルニア州 フィクション 世代 移民 移住 (immigration) 一世 日本 移住 (migration) 平原 直美 アメリカ合衆国 若松コロニー
このシリーズについて

若松茶業・蚕糸農場の女性たちについては、その創設者ジョン・ヘンリー・シュネルの日本人妻、ジョウ・シュネルを含め、あまり知られていない。シルクは、1869年から1871年にかけてのこれらの女性と男性の生活を想像した架空の物語である。

著者注: この架空の創作に使用されたノンフィクションのソースには、ダニエル A. メトラーの『若松茶業と絹織物コロニー農場と日系アメリカの誕生』 、ディスカバー・ニッケイの記事、ゲイリー・ノイの『シエラ・ストーリーズ: 夢見る者、策略家、偏見者、そしてならず者の物語』が含まれます

第1章を読む >>

詳細はこちら
執筆者について

平原直美氏は、エドガー賞を受賞したマス・アライ・ミステリーシリーズ(帰化二世の庭師で原爆被爆者が事件を解決する)、オフィサー・エリー・ラッシュシリーズ、そして現在新しいレイラニ・サンティアゴ・ミステリーの著者です。彼女は、羅府新報の元編集者で、日系アメリカ人の経験に関するノンフィクション本を数冊執筆し、ディスカバー・ニッケイに12回シリーズの連載を何本か執筆しています。

2019年10月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。