Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/6/24/nikkei-limena/

リマ日系人

私の最初の姓 (コールセンターの従業員の中には発音できない人もいます) は常に一連の質問 (非常に奇妙で面白いものも) を引き起こしてきましたが、私は成長して自分自身を知るにつれて、より大きな解決力を持って答えることができるようになりました。中国出身ですか?ペルー人ならなぜその苗字を持っているのですか?ご両親はどちらのご出身ですか?あなたは日本人ですか、それともペルー人ですか?アニメについて何か知っていますか?日本語を話せますか? 「こんにちは、中国人」ってなんて言うの?

実は私はリマ出身の日系四世です。しかし、この答弁は、質疑を終了する以外に、質問をさらに煽るだけでした。この点に至ると、詩人のジョゼ・ワタナベの証言を思い出さずにはいられません。その中で彼は、友人たちが日本の電化製品が故障したことを冗談で彼のせいにし、黒澤映画を祝福してくれたと語っています。

明らかに、私たち(ペルー日系人)を見る人の多くは、私たちをペルーよりも日出ずる国と同一視してしまいます。しかし、私たちは一部の人が信じているよりもペルーという国籍と深く関わっています。実際、私の先祖やリマの他の多くの日本人は、現在の首都の形成に貢献してくれました。

日本人の急速な進歩

中川史郎のパスポート。 1918年。(写真:坂田百合家アーカイブ)

19世紀末以来、ペルーは先進国の貧困から逃れようとしていた日本人農民の大規模な派遣団を受け入れ始めた。男性たちは労働契約を結んで来ており、女性たちは夫に「呼ばれて」来ていた。

私の曾祖父、中川史郎は 1918 年に安養丸でペルーに到着し、数年後、曾祖母のサワ・アサノと結婚しました。私のもう一人の曽祖父である坂田幸太郎は、1903 年にデューク オブ ファイア号に乗ってこの国に到着し、マラに定住しました。数年後、曾祖母の渡辺サクがやって来て、家族を持ちました。

沢浅乃と中川史郎。 (写真:坂田ゆりファミリーアーカイブ)

渡辺卓さんは、このnoteの著者の曽祖母です。 (写真:坂田ゆりファミリーアーカイブ)


メアリー・フクモト博士の調査によると、曾祖父の光太郎とともにその船に乗った移民は1,174人だった。確かに旅は複雑だったが、それは彼らが直面する一連の困難の始まりに過ぎなかった。

この移民グループは、彼らの到着と急速な発展を不信の目で見ていた市民からの外国人排斥と人種差別に直面した。 「たのもし」という形での共同作業と相互支援のおかげで、日本人が経済的地位を向上させ始めるのに時間はかかりませんでした

農場に残った人々の多くは、坂田渡辺家のようなヤナコナとなった。光太郎、サク、エレナ(藤江)、フアン(幸雄)、フェルナンド(幸則)、幸人。

首都に定住した人々は商売を始めました。これは、中川沢家の場合であり、当時、電話機は裕福な人々にとって贅沢品であり、自宅の敷地内に電話機さえありました。私の祖母は、この特権的な買収の理由を誇らしげに語った。彼らは大統領の服を洗濯し、大統領は彼らを慰めるために彼らに電話を設置するよう命じたのだ。

ベンチャー企業は繁栄し、すぐに日本のビジネスギルドが設立されました。象徴的な事例は、1907 年に設立された美容師協会の事例です。この出来事から 17 年後、リマの美容師 171 人のうち 130 人が日本人家族に属していたことが記録されています。年月が経つにつれ、ワイナリー、バザール、レストラン、大工道具店など、特定のビジネスが日本人と同一視されるようになりました。

美容室のケースがその良い例です。ラウール・ポラス・バレネチェアさんは、「日本の美容院で散髪することほどリマらしいものはない」と語った。

日系移民コミュニティは非常に強化され、ペルー独立100周年(1921年)とリマ400周年(1935年)の祝賀会に参加することを決め、初めてマンコ・カパックの記念碑を贈った(日本人と同じように太陽神の子、日出ずる太陽の子)、そして2番目に、彼は日本プールを与えます。現在、このプールは存在せず、代わりにリマ国立競技場の北スタンドがあります。それどころか、インカの彫刻は今でもラ ビクトリア地区で見ることができます。

家族を引き裂いた戦争

どうやら、最も困難な年は終わったようだ。しかし、非常に困難な時代がまだ到来していました。時は 1940 年代、ペルーから数千マイル離れたところで第二次世界大戦が勃発していました。日本人を両親とする他の多くの家族と同様に、酒田中川家もバラバラになった。ペルー政府は連合国と協力して、彼らを捕虜としてアメリカの強制収容所に連行するために捕らえ始めた。彼らの土地の一部は没収され、すべてが奪われてしまうのではないかという恐怖から、わずかに残ったものを隠すことを余儀なくされました。

私の曽祖父母が、すべてが終わってペルーに戻ったら、十分に生きていけると信じて、金の宝石やその他の貴重品が詰まった花瓶を農場に埋めた、と家で言われたことを覚えています。彼らが回復するまでしばらく。子供の頃、私は花瓶と宝の地図を想像しましたが、父は意味深な言い換えとして、テキサスに運ぶ船に向かう祖父の言葉を思い出しました。 「日本は戦争に勝てば、彼らが我々から奪ったものの倍を我々に与えるだろう。」

真実は、周知のとおり、日本は敗戦し、その敗戦により失われたものの一部であっても取り戻す希望は消え去った。その間、ペルーに残った人々は嫌がらせに耐えた。日本人とその子孫は敵であり、彼らのいかなる活動も疑惑を引き起こした。多くの学校が閉鎖され、財産は没収され、さまざまな団体の活動が凍結された。現在のテレサ・ゴンサレス・デ・ファニング学校は、接収前にリマ最初の日本人学校であるリマ・ニッコー校の敷地を占めている。

まだ強制収容所にいるフジエおばさんが、裏面に「敵の郵便物を調べた」というフレーズが書かれた手紙を通して、リマがどれほど恋しいかを兄に伝えたのを、私は本当にうれしく思いました。戦後、坂田の捕虜(光太郎、朔、藤江、雪人)は両親の故郷である熊本に移住した。すでに日本から書かれた別の手紙の中で、酒田渡辺家の一人娘は、日本人の両親を持つペルー人の子供たちがすでに帰国を許可されていることを知った経緯を熱心に語った。しかし、戻りたいという強い願いにもかかわらず、誰も戻りませんでした。

藤江叔母の手紙には、彼女が両親の話を聞いていた場所とはおそらく大きく異なる熊本に足を踏み入れたときに経験した失望が表れていた。アウグスト比嘉の『沖縄は存在する』の宮城おばあちゃんに起こったのと同じことが彼女にも起こったのかもしれない。老婦人は毎日、リマのダウンタウンにある自宅で友人と会い、日本の沖縄でのぼんやりとした遠い幼少期の記憶を思い出しました。

彼女が車にはねられたとき、ナレーターは読者に、彼女とともに沖縄は死んだ、と告げる。そして、両親の土地は、もはや物理的には存在せず、家族の物語が築き上げた想像の中にのみ存在する理想的な場所です。これらの移民の子供たちはペルーで生まれ、彼らの街の気候、味、音に共感を覚えています。

渡辺卓さんと息子の坂田幸則さん(著者の祖父)と友人たち。 1930年代(写真提供:坂田百合家アーカイブ)

捕らえられなかった祖父のフェルナンド(幸則)と弟のフアン(幸雄)は、残りの家族から永久に引き離された。フェルナンドはリマの中心部に定住し、ビジネスと新しい家族を築きました。彼はヒロン・イナンバリの中川家の洗濯場の裏にあるヒロン・レティシアに機械工房を開き、リマ出身の中川マリア・アンジェリカ(静子)と結婚した。

私の祖父と祖母は、善良な二世のように、非常に几帳面で秩序ある人で、少し控えめでしたが、何よりも勤勉でした。幸いなことに、彼らのビジネスは成功し、市内に広がる他の多くの日本人家族も同様に成功しました。祖母が家族を事業内容で見分けていたのを今でも覚えています。「ああ、名字はトケシだよ!」あなたは間違いなく、ヒロン・カニェテの時計職人の家族です。」

それぞれの姓はリマの企業と住所を指しました。現在でも生き残っている企業がいくつか見つかります。ヒロン・デ・ラ・ウニオンに沿って歩き、栗永宝石店や荒川バザールを見ます。また、中央市場の中にある津嘉山食堂ですが、あの古いカウンターの奥に記憶されている物語が気になって仕方がありません。

私にとって、リマを歩くことは、日本移民の歴史、そしてそれとともに私の家族の歴史を再構築することです。以前はコルメナ通りに沿ってユニバーシティパークまで歩き、そこからジロン・レティシアやジロン・イナンバリを通って、まだ会ったことのない家族のことを想像していました。アバンケイ・アベニューに足を踏み入れ、交通渋滞を見ると、50年代に、今日は大変な苦労をして横断しているのと同じ道でサッカーができたという父の話を思い出します。

お父さんによると、以前はそこを通る車はそれほど多くなかったので、下校時にここがお気に入りの場所になったとのこと。大きな学校単位には、スペイン人、イタリア人、ケチュア人、日本人、中国人の姓を持つ子供たち、おそらく移民の孫たちも住んでいたという。それは彼です。

ボートの子供たち

サクの曾孫である坂田ユリとビクター。 1998年。(写真:坂田ゆり家アーカイブ)

日本人とそのペルー人子孫はリマの変革に協力してきました。オリーブダコなしでリマのメニューは考えられますか?マンコ・カパック広場のないラ・ビクトリアを考えることができるだろうか?夏の太陽の下で爽やかなラスパディーヤのない私たちの街を想像できるでしょうか?自家製ヤパデル以上にリマらしいものは何でしょうか?リマ生まれで、セントラルマーケットで揚げユキータをラチやうどんのスープと一緒に食べたことがない人はいるでしょうか?レパートリーに「マル・パソ」や「サカチスパス」という構成を持たないペーニャ・クリオーラをペーニャと呼べるのでしょうか?日系美食がペルー料理の重要な要素であることに疑問を抱く人はいないでしょうか。

私は、詩人渡辺の一文がここにぴったりだと思う。「人種を超えて、二世(現在の日系人)は、まだ形成されつつあるペルー民族の矛盾の中に含まれている。」

私にとって日本は、祖母が作ってくれた食事の中に、祖母が私に教えてくれと主張した日常の知識を表す慣用句の中に、そして仏壇にお線香を置きながら歌ってくれたお経の中にありました。しかし、それらの味にはペルーの材料が含まれていること、そのフレーズが私のためにスペイン語に翻訳されていること、そして私たちの仏壇が地元の聖人の小さなカードでいっぱいだったことは知っています。

それらの開拓者の子孫はペルー人です。都市の語り手であるアウグスト比嘉の言葉を借りれば、ペルー人と日本人のハーフではなく、自分たちの日本ルーツを否定しないペルー人である。

最後に、私はこのように考えています。私たち日系人は、愛する人により尊厳のある生活を提供するために未知の世界を冒険する勇気ある冒険家の子供、孫、曾孫、玄孫です。ですから、私たち日系人はアジアの国から来たのだと思います。私たち日系人は船から降ります。

※この記事はペルー日本人会(APJ)とディスカバー・ニッケイ・プロジェクトの協定により掲載されています。 『快感』誌第123号に掲載された記事をディスカバー・ニッケイ向けに編集したものです。 (この文章は、リマ国立市長デ・サンマルコス大学文学部および人間科学部の卒業生で構成されたグループであるリオハブラドールポータル( https://riohablador.com )で初めて公開された)。

© 2020 Yuri Sakata Gonzáles/Asociación Peruano Japonesa

家族 アイデンティティ 移住 (immigration) リマ ペルー
執筆者について

フェデリコ・ビジャレアル国立大学で文学の学士号を取得し、リマのペルー・カトリック大学でラテンアメリカ文学の修士号を取得しています。ペルー日本人駐在員団に所属しています。 17 世紀から 20 世紀にわたる PUCP のリヴァ・アグエロ研究所とアジア・アフリカ研究ラテンアメリカ協会ペルー支部(ALADAA、英語の頭字語)。彼女はペルー日系協会の編集基金のコーディネーターを務めています。

最終更新日: 2020 年 6 月


ペルー日系人協会(Asociación Peruano Japonesa, APJ)は、ペルー在住の日本人や日系人が集う非営利団体であり、彼ら及びその日系諸団体を代弁する協会である。

(2009年5月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。