Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/4/4/8054/

第六章 ― おけい:星物語

コメント

オケイ・イトウは蚊が大嫌いだった。カリフォルニアの田舎では、蚊はどこにでも群がっていて、周囲の溝に溜まった水の中で繁殖しているようだった。同じ溝で、金持ちになるという20年前の夢にまだ突き動かされている老鉱夫たちが、何時間もかけて金を採っていた。

彼女は蚊に慣れていなかった。彼女は、他の若松入植者と同様、北日本出身だった。真夏でも、故郷は涼しかった。小雨が降ることもあった。対照的に、ゴールドヒルの気候は暑く乾燥していた。水がたまった溝が犯人だった。それがなければ、蚊はこんなに多くはなかっただろう。

オケイは、世話をしているシュネル家の2人の赤ちゃんを虫から守ることに気を配った。母親のジョウは裁縫が得意で、オケイを含む2人全員のためにチーズクロスで蚊帳を作った。オケイは日本から持ってきた竹の幹を解体し、その材料で扇子を作った。時間があるときは、赤ちゃんをあおいで涼しくし、蚊よけにもした。

植民地での生活は楽ではなかったが、おけいはそうは思っていなかった。彼女の幼い頃の人生はすべて紛争で彩られていた。明治の戦士たちは彼女の家族と家を破壊した。今や彼女は、言葉も話せない異国の地で2人の赤ん坊を育てる責任を負っていた。

さらに悪いことに、シュネル家では何もかもがうまくいっているわけではなかった。コロニーのリーダーであるジョン・シュネルは、よく人知れず怒鳴っていた。彼の強引な性格は人前でも明らかだったが、女性ばかりの家族といる時の方がひどかった。

彼らができることはどれもうまくいきませんでした。彼は特に、赤ん坊が夜泣くとイライラしました。ある夜、彼は特に機嫌が悪くなりました。植民地の農業事業はうまくいっていませんでした。妻のジョウは、下の子のメアリーを連れて乳を飲ませようとし、オケイは上の子のフランシスを抱き上げて外へ出て、彼女をあやしました。外は涼しく、オケイは空の星を指差しながら、フランシスに天界の物語を語りました。

星はここ数年、おけいの唯一の友だった。故郷が明治軍に破壊されつつあるとき、おけいは夜空を見上げ、月と星座に慰められた。そして船でアメリカに渡ったとき、暗い海が彼女を丸ごと飲み込みそうになったとき、彼女は頭を上げた。上空には会津若松で眺めていたのと同じ月と星があった。そして今、ここゴールドマウンテンでも同じだった。

見て、フランセスちゃん。」おけいは赤ちゃんを空に向け、自分の祖母から聞いた話を語りました。竹の荷車で水を運んでいる姉妹がいました。二人は大変な窮地に陥りました。鬼が追いかけてきて、逃げる前に妹の足を引きちぎりました。

「私」オケイは鼻を指差した。「ネサン。月。」フランシスの細い目が今や開いた。オケイは人差し指で空の星を追った。「そして妹はすぐそこにいて、まだ竹の棒で水を入れた籠を二つ運んでいる。片足がないけれど、ほら、一列に並んだ三つの星を見て。あれが彼女の足よ。」

「だから、もし私が必要なら、フランセスちゃん。見上げて。私は月にいるわ。」おけいは、どうして赤ん坊にそんなことを言う気になったのかよくわからなかったが、言ってみて、とてもホッとした。

おけいには友達があまりいなかった。彼女は主人の家族のために働いていたため、他の女性たちといるときは用心深く、実を言うと、彼女らは彼女を疑っていた。シュネル氏は、もし彼女が彼の私生活について何かを漏らしたのがわかったら、彼女はその結果を支払わなければならないと、すでに彼女に警告していた。

彼女が唯一心を許せるのは、庭師の桜井おじさんだった。桜井おじさんは彼女の父親くらいの年齢だった。桜井おじさんは自分の生い立ちについて多くを語らなかったが、おじさんも彼女と同じように苦しんできたことを知っていた。「シュネルが私をここに置き去りにしてしまうような気がするの」とある日の午後、彼女は家の前の庭で桜井おじさんに言った。「私がいない間、赤ちゃんたちも準備しているのよ」。彼女はおばあちゃんから聞いた星の話も桜井おじさんに話した。

「ああ、それは聞いたことがあるよ。おやにないぼうし」と、彼は鍬の上で体重をバランスを取りながら言った。彼は顔の汗を拭って、おけいに言った。「今夜ここで会おう。シュネル一家が寝た後に。」

唯一の友人を侮辱するのは嫌だったので、彼女は同意した。しかし、心の奥底では、なぜその夜遅くに彼女が来ることをそんなに望まれていたのか疑問に思っていた。彼は今彼女に言うことはできないのだろうか?

その晩、おけいさんはできるだけ早く赤ちゃんを寝かせようとしましたが、メアリーは特にぐずりました。しばらくは、寝かしつけるために自分のベッドでメアリーを抱っこしていました。おけいさんは疲れ果て、自分も深い眠りに落ち、真っ暗な中で目が覚めました。

ああ、桜井おじさん!と彼女は思った。オケイは、コロニーの大工の一人が作ったロッキングチェアにメアリーをそっと乗せて、外に走り出した。

彼女は彼がこんなに遅くまで待っているとは思っていなかったが、彼はそこにいて、星を眺めていた。

「そこに妹がいるだろ?」彼は一列に並んだ三つの星を指差しながら言った。

はい」とおけいは言った。

「アメリカでは、オリオン座のベルトと呼ばれています。」

「オリオン?」おけいは彼のことを聞いたことがなかった。

「彼はハンターだ」と桜井おじさんは説明した。「守護者だ」そしておけいの顔を真っ直ぐに見た。「私はあなたのオリオンだ。何が起こっても、私はあなたのためにここにいるよ」

おけいは、とても感動しました。顔に浮かぶ涙が見えないように暗くてよかったです。そのとき、足首に刺すような痛みを感じました。また蚊に刺されたのです。

第七章 >>

(著者注: この架空の創作に使用されたノンフィクションの資料には、ダニエル A. メトローの『若松茶業と絹織物コロニー農場と日系アメリカの誕生』 、ディスカバー・ニッケイの記事、ゲイリー・ノイの『シエラ・ストーリーズ: 夢見る者、策略家、偏見者、そしてならず者の物語』などがあります。)

© 2020 Naomi Hirahara

カリフォルニア州 ディスカバー・ニッケイ フィクション 世代 移民 移住 (immigration) 一世 日本 桜井松之助 移住 (migration) 平原 直美 おけい Silk(オンライン小説シリーズ) アメリカ合衆国 若松コロニー
このシリーズについて

若松茶業・蚕糸農場の女性たちについては、その創設者ジョン・ヘンリー・シュネルの日本人妻、ジョウ・シュネルを含め、あまり知られていない。シルクは、1869年から1871年にかけてのこれらの女性と男性の生活を想像した架空の物語である。

著者注: この架空の創作に使用されたノンフィクションのソースには、ダニエル A. メトラーの『若松茶業と絹織物コロニー農場と日系アメリカの誕生』 、ディスカバー・ニッケイの記事、ゲイリー・ノイの『シエラ・ストーリーズ: 夢見る者、策略家、偏見者、そしてならず者の物語』が含まれます

第1章を読む >>

詳細はこちら
執筆者について

平原直美氏は、エドガー賞を受賞したマス・アライ・ミステリーシリーズ(帰化二世の庭師で原爆被爆者が事件を解決する)、オフィサー・エリー・ラッシュシリーズ、そして現在新しいレイラニ・サンティアゴ・ミステリーの著者です。彼女は、羅府新報の元編集者で、日系アメリカ人の経験に関するノンフィクション本を数冊執筆し、ディスカバー・ニッケイに12回シリーズの連載を何本か執筆しています。

2019年10月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。