Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/4/16/nikkei-uncovered-41/

快適

コメント

今月は、カリフォルニア在住の四世作家ケンドール・タニとアリゾナ在住の三世作家スーザン・ヤマムラを特集します。スーザンの詩は、大きな争いの時期に私たちが慰めを求める場所を告げる、気楽なパロディ詩です。一方、ケンドールの最初の作品「soft bodies 」は、手で地球(と未来)を形作る親密な実践を通して、自分自身との関係について語っています。どちらも、慰めや自分のために何か良いことをするという考えを思い出させてくれました。詩は、内省、自分の可能性、または少しの平和を実践する器です。お楽しみください。

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

ケンドール・タニは、現在カリフォルニア州マンモス・レイクスの故郷を拠点に活動する「ときどきアーティスト」です。彼らの作品の多くは、視覚的なものであれ文章であれ、精神的な健康を模索し、コミュニティを見つけて創り出す日系4世アメリカ人としての個人的な経験から生まれたものです。ケンドールは過去1年間、音楽、スポークンワード、太鼓、動きを組み合わせて脆弱性とつながりを探求する、多分野にわたるアジア系アメリカ人アートのコラボレーション「ボンブー・ストーリーズ」に創造力を集中してきました。アートを制作していないときや家族の日本食レストランで働いていないときは、お菓子を焼いたり、かわいいもの(特に犬)を鑑賞したりしています。

柔らかい体

指の感触
私の肌に染み込んでいく

アンカーが埋め込まれる
浅瀬で、えぐり出す

形を整えたり削ったりする柔軟な粘土
そして再び形を整える

残る幻の記憶
私は決して揺るがないようだ

私は触れられることへの恐怖を隠そうとした
そして優しさ

愛着として
火の確実な暴力

そしてその力
私の体を焦がし傷つける

堅固な土器に
窯で生まれる

しかし、私はあなたを納得させることができませんでした
自己防腐は自己愛だった

亡命先を見つけることは遺物である
将来の手を握るために

痕跡を残さずに
彼らのタッチ

犠牲に値する
肉体と感情の

あなたは私に触る方法を教えてくれた
弾力性のある土を形作ることができる

害なく、
ある種の不滅

作業可能な物体の流れの中で
柔軟な肉

私たちには未来がたくさんある
永遠になる可能性を秘めています。

あなたは私を優しくしてくれる
そして破壊不可能。

引き上げ

流れが私を運ぶ
岸から離れて、私の
思い出と未来
海に漂う、漂流物
生きてきた人生の
そして生きられている
そして生きようとしています。

開けた遠隔地で、
塩水の上に塩気のある空気を
ブルースの変遷、
私はただ体の中にいる体です。
平らな空間
より大きな広大さ、

漂う、漂う。

* これらの詩の著作権はケンドール・タニ(2020)が所有しています。

* * * * *

スーザン ヤマムラは 1940 年にワシントン州シアトルで生まれました。彼女と家族はワシントン州ハーモニー基地とアイダホ州ミニドカ基地に送られました。彼女は 1962 年にシアトルのワシントン大学を卒業しました。彼女は最初、カリフォルニア州レドンド ビーチのスペース テクノロジー ラボでコンピューター プログラマーとして働き、その後シアトルのボーイング社で働きました。スーザンは 1997 年にアリゾナ大学化学部のコンピューターおよびグラフィック ラボの管理職を退職しました。

彼女はハンク・ヤマムラとの間に息子をもうけたが、ハンクは2008年に亡くなった。彼女は現在、アリゾナ州ツーソンに住んでいる。

ロックダウンから2週間
クレメント・ムーアに心からお詫び申し上げます

ロックダウンから2週間後、家中が
生き物は何も動いていなかった、ネズミさえも
マスクは煙突に丁寧に掛けられていた
熱によってウイルスが死滅することを期待して:

子供たちはベッドの中で心地よく眠っていました。
彼らの頭の中では、さらなるホームスクールの構想が踊っていました。
私はハンカチを巻いて、パパは帽子をかぶって、
長いロックダウンの仮眠のために脳を落ち着かせたばかりだったが、

私のお腹からゴロゴロという音が聞こえた時
私はベッドから飛び上がり、転倒を間一髪で回避した
私はパントリーに飛んでドアを開けた
スモアの材料を見つけられますか?

私の目に現れたのは
しかし、恐れる必要のないおやつを作る材料
餅粉、砂糖、ココナッツミルクもありました
朝露が降る前に、おいしいものが余るだろう

私は急いでキッチンに行き、チチダンゴをグーグルで検索しました
オーブンを温めてすぐに混ぜ合わせた
1時間で焼き上がり、すぐに
日本の家庭料理を食べる喜びも。

* この詩の著作権はスーザン・ヤマムラ(2020)が所有しています。

 

© 2020 Kendall Tani; Susan Yamamura

ディスカバー・ニッケイ ケンダル・タニ 文学 ニッケイを見いだす(シリーズ) 詩人 ソーシャルディスタンス スーザン・ヤマムラ
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

ケンドール・タニは、現在カリフォルニア州マンモス・レイクスの故郷を拠点に活動するアーティスト兼詩人です。現在、彼らの創造力と集中力の多くは、音楽、スポークンワード、太鼓、動きを組み合わせて脆弱性とつながりを探求する、多分野にわたるアジア系アメリカ人の芸術コラボレーション「ボンブー・ストーリーズ」に注がれています。

アートを作ったり、家族の日本料理店で働いたりしていないときは、ハイキングやウェイトリフティングをしたり、正直に言えば、ただ生きているだけです。彼らの作品をもっとご覧になりたい方は、 kendalltani.comまたは Instagram の@_sowasowa@bonbustoriesをご覧ください。

2023年3月更新


米国生まれ。大統領令9066により、2歳になる前に家族と共にハーモニー強制収容所(ワシントン州ピュアラップ)とミニドカ強制収容所(アイダホ州ハント)に収容される。強制収容に関する記憶の記述は、こちらから無料でダウンロードが可能(英語):Camp 1942–1945

「大統領令9066の発令にも関わらず、父方の祖父母、両親、夫、私はみな、アメリカンドリームを叶えられました。これは米国ならではのことかもしれません」。

元コンピュータープログラマー、コンピューターシステム・ネットワークアドミニストレータ―、アリゾナ大学教授兼理事だった故ハンク・ヤマムラ氏の妻、息子の母。現在はライター、粘土作家、水彩画家として活躍する。

(2017年3月 更新) 


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。