ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/3/13/frank-kikuchi/

私の EO 9066 ストーリー: フランク・キクチ、マンザナー DJ

A lifetime later, Frank Kikuchi returns to visit the Manzanar site. (Courtesy of Frank Kikuchi)

2017年4月12日、私は現在ホレンベック・パームズ・リタイアメント・コミュニティに住む地元の二世、フランク・キクチにインタビューしました。現在93歳のフランクは、1942年から1945年まで収容されていたマンザナーでディスクジョッキーをしていました。フランクとアーチー・ミヤタケは仲良しで、DJチームを組んでいました。これは、より長いインタビューからの抜粋です。

* * * * *

エイミー(以下A):キャンプに行ったとき、あなたは何歳でしたか?

フランク(以下F):17歳でした。

A: マンザナーでDJの仕事を始めたのはいつですか?

F: キャンプに参加して1年くらい経って、アーチー・ミヤタケと友達になりました。

A: どんな音楽を演奏しましたか?

F: そうですね、全国的に人気のあるものなら何でも。トミー・ドーシー、ハリー・ジェイムスなど、かなり良いコレクションがありました。ジャンルはビッグバンド音楽で、何でも揃っていました。

A: ダンスはどんな感じでしたか?二世はどんな服を着ていましたか?

F: そうですね、私たちは持っている服を何でも着ました。成績の良い服、きれいにアイロンをかけた服です。音楽は私が言ったものすべてでした。最後のダンスに何を希望するかはキャンプごとに違いました。ロマンチックな音楽です。マンザナーには、今では多くの人が知らない音楽がありました。タイトルはフランク・シナトラが歌った「Light a Candle in the Chapel」でした。

A: いい曲でしたか?

F: 本当に静かで素敵な曲です。若者たちが戦争に行くので、とても人気がありました。そしてハートマウンテンの最後のダンスは、ミルズブラザーズのカルテットによって歌われました。 「Till Then」 。ミニドカではもっと伝統的な曲で、グレンミラーの「Moonlight Serenade」でした。キャンプソングの好き嫌いは分かれていました。面白いことに、私たちはみんな日本人なのに、何が最高かという意見が違っていました。

A: どんなスタイルのダンスですか?

F: スローダンスです。何人かの人(特に女の子)が踊っていました。ダンスがかなり上手で、実際、学校でもダンスの練習をしていたんです。でも、マンザナーは女の子の隣にいる口実に過ぎなくて、彼女を腕に抱えてゆっくり踊っていたんです。

A: 父はジッターバグをやっていました。彼らもやっていたんですか?

F: 彼らもそうしていました。でも、多くの男性はわざわざ習おうとはしませんでした。ガールフレンドを腕に抱き、音楽に合わせてゆっくりと踊りたかったのです。

A: あなたの個人的なお気に入りの歌手とバンドは誰ですか?

F: トミー・ドーシーとグレン・ミラーが好きでした。白人社会が好んでいたのは、シナトラでした。ディック・ヘイムズも好きでした。レイ・エバリーと比べて、この二人はすごく好きでした。レイ・エバリーはグレン・ミラーと組んだときはそこそこの歌手でしたが、最高の歌手ではありませんでした。よく音程が外れていました。彼のような歌手があんなに音程が外れるとは信じられません。彼の兄弟、ジミー・ドーシーのところで歌っていたボブ・エバリーでさえ、それほど上手ではありませんでした。

A: ダンスパーティーで二世が生で歌ったことはありましたか?

F: この女の子は今でも歌っています。「マンザナーの歌鳥」。彼女はよかったです。[マンザナーの歌鳥はメアリー・カゲヤマ・ノムラでした。]

A: レコードコレクションはまだお持ちですか?

F: 何百枚ものレコードを持っていましたが、今は箱が 2 つ残っています。アーチーのレコードの方が状態が良かったので、それをコピーしなければならなかった転写レコードもありました。

A: あなたとアーチーがDJをするときは、曲名をアナウンスしますか?

F: いいえ、私はそんなことはしませんでした。私にはそんなことをする勇気がありませんでした。アーチーが時々やりました。なぜなら、彼は私よりも女の子たちのことをよく知っていたからです。ご存知のように、アーチーのお父さんは写真家で、かなり有名な人で、アーチーはマンザナー高校に1年間通っていました。私はすでにその学校で期末試験を終えていました。カテドラル高校は卒業証書を送ってくれませんでしたが、私は卒業していました。そのため、マンザナー高校には私のクラスがなかったので、私は行かなかったのです。

A: マンザナーにいた頃は、他に何か仕事をしていましたか?

F: いろいろな仕事を試しました。屋外の大工、工芸品、農場のトラックの運転手などです。迷彩ネットの仕事もしました。どんなものか見てみたくてやったのですが、とても楽しかったです。彼らが求めていたのはノルマだけでした。1 つの作業班から何枚のネットを作ればいいかというノルマでしたが、私たちはなんとかやりくりして半日でノルマを達成できました。1 人が残って、私たち全員の登録をしてくれました。

A: 使用したレコードプレーヤーはキャンプで用意されたのですか?

F: いいえ、アーチーは職人でした。木材を扱うのが上手で、電子工学の知識も豊富だったので、必要なものを手に入れてプレーヤーを作り、友人が作ってくれたアンプと組み合わせました。この 2 つを組み合わせると、かなり良い音が出ました。マイクもすべて揃っていました。

A: ダンスをしていたスペースはどれくらい広かったのですか?

F: ダンスのためにバラック全体を借りることもできました。食堂も使用できました。リノリウムの床はご存知ですか? そこにスパングルと呼ばれるものを塗りました。スパングルは粉末ワックスです。ブラシで塗ると表面が滑らかになります。角にスピーカーを設置しました。本当にいい音がしました。

A Nisei dance in camp, probably held in a mess hall, ca. 1942-1945. (Gift of Jack and Peggy Iwata, Japanese American National Museum [93.102.131])

A: 混雑したダンスパーティーでは、何人くらい人がいましたか?

F: たぶん数百人くらい。それはレクリエーションホール2つ分に相当します。

A: ダンスパーティーには飾り付けがありましたか?

F: はい、いつもそうでした。

A: 食べ物はどうですか?

F: パンチはクールエイドで、フルーツが少し入っていて、紙コップで出されました。オーブンで焼けるクッキーのようなものもありました。コックはいつも卵を用意していたので、サンドイッチには卵サラダがありました。小さなサンドイッチです。いつも卵がありました。理由の 1 つは、マンザナーに養鶏場があったからだと思います。キャンプのすぐそばに日本人が経営していました。養豚場もありました。彼らが試みてうまくいかなかった唯一のことは、牛肉を育てることでした。牛肉を育てるには、彼らに与える穀物を育てる必要があるからです。ただ、設備がありませんでした。大量の水が必要です。それでも彼らは試みました。

A: 60 年代のサンセイダンスでは飲酒が多かったですね。ダンスでお酒は飲まれていましたか?

F: 私が知っている唯一のアルコールは、薬剤師を目指して勉強していた友人のジョージ・カネモトです。彼は日本の病院で、チェリーの咳止めシロップを作る仕事をしていました。そこでは変性アルコールが使われていました。彼は時々、変性アルコールの小瓶を友人に渡していました。2~3オンスくらいで、それで酔うことはありません。

A: 一世たちはキャンプ前に日本酒を飲んでいました。キャンプ中に一世たちが日本酒を作っていると聞きましたか?

F: ええ、でも、彼らは年配の人たちでした。私の友人がいました。信じられないかもしれませんが、彼は牧師になったのですが、食堂に行くには彼の部屋を通らなければなりませんでした。彼の部屋に近づくたびに、煙の臭いがしました。彼は白い稲妻を作っていました。何でも放り込んで発酵させれば、アルコールができます。私たちはそれを「白い稲妻」と呼んでいました。

A: そして収容所当局はそれを許したのです…

F: まあ、彼らはそれを止めることはできない。誰かが始めるだろう。ときどき、彼らが赤い鼻と赤い目をしているのを見ることになるだろう。

A: ロサンゼルスのサンセイ族のダンスでは、ダンスの後に喧嘩が起きることもありました。マンザナーでもダンスの後に喧嘩が起きたことがあったのでしょうか?

F: いいえ、まだその段階には達していなかったと思います。

A: 徒党やギャングのようなものはありましたか?

F: ターミナル アイランドの人々のようなグループがありました。彼らはそこでは荒っぽい人たちでした。彼らと関係があったのはサン ペドロの人々です。それから、グレンデールやダウンタウンのクラブなどもありました。しかし、彼らはいわゆるギャングではありませんでした。実際、私はマンザナイトという T シャツを持っています。彼らは若い男性のグループでした。彼らの多くは、戦前はエバーグリーン ナイツ (ボイル ハイツ) に所属していました。

※この記事は2017年5月22日に羅府新報に掲載されたものです。

© 2017 Amy Uyematsu

ダンス アメリカ カリフォルニア アーチ・ミヤタケ フランク・キクチ DJ ディスクジョッキー(DJ) 強制収容所 マンザナー強制収容所 ラジオ放送 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所 音楽 音楽家
執筆者について

エイミー・ウエマツはロサンゼルス出身の三世詩人であり教師でした。彼女は最新作の『 That Blue Trickster Time』を含め、6冊の詩集を出版しています。彼女の最初の詩集『 30 Miles from J-Town 』は、1992年にニコラス・レーリッヒ詩賞を受賞しました。彼女は60年代後半にアジア系アメリカ人研究が初めて登場したときに積極的に活動し、広く使用されているUCLAのアンソロジー『 Roots: An Asian American Reader』の共同編集者でした。彼女のエッセイ「アメリカにおけるイエローパワーの出現」(1969年)は、多数の出版物に掲載されています。

エイミーは、グリーンメーカーズ: 南カリフォルニアの日系アメリカ人庭師(2000 年) の詩編編集者でした。2012 年、エイミーは日系アメリカ人コミュニティへの執筆活動が評価され、リトル東京支部図書館の友の会から表彰されました。エイミーは、ロサンゼルス統一学校で 32 年間、高校の数学を教えていました。また、リトル東京サービスセンターで創作文芸クラスも教えていました。2023 年 6 月に亡くなりました。

2023年12月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら