ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/12/8/giving-thanks/

コロナ禍での感謝

昨年 3 月に数か月間ソーシャル ディスタンシングとして始まったものが、COVID19 が驚異的な速度で増加している現在、長期の隔離の可能性へと変わりました。私は「高リスク」と見なされる高齢者の誇りある一員として、自宅待機のストレスと緊張を個人的に証言できます。

おそらく最も大きな喪失は、電話やコンピューターの画面で会える人以外との社会的交流がなくなったことです。Skype、FaceTime、Zoom が日常的な活動になり、ウェブスター辞典に実際の動詞として掲載されるようになりました。私は今でも、直接会うことで得られる社会的つながりを切望しており、生身の人間とのほんのわずかな交流でも切望しています。

私は、JANM のボランティア高齢者数名、私が知る限り最も多忙な高リスク高齢者数名に声をかけ、毎週の博物館への日帰り旅行で会議や昼食、そしてただぶらぶらすることができない状況に彼らがどのように対処しているのかを知ることにしました。

驚いたことに、私が尋ねた人たちは皆、元気に過ごしている。二世のガマンが彼らの助けになっているのかもしれないが、家にいることには実は愛すべき点がたくさんあると感じた。例えば、私が知る限り最も元気な88歳のジューン・アオチ・バークさん。彼女は、家に閉じこもっているという新たな贅沢を本当に楽しんでいる。

ジューン・アオチ・バークさんは、愛犬アニーと一緒に毎日の散歩に出かける準備をしています。

同じ家に30年間住んでいた彼女は、今では信頼できるローデシアン・リッジバックの相棒アニーと一緒に近所を毎日散歩しながら、ようやく自分の周囲の環境を知り始めている。アニーはいつも彼女を笑顔にさせてくれる。そして、彼女は近所の人たちと知り合いになった。

コンピューターと携帯電話さえあれば、彼女はボランティア活動に備えることができます。毎週の仕事をJANM、Sakura Gardens、Koreishaでこなすために車を運転する代わりに、ジューンさんは「大きな口を開けて」、自宅でくつろぎながら毎年恒例のJANM Kokoroブティックの準備に協力するという残業を引き受けました。買い手も売り手も、自宅でバーチャルショッピングを楽しむメリットを享受しています。(すべての品物を見るには、カタログをオンラインでご覧ください。また、ジューンさんがボランティア仲間と作成した、イベントを生き生きと伝えるYouTube動画もあります)。

ジューンは、自分のクレイジーなアイデアを、真の愛情のこもった仕事に変えました。その成果は、これを実現するために費やした膨大な時間をはるかに上回りました。毎年恒例のココロ イベントで毎年作品を販売していた多くの職人の芸術性にまつわる物語を発見した後、彼女は作品の背後にある精神に魅了され、現在、彼らがどのようにして技術を磨いてきたかについて、収集した魅力的な歴史の一部を書き留める作業に取り組んでいます。

自宅待機でうまくやりくりしている JANM ボランティアのもう 1 人は、87 歳のリチャード・ムラカミさんです。以前は週 3 日 JANM に通っていましたが、みんなに会えなくて寂しい思いはしていません。今のところ、外出は薬局に行くことと、午前 6 時のシニア アワーにブリストル ファームに行くことだけです。リチャードが文句を言うはずはありません。「私は農家の息子です」と彼は言います。「一日中一人で遊んで、学校に行って、また一人で遊んでいました。」

コロナ禍での生活は、当時の孤独な生活を思い出させるが、彼はそれに慣れていると言う。彼は毎日、ズームのイベントや会議に参加したり、テレビでスポーツ観戦したりしている。また、NHKの番組を通じて、大好きな日本を旅するという間接的な楽しみも楽しんでいる。

彼と同居しているのは、長年 JANM のボランティアをしているマサコ・コガ・ムラカミさん。彼女は、家に閉じこもることを余儀なくされていることの辛さについて、もっと率直に不満を述べている。彼女の息子と娘は、彼女の行動をすべて監視するために、遠隔ドアベルを彼女の玄関に戦略的に設置している。彼女は、こっそり外出しようとして、地元のマクドナルドの袋を持って現場に捕まったことが 1、2 回ある。彼女は今、息子が 2 週間に 1 回リトルトーキョーまで車で連れて行って、アゼイで新鮮な農産物を買ってきてくれる間、車の中でじっと座っているだけで満足している。

かつては自由に通っていたにぎやかな通りを見て、彼女は「できないとわかっていると、それがより困難になる」と気づきました。それでも、彼女は、できる限りテイクアウトを買って地元のレストランを支援することが重要だと感じています。彼女はさらに、若い JANM の友人たちがときどき立ち寄って、屋外のポーチ越しに話しかけてくれるのは幸運であり、それだけでも、彼女が切望していた実際の人との接触を十分に得ることができると言います。

彼女たちが現状の本当のマイナス面を認めなければならないとしたら、パンデミックが、もともと難しい老化の過程をさらに悪化させていると言うだろう。悲しいことを一つ挙げるとすれば、それはこの数ヶ月の間に亡くなった友人たちに別れを告げられないことだ。「私たちは、人が死んだり病気になったりする年齢です」とジューンさんとマサコさんは言う。そして、COVID-19によって、死の必然性に対する意識が高まったのだ。

月日があっという間に過ぎ、伝統的な楽しい祝日が過ぎ去っていくと、私は、まるで自分の人生がすでに過ぎ去ってしまったかのように「私は82歳だ、あなたが82歳になるまで待って」と愚痴をこぼすことで知られる、JAではない友人からよく言われたフレーズを思い出します。幸いなことに、私はリチャード、マサコ、ジューンのような人たちに頼ることができ、先祖がそうしたように、どんな困難な状況も前向きに捉える方法があることを知ることができ、それだけで私は感謝の気持ちでいっぱいです。

※この記事は、 2020年11月24日に 羅府新報に掲載されたものです。

© 2020 Sharon Yamato / Rafu Shimpo

ブリティッシュコロンビア州 バーナビー カナダ ディスカバー・ニッケイ 全米日系人博物館(団体) ジューン・アオチ・バーク 絆2020(シリーズ) マサコ・コガ・ムラカミ 日本文化センター博物館 リチャード・ムラカミ ボランティア 活動
このシリーズについて

人と人との深い心の結びつき、それが「絆」です。

2011年、私たちはニッケイ・コミュニティがどのように東日本大震災に反応し、日本を支援したかというテーマで特別シリーズを設け、世界中のニッケイ・コミュニティに協力を呼びかけました。今回ディスカバーニッケイでは、ニッケイの家族やコミュニティが新型コロナウイルスによる世界的危機からどのような打撃を受け、この状況に対応しているか、みなさんの体験談を募集し、ここに紹介します。 

投稿希望の方は、こちらのガイドラインをご覧ください。英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語で投稿を受け付けており、世界中から多様なエピソードをお待ちしています。みなさんのストーリーから連帯が生まれ、この危機的状況への反応や視点の詰まった、世界中のニマ会から未来に向けたタイムカプセルが生まれることを願っています。 

* * * * *

新型コロナウイルスの世界的大流行に伴い、世界中で多くのイベントが中止となりましたが、新たにたくさんのオンラインイベントが立ち上げられています。オンラインで開催されるイベントには、世界中から誰でも参加することができます。みなさんが所属しているニッケイ団体でバーチャルイベントを開催する予定があるという方は、当サイトのイベントセクションに情報の投稿をお願いいたします。投稿いただいたイベントは、ツイッター(@discovernikkei)で共有します。今自宅で孤立している方も多くいらっしゃると思いますが、オンラインイベントを通して新しい形で互いにつながれることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

シャーロン・ヤマトは、ロサンゼルスにて活躍中のライター兼映像作家。日系人の強制収容をテーマとした自身の著書、『Out of Infamy』、『A Flicker in Eternity』、『Moving Walls』の映画化に際し、プローデューサー及び監督を務める。受賞歴を持つバーチャルリアリティプロジェクト「A Life in Pieces」では、クリエイティブコンサルタントを務めた。現在は、弁護士・公民権運動の指導者として知られる、ウェイン・M・コリンズのドキュメンタリー制作に携わっている。ライターとしても、全米日系人博物館の創設者であるブルース・T・カジ氏の自伝『Jive Bomber: A Sentimental Journey』をカジ氏と共著、また『ロサンゼルス・タイムズ』にて記事の執筆を行うなど、活動は多岐に渡る。現在は、『羅府新報』にてコラムを執筆。さらに、全米日系人博物館、Go For Broke National Education Center(Go For Broke国立教育センター)にてコンサルタントを務めた経歴を持つほか、シアトルの非営利団体であるDensho(伝承)にて、口述歴史のインタビューにも従事してきた。UCLAにて英語の学士号及び修士号を取得している。

(2023年3月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。